フェア予約

【鶴岡八幡宮挙式】1日の過ごし方

2018.12.24 Category:

こんにちは。

萬屋本店の飯田でございます。

 

古都鎌倉での憧れの和婚。

日頃より、鶴岡八幡宮での神前式のお問い合せを多く頂いております。

 

本日は、鶴岡八幡宮で神前式を挙げられる方はどのような一日をお過ごしになるのか

ご紹介させていただきます。

 

まずは、朝のお支度から。

角隠しは花嫁だけに許されている髪型の「文金高島田」という日本髪にしか合わせられない特別なもの。

実はこの文金高島田を結う技術を持ったアーティストは、日本中を探しても数人しかいないのです。

日本の伝統的な花嫁姿での挙式は、より一層嫁ぐ決意を新たにしてくれます。

 

お支度を終えられたら、「挨拶の儀」へ。

親御様への想いをしっかりと伝える、挙式前の最後のお時間です。

 

鶴岡八幡宮に到着されたら、俥夫の先導のもと社務所へと向かいます。

鶴岡八幡宮は、多くのご新郎ご新婦様が挙式を挙げられる人気の神社です。

白無垢に綿帽子をお召しになる方は多くいらっしゃいますが、

角隠しや俥夫の先導は、萬屋本店でしか体験できないもの。

お二人の姿を見た観光客の方から感嘆の声が聞かれる事もしばしばです。

 

社務所に到着されたら、ご新郎様には誓詞を直筆で書いて頂きます。

巫女さんの説明を受け、挙式リハーサルを進めていきます。

 

そしていよいよ、舞殿での挙式です。

神聖な雰囲気の中、挙式は進んでいきます。

すがすがしい気持ちでご夫婦の誓いを立てていただきます。

 

無事に挙式を終えられましたら、また俥夫の先導のもと萬屋本店へとお帰りになります。

日本人らしい結婚式の姿に、観光客の方々の注目度は急上昇です。

たくさんの方々に祝福して頂けるのも、八幡宮挙式だからこそ。

 

萬屋本店に到着されましたら、お召し替えをされて披露宴へ。

神前式のご参列はご親族様のみに限られているため、

披露宴でのウェルカムスピーチではしっかりと挙式の報告をして頂くのがおすすめです。

 

乾杯のご発声をして頂きましたら、楽しい宴の始まりです。

神聖な空気の中執り行った挙式とはまた違った、アットホームなご披露宴をお楽しみください。

 

八幡宮挙式の過ごし方、いかがでしたか?

憧れの神前式は萬屋本店がトータルサポートさせていただきます。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店】テレビ朝日《1駅だけ!道草散歩》再放送のお知らせ

2018.12.22 Category:

10月14日に放送された、テレビ朝日《1駅だけ!道草散歩》に、

萬屋本店も取り上げていただきました。

通常テレビ取材をお断りしておりましたが、

オープンから3年が経ち、鎌倉の本当にいいものを発信されるという企画と、

岩城滉一ご夫妻による本音のゲストレポーターということに、

少しでもこの歴史的文化財や萬屋本店の歴史感などが広がったらと思い、出演させていただきました。

同番組が12月23日10:57~11:45で短縮版の再放送されるそうです。

萬屋本店も映るかも?しれないとのことですので、是非ご覧いただければ幸いです!

 

■テレビ朝日 1駅だけ!道草散歩
https://www.tv-asahi.co.jp/michikusa-sanpo/#next


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店 結婚式レポート】お子様と一緒の大人婚

2018.12.22 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。
今年もあと10日となり、寒さも厳しくなってきましたね。

さて、本日は11月4日にご結婚式を挙げられたおふたりの一日をご紹介いたします。

 

結婚式当日、披露宴後に新婦様がこう仰ってくださいました。

 

「ぜひ私たちの結婚式のことを紹介してほしい。

年齢的に結婚式をあきらめている人や、

こどもがいることで、結婚式を挙げないという選択をする人もいると思う。

でも、これだけたくさんの人にありがとうを伝えられて、

こんなに支えてもらってきたんだと実感できる機会は他にないと思う。

こんな経験をもっとたくさんの人にしてほしい。」

 

結婚式の後、お着替えを終えた控室の中で、いただいた言葉。

そんな「大人なお二人のお子様と一緒の結婚式」をご紹介させていただきます。

 

●結婚式

結婚式を挙げられた11月4日という日は、鶴岡八幡宮にお子様の初参りで訪れた日でした。

初参りからちょうど1年後に結婚式を挙げようと決め、ご準備を進めてこられました。

式場見学にいらしたのは、お子様がまだ一人では立つこともままならなかった1月のこと。

「これから、息子の成長とともに私たちをよろしくお願いいたします。」

そうおっしゃってくださったおふたりの笑顔が今でも忘れられません。

 

●結婚式のテーマ

そんなおふたりの結婚式のテーマは「愉しむ」

今まで何十回と結婚式に参列をしてきた中で、

いつも幸せな気持ちで、もちろん祝福をしてきたけれども

どこか新郎新婦様を遠く感じていたり、なんだか、楽しめずにいた。と打合せの中でお話しくださいました。

 

今まで様々なご経験を積み、沢山の大切な方々と出会い、多くのことを感じ、考えてこられる中で、

いざ、自分たちが結婚式を挙げようと考えた時に

「落ち着いた時間の中で、ゲストの皆様には気を遣わせず愉しんで過ごしてほしい」という想いから、

「愉しむ」をテーマに結婚式の準備を進めていきました。

 

●花嫁支度

おふたりが当日の装いとして選ばれたご衣裳はこちら。

挙式は真っ白な白無垢に身をつつみました。

既にご入籍をされ、お子様もいらっしゃるお二人でしたが、

結婚式という節目に、嫁ぐ覚悟を新たにされました。

 

おふたりのお子様も、おふたりと同じ和装姿で当日を迎えました。

ぐずってしまうことも無く、控室ではおもちゃで遊びながら、

準備の時間もとても和やかに愉しく過ごされました。

こんな風にお子様と一緒の写真が沢山残せることも、お子様と一緒の結婚式だから出来る魅力です。

 

●鶴岡八幡宮での結婚式

そしてお仕度が仕上がり、挙式会場である「鎌倉 鶴岡八幡宮」へ。

式が始まる前におふたりだけの2ショットでの写真も残しました。

綺麗な紅葉をバックに。

俥夫の先導姿も絵になります。

 

お子様がいらっしゃるおふたりですが、ふたりだけの時間も大切にしていきました。

お子様が大きくなった時、この写真を見返して夫婦としての幸せを感じれたことを一緒に喜んでほしい。

そして、子育てや家族の時間を過ごす中で、まずは夫婦としての時間を愉しみたい、という想いからでした。

 

●挨拶の儀

披露宴の前には、色打掛に身を包み、改めてお父様へ「挨拶の儀」を行いました。

お母様が亡くなってから、きちんと伝えることができないまま今日に至っていた新婦様。

心からの「ありがとう」と、「これから私たち家族をよろしくお願いします。」

そんな愛情溢れる時間でした。

 

●披露宴

披露宴中は常に笑顔がいっぱい。

自分の人生に関わってくださった皆様をお互いにご紹介することで、

これからよりつながりが深く、強くなるように絆を深めていきます。

おふたりがこだわった「愉しむ」という言葉。

「愉しむ」とは、自分自身の気持ちや想いから感じ生まれる楽しい状態のこと。

そして、自分の意識、気持ち、考え方次第でどうにでも変化できる。

「楽しむ」とは、 与えられたことに対して楽しく過ごすこと。

すでにあるものや設定された枠の中で楽しむ感覚。

テーマを決めるときに、どんな風に楽しんでいただけたら成功なのか?と、

お二人と考えたときにこんな話をしました。

 

●歓談中心の披露宴

自分たちが愉しさを生み出し、この時間をおもてなしとして皆様にご用意したい。

大人で様々な経験を重ねてきたおふたりだからこそ選択されたのは、

「歓談」の時間を大切にするということでした。

大切なご家族、ご友人の皆様とその時間を愉しむこと、

歓談の時間を大切に、お客様に愉しんでいただくことだけを考えて

過ごしてきたおふたりの結婚式。

 

ゲストと交わす会話、一緒に過ごす濃密な時間があったからこそ感じて下さった、

ブログの冒頭にご紹介をさせていただいた、

「これだけたくさんの人にありがとうを伝えられて、

こんなに支えてもらってきたんだと実感できる機会は他にないと思う。

こんな経験をもっとたくさんの人にしてほしい。」

このような実感を感じて頂けたのだと思います。

 

結婚式は、七五三や入学式、成人式のように日本人として、人生の中で当たり前に過ごしてほしい通過儀礼。

それをさまざまな理由で行わない選択をする方もいらっしゃる中で、

おふたりにこう言っていただけたことが、本当に嬉しかったです。

また、それ以上におふたりがその時間を愉しみ、人生の節目をご自分たちの手で作り上げられた、

そんな結婚式となりました。

これからも、人生の節目には萬屋本店に帰ってきて頂き、

ご家族の成長をご一緒に歩ませていただけたら幸せに思います。

 

「結婚式」には、様々なスタイル、形式、表現方法があります。

お客様お一人お一人の結婚式を挙げる意味や、背景に耳を傾け、

人生がより豊かになるための「結婚式」を、これから先も丁寧に心を込めてお手伝いしていきたいと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店 デパートメントストアのおススメ】ドレスショー

2018.12.20 Category:

こんにちは。
萬屋本店の砂川です。
今年もあと10日ほどとなりました。
1年の締めくくりとなるこの時期、1日1日を大切にしていきたいですね。

さて、先日もブログでご案内させていただきましたが、
1月13日(日)にいよいよ萬屋本店では、「デパートメントストア」を開催いたします。

https://www.yorozuya-kamakura.jp/blog/2018/12/09/3901/

半年に一度の、萬屋本店スタッフ総動員しての、ご成約者様向けの体験・体感型フェア。
現在100名様を超えるご予約をいただいております。
大盛況が予想される今回のデパートメントストアの中でもおススメは、
1年振りに復活した「ドレスショー」です。

萬屋本店と言えば、「和装」を検討されている方も多いのですが、
純真で清楚なウェディングドレスも、非常に合います。

また、衣装のオーセンティックさん、美容のメイクマリエんさん、ボディメイクの久米さん、お花の花弘さんと、
あらゆるプロフェッショナルなパートナーさんからのスタイリングや身体創りの、
アドバイスしてもらえる相談コーナーも設けています。

ドレス、ヘアメイク、ヘッドアクセサリー、ブーケの組み合わせと、
コーディネート1つで見え方がまるで違ってくる事を、是非実感していただければと思います。

そして、今回のドレスショーのモデル役は、萬屋本店スタッフに加えて、
実際に萬屋本店でご結婚式を挙げられた先輩OGの皆様にお手伝いいただけます。
ドレスショーだけでなく、先輩OGにリアルな体験談、意見を聞けるのもデパートメントストア醍醐味です。

あと僅かですが、まだ予約を承れます。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

1月13日(日)のデパートメントストアが実りある一日となります様に、
スタッフ一同の準備を進めておりますので、皆様にお会いできる事を楽しみにしております。

 

 

◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店・お食い初め】帰ってこれる場所

2018.12.18 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

先日、埼玉の姉妹店で結婚式をお手伝いさせていただいたお客様が、

お子様がお生まれになり、お食い初めで萬屋本店にお越しくださいました。

 

結婚式当時26歳だったお二人が、30歳になり、

念願だったお子様も生まれて、パパとママになって会いに来てくださいました。

埼玉にお住まいのお二人ですが、私が鎌倉に異動してからも、

年に一度は遊びに来てくださる家族のような存在です。

 

こちらは、5月のゴールデンウイークに行われた、

姉妹店含めたOBのお客様の集まりにお越しいただいた時の写真。

この時は妊娠5ヶ月でした。

大切な命を授かったことを教えて下さり、生まれてくる日を待ち遠しく感じました。

 

お二人の結婚式の時も、担当の私だけではなくて、スタッフ全員で担当させていただき

スタッフ全員と家族ぐるみの様なお付き合いをさせていただいております。

 

お食い初め当日は、埼玉の式場でも一緒だった阿部も、

姉妹店のTha KAMAKURAWEDDINGから、駆けつけてくれました。

 

お二人の結婚式当時、埼玉の式場でアルバイトをしていて、

今は萬屋本店でウェディングプランナーをしている飯田も、お二人の結婚式を一緒にお手伝いした仲間。

こんな風にお客様のお子様にお会いできることは、

ウェディングプランナーにとってプランナー冥利に尽きる、本当に有難いご縁だと思います。

 

お二人の可愛い可愛い赤ちゃん、ちはるちゃんのお食い初めを、

スタッフ皆でご一緒にお祝いさせていただきました。

式場が変わっても、プランナーに会いに場所が変わっても帰ってきてくださるということ。

県を越えてでも、こうしてお会いできることは、

本当に有難く、プランナーをやっていて良かった。と心から感じる瞬間です。

 

次にお会いできるのは、5月のOB会になるでしょうか。

お二人の人生の大切な日を、一緒にお祝い出来ること。

お子様の成長を、見守らせていただけること。

こんなにもやりがいがあり、喜びに満ちたウェディングプランナーという仕事を、誇りに思います。

 

また、今日から始まるクリスマスディナーにも、

沢山のOBのお客様が帰ってきてくださいます。

こうして帰ってきて頂ける場所であり続けられるよう、

皆様の人生の節目を、親友の結婚式をお手伝いするように、

情熱を持って、人生をかけて、最高の一日となりますようこれからもお手伝いさせていただきます。

 

これから先も、結婚式が終わられた後も、

皆様にお会いできますことを、スタッフ一同心待ちにしております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【結婚式 花嫁衣裳の意味合い】

2018.12.17 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

本日は結婚式の花嫁衣裳をご紹介させていただきます。

萬屋本店がございますのが鎌倉長谷。
歴史深く自然が豊かで、
日本の伝統文化が色濃く残る街でございます。

そんな萬屋本店の印象や雰囲気もあり、
萬屋本店で結婚式を挙げてくださるご新婦様は
ほとんどの皆様が和装をお召しくださいます。

和装のお衣裳にはそれぞれに意味が込められています。
花嫁が嫁ぐ想いが込められているのも魅力の一つでございます。

【白無垢】

白無垢は花嫁衣裳の中でも最も格式が高い衣装でございます。
日本で古くから白は神聖な色と言われておりました。
『生まれたときに着る産着の白』『死者に着せる死装束の白』など、
花嫁衣裳の白は花嫁がこの世のものではないことを表しています。
「あなたの色に染まります」、嫁ぐ家で生きるという考えを表しています。

白無垢はおふたりが夫婦として歩んでゆくことを
大切な皆様の前で誓いを立てる、挙式でお召しいただきます。

【色打掛】

白無垢だけが正装のお着物というわけではなく、
色打掛も着物の中では最高位とされています。
室町時代末期から江戸時代にかけて、
着物の上にもう一枚別の着物を羽織る打掛姿は武家の女性の正装でした。

色打掛はその豪華絢爛な美しさから、
やがて裕福な町人や豪農にも広がりました。

嫁ぎ先の家の色に染まったことを意味する色打掛は
「妻になること」そんな意味や想いが込められています。

【引振袖】

実は白無垢・色打掛よりも歴史が古いといわれている引き振袖。
もとは武家の花嫁の正装でした。
身分の高い女性しか身につけることのできなかった格調高い花嫁衣裳です。

そして、江戸時代後期までは黒の引振袖が上流階級の花嫁衣裳として扱われていました。
黒引振袖は白無垢とは逆に、「他の誰にも染まらない」
という意味合いがあり、妻となる女性の覚悟が表されます。

現在衣装合わせを進められている方も、これから始める方も
その衣装の持つ意味や物語にも着目していただき
おふたりが結婚式をされる意味や想いを考えながらお選びいただくことで
ご準備期間も当日もより想いが深まることと思います。

是非萬屋本店コンシェルジュにご相談くださいませ。

◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【結婚式お衣装】ご新郎様オススメコーディネート

2018.12.15 Category:

こんにちは。

萬屋本店の飯田でございます。

 

ご結婚式衣装のコーディネート。

実はご新郎様がお召しになる衣装によって、

新郎新婦様お二人の印象が大きく変わります。

お二人揃った時の印象と、式場の雰囲気をトータルコーディネートとしたときに、

どんな雰囲気になるか?

本日は先輩カップル様の実例をもとに、

様々な衣装コーディネートをご紹介いたします。

 

【正統派コーディネート】

まずご紹介するのは、萬屋本店らしい和装でのコーディネート。

この先何十年経っても思い返したくなる、日本人らしい結婚式の姿です。

 

 

【王道 クラシカルコーディネート】

萬屋本店の大正浪漫な雰囲気にぴったりなのが

ホワイトカラーとブラックカラー、こちら2点のタキシード。

 

●ブラックタキシード

新婦様のお着物と合わせて、大正浪漫スタイルに。

新郎様は洋装のタキシード、

新婦様はお着物というコーディネートもぴったりですね。

 

趣ある建物で撮影するお写真は唯一無二の美しさ。

ブラックタキシードはクラシカルなドレスとの相性も抜群です。

黒のタキシードは、ご新郎様をきりっとかっこよく引き締めて見せます。

 

●ホワイトタキシード

ホワイトタキシードはシンプルなお色味だからこそ、

ご披露宴では大正浪漫カラーの会場装飾ともぴったりマッチ。

 

もちろんドレスとの相性も同系色のホワイトのトーンが

お二人の雰囲気により一層統一感を醸し出してくれます。

白のタキシードは、明るく優しげなイメージで、

萬屋本店の温かみのある懐かしい雰囲気の館内に良く似合うお衣装です。

 

 

【爽やか カジュアルコーディネート】

グレーやブルーなど、爽やかな色味を用いたカジュアルなタキシード。

自然体でカジュアルな装いは、長谷の街や由比ヶ浜での

ロケーションフォトに非常にオススメです。

自然体だからこそ、おふたりで

そのまま長谷の街を旅しているような軽やかな印象に。

シャツやネクタイの色選びも、ご新郎様のセンスの見せ所です。

 

【上級編 小物で遊ぶコーディネート】

ご新婦様のイヤリングの色味に合わせて、

茶色のネクタイをお選びになったご新郎様。

さらに、ポケットチーフとブーケの色も合わせて

カラーコーディネートは完璧です。

 

おふたりがご一緒に並ぶことも多いご結婚式だからこそ、

ゲストへの印象もより好印象でおもてなしができます。

 

ご新郎様のオススメコーディネート、いかがでしたか?

創りたいイメージや、ご新婦様との色味合わせなど

より一層楽しんでお衣装をお選びくださいね。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店】ヘアメイクで変わる花嫁の美しさ

2018.12.13 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

私たち萬屋本店は

同じ志の仲間とおもてなしを届けたいという思いがございます。

そのために共に結婚式をお手伝いいただくパートナースタッフとの関りも

同じ志がとても大きなポイントです。

衣裳はこの衣装店。

お花はここのフローリスト。

司会者はこの人。

自分達が信じられる人に任せたいという考えです。

今回はヘアメイクを担当していただいている

メイクマリエという美容チームをご紹介させてください。

メイクマリエは「自分史上最高に美しく」をコンセプトに置き

普段、テレビで活躍している女優さんやモデルさんたちの

ヘアメイクを行っているプロ集団になります。

 

ただの流行のヘアメイクではなく

お客様の目の色や髪の色、骨格、笑ったときの筋肉の上がり方から見て

そのお客様にあった最高の美しさをつくっていくのが

メイクマリエです。

文金高島田という、花嫁しか許されない髪型を

結える技術を持っているアーティストさんが揃うのも

メイクマリエの特徴です。

士農工商と、日本にも階級があった時代、

その位によってできる髪型が決められていた当時

階級を問わず、結婚をする花嫁さんしかすることが出来なかった髪型が

文金高島田といいます。

果たして今、文金高島田を結える技術を持つアーティストが

日本に一体何名いるのでしょうか?

結婚式当日は、ただヘアメイクをするだけではなく

ご新郎ご新婦様の緊張をほぐしたり

いつでもお二人のケアが出来るように

一番近くでお二人のお手伝いをさせていただきます。

技術だけではなく、人としての魅力を合わせもつ

メイクマリエの皆さんのおかげで

私たちもご結婚式当日を安心して迎えられております。

ご新郎ご新婦とご両家様にとって

一生の思い出となる結婚式。

 

プランナーは当日、お二人を見守ることしか出来ないからこそ

この人なら安心して任せられると心から思える

プロとして尊敬できる仲間と

これからもご結婚式をお手伝いしていきたいと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【結婚式ご検討のお客様へ】年末年始に準備したいこと

2018.12.11 Category:

皆様、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュの早野智子です。

 

気付けばもう12月も半ばとなって参りました。

皆様、年末年始を迎えるご準備は整っていますか?

1年間の終わりと始まりは節目になる大事な時期ですよね。

 

今日はこれからご結婚式をご検討の皆様へ

この時期だからこそ、ご見学の前に進めておいたほうがいい情報を

お伝えできたらと思います。

 

ご結婚が決まった後に慌てずスムーズに

ご家族やご親戚の皆様とご相談ができるようお力になれたらと思います。

 

●ご招待客のリストアップ

ご結婚が決まったらまずはこれ!と言えるのが

ご招待されるお客様のリストの作成です。

新郎様側、新婦様側とご両家様揃ってのご結婚式。

お互いがどんなお客様をご招待したいと思っていらっしゃるか、

ご両家の親御様のご意見も反映した上で作成してみましょう。

お客様のお顔触れが見えてくると

ご人数はもちろんですが、お子様や妊婦さん、ご年配の方など

より具体的なお客様のご様子が見えてきます。

それに合わせてご家族、ご親戚、ご友人、会社の方など

お二人との関係性や繋がりなどもより鮮明に見えてくるのも

式場を選ぶ上で大事な要素にもなります。

 

まずはお二人、そしてご両家様で

大切なご招待されたいお客様のリストアップ。

ニックネームからでも問題ございませんので

書き出すところから始めてみてくださいね!

 

●ご結婚式のご希望時期について

「私たちの結婚式っていつがいいかな?」

こちらはご結婚式をされる際に必ずお話合いになることです。

通常、お日にちや時期を選ぶ理由として多いのは

好きな季節やゲストの皆様がお越しになるやすい気候柄、

もしくは大切な記念日、お二人やゲストの皆様のお仕事のご都合、

ご準備期間などポイントにされる理由は様々です。

中でもご準備期間に関しては

インターネットや雑誌などのアバウトな情報も多く、

何となく1年前や半年くらいかなぁと一部の情報のみで

考えていらっしゃる方も多くお見受けします。

でも、実際のご結婚式のご準備は3ヵ月前からスタートし、

月に一度のペースでスケジュールも組み、ご案内しております。

現代、ご結婚式自体が多様化しており、

キャンプ場でのご結婚式やバンジージャンプをしながらのご結婚式など

本質が分からない、イベントのようなご結婚式が増えています。

本来大切な方にお集まりいただき、

今後のご夫婦としての人生の第一歩として

感謝の気持ちを込めた一日にしたい…

 

その為に作り立ての美味しいご飯やお酒を囲んで

ご両家様の今後のご縁を育んでいく…そんな昔ながらの

心ある温かいご結婚式を挙げられることが

一番だと思いますので3ヵ月あれば十分ご準備は間に合います。

そこから考えていただき、

お二人、そしてご両家様にとってどんなお日にちだったら

ベストか、その視点で良きお日にちを幅広い中から

お選びいただけたら幸いでございます。

空き日程についてはいつでも

お気軽にお問合せいただけたらと思います。

 

年末年始もブライダルフェアを開催しております。

●年末年始ブライダルフェアのご案内

古都鎌倉で味わう無料試食付×全館見学フェア

2018年12月26日(水)~30日(日)/2019年1月4日(金)~6日(日)

【土日祝】9時00分~・13時00分~・17時00分~   

【平日】10時00分~・14時00分~・18時00分~

※年始4日(水)は14時から開催させていただきます。

 

『結婚』という人生のステップを

踏み出されることが何かと多いのが

一年の中でも年末年始のこの時期でございます。

 

大正14年に建てられた歴史的建造物で

心尽くしのもてなしの結婚式を叶えます。

年末年始限定の豪華特典もご用意しておりますので

まずはお気軽にお問合せくださいませ。

●ご予約の詳細についてはこちらをclickください


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店 体験型フェア】デパートメントストアのご案内

2018.12.09 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。
12月になり、寒さを感じる気候になりましたね。

さて、1月13日(日)にいよいよ萬屋本店では、第9回目となります
ご成約者様向けの体験型フェア、「デパートメントストア」を開催いたします。

「デパートメントストア」とは、
半年に一度、萬屋本店を唯一貸し切りにし、萬屋本店の結婚式を
あますことなく楽しんで、体感していただけるフェアとなります。

結婚式を創り上げていくうえで欠かせないすべてのパートナーさんが
一堂に会し、ご披露宴当日のイメージが沸き、アイディアに溢れた時間を
過ごしていただければと思います。

来月に迫った「デパートメントストア」。
ご参加くださる皆様へご案内をさせていただきます。

1階の会場内では、萬屋本店の装花を一手に担う「花弘」さんによる
会場装飾や、提携衣装店である「オーセンティック」さんとともに行う衣装展示・試着、
そんなシーンの写真撮影や、映像のご相談ブースなど、
ご披露宴当日を担うすべてのパートナーが集まります。

私たちが結婚式のプランニングをするうえで、必ず皆様にお伺いするのが
「なぜ結婚式をあげようと思ったのですか?」
当たり前のようであまり考えたこともなかったという方も多いですが、
そのなぜ?を探求することで、本当におふたりの叶えたかった結婚式が見えてきます。

おふたりの結婚式や、披露宴の「テーマ」を共に考え、
その気持ちを表現する衣装や、装花、ヘアメイクを体験しながら
創り上げていきます。

また、模擬披露宴の際には、やってよかった口コミ投稿ナンバー1の「俥夫」による口上入場の演出や、
真近で新郎新婦様をご覧になっていただくことができます。
萬屋本店の距離の近さを体感していただける機会です。

お料理・お飲物ブースでは、みなさまへのおもてなしとして、
ご希望いただくことが多い「おつまみブッフェ」や、お飲物の試飲をお楽しみいただけます。

2階では、引出物・引菓子のご紹介・展示・試食を行います。
引出物のサイズ感や、どんな想いで創られたかを
創り手より直接伺い、ご検討できる機会はこの機会のみとなります。

萬屋本店ならではの結婚式の魅力をご堪能いただける祭典です。
これからお打合せが始まる皆様は、ゆっくりじっくり、その会場の雰囲気だけではなく、
どんなアイテムをご用意しようか?
どんな衣装で過ごそうか?
会場の装花の色味はどんな色味がいいか?
これからのご準備に想いを馳せていただければと思います。

また、すでにお打合せが始まっていらっしゃる皆様は、
引出物の内容や、どんなアイテムをご用意されるか?
ご参列者様のお気持ちでどんなもてなしをしようか?など、
よりおふたりの結婚式を想像し、アイテムの御確認にいらしていただければ幸いです。

当日限りのお得な特典もご用意しております!
この機会にぜひ、じっくりご検討くださいませ。

 

また、萬屋本店 での結婚式をご検討くださっている方にも、
ご試着体験や、萬屋本店を味わう「お出汁の試飲」など
どうぞご遠慮なくご参加の上、萬屋本店の結婚式に対する想いと、
各パートナーさんの人柄を感じ、萬屋本店の結婚式を体感していただけます。

当日、皆様のご来場を、楽しみにしております。

 

 

◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆