フェア予約

【資料請求から始まる結婚式のご準備】

2020.05.08 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの伊藤でございます。

いつも萬屋本店のブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの流行によって、働き方が変化し
以前より、おふたり揃ってご自宅で
過ごされている方も多いのではないでしょうか?
お仕事をされていると、こんなにも同じ時間に同じ場所で
一緒に過ごされることもなかったのではないかと思います。

今までは、ご結婚式のご準備をスタートされる際に
すぐに式場見学に足を運んでくださる方が多かったですが、
今の時期、なかなかご来店が難しい中にもかかわらず、有難いことに
資料請求のお問い合わせをいただくことが多くなりました。

そんな有難いお問い合わせをお受けさせていただく中で、
ご結婚式のご準備をスタートされるご新郎ご新婦の皆様へ、
より多くの有益な情報をお届けし、
少しでも前向きにご準備を進めていただける
きっかけになればと思い、
今回は≪資料請求≫でお送りさせていただいている
「萬屋本店 スタイルブック」について綴らせていただきます。

「萬屋本店 スタイルブック」とは、
萬屋本店の歴史や想い、24のこだわり。
私たち萬屋本店がお届けさせていただいているご結婚式についてを
ぎゅっとまとめた一つの冊子となっております。

私が萬屋本店で働き始めた当時、
このスタイルブックを見た時、
心を打たれたページがいくつかありました。
その中でも特に心を打たれた2つのページをご紹介いたします。

まず、その1ページがこちらです。

24のこと―「19 あいさつの儀」
挙式の前に大切にしてほしい家族の時間
育ててもらったご家族様へ 感謝の気持ちを伝える時間

小さい頃からおふたりの一番近くで見守り、
一緒に人生を歩んでくださったのが
親御様であると思います。
近い存在だからこそ、
日頃は恥ずかしくて伝えられていない感謝の気持ちを
きっと誰しも伝えたいと思っているはず。
そんな大事なことを気付かせてくれた1ページでした。

もう1ページがこちらです。

もてなし-「それは美しいもてなしが許された場所」

これが私たち萬屋本店のコンセプトです。
おもてなしの語源は裏表無しとされていて、
裏表の無い「心」。
きっとおふたりも裏も表も無い感謝の気持ちや、
恩返しをしたい方々ばかりを招かれるはず。
萬屋本店は、おふたりがそういう気持ちで招かれる
大切な方々に向けて何が出来るかを共に考え、
おふたりだけが主役のような一般的な結婚式ではなく、
おふたりの大切なゲスト全員が主役となる、
これまでの恩返しができるような結婚式。
そんなおもてなしのある一日を
ご提供させていただきたいと強く思える1ページでした。

今の世の中、直接ご来店をせずとも、
インターネットや資料で、色々な情報が手に入る中で
この冊子を手にしたとき、
こんなにも一つのものが完成するまでのストーリーや作り手が
その場所で大切にしている熱い想いが載っていることに感動し、
ぜひ多くのご新郎ご新婦様に届けたいという強い思いになりました。

こちらから資料請求のお問い合わせをいただけますので、
ご結婚式を考えていらっしゃるご新郎ご新婦様には
まずは資料請求のお問い合わせをしていただきたく思っております。

ご自宅にいらっしゃる時間が増えていらっしゃる今。
今だからこそ、ご夫婦やご家族でゆっくりと話しながら
おふたりにとって大事な人生の節目になる
ご結婚式のイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

まだ何も決まっていない状態でも、もちろん構いません。
資料請求のお問い合わせ後、
ご見学のお希望をいただいたお客様には
事前相談会という時間を設けさせていただいておりますので
是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式の思い出】親御様目線でのアルバムを残す意味

2020.05.08 Category:

こんにちは。萬屋本店の砂川です。

「結婚式のアルバムを、私用にも作ってもらえますか」
二か月前にご結婚式を挙げられた新婦様の
お母様より先日お電話をいただきました。
「家族、親族だけでなく、たくさんのゲストの皆様からも、
素敵な結婚式だった、本当にいい一日だったと
今でも声を掛けていただきます。
そして、新郎新婦の二人にも、素晴らしい節目の一日となりましたし、
娘の成長を感じれました。本当にありがとうございました。
思い出として、しっかり手元に残しておきたいですので、
アルバムをお願いします。」
とお母様から仰っていただきました。

実はこちらのお母様とは、ご結婚式前の段階から、
お電話で何度かやりとりをさせていただいておりました。
ご家族ご親族のお着付けの内容や細かい時間のご調整、
大切なゲストの皆様へのお待合スペースの確認と、
何かとご心配をされておりましたし、新郎新婦様のお二人に何かサポートが出来ないか、
とご相談もいただいておりました。

そんな中、新郎新婦様とご両家ご両親様の皆様で、
事前に会場見学にいらしていただいた時のことでした。
その会場見学の際、ご自身たちでちゃんと考え、しっかりと
ご準備されている新郎新婦様のお姿を目の当たりにされ、
「お二人にすべてを任せたほうがいいですね。立派に成長しているんだな」
とお母様は安堵されながら私にお話くださったのをよく覚えております。

そして、ご結婚式当日。
新郎新婦様のお二人は大切なゲストの皆様お一人お一人に、
しっかりとおもてなしをし、お寛ぎをいただける時間を創り上げられました。
そんな一日や、新郎新婦様の晴れ姿を安心して
穏やかに見守られているお母様がいらっしゃました。

我が子のご結婚式は親御様にとりましても人生の、
そして子育ての節目となる一日だと思います。
これからご結婚式のアルバムを見開かれるたびに、
ご結婚式の想い出、その時々に感じられたお気持ち一つ一つを思い返すことが、
アルバムを残す意味であることをお母様から教えていただきました。

これからも、一生の宝物となるようなアルバムを沢山お届けできますように、
ご結婚式を通して感じられるお一人お一人のお気持ちを大切にしていきたいと思います。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店】新型コロナウイルスによる緊急事態宣言延長に伴う営業に関するお知らせ

2020.05.06 Category:

日頃より皆様には萬屋本店をご愛顧くださり、心から感謝しております。先月新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言発令に伴い、定休日及び営業時間変更のお知らせをさせていただいておりましたが、今月4日(月)に政府より発表がありました新型コロナウイルスによる「緊急事態宣言延長」を受け、今後の営業について、大切なお知らせをさせていただければと思います。

萬屋本店では、お客様の安全と感染拡大防止への社会的責任を第一に考え、レストランは休業とさせていただき、ウエディングは引き続きオンラインでの対応を取らせていただく運びとなりました。5月31日(日)迄は、お客様からのお問合せにつきましては、お電話でのお問合せは休止とさせていただき、メールのみでの対応とさせていただきます。ご不便お掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

■変更期間:2020年5月7日(木)~5月31日(日)迄
■定休日:毎週火曜日と水曜日の2日間
■お問合せ対応時間:10:00~15:00まで

上記期間におきましては、式場探しのご相談やご見学、ご結婚式のお打合せに関するご案内は、お客様の安全を考慮してオンラインで行うご準備を整えておりますが、お客様のご状況やご相談内容によってはご対面でのご案内も衛生管理に配慮させていただいた上でご対応させていただきます。

尚、2020年6月1日(月)以降につきましては、常通りの火曜日定休、10:00~19:00営業とさせていただく予定ではございますが、その時点の社会情勢を踏まえ、期間を延長をさせていただく場合には改めてお知らせをさせていただきます。

最後に、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々及びご家族・関係者の皆様に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。また、医療従事者をはじめとした感染防止にご尽力されている皆様に、深謝申し上げます。

これからも私たち萬屋本店は、お客様の大切なご結婚式を迎えられるその日のために「お客様のために何か出来ることはないか」と今出来ることのベストを尽くしております。今はご不安な日々をお過ごしかと思いますが、近い未来、必ず終息となることを信じ、より一層お客様の人生に寄り添い、これから先をご安心いただくために精進して参ります。

末筆ではございますが、皆様と大切な方々の心身のご健康を心よりお祈り申し上げ、一日も早い事態の終息と、闘病されている方々の全癒をお祈りし、また暖簾を掲げる日には、より一層進化したスタッフでお客様をお出迎えできるよう、一生懸命心を尽くしてまいります。今後共、何卒宜しくお願い申し上げます。

 


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【お子様ゲストも安心】心を届けるおもてなし

2020.05.04 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

ご結婚式は、新郎新婦様の大切なご家族様やご親族様、ご来賓、ご友人の方々など年齢層も様々な方が一堂に会する時間です。
その中でもお子様連れの親御様からすると、特に挙式の時間や披露宴の際などは、緊張感を感じるお時間も多くあるかと思います。

小さいお子様連れの親御様は、挙式や披露宴の際に泣き始めてしまうことや、
お子様が椅子にじっと座っていることができなくて遊びまわってしまうことなど、
ご結婚式に連れていくことで迷惑をかけてしまうのではないかとご心配なゲストの方がいらっしゃると、
新郎新婦様からどうしてあげたらいいかとよくお打合せでご相談をいただくこともございます。

お子様連れのゲストの皆様に、
私たち萬屋本店がどのようなおもてなしをすることによって、
安心してご結婚式にお越しいただくことができるのか。
お子様連れのゲストの皆様にも安心して楽しんでもらうことが出来るような
萬屋本店だからこそできる日々のおもてなしを、ぜひご紹介させていただきます。

 

●館内での過ごし方
まずご来館されましたら、レセプションにてお荷物やお上着、
ベビーカーなどをお預かりさせていただいております。
披露宴会場にベビーカーを運ばせていただくこともできますので、
お食事をまだ召し上がることのできない乳児の方をお連れのお客様にも
お席で見守ることができるのでご安心いただくことができます。

二階のお待合いには、靴のまま上がっていただくことが出来ます。
お子様のお靴を何度も脱ぎ履きしていただく必要もございません。
お待合スペースにはソファー席もあり、ご親族様が集まった空間では、
久々に顔を合わせる皆様と近い距離で、お子様を中心に和やかな時間が生まれております。

 

●披露宴会場での過ごし方

ご結婚式のご準備を進めていかれる中で、乳児~未成年の方につきましては、
年齢やお食事コース、子供椅子の使用の有無などを細かく確認させていただいております。
披露宴会場に入ると自分のお席があり、お父さんお母さんが一番近くにいることで、
お子様からはとても嬉しそうな様子が見受けられ、親御様も非常に安心してお過ごしいただけます。

 

●お子様のお食事について

お食事につきましては、基本的に年齢によってご提案をさせていただいております。
2歳~7歳のお子様には、お子様ランチのワンプレートをご用意します。
オムライスやハンバーグ、エビフライ、サラダ、スープ等のワンプレートは、
お子様の大好きなものが揃っており、目を輝かせて召し上がってくれます。

8歳以上のお子様には、お子様ミニコースがございます。
前菜・スープ・お魚・お肉・デザートの計5品を堪能していただけるこちらのお料理では、
大人コースと同じ「特選黒毛和牛」をご用意させていただいており、
食べ盛りのお子様にも大変満足していただける内容となっております。

0歳~1歳の乳児のお子様につきましては、
お食事のご提供はなしということでご案内をさせていただきますが、
ご自身で離乳食などをご持参していただけましたら、
スプーンやお皿などの貸し出しをさせていただいておりますので、
どんなことでもお気軽にお尋ねくださいませ。

 

●キッズスペースについて

小さいお子様連れの多いご結婚式の場合は、
披露宴会場内に、「キッズスペース」という場所を設けてみてはいかがでしょうか?

お子様が結婚式のお時間の間、楽しく遊ぶことができる「キッズスペース」として
マットを敷き、そこにおもちゃや絵本、積み木などを新郎新婦様がご用意してあげると
お子様たちは自然と楽しそうに遊んでおり、親御様もその様子にご安心されています。

お越しいただいている大切な皆様と、近い距離でアットホームな雰囲気の中、
全ての方と一緒に楽しみたいということであれば、とても素敵な時間をお届けすることができます。
お子様の笑顔を見ていただくだけでも、この空間には心のこもった温かい時間があると、
感じていただくことができるのではないでしょうか?

 

●お子様へのプレゼント

披露宴の2時間30分のお時間を時と座っているとなると、
好奇心旺盛な子供たちからすると少し退屈に感じてくるお時間もあるかと思います。

そんなお子様にずっと楽しんでもらえるよう、
お子様にプレゼントを用意されてはいかがでしょうか?
その中で、特に私がお勧めなのは、「写ルンです」でございます。
披露宴の際には、子供カメラマンとしてお仕事を与えてあげるのです。

写ルンですは、シャッターを押すだけで写真が撮れる、簡単なフィルムカメラでございます。
デジタルとは違い、写真屋さんなどで現像することで撮影した写真が見れるので、
実際に自分が撮影したお写真が現像されたのを楽しみに待っているのも、
フィルムカメラの醍醐味だとも思います。

時代が経っても廃ることのないお写真だからこそ、
月日が経った時にはその写真を見ながらお子様の成長をみんなで見守ることができ、
新郎新婦さまにとってもかけがえのない思い出として
一生残り続けていくと思っております。

今でこそ、フィルムカメラの再ブームがしておりますが、
実際に使ったことのない子供たちも多くいらっしゃると思います。
そんなお子様へのプレゼントとしても、
絶対に喜んでいただくことができるのではないでしょうか?

 

以上、いつくかご結婚式の実例を含めて、ご案内をさせていただきました。
新郎新婦様にとってご列席していただくお子様連れの親御様や、お子様たちに
安心して楽しんでいただくことができたら一番いいのではないかと思っております。

そのために、当日に向けて今からできることも沢山あるかと思いますので
いつでもお気軽に担当コンシェルジュまで大切なゲストについてご相談くださいませ。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【結婚式準備のススメ】今だからこそ分かる「挨拶」の違い

2020.05.02 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。

結婚式を挙げさせていただいたからこそ分かる、
結婚式準備のススメ。

今、新型コロナウィルスの影響で結婚式を延期すべきかどうか、
苦渋の決断を迫られている方が多いと思います。
事態の終息は誰にも分からず、誰が悪いわけでもないからこそ、
日程延期のご決断をされる皆様には、ぜひ前向きに、
ご準備を進めていただければと思っております。

さて、今日は、私がウェディングプランナーとしてお客様に
関わらせていただいた際に、一番多くご質問をいただいたこと。

「挨拶の儀」「三礼の儀」、披露宴終盤の「手紙朗読」
に関して。
たくさんの新婦様から
「これって何が違うんですか?そんなに言うことありますか?」
とご質問をいただいてきました。

結婚式を挙げるまでは、それぞれの方にとって本当に必要で、
大切なことを選択してほしいとそれぞれのお客様にとっての
違いをお伝えしてきました。

改めて、今日は自分が体験したからこそお伝えできる、
それぞれの違いや、当日の様子を伝えさせてください。


「挨拶の儀」…挙式の前に、新郎新婦別々の部屋で
それぞれの家族とだけ過ごす時間。

なにを言おうか、何を伝えるべきか、初回の打ち合わせの後、
家に帰って一人考えました。
それでも答えが見つからないまま、結婚式当日、
両親の顔を見るまで言葉が浮かびませんでした。

これはドキドキしながらすごく悩んでいた時の写真です。
この時もまだ何も決まっていませんでした。

結局、両親を目の前にしたらなぜか涙が止まらず、
私が伝えられたのはこれだけです。

「自分の職場に家族を呼ぶことが夢でした。
そんな夢を叶えてくれてありがとう。」

伝えたいことはたくさんありました。
でも、私から出てきた言葉はこれだけでした。

そんな私に、両親は
「体に気をつけて、頑張れ」
「直弥くんと幸せにな」
私を想って伝えてくれた言葉に、
笑顔と涙でいっぱいの時間でした。

皆様にとって、それぞれ違うとは思うのですが、私にとっては、
実家を出てからは久しぶりの両親とだけの時間だった気がします。
自分の想いをダイレクトに伝え、まるで子供の時に戻ったかのように
素直になることができました。
子供のように泣きじゃくりもしました。

素直に、両親の言葉を受け入れられた時間となりました。


「三礼の儀」…挙式中、それぞれの両親といらしていただいている皆様に向けて、事前に司会者さんに想いを伝え、当日皆様に伝えていただきます。
そしてその後、礼をもって感謝を示し、挙式を結びます。

司会の長谷部さんとの打ち合わせの後、
このままでは絶対に準備しないとふたりで話し合い、それぞれの両親に向けてと、参列いただいた皆様に向けて文章を考えました。
この時考えたのは、今までは伝えたこともなかった気持ちです。

自分だけではできなかったこと、両親から学んだこと。
それを考えたとき、自然と言葉が出てきました。

「お父さん、お母さん
今日まで本当にありがとうございました。
小さい頃からおねえちゃんだから我慢しなさいと言われたことは一度もなく、自由に、好きなようにやらせてもらってきました。
信じた道を何一つ疑わず、まっすぐ進むことができたのは、お父さんとお母さんのおかげです。
頑固でなりふり構わず、ただただ走り続けてきた私ですが、これだけたくさんの方々に支えられ、今日を迎えることができました。
ふたりが私を大切に、愛情いっぱいに育ててくれたからだと思っています。
お父さんからは、家族のために生きることを学び、お母さんからは、どんな時も笑顔で毎日を楽しむことを学びました。
これからは、少しづつでも、この恩を返していきたいと思っています。
今日まで本当にありがとう。」
 

両親は涙を我慢しているような、かみしめているような表情で
私を見つめ、私もそんな両親の顔を見て、これからは
自分がそんな人間になろうと改めて気持ちを強く、
覚悟を持てた時間となりました。


「手紙朗読」…新婦様からのお手紙朗読は、披露宴のクライマックスです。
私は、結婚式前日まで、手紙を書くことができませんでした。
もしかしたら、結婚式ができないかもしれない。
家族が来てくれないかもしれない。
そんな想いを抱えていたからです。
前日の夜、机に向かって書き上げた手紙には、初めて父が彼に会ったときに彼にだけ伝えた、「父親の気持ち」に対しての答えを書きました。
何不自由なく育ててもらってきましたが、父にとっては少し後悔があったようです。
そんなことないと、みんなの前で伝えようと思いました。
そして、距離が離れていることで、あまりお会いしたことがなかった彼のご両親や、彼に対しての想い。
それを自分の家族に向けて手紙にしたためることで、彼のことや、彼のご家族のことをもっと自分の家族に知ってもらいたかったのです。

当日、涙ながらに話す私を彼は優しく、
父は顔をくしゃくしゃにして泣きながら、笑いながら
聞いてくれました。

そんな家族だからこそ、どんな時も笑顔を忘れず、
誰かのために生きようと思えたのだと、
改めて自分の今までを認めることができました。

 

 
結婚式には、自分では想像もできない瞬間がたくさんあります。
誰かに自分の想いを自分の言葉で伝えること、
そして、感謝の気持ちを自分で反芻しながら、それぞれの顔を見ること。
大切な人に大切だと伝えること。

そのためのご準備を今のタイミングだからこそ、
ぜひ、進めてみてください。

そして、家族との思い出や彼との思い出、ご友人様との思い出を振り返り、
自分の想いを言葉にすることを練習してみてください。
きっと、自分が今までどんなに大切にしてもらってきたのかに
気が付くはずです。
そんな時間を持って、
結婚式当日を迎えていただければ嬉しいです。

【結婚式準備の豆知識】お花でのおもてなし

2020.05.01 Category:

こんにちは、萬屋本店の砂川です。

今の社会情勢にご心配なお気持ちを抱えられて
日々をお過ごしのことと思います。

結婚式をこれからお考えの方も、今ご準備中の方も
「お花」からもお客様におもてなしができることを
知っていただきたく、「お花でのおもてなし」について
書かせていただきます。

お花は目で愉しみ、香りで愛でていただき、
大切なゲストお一人お一人の心が豊かになる結婚式の
おもてなしには欠かせないものです。

そんなお花には、365日、一日一日異なる誕生花があり、
そのお花を象徴する花言葉があることをご存知でしょうか?

ちなみに本日5月1日は鈴蘭の日、鈴蘭の花言葉は「純粋」
「再び幸せが訪れる」。
花言葉の「再び幸せが訪れる」は、鈴蘭が北国の人々にとって
春の訪れの喜びのしるしになっていることに由来するそうです。

お花の知識があることで、会場にお花を飾るとき、
ブーケとしてお持ちになられるとき、大切な方へお花を贈るとき、
それぞれに意味を感じ、より気持ちを込めて
お届けしていただけると思います。

これからお打合せがスタートする皆様にとって、
結婚式のご検討をされていらっしゃる方にとって、
季節感溢れるお花をご紹介させていただきます。

 

〇10~12月 季節のお花
【ダリア】
花言葉:可憐、感謝
晴れ姿のお二人の晴れ姿を可憐に惹きたてることは勿論のこと、
ゲストへの感謝のお気持ちをストレートにお伝えできます。

 

【オンシジューム】
花言葉:遊び心、可憐、一緒に踊って、気立ての良さ
花の姿はまさしく“踊る女性”のようで、花言葉のそれぞれは
その花の姿に由来しています。
ゲストの皆様にご結婚式をワクワク楽しみにしていただきたい、
そんなお気持ちもお届けできます。
ブーケとしてお持ちいただいても素敵です。

 

【レンギョウ】
花言葉:叶えられた希望
結婚式という晴れの日がついに叶ったことをお伝えできます。
また、希望の実現という意味も兼ね備えているので、
希望ある未来を願う意味も込められます。

 

〇1~3月季節のお花
【梅】
花言葉:上品な美しさ、喜び
古くから日本人にとってとても想い出深いお花です。
ご家族様やゲストの皆様との昔からの繋がりを大切に、暖簾前や土間からゲストの皆様をお迎えできます。

 

【胡蝶蘭(コチョウラン)】
花言葉:幸福が飛んでくる
蝶が舞うような花を咲かせることが由来になっていて、
上品で清潔感があり、贈り物としても最適です。

誕生花や、季節のお花を意味を持ってお届けすることで、
新郎新婦様にとっても、ゲストの皆様にとっても
特別なお花になることと思います。

ご結婚式後も、そのお花を見るたびにご結婚式の想い出が
ふと沸き上がったり、家族の記念花としてこれからの人生に
かかせないお花になったりもされます。

どんな花言葉がありどんな由来があるかを知ることで、
楽しみながらお花をお届けしていただければ幸いです。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【結婚式場見学の前が大事】事前相談会のおすすめ

2020.04.28 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

現在、結婚式場の見学に行きたくても動けなくて
どうしたらいいのかをお悩みの方も多いのではないでしょうか?

また、この事態が終息に向かい
世間も落ち着きを取り戻し
式場見学が出来るようになった場合にも
一時的に停止していた社会がそこから一気に動き出すことを考えると
お仕事なども大変おいそがしくなることが予測されます。

そんな中、結婚式場選びをご自宅に居ながら
有効的に進められるようなことが出来ないかと思って
今回、私たちで考えたことが
式場見学の事前のお電話相談会です。

実は式場見学をされるにあたり
事前にお二人で相談された方がいい内容があったり
親御様にご相談をされておいたほうが良いことなどもございます。

例えば、お人数やお日柄のこと。
ご新郎家とご新婦家で、人数のバランスを考えた時に、どこまで呼ぼうか悩まれていたり、
でも、そもそも本当にバランスを大事にしなければいけないのかが分からなかったりしませんか?
お日柄なども、自分たちは仏滅でも気にしないけど、親御様は気にするのかどうか?
でも、式場によっては仏滅だとお得な特典がある場合も多いので
どちらを優先的に考えた方がいいのか、分からなかったりしませんか?

ご結婚式はお二人だけのものではなく
ご両家様にとって大切な一日になりますので
たくさんの人の希望が重なってまいります。
それを事前に整理したうえで、式場見学に進んでいただけると
お二人にとっても、親御様にとっても安心につながるのではないかと考えます。

萬屋本店の経験豊富なプランナーと
15分ほどのお電話のお時間をいただき
お二人の現在のご状況などを率直に伺わせていただき
事前にお二人にとって必要な情報をお伝えさせていただく時間となります。

式場見学も貴重なお休みのお時間を使って動かれることと思います。
事前に必要な情報をしっかりとお二人が握った状態で
余計な時間をかけることなく
大切な一日を迎える式場選びを進めていただけたらと思います。

まだ何も決まっていない状態でも、もちろん構いません。
ご見学のお希望をいただいたお客様には
もれなく、この事前相談会という時間を設けさせていただいておりますので
是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店 「春を届けるもてなし」】

2020.04.28 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの伊藤でございます。

新型コロナウイルスの影響でご自宅で過ごされるお時間が
増えていらっしゃる方も多くいらっしゃると思います。
その為、ご結婚式自体のことを考えることも多いのではないでしょうか。

このようなときだからこそ、改めてご結婚式とはどんな日であるかを
考えていただくキッカケとなったらなと思います。

今回のブログでは、これからのご結婚式をお考えのご新郎ご新婦様にとって
少しでもご結婚式当日が楽しみに。そして、ゲストの皆様へのおもてなしを
考えることのできるきっかけになったらと思いまして
2月にご結婚式を挙げられたご新郎ご新婦様の『春』を
モチーフにしたおもてなしをご紹介させていただきます。

桜は日本を代表する誰もが知っているお花のひとつで
入学式や卒業式など人生の門出には欠かせないお花です。
桜は私たちの人生の中で最も身近なお花の一つではないでしょうか。
近年はお花見だけではなくお料理やスウィーツ、お酒などにも「桜味」が沢山あります。

こちらのご新郎ご新婦様は、お子様がいらっしゃり
親御様やご親戚の皆様に今までの感謝や3人家族の報告とともに
ご結婚式を通じて皆様に一足早い春を感じていただきたいという
素適なお気持ちがございました。

その為、ゲストの皆さまと離れて暮らしていたとしても、
桜を見るたびに、ご結婚式での沢山の皆様との思い出が蘇る。
お正月などのご親戚の集まりの時には、皆様と共有できる共通の思い出になってほしい。
何年経っても、色褪せることなく、思い出に立ち返ることができるような時間であってほしい
と思い、おふたりとのお打合せを重ね、ゲストの皆様へのおもてなしを考えました。

まずは暖簾前、ゲストの皆さまの誰もが目を引く玄関のような場所。


このような萬屋本店ならではの暖簾前でのショットも
桜を飾るとさらに印象的でございます。

次に、ゲストの皆様が挙式迄のお時間にゆったりとくつろいでいただける
お待合スペースでご用意した「桜」をモチーフにした和菓子。

この季節ならではの桜をモチーフに、
見た目と香りから春とおふたりのおもてなしの心を表現。
この季節が巡り、桜を見る度にご親戚の皆様の心に
おふたりの結婚式がおもいだされることと思います。

お魚お料理には菜の花を添えて。、
ご結婚式のお料理はゲストの皆様にとって
とても楽しみにしてくださっているひとつだと思います。

キッチンスタッフの藤本と竹内に相談し
お魚料理に菜の花を添え、彩り豊かに。
少しでも多くお二人の大切なゲストの皆さまへ
一足早い春を感じていただき、
お料理からも会話が広がるようにご準備をしました。

そして、お衣装にもこだわってお選びいただき
お着物の柄を通じて四季折々を楽しめ、
皆様とのこれからの人生が充実していきますように
という意味を込めて『総絵羽』をお選びいただきました。

毎年この季節が巡り、桜が咲く頃にご結婚式の楽しい思い出がよみがえってくる…
毎年同じ季節に同じ場所を巡り、ご夫婦やご家族の思い出を重ねていく…
ご新郎ご新婦様、ご家族様、お集まりいただくゲストの皆様にとって大切な結婚式。

ご自宅にいらっしゃる時間が増えているからこそ、
おふたりにとって大切なゲストの皆さまにどんな事を伝えたいのか。
その為にどんなおもてなしをしたいのかを考えていただくお時間にしていただき
担当のコンシェルジュまでにぜひご相談いただければと思います。
萬屋本店でご結婚式を挙げてくださる皆様にとって
少しでもお力になれるよう、努めて参ります。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【ご準備のススメ】今だからこそできる結婚式のご準備

2020.04.24 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。

先日自身のブログをあげさせていただきました中で、恥ずかしながら、また、自身の結婚式のブログをあげさせていただきます。

結婚式のご準備を進めていらっしゃる皆様には、いまだ状況が日々変わる中で、ご不安なお気持ちでお過ごしのことと思います。
結婚式の延期を決定され、ご準備期間に意図せず余裕が出てこられた方もいらっしゃるかと思います。

結婚式のお日にちを改めてご決定され、お気持ちを改たにご準備を進めていらっしゃる方も多いかと思います。
そんな中で、ぜひ、いまだからこそできるご準備のお勧めを私からお伝えさせていただきます。

実は、結婚式の初回打ち合わせの際、私たちがお招きしたいと思っていたゲストは、約60名様でした。

自分たちにとって今関わりのある方、大切な方々を想い浮かべたリストアップをし、初回の打ち合わせに挑んだのですが、その際、担当の野田よりこんな言葉を投げかけられました。

「綾菜さん、本当にいいんですか?」
「本当に一緒に過ごしたい方、呼べてますか?」

今までウェディングプランナーとしてお手伝いをしてきた経験からも、リストアップをする際には、おおよその披露宴の際の配席まで考え、なんとか効率よく、仕事をしながらでも準備をしたいと思っていた私にとっては、とても驚きの言葉でした。

「なぜ結婚式を挙げるのか?改めてインタビューシートの内容や親御様に対しての想いを伺ったときに、本当にこの方々だけで大丈夫ですか?
何も考えず、ただ自分の人生において大切な方だけを挙げていくとしたら、どうですか?」

まっすぐに向けられたその言葉から、結婚式の準備に向け、自然と持っていた私の常識や、しがらみがなくなり、自分の人生のターニングポイントに携わってくれた方々、また、地元の長野で私のことを心配してくださっている方々もお招きして、安心してもらいたいと思うことができました。

打ち合わせの後、家に帰ってすぐにふたりで再度リストアップを行い、招待状の準備の前にみんなに連絡しました。

「絶対行きます!」
「誘ってもらえて、本当に本当に嬉しいです!」
それぞれからすぐに嬉しい返事をもらい、改めて、こんなにたくさんの方に支えてもらっていたのだなと思い、それだけでも幸せな気持ちになりました。

そんな言葉があったからこそ、過ごせた当日の写真がこちらです。

長野時代、みんながいたから頑張ることができました。
そして、萬屋本店に来てから支えてくださったこれだけたくさんの方々がいたからこそ、過ごせた毎日がありました。
野田の言葉がなければ、こんな時間を過ごすこともなかったと思います。
皆様にはぜひ、改めてお客様のリストアップや、本当に大切な皆様を想い返すお時間をとっていただきたいなと思います。

そして、こちらのブログでもお客様のリストアップの方法に関して、記載をしております。
よろしければぜひ、御覧くださいませ。

もう一つ、皆様にオススメがあります。

それは、お客様への「メッセージカード」です。
私たちは、引出物と一緒に「なぜ、この引出物を選んだのか?」や、い「つも思っていてもなかなか言えなかった想い」をメッセージカードとして準備しました。
これも野田のアドバイスがあったからです。

「お招きする方々にお招きしたい理由があって、それが、お客様にも感謝の気持ちとなって伝わると思います!」

ちょうどお互いの仕事がいそがしいタイミングと結婚式の準備のタイミングが重なって、たくさん想いはあったものの、事前になかなか準備をすることができず、メッセージは前日まで書くこととなりました…

そのため、彼が自分の手で一枚一枚引出物袋に入れることになりました(笑)

ぜひ、皆様には、きちんと準備をして、皆様にそのお気持ちをお客様に伝えてあげてほしいなと思います。

当日は、私たちの知らないところではありましたが、お客様同士がメッセージカードを見合い、自然と笑顔の瞬間が生まれていたようで、なんだかとても嬉しく、そして、ほっこりとしました。
今、苦渋の決断をされた皆様にとって、自分の人生において大切な方々を想うこと、そして、大切な方々への想いを綴ること。

いまだからこそできることがあると思います。

ぜひ、今だからこそできることを精一杯過ごしていただければ嬉しいです。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【ご自宅でも行える】WEBお打ち合わせのご紹介

2020.04.22 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

私たち萬屋本店では、
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」を受け、
現在ご結婚式のご準備を進めてくださっているお客様や、
会場見学のご希望を頂いているお客様のご案内につきましては、
全てオンラインでのお打合せをご案内させていただいております。

通常は萬屋本店やお打ち合わせサロンにお越しいただき、
ご案内をさせていただいております。
そのため、ウェブ上でのお打ち合わせと聞くと
直接会ってお話ができないことや、
どんなツールを使ってお打合せを行っていくのかなど、
ご不安に思われる方も多くいらっしゃると思います。

そんな皆様に、ウェブでのお打合せはいったいどんなものなのか、
ご紹介させていただけたらと思います。

●ウェブ上でのお打ち合わせの良いところ
インターネットを使用して行うことができますので、
遠くにいらっしゃる人とも、「ネット環境」と「PC」もしくは「スマートフォン」、
「ビデオ通話ツール」があればお打ち合わせが可能ということです。
そのため、お二人はご自宅でゆったりとしながら行うことができるのです。

ビデオ通話ツールのご紹
お打ち合わせのツールといたしましては、
Skype・Zoom・FaceTime・Wherebyなどといった、
無料でご利用いただけるビデオ通話ツールを
ご案内させていただいております。

このようなビデオ通話ツールには、
画面上で資料データを共有することができる機能がございます。
そのため、違う場所にいながらも同じ資料を一緒に確認でき、
お打合せを進めていただくことができますので、
とても安心してくださるお客様が多くいらっしゃいます。

●お客様からのお声
このような情勢の中、お客様がご結婚式当日に向けてどのような形で
ご準備を進めてくださっているのでしょうか。
先日お打ち合わせをさせていただきました
お客様の実例とともにご紹介させていただきます。

現在は新型コロナウイルスの影響により、新郎新婦様ともに会社には出勤せず、
ご自宅での「リモートワーク」をされているといいます。
そういったご状況のだからこそ、普段はなかなかご夫婦でのお時間を取ることができないけれども、
一緒の空間で時間を過ごしたり、ご飯を食べたり、いろいろなお話ができていることが
とても幸せで有意義な時間を過ごしていると仰っていただきました。

新型コロナウイルスの影響により、日本全国に緊急事態宣言が発令され、
私たち一人一人が当たり前のように過ごしていた今までの生活や、
自分の命のありがたみを日々深く感じていることと思います。
そんな時だからこそ、夫婦として相手を想う気持ちやをお手紙にしたためてみたり
身近にいる人に感謝を伝えることを、ぜひ大切にしていただきたいです。

これから先の結婚式や人生を歩んでいかれるうえで、
一生欠かすことにできない有意義な時間を創り出すことができると信じております。
ご相談事などがございましたら、
担当コンシェルジュまでお気軽にお尋ねくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

ARCHIVE
CATEGORY