フェア予約

【年内限定】前撮り・後撮りキャンペーン

2018.08.17 Category:

おはようございます。

萬屋本店の早野智子でございます。

 

萬屋本店ではご結婚式とは別日に

前撮り撮影や後撮り撮影をされる新郎新婦様が多くいらっしゃいます。

 

そういったご希望をいただくのは

皆様、共通の想いがあってのことだと日々実感します。

萬屋本店でご結婚式をされるお二人は

結婚式をイベントやショーのようなものではなく、

人生の中でも大切な節目と捉え、

『結婚式の1日で人生に関わった大切な皆様に

日頃の感謝を伝え、もてなしをしたい』

そんな風に思っていらっしゃるお二人が多くいらっしゃいます。

 

そんなゲストの皆様へのおもてなしの精神があるからこそ、

結婚式の日にお召しになるお衣裳を選ばれるポイントは

『親御様やおばあちゃんに喜ばれるお着物』

『皆様の元へご挨拶に行きやすいドレス』など、

ゲストお一人お一人のことをお考えになって

ご結婚式をご準備していきたいとお考えでいらっしゃいます。

 

だからこそ、前撮り撮影では、時間をたっぷり使って頂き、

自分たちの大好きなお衣裳、実は挑戦してみたいヘアメイク。

そしてお二人の大好きな思い出の場所…そんなモノたちに囲まれ、

お二人の世界観を表現して残していただきたいと思います。

そこで、より多くのお客様に前撮りの価値を体験していただきたく、

年内の期間限定で『衣装小物フリーキャンペーン』をご用意させて頂きました。

お好きな小物をどれだけ使っても、1着につき1万円でレンタルしていただけます。

通常1点1万円前後するアクセサリーや、3万円前後のヘア小物まで、

全て1万円の中でお好きなスタイリングを楽しんでいただけます。

 

挑戦してみたい憧れの海辺のイメージでのヘッドアクセサリー、イヤリング。

大正ロマンを連想するような式場の中でのモダンなカットなど

贅沢に思い出を沢山残していただけたらと思います。

結婚式当日とは違った自分に出会える。それが前撮りの醍醐味です。

自分のやりたいこと、心ときめくアイテムで、存分に遊んでみてください。

鎌倉で前撮り撮影をすること。

お二人にとっても思い出になり、

そしてその写真を何十年後にお二人のお子様が見て

そして鎌倉を訪れたときに

『あ、ここお父さんとお母さんが結婚した時に撮ってた場所だ』

『結婚したときのお父さんとお母さん、とっても素敵だった』

そんな風に家族にとって宝物になれば、私たちも嬉しく思います。

またご結婚式を終えたお二人へ後撮りも

萬屋本店では季節問わず行っています。

是非、思い出の場所でもう一度私たちと撮影をしませんか?

お問合せはお気軽に仰ってくださいませ。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【結婚式の仕事の魅力】インターンレポート

2018.08.16 Category:

こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュの飯田です。

 

毎日暑い日が続いていますね。

夏休みシーズンに入った鎌倉は、たくさんの観光客の方で賑わっています。

 

さて、今回は先日開かれましたインターンのご報告をさせていただきます。

参加してくれたのは、ウエディングの仕事に興味を持っている9名の学生達。

結婚式は沢山のスタッフが関わり、当日を迎えます。

中でもウエディングコンシェルジュはお客様の一番の理解者として、

ご結婚式のお手伝いをさせて頂く役割を持っています。

学生たちはそんなやりがいの大きさに魅せられ、

萬屋本店でのインターンの参加を決めたそうです。

 

実はこのインターン、私と同期のコンシェルジュ野田が企画運営しており、

3ヶ月前から準備を重ねておりました。

私たちがこのインターンで学生たちに伝えたかったのは、

ミッションを持って仕事をする強さです。

ミッションとは、仕事をするうえで指標となる信念のこと。

悩んだときや立ち止まった時にミッションに立ち返ると、

自然と力が湧いてくるものです。

ちなみに私は

「結婚式を通して、愛情いっぱいの家族を増やしたい」

を心に掲げ、日々追求しております。

 

インターンでは【本気のミッション探求】と題して、

学生たちそれぞれが仕事をするうえで大切にしていきたい信念を探っていきました。

 

学生同士でディスカッションをしながら自分に向き合う時間。

そこから自分なりの言葉でミッションをつくりました。

急遽参戦してくれた、2019年度内定者の二人も、

学生たちと近い距離で関わってくれました。

内定者という立場から、

彼らだからこそ話せる言葉で学生たちを引き込んでいました。

代表の宮腰、取締役の鈴木は、まさにミッションを生きている人。

宮腰、鈴木からの話は、学生たちにとって刺激的だったことと思います。

 

学生たちはそれぞれ、

「自分のやりたい事を見つめなおした」

「どの会社に入るかよりも、どんな人生を歩んでいきたいかという目線で

就活を明るく進めていけそう」

などと話してくれました。

 

最後には目を輝かせながら、自分のミッションと、

なりたいコンシェルジュ像を探求できた学生たち。

将来萬屋本店のコンシェルジュとして活躍してくれる子もいるかもしれません。

この先の学生たちの未来がとても楽しみですし、

私も精一杯、彼女たちの人生に関わっていきたいと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【四季を感じる結婚式】 秋のコーディネート

2018.08.13 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

8月に入り、秋のご結婚式をご予定されている新郎新婦様のお打合せが

いよいよスタートして参りました。

 

四季がはっきりしている日本では古くから

季節の草花を飾ることで大切な人をもてなしていました。

結婚式でも、季節の花を飾ることは最大限のもてなしとされています。

メインのソファ―の周りには

色づきはじめた紅葉を活けさせていただき

壁に描かれた絵から浮き出したような立体的な空間を演出。

色づいている枝ものはドウダンツツジといい

「上品」という花言葉が込められています。

そして「感謝」の花言葉を持つダリアもお二人とゲストのテーブルに飾らせていただきました。

 

ただ季節の花を飾るのではなく

そこに込めるメッセージも、お打合せの中で一緒に考えていき

当日は司会から伝えていただく事で

特別なもてなしとしてゲストの皆様に伝わることと思います。

また、新婦様の衣装にも

会場のお色味とあった朱赤の振袖を白無垢の中に纏い

小物と合わせてコーディネート。

 

披露宴入場ではより華やかに、

そして新郎家の家の色に染まったという意味も込めて、振袖姿で入場。

会場の装飾と花嫁の衣装が全体の調和を引き立てます。

 

自然豊かな鎌倉での結婚式に参列されるゲストの皆様に

会場の中でも季節を感じていただき

そしてそこには、新郎新婦が心から伝えたいメッセージが込められている。

そんな贅沢はもてなしを

是非、一緒に考えて参りたいと思います。

 

お花のお打合せは結婚式の2か月前に行われます。、

これからご準備される皆様に少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

萬屋本店~年内限定!空き日程を特別公開~

2018.08.11 Category:

皆様、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュの早野でございます。

 

結婚式場探しのご相談の際に

新郎新婦様によくよく聞かれる質問がございます。

「結婚式のご準備はどのくらいの期間が必要ですか?」

1年前、半年前からと思われているお客様が多いのですが、

一般的には3ヵ月でご準備は整うのがご結婚式でございます。

萬屋本店も基本は3ヵ月にてご準備させていただいております。

今から3か月後といえばちょうど秋のシーズンですね。

秋は一年間の中でも最も結婚式を挙げる人気のシーズンです。

その理由は誰もが気候柄、過ごしやすい季節であること、

食欲の秋というくらい食材が豊かで美味を感じ取れる季節でもあること…

他にも多くの理由で人気なのが秋でございます。

そんな人気の秋を含む年内はきっともう空いていないと思われており、

お問合せの多くは来春やそれ以降だったりします。

 

でも秋を含む年内に挙げていただくメリットは

季節以外にもまだまだございます。

年内にご結婚式を挙げていただくと

お正月の前に大切な方々にご結婚のご報告ができるという

大きなメリットもございます。

 

年を超えて来年になりますと、お正月ということもあり、

ご親戚に多くお会いになったり、ご友人との同窓会があったりと

何かと多くの方にお会いになる機会が必然と増えます。

そんな時にご結婚式を挙げられる前か後かでは

お話される内容も大きく変わることだと思います。

大切な皆様には今年のうちにちゃんとした形で

ご結婚のご報告をなさってお正月を迎えてはいかがでしょうか?

今回こちらのブログではまだまだご案内できる日程もあり、

特別に日程を公開させていただけたらと思います。

 

11月3日(土)、10日(土)、25日(日)

12月8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、22日(土)、24日(月祝)

※8月11日時点、空き状況は日々変動がございます

 

是非、お盆の帰省の前にご日程を定めて

大切なご家族とのご相談材料になさってくださいませ。

この時期限定の特別プランのご用意もございます。

詳しくは萬屋本店0467-24-2040までお問合せくださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~一部・披露宴編~

2018.08.09 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

6月に行われました弊社コンシェルジュ阿部の結婚式の様子について、

ご紹介させていただいております。

 

二部制で行われた結婚式の、一部目の披露宴の様子についてご紹介させていただきます。

(挙式編はコチラをご覧ください)

 

●披露宴開宴

入場はもちろん俥夫の口上で。

阿部ちゃんが入社したばかりの頃から、『結婚式とは』を教えてくれた俥夫の沼さんは、

阿部ちゃんにとって第二のお父さんのような存在。

自身の結婚式という節目を尊敬する方と一緒に創れたこと、二人は本当に幸せ者です。

 

●スタッフ紹介

披露宴入場前には、日頃二人と一緒に仕事をしているチームメンバーであり、

この日の結婚式をお手伝いさせていただいているスタッフ一人一人の紹介をさせていただきました。

 

●入場

披露宴入場は一目惚れで選んだ色打掛にお召し替え。

髪型も洋髪にして、イメージチェンジをしました。

 

●中座

披露宴はアットホームに、和やかに進んでいきました。

そして中座のシーンはそれぞれのご家族と。

普段は中々言えない想いを伝え合い、少し距離を感じていた兄妹の絆が再び固く結ばれた時間。

そして、新郎のたくちゃんは大の仲良しのお母様と妹さんと。

三人で手を繋いでの中座は、お母様も妹さんもとっても嬉しそう。

 

●再入場

再入場はドレスで。

試着させてもらったオーセンティックさんのドレスの中で、一番似合っていたこのドレス。

これを綺麗に着るために、ダイエットも頑張りました!

 

●ゲスト紹介

新郎新婦より、周りが大盛り上がり。

紹介された皆様は、とっても嬉しそうで、楽しそうでした。

 

新郎たくちゃんの職業はプロのカメラマン。自分の結婚式中も沢山撮っていました。

 

●歓談の時間

披露宴はゲスト紹介以外の時間は、全て歓談に充てました。

ゲストの皆様との会話を何よりも大切にしたいと言っていた二人。

実現したかった時間になったかな。たくちゃん、いい笑顔です。

 

●結び

沢山の方に愛され、育てていただき、ここまで来た二人。

その始まりは言うまでもなく、大切に育てて来てくれた親御様です。

感謝の気持ちを伝える時間。

 

●家族がひとつになった時間

感謝の気持ちを込めて、花束贈呈。

渡し方は、二人一緒にそれぞれのご両親へ。

大切な家族が増えた。そんな言葉がピッタリのこの写真。

タクちゃんのお母さんから阿部ちゃんへ。『ゆうかちゃんは私が幸せにする』と愛情いっぱいの言葉をいただきました。

そして、涙が止まらないタクちゃんの涙を拭いてくださった阿部ちゃんのお父さん。

両家が一つの大家族になった瞬間でした。

 

後日、二人とラインのやり取りをしていた時に、

この時のシーンについて、こんなことを話してくれました。

 

『結婚式を終えてから、お互いにお互いのことを今までより

より大切に毎日を過ごせております^^

そして昨日話していたのは、

なんか、花束贈呈シーンをダブルにしてよかったねって。

私がたくちゃんママに渡したときに、

お母さんもゆうかちゃんのこと幸せにするからね、って言ってくれて

たくちゃんが阿部パパに渡したときに、

たくちゃんが泣いててハンカチで涙を拭ってくれたのを見て

その瞬間に、お互いの家族と、家族になれたって感じがしました。

今までももちろん大切に、そして仲良くして頂いていましたが

なんだか、そのときに実感しました。

そして本当に結婚式をしてよかった。って改めて思います。

ありがとうございます!』

 

私はウェディングの仕事をして12年目になりますが、

経験が増えても色褪せない感動や、幸せをもらえるこの仕事が出来ていることを、

本当に幸せに思います。

 

そして、人生を支えてくれる強く豊かな節目となるような結婚式を、

これからも大好きなスタッフと共にお手伝いしていきたいと思います。

(準備編はコチラをご覧ください)

(挙式編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式レポート◆

萬屋本店レストラン~新ランチメニューのご案内~

2018.08.07 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。

台風も過ぎ、また暑い日が続いていくようですね。

8月から萬屋本店レストランでは、ランチメニューを一新し、
『滋養強壮』をテーマに夏の疲れた身体を癒す
この季節ならではの食材をふんだんに使いました。

暑い日々が続いておりますが、そんな季節だからこそ
食べて、飲んで元気になる、そんなお料理をご用意しております。

 

 

●冷前菜
水ダコ・フルーツトマト・夏野菜のサラダ仕立て
塩昆布のヴィネグレットソース

こちらのお料理の特徴はソース
スタッフにも人気の塩昆布ヴィネグレットソースは水ダコの食感や、
それぞれの野菜の旨味を引き立てるソースです。
滋養強壮に効く成分を使用し、健康と美容にいい成分をふんだんに含めております。

 

●温前菜
イワシの燻製と野菜の奉書包み焼き

奉書包み焼きとは、魚を奉書紙に包んで焼く料理
イワシの燻製とともに焼き上げた夏野菜の香りが食欲をそそります

 

●スープ
ぜんな蛤・冬瓜・とろろ昆布の和出汁

5月から8月中旬の手かき漁でしか取れない大変貴重な小蛤のことを「ぜんな蛤」と言います。
大蛤よりも身は小さいですが、プリプリで和出汁とも相性抜群です。

食欲の落ちる季節だからこそ、栄養のある温かいスープでほっと一息。

 

●メイン(魚料理もしくは肉料理からお一つお選びください)
魚料理 太刀魚の炙り焼き 旬のかぼす添え

肉料理 氷温熟成豚肩ロースの仁淀川山椒焼き

高知県の温暖な気候で育った香り高い弊社の【仁淀川山椒】は、
すっきりとした辛味と爽やかな香り・鮮やかな緑色が特徴です。
氷温熟成豚肩ロースをさっぱりと最後までペロリと召し上がっていただける最高のスパイスです。

 

●デザート(以下3つの中からお好きなものをお一つお選びください)
白桃のコンポート ヨーグルトのソルベ添え
大人の濃厚なカスタードプリン ア・ラ・モード風
白玉クリームあんみつ

今が旬の白桃をヨーグルトのソルベでよりさっぱりと。
疲れた身体が喜ぶそんな一品一品を大正時代の面影薫る日本家屋で
贅沢に流れる時を感じながら萬屋本店でのお料理を大切な方とご堪能くださいませ。

 

レストランの他のメニューやご予約の空き状況はこちらよりご確認いただけます。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~一部・挙式編~

2018.08.05 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

6月に行われました、弊社コンシェルジュ阿部の結婚式当日の写真が届きましたので、

挙式のシーンのご紹介させていただきます。

(披露宴編はコチラをご覧ください)

 

当日は二部制で結婚式を行いました。

挙式は祝言。

結婚式をしなくてもいい。と考えていた二人が、

大切な皆様に感謝を伝えたいからと、決心し、実現した結婚式。

 

結婚式当日は、様々な想いが巡り、ドラマがあります。

今結婚式のご準備をされている方も、結婚式を挙げない予定の方も、

是非知っていただきたいのは、

結婚式を挙げる本人たち以上に、周りは二人の結婚を心から祝福し、愛しく思っているということ。

阿部ちゃんとたくちゃんの結婚式を通じて、そんなことを再確認させていただきました。

本日は、当日のお仕度~挙式までのシーンをご紹介させていただきます。

 

結婚式当日は台風が上陸し、しとしとと雨が降る朝でした。

次から次へとお祝いに訪れるスタッフや、担当させていただいたお客様からの祝電に、

涙が止まらない新婦阿部ちゃん。

 

代わる代わるスタッフが部屋を訪れ、お祝いの言葉をたくさんもらいました。

お花を持って現れたのは結婚式当日のキャプテンも務めてくれた羽川。

この日のために異動先の福岡から駆けつけてくれました!

 

衣装は真っ白な白無垢。

ヘアスタイルは地毛日本髪で仕上げました。

本当に綺麗。ヘアメイクをダブル担当してくださった、

メイクマリエの丸山さん、冬澤さん、有難うございます!

 

ゲストを迎えるお待合室には、メッセージカードを用意。

前日の夜中までかけて書き上げた二人からのメッセージ。

ゲストの皆様も嬉しそうに手に取ってくださいました。

 

そして、愛されキャラの二人らしい、『二人のいい所』を書いてもらう自由帳を待合室に設置。

皆様から沢山の愛情あふれるメッセージをいただきました。二人の宝物です。

 

間もなくお仕度が完成します。

だんだん、花嫁の顔になってきました。

 

雨に濡れた緑がとても綺麗な縁側で写真撮影。

二人共雨なんて気にならないくらい楽しそうでした。

 

そして、挨拶の儀。

いつも優しくて、阿部ちゃんのことが大好きなお父さん。

自律していて、強くて、愛情深いお母さん。

彼女が尊敬するご両親は、憧れの夫婦像だと話してくれました。

「いままで育ててくれて、ありがとうございました」

涙に言葉を詰まらせながら、家族だけで過ごすこの時間は、彼女の人生を支えてくれる強い節目になったことでしょう。

 

祝言の入場シーン。

尊敬するお母様から、筥迫を贈っていただきます。

 

ご両親から新郎へ。

新婦を託すこのシーン。

それぞれのお立場で、様々な想いが巡るこのシーン。

覚悟と決意に満ちた、誓いの時間が始まります。

 

新郎へ新婦を託した直後。

お父様は顔をくしゃくしゃにして涙をこらえ、

優しく新郎新婦を見守ってくださいました。

 

夫婦の誓いを固める三献の儀。

過去・現在・未来を表す三つの盃を飲み交わし、夫婦となります。

 

そして退場のシーン。

緊張がほぐれる一瞬。二人の笑顔が溢れます。

 

夫婦の誓いを固め、皆様への感謝をお伝えし、これからの人生を共に歩む決意を結ぶ挙式の時間。

人生の中で、これほど緊張し、涙し、幸せに溢れ、沢山の愛情を全身で感じる時間が、他にあるでしょうか。

 

生まれてきてよかった。

頑張ってきてよかった。

出会えてよかった。

 

そんな想いを新郎新婦だけでなく、列席しているご家族やご親族、ご友人、職場の皆様。

それぞれが沢山の想いを巡らせ、新郎新婦の幸せを心の底から喜び、祝福する時間。

 

もし、皆様の周りに結婚式を挙げるかどうか迷われている方がいらっしゃったとしたら、

是非背中を押してあげてほしい。そう思います。

大切な人の幸せを願い、喜んでくれる人が周りには沢山いるということを、お伝えしたいです。

結婚式にはそれだけの価値と、力があることを感じた挙式の時間でした。

(準備編はコチラをご覧ください)

(披露宴編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式レポート◆

大人婚~萬屋本店で叶うこと~

2018.08.03 Category:

皆様、こんにちは。

萬屋本店早野でございます。

 

萬屋本店は落ち着いた雰囲気のご結婚式をお探しの

お客様からよくお問合せをいただきます。

落ち着いた雰囲気でゲストをお招きし、もてなしたい…

そんなお客様の大半が年齢を重ねてこられた

大人なカップル様でいらっしゃいます。

晩婚化が進む昨今、今は5割以上の花嫁様が

30代以上とも言われています。

これまで参列したお友達の結婚式や、

人生経験や価値観から描く理想の結婚式は、

20代の頃の自分が思い描いていたものとは、少し違う…

そんな大人花嫁の声を元に、

30代以上のカップルが今、求める結婚式をご紹介します。

 

20代の花嫁さんと30代以上の花嫁さんとでは、

理想の結婚式のイメージが20代に比べて、

より支持率が高いキーワードとして挙がったのが、

「シンプル」に「落ち着いて」「自然体」こちらの3つ。

結婚式の参列経験や人生経験の多い

大人花嫁ならではの、人気キーワードと言えそうですね。

 

先輩大人花嫁の結婚式に共通していることは、

「自分目線」で式場を選ぶより

「ゲスト目線」で式場を選んでいること。

私たち萬屋本店のコンセプト、

『それは美しいもてなしが許された場所」

にも大半のお客様が共感共鳴してくださいます。

人生を歩んで行く中で

躓きそうになった時に手を差し伸べてくれた人、

一緒に共に泣き、笑い、歩んでくれた人、

きっと幼いころから一緒に過ごした家族、親族はもちろんのこと

ご友人、会社の上司や先輩など…今も尚お世話になっている方々が

沢山いらっしゃることだと思います。

そんな掛け替えのない人たちに対して

この日だけは改めて心からの感謝を伝えていきたい…

そのことが人生における大きな節目となる。

お料理、お衣裳、お花、美容、写真など

結婚式にまつわる様々なアイテム全ての想いを込めて

共に心ある結婚式をご一緒できたらと思います。

ご相談はお気軽にお問合せくださいませ。

 

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【お盆直前!追加開催決定】8月豪華特典付きフェア

2018.07.28 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

蝉の鳴き声が夏の暑さをより感じさせてくれますね。

気が付けば8月が目前にせまってきておりますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

8月はお盆を利用して帰省し

ご結婚のご報告をされる方も多くいらっしゃることと思います。

そしてお盆が明けますと、結婚式をご検討の新郎新婦様が

一同に式場選びに動かれますので、日程が瞬く間に押さえられていきます。

特に、萬屋本店のような貸切の式場はその影響を大きく受けます。

そこで、現在ご結婚式のご準備を検討されている新郎新婦様に朗報がございます。

通常、ひと月に一度のペースで開催している月一BIGフェアを

8月4日(土)と5日(日)の二日間限定で追加開催をさせていただきます。

 

■挙式入場体験

大正時代のアンティークの扉の向こうで行われるのは

新郎新婦の結びつきと両家の結びつきを感じていただける

日本で最も歴史ある挙式「祝言式」。

来省ロマンの雰囲気の中、入場のシーンでは

思わず涙される新婦様がいらっしゃるほど。

大切な方のお顔を思い浮かべながら、挙式入場の体験をしていただけます。

 

■婚礼料理無料試食

従来の結婚式で出される加工された食材でのお料理ではなく、

一つ一つ手をかけたシェフの絶品ロワイヤルや、特選黒毛和牛のグリル、

鯛茶漬けをご賞味いただけます。

新郎新婦様が本当に美味しいと感じたものを

ご披露宴では安心してゲストの皆様にお届けさせていただきます。

※お写真はイメージになります

 

■特典

衣装やお花など、人気の5つのアイテムから、通常は1つをお選びいただいているところを

この二日間は特別に2つのアイテムをプレゼントさせていただきます。

通常より2倍もお得になるのはこの二日間だけの特典です。

ゲストの皆様によりご満足いただけるおもてなしを

お二人のお好みでお選びくださいませ。

 

萬屋本店では

ご見学いただく前に、お電話でのご相談にものらせていただいております。

どのように式場を決めて行けばよいのか?

準備期間はどれくらい必要なのか?

結婚式の予算はどう考えたらよいのか?

結婚式は誰もが初心者だからこそ

安心安全に結婚式当日を迎える為の大事な第一歩である式場選びを

ご見学の前からサポートさせていただきます。

 

8月4日(土)と5日(日)は限られた組数様となっておりますが

両日ともにご案内枠がございます。

日程が選べるお盆前は、新郎新婦様にとって大変おすすめでございます。

また、ご都合が難しいという方にも

毎週の土日はもちろんですが

平日にもブライダルフェアは開催いたしております。

ご興味をお持ちの方はお気軽にお問合せくださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

 

 

 

【結婚式衣装・萬屋本店オススメのご案内】

2018.07.25 Category:

こんにちは、コンシェルジュの樋口です。
毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

これからの秋の季節のご披露宴に向けて、お衣装のご検討をいただいていらっしゃる方も多いかと思いますが
そんな皆様のご参考になればと思い、昨年の10月にご披露宴を挙げられた方をご紹介させていただきます。

家族のために式を挙げなければと思い、萬屋本店のフェアにいらしていただきました。
ご来館いただいてから7時間、悩みに悩み続けて、萬屋本店で結婚式を挙げる選択をしてくださいました。

もともと結婚式を挙げなくてもいいと思っていたおふたり。
最初は、どんなお衣装が着たいか、どんな時間を過ごしたいか、まったくイメージがありませんでした。
初回の衣装見学の際には、新婦様とお母様とおふたりで足を運ばれ、
お母様から「ウェディングドレス姿をとても楽しみにしている」と聞いた新婦様。
ウェディングドレスは考えていなかったのですが、
お母様にも喜んでほしい、結婚式は家族のために挙げようと思ったことから、
ドレスも着ることに。

何着もドレスの試着を重ね、萬屋本店のモデル写真にある色打掛を着比べたり、
白無垢や、振袖を着ましたが、想いの伝わる衣装にしたいとこの衣装たちになりました。

色打掛は新婦様の雰囲気に合わせた柔らかい色味に、様々なお花の刺繍が印象的な1着。

新婦様の胸元にあしらう5点小物。
そのすべてに「子の成長を見守り、一度つがいになると決して離れることのない」鶴が金糸で描かれたものを選ばれました。

そんな鶴があしらわれた筥迫をお母様より胸元に入れていただき、
「祝言」が始まっていきます。
子を見守る思いがこの小物からも伝わっていきます。

そして、披露宴の入場は色打掛を脱ぎ、友禅染の美しい引き振袖
皆様に近い距離感で、感謝の気持ちを直接伝えていきたい。
そんな思いから、軽やかな印象の振袖に。

帯飾りはシンプルに、見る角度によって色味の見え方が変わりとても素敵でした。

ドレスはレースのバックスタイルがとても印象的な1着に。

黒のスーツを着てこられる方が多い披露宴。
ご列席者様との差を見せるために新郎様はネイビーのタキシードにしました。

何度試着しても、このドレスを越えるものはなかった本当にお気に入りの1着。

皆様もご自分の人生の中で、いくつになってもお子様にも、孫にも自慢できるような、
そんなお気に入りの1着を見つけてください。
色打掛と振袖の合わせ方、柄行の意味合い。
全てに意味があります。

迷った際は、担当コンシェルジュや、衣装店オーセンティックのスタッフにぜひご相談くださいね。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆