フェア予約

【結婚式場見学の前が大事】事前相談会のおすすめ

2020.04.28 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

現在、結婚式場の見学に行きたくても動けなくて
どうしたらいいのかをお悩みの方も多いのではないでしょうか?

また、この事態が終息に向かい
世間も落ち着きを取り戻し
式場見学が出来るようになった場合にも
一時的に停止していた社会がそこから一気に動き出すことを考えると
お仕事なども大変おいそがしくなることが予測されます。

そんな中、結婚式場選びをご自宅に居ながら
有効的に進められるようなことが出来ないかと思って
今回、私たちで考えたことが
式場見学の事前のお電話相談会です。

実は式場見学をされるにあたり
事前にお二人で相談された方がいい内容があったり
親御様にご相談をされておいたほうが良いことなどもございます。

例えば、お人数やお日柄のこと。
ご新郎家とご新婦家で、人数のバランスを考えた時に、どこまで呼ぼうか悩まれていたり、
でも、そもそも本当にバランスを大事にしなければいけないのかが分からなかったりしませんか?
お日柄なども、自分たちは仏滅でも気にしないけど、親御様は気にするのかどうか?
でも、式場によっては仏滅だとお得な特典がある場合も多いので
どちらを優先的に考えた方がいいのか、分からなかったりしませんか?

ご結婚式はお二人だけのものではなく
ご両家様にとって大切な一日になりますので
たくさんの人の希望が重なってまいります。
それを事前に整理したうえで、式場見学に進んでいただけると
お二人にとっても、親御様にとっても安心につながるのではないかと考えます。

萬屋本店の経験豊富なプランナーと
15分ほどのお電話のお時間をいただき
お二人の現在のご状況などを率直に伺わせていただき
事前にお二人にとって必要な情報をお伝えさせていただく時間となります。

式場見学も貴重なお休みのお時間を使って動かれることと思います。
事前に必要な情報をしっかりとお二人が握った状態で
余計な時間をかけることなく
大切な一日を迎える式場選びを進めていただけたらと思います。

まだ何も決まっていない状態でも、もちろん構いません。
ご見学のお希望をいただいたお客様には
もれなく、この事前相談会という時間を設けさせていただいておりますので
是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店 「春を届けるもてなし」】

2020.04.28 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの伊藤でございます。

新型コロナウイルスの影響でご自宅で過ごされるお時間が
増えていらっしゃる方も多くいらっしゃると思います。
その為、ご結婚式自体のことを考えることも多いのではないでしょうか。

このようなときだからこそ、改めてご結婚式とはどんな日であるかを
考えていただくキッカケとなったらなと思います。

今回のブログでは、これからのご結婚式をお考えのご新郎ご新婦様にとって
少しでもご結婚式当日が楽しみに。そして、ゲストの皆様へのおもてなしを
考えることのできるきっかけになったらと思いまして
2月にご結婚式を挙げられたご新郎ご新婦様の『春』を
モチーフにしたおもてなしをご紹介させていただきます。

桜は日本を代表する誰もが知っているお花のひとつで
入学式や卒業式など人生の門出には欠かせないお花です。
桜は私たちの人生の中で最も身近なお花の一つではないでしょうか。
近年はお花見だけではなくお料理やスウィーツ、お酒などにも「桜味」が沢山あります。

こちらのご新郎ご新婦様は、お子様がいらっしゃり
親御様やご親戚の皆様に今までの感謝や3人家族の報告とともに
ご結婚式を通じて皆様に一足早い春を感じていただきたいという
素適なお気持ちがございました。

その為、ゲストの皆さまと離れて暮らしていたとしても、
桜を見るたびに、ご結婚式での沢山の皆様との思い出が蘇る。
お正月などのご親戚の集まりの時には、皆様と共有できる共通の思い出になってほしい。
何年経っても、色褪せることなく、思い出に立ち返ることができるような時間であってほしい
と思い、おふたりとのお打合せを重ね、ゲストの皆様へのおもてなしを考えました。

まずは暖簾前、ゲストの皆さまの誰もが目を引く玄関のような場所。


このような萬屋本店ならではの暖簾前でのショットも
桜を飾るとさらに印象的でございます。

次に、ゲストの皆様が挙式迄のお時間にゆったりとくつろいでいただける
お待合スペースでご用意した「桜」をモチーフにした和菓子。

この季節ならではの桜をモチーフに、
見た目と香りから春とおふたりのおもてなしの心を表現。
この季節が巡り、桜を見る度にご親戚の皆様の心に
おふたりの結婚式がおもいだされることと思います。

お魚お料理には菜の花を添えて。、
ご結婚式のお料理はゲストの皆様にとって
とても楽しみにしてくださっているひとつだと思います。

キッチンスタッフの藤本と竹内に相談し
お魚料理に菜の花を添え、彩り豊かに。
少しでも多くお二人の大切なゲストの皆さまへ
一足早い春を感じていただき、
お料理からも会話が広がるようにご準備をしました。

そして、お衣装にもこだわってお選びいただき
お着物の柄を通じて四季折々を楽しめ、
皆様とのこれからの人生が充実していきますように
という意味を込めて『総絵羽』をお選びいただきました。

毎年この季節が巡り、桜が咲く頃にご結婚式の楽しい思い出がよみがえってくる…
毎年同じ季節に同じ場所を巡り、ご夫婦やご家族の思い出を重ねていく…
ご新郎ご新婦様、ご家族様、お集まりいただくゲストの皆様にとって大切な結婚式。

ご自宅にいらっしゃる時間が増えているからこそ、
おふたりにとって大切なゲストの皆さまにどんな事を伝えたいのか。
その為にどんなおもてなしをしたいのかを考えていただくお時間にしていただき
担当のコンシェルジュまでにぜひご相談いただければと思います。
萬屋本店でご結婚式を挙げてくださる皆様にとって
少しでもお力になれるよう、努めて参ります。

 


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【ご準備のススメ】今だからこそできる結婚式のご準備

2020.04.24 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。

先日自身のブログをあげさせていただきました中で、恥ずかしながら、また、自身の結婚式のブログをあげさせていただきます。

結婚式のご準備を進めていらっしゃる皆様には、いまだ状況が日々変わる中で、ご不安なお気持ちでお過ごしのことと思います。
結婚式の延期を決定され、ご準備期間に意図せず余裕が出てこられた方もいらっしゃるかと思います。

結婚式のお日にちを改めてご決定され、お気持ちを改たにご準備を進めていらっしゃる方も多いかと思います。
そんな中で、ぜひ、いまだからこそできるご準備のお勧めを私からお伝えさせていただきます。

実は、結婚式の初回打ち合わせの際、私たちがお招きしたいと思っていたゲストは、約60名様でした。

自分たちにとって今関わりのある方、大切な方々を想い浮かべたリストアップをし、初回の打ち合わせに挑んだのですが、その際、担当の野田よりこんな言葉を投げかけられました。

「綾菜さん、本当にいいんですか?」
「本当に一緒に過ごしたい方、呼べてますか?」

今までウェディングプランナーとしてお手伝いをしてきた経験からも、リストアップをする際には、おおよその披露宴の際の配席まで考え、なんとか効率よく、仕事をしながらでも準備をしたいと思っていた私にとっては、とても驚きの言葉でした。

「なぜ結婚式を挙げるのか?改めてインタビューシートの内容や親御様に対しての想いを伺ったときに、本当にこの方々だけで大丈夫ですか?
何も考えず、ただ自分の人生において大切な方だけを挙げていくとしたら、どうですか?」

まっすぐに向けられたその言葉から、結婚式の準備に向け、自然と持っていた私の常識や、しがらみがなくなり、自分の人生のターニングポイントに携わってくれた方々、また、地元の長野で私のことを心配してくださっている方々もお招きして、安心してもらいたいと思うことができました。

打ち合わせの後、家に帰ってすぐにふたりで再度リストアップを行い、招待状の準備の前にみんなに連絡しました。

「絶対行きます!」
「誘ってもらえて、本当に本当に嬉しいです!」
それぞれからすぐに嬉しい返事をもらい、改めて、こんなにたくさんの方に支えてもらっていたのだなと思い、それだけでも幸せな気持ちになりました。

そんな言葉があったからこそ、過ごせた当日の写真がこちらです。

長野時代、みんながいたから頑張ることができました。
そして、萬屋本店に来てから支えてくださったこれだけたくさんの方々がいたからこそ、過ごせた毎日がありました。
野田の言葉がなければ、こんな時間を過ごすこともなかったと思います。
皆様にはぜひ、改めてお客様のリストアップや、本当に大切な皆様を想い返すお時間をとっていただきたいなと思います。

そして、こちらのブログでもお客様のリストアップの方法に関して、記載をしております。
よろしければぜひ、御覧くださいませ。

もう一つ、皆様にオススメがあります。

それは、お客様への「メッセージカード」です。
私たちは、引出物と一緒に「なぜ、この引出物を選んだのか?」や、い「つも思っていてもなかなか言えなかった想い」をメッセージカードとして準備しました。
これも野田のアドバイスがあったからです。

「お招きする方々にお招きしたい理由があって、それが、お客様にも感謝の気持ちとなって伝わると思います!」

ちょうどお互いの仕事がいそがしいタイミングと結婚式の準備のタイミングが重なって、たくさん想いはあったものの、事前になかなか準備をすることができず、メッセージは前日まで書くこととなりました…

そのため、彼が自分の手で一枚一枚引出物袋に入れることになりました(笑)

ぜひ、皆様には、きちんと準備をして、皆様にそのお気持ちをお客様に伝えてあげてほしいなと思います。

当日は、私たちの知らないところではありましたが、お客様同士がメッセージカードを見合い、自然と笑顔の瞬間が生まれていたようで、なんだかとても嬉しく、そして、ほっこりとしました。
今、苦渋の決断をされた皆様にとって、自分の人生において大切な方々を想うこと、そして、大切な方々への想いを綴ること。

いまだからこそできることがあると思います。

ぜひ、今だからこそできることを精一杯過ごしていただければ嬉しいです。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【ご自宅でも行える】WEBお打ち合わせのご紹介

2020.04.22 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

私たち萬屋本店では、
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」を受け、
現在ご結婚式のご準備を進めてくださっているお客様や、
会場見学のご希望を頂いているお客様のご案内につきましては、
全てオンラインでのお打合せをご案内させていただいております。

通常は萬屋本店やお打ち合わせサロンにお越しいただき、
ご案内をさせていただいております。
そのため、ウェブ上でのお打ち合わせと聞くと
直接会ってお話ができないことや、
どんなツールを使ってお打合せを行っていくのかなど、
ご不安に思われる方も多くいらっしゃると思います。

そんな皆様に、ウェブでのお打合せはいったいどんなものなのか、
ご紹介させていただけたらと思います。

●ウェブ上でのお打ち合わせの良いところ
インターネットを使用して行うことができますので、
遠くにいらっしゃる人とも、「ネット環境」と「PC」もしくは「スマートフォン」、
「ビデオ通話ツール」があればお打ち合わせが可能ということです。
そのため、お二人はご自宅でゆったりとしながら行うことができるのです。

ビデオ通話ツールのご紹
お打ち合わせのツールといたしましては、
Skype・Zoom・FaceTime・Wherebyなどといった、
無料でご利用いただけるビデオ通話ツールを
ご案内させていただいております。

このようなビデオ通話ツールには、
画面上で資料データを共有することができる機能がございます。
そのため、違う場所にいながらも同じ資料を一緒に確認でき、
お打合せを進めていただくことができますので、
とても安心してくださるお客様が多くいらっしゃいます。

●お客様からのお声
このような情勢の中、お客様がご結婚式当日に向けてどのような形で
ご準備を進めてくださっているのでしょうか。
先日お打ち合わせをさせていただきました
お客様の実例とともにご紹介させていただきます。

現在は新型コロナウイルスの影響により、新郎新婦様ともに会社には出勤せず、
ご自宅での「リモートワーク」をされているといいます。
そういったご状況のだからこそ、普段はなかなかご夫婦でのお時間を取ることができないけれども、
一緒の空間で時間を過ごしたり、ご飯を食べたり、いろいろなお話ができていることが
とても幸せで有意義な時間を過ごしていると仰っていただきました。

新型コロナウイルスの影響により、日本全国に緊急事態宣言が発令され、
私たち一人一人が当たり前のように過ごしていた今までの生活や、
自分の命のありがたみを日々深く感じていることと思います。
そんな時だからこそ、夫婦として相手を想う気持ちやをお手紙にしたためてみたり
身近にいる人に感謝を伝えることを、ぜひ大切にしていただきたいです。

これから先の結婚式や人生を歩んでいかれるうえで、
一生欠かすことにできない有意義な時間を創り出すことができると信じております。
ご相談事などがございましたら、
担当コンシェルジュまでお気軽にお尋ねくださいませ。

 


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【ご結婚式のご準備はいつから?】当日までの流れをご紹介

2020.04.20 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

外出自粛要請により
結婚式場探しのご見学を見送られている方や
式場は決まったけれど、その後のご準備が止まってしまい
ご不安なお気持ちを抱えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

本日は、先の予定が分かり
少しでも安心していただけるように
ご結婚式のお打合せの基本的な流れについてご紹介させていただきます。

通常、ご結婚式のお打合せは
ご結婚式本番の3か月半~3か月前のタイミングでスタートしていきます。

【1回目お打合せ】 ※3か月半~3か月前に開催
・お二人のご結婚式のテーマ、叶えたいことなどカウンセリング
・進行のお打合せ
・招待状のお打合せ

1回目のお打合せでは、担当プランナーとともに
お二人が結婚式で叶えたいことや、大切にしたいこと、好きな世界観などをお伺いさせていただきます。
そこでお二人の結婚式のテーマを考えさせていただき
そのテーマを基に、どのような一日を大切なゲストの皆様とお過ごしいただくかを
大まかに進行表に落とし込んでいきます。
また、新郎新婦様が一番初めにゲストの皆様にお届けする
招待状についてもお話をさせていただきます。

分からないことがたくさんある状況ですので
プランナーと一つ一つ確認をしながら、イメージを膨らませていただくのが
1回目のお打合せになります。

【2回目お打合せ】 ※2か月半~2か月前に開催
・進行のお打合せ
・お花のお打合せ
・BGM&映像のお打合せ

2回目のお打合せでは
前回の内容を基に、より具体的に進行を作りこんでまいります。
どのようなゲストの方々がお見えになられるのかを想像しながら、
過ごし方についてお話をさせていただきます。
そのうえで、当日の世界観づくりに欠かせないお花のお打合せを
萬屋本店の担当フローリストとともに行わせていただきます。
たくさんのお写真をご覧いただきながら
当日のイメージが一気に広がる、一番楽しいいお打合せになります。
そして、進行がまとまってくるタイミングになりますので
BGMや映像のご案内もさせていただきます。

【3回目お打合せ】 ※1か月半~1か月前に開催
・司会のお打合せ
・お写真のお打合せ
・席次表、席札、メニュー表のお打合せ

いよいよご結婚式本番を1か月後に迎える、一番大事な時期になります。
これまでプランナーとともに進めてきた進行の骨組みに
司会者さんと一緒に、しっかりと肉付けをしていく時間になります。
また、その一日をどのように記録に残していくかを
カメラマンとお話をしていただきながら決めてまいります。

また、当日のテーブルコーディネートに関わるペーパーアイテムなども
お花の色味や衣装の色味を考えて、選んでいきます。
決めていくことが多く、本番が近づいてきたことを
これまで以上に実感していただく時間になるかと思います。

【4回目お打合せ】 ※2週間前に開催
・最終確認のお打合せ
・当日の持ち込み品の確認

ここではプランナーと一緒に、すべてのアイテムや進行を最終確認し
当日が安心して迎えられるように、チェックをしていく時間です。
やり残したことはないか?

1回目のお打合せで叶えたいと思ったことが、届けられているか?
そして当日が楽しみでたまらない状態になっているのか?
そんなお話をさせていただき
プランナーとしては、もうお打合せがないと思うと
さみしい気持ちになってしまうお打合せとなります。

そしてご結婚式本番の前日には
お荷物の搬入にきていただき、忘れ物がないことを確認して
いよいよ当日を迎えていく、という流れになります。

もちろんその他に、
式場が決定したらすぐに、お衣裳合わせをスタートしていただきます。
2か月前のお花のお打合せまでに衣装が決定していると
衣装のお色味に合わせたお花のご提案もできますので、お勧めです。

そして1か月前にはヘアメイクアーティストと、ご新婦様のヘアメイクのお打合せもございます。
ご新婦様のご希望や、お顔立ちにあったヘアメイクのご相談に乗らせていただき
リハーサルといった形で体験をして、当日のスタイリングを決めてまいります。

このような流れで当日を迎えていくのですが
中には、少しゆとりをもって、早めにご準備を進めていきたいとお考えになられる方もいらっしゃれば
ギュッとやることを凝縮して、2か月間ですべてを進めていきたいというお客様もいらっしゃいます。
新郎新婦様のご状況は背景を、事前に伺わせていただき
お二人にあったご準備スケジュールも考えさせていただいております。

また、現在では外出に対するリスクなどもございますので
WEB上でのお打合せも行わせていただいておりますので
これからご結婚式を迎えていただく皆様に
少しでも安心してご準備を進めていただけるように
日々、知恵を絞って参りたいと思います。

もし今、ご不安なお気持ちをお抱えの方がいらっしゃいましたら
いつでもご相談に乗らせていただきますので
何なりと仰ってください。

 


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【ご結婚式後にできること】アルバムのデザイン変更や増刷について

2020.04.18 Category:

こんにちは。
萬屋本店のコンシェルジュの伊藤です。

連日新型コロナウイルスの影響により
ご自宅にいらっしゃるお時間も多いのではないでしょうか?
在宅することも多いということもあり、ご結婚式を挙げてくださったご新郎ご新婦様から
自宅にいる時間が長いからこそ、結婚式のお写真を見返した時に、
アルバムのグレードアップや追加のご注文ができますか?とお問い合わせをいただくことがございます。

ご結婚式の写真についてどんなイメージですか?と新郎新婦様に伺うと
「そんなに頻繁に見ないだろうし、家族や友人にも撮ってもらえるから心配はしてない」という理由で
アルバム自体にそこまで強いこだわりをお持ちでないお客様が多くいらっしゃるなというのが私たちの印象です。

しかし、実際にご結婚式を挙げられた新郎新婦様に「後悔したもの」がありますかと
お尋ねをしていくと、必ず上位に上がるのが、このご結婚式のアルバムになります。

私からお伝えしたいのは、後悔しないためにもアルバムこそこだわっていただき、
ご夫婦、そしてご家族の未来のためにやはり残して欲しいという想いです。

ご結婚式では様々な想いやシーンが生まれています。
そのシーンはおふたりが直接立ち会うことのできる場面もあれば、
おふたりが見ていない場面で、感情が揺れ動いているシーンもございます。

例えば、学生時代のご友人同士が久々に再会して思い出話に華を咲かせていた時間、
ご親族様がお二人のプロフィールビデオをご覧になって昔のことを懐かしんでいらっしゃる様子、
幸せそうな花嫁である大切な娘を後ろから見守りながら、涙と共に送り出す親御様のお気持ち…。

これらの瞬間は新郎新婦様にとってかけがえのない宝になる時間だと思います。
結婚式のカメラマンはそれらの瞬間を一つ一つ形に残していきます。

お写真には不思議な力があると信じております。
そのお写真を見返すたびに、思わず笑みがこぼれ、幸せを感じる瞬間。
その時の記憶を想い返すことのできるお写真は欠かせない大切なアイテムです。

実はご結婚式を終えた後でも、お写真のデータさえお手元にございましたら、
アルバムは増刷をしたり、デザインをご変更いただくことは可能でございます。

実際多くのお問合せの多くにありますのが、
ご自分たちのご結婚式のお写真を何度も何度も見返した時にいい写真が沢山あって
カット数の多いアルバムに変更したいというご相談です。
私たちとしては、大変嬉しいご相談でございますので、
このブログをご覧のお客様にも是非ともお伝えできたらと思います。

ご自宅にいらっしゃる時間がある今だからこそ、
ご夫婦でご結婚式の思い出を振り返るきっかけや大切な親御様にも
大切な思い出をアルバムにしてお届けいただくこともご検討いただけたらと思います。
アルバムに関するお問合せは萬屋本店までお気軽にご相談くださいませ。

 


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式レポート】困難を乗り越えて気付いたこと

2020.04.16 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュ野田でございます。

先日の政府からの緊急事態宣言の発令に伴い、新型コロナウィルスの影響でご自宅で過ごされるお時間が増えていらっしゃる方も多く、ご結婚式自体のことを考える時間も増える中で、これからのご結婚式に対してご心配な思いもおありかと思います。

今回のブログでは、こういう状況だからこそ、少しでもご準備中の新郎新婦様にエールを贈れたらという気持ちで一組の新郎新婦様のエピソードをご紹介させていただきます。

私が今回ご紹介させていただくお二人は、当初2019年10月にご結婚式をご予定されていました。

実は、ご結婚式の約1週間ほど前から台風19号の接近が報じられている中のご準備でした。
当日が近づいてくるにつれて台風の勢力も大きくなっており、結婚式前日に日本に上陸すると予想されました。

「このまま決行していいのだろうか
延期したほうがいいのだろうか
結婚式の時間を遅らせたらいいのだろうか」

私たちやお二人もたくさん悩み考え、何度も何度もお話合いを繰り返しました。

そして、各地での被害や状況を踏まえて、前日にご結婚式を延期されることをご決断なさいました。
後日、そのときのことをお二人とお話する機会があり、お二人が私に話をしてくれた言葉が非常に勇気づけられる言葉だったので、お伝えできたらと思います。

「延期になったことを皆様にご連絡差し上げた際に返ってきたのは、沢山の励ましや温かい言葉ばかりでした。
悔しさと皆さんの優しさに色々な感情が溢れました。

皆さんへの感謝や大切に想う気持ちを改めてゆっくりと噛み締め、「本番では、悔いなく素直な想いを伝えよう」と前を向くことを決めました。

今思うと、このことがなければ気付けなかったゲストからの優しさや沢山の感謝の気持ちに気付くことができ、少しお待たせさせてしまいましたが、その分、惜しみなく感謝を伝える準備ができました。

そして迎えた結婚式当日。披露宴でのウェルカムスピーチ。
自分たちの想いを直接言葉で伝えられた時は、とても嬉しく、会場の全ての方々の眼差しの温かさに、幸せを感じた瞬間でした。」

当日はプランナーとして立ち会わせていただきましたが、お二人はもちろん、ゲストの皆様も笑顔に溢れ、その場に皆様が揃うこと自体が当たり前ではなく幸せなことだということ。誰もがその幸せを噛みしめた、温かいお時間でした。

きっと皆様も今、ご不安なお気持ちが多くあると思います。
でも、どんな形であれ、ご結婚式が新郎新婦様だけではなく、親御様やご友人の皆様にとっても大切な一日であること。そして、お招きなさっている皆様が新郎新婦様の結婚式を、いつであったとしても心から楽しみにしてくださっていて、応援してくれているということに変わりはないと思います。

そして、担当プランナーをはじめとする、私たち萬屋本店のスタッフ一同もその応援団の一人です。

このことがなかったら気付けなかったこと、この時間があったからこそ、私たち自身にとっても大切なことを教えてくれている時間でもあると感謝を思う毎日です。
いつでも、どんなときでも皆様の力に必ずなります。未来に向けて、一緒に進んでいけたらと思っております。

少しでもご不安なお気持ちがございましたらいつでもご相談ください。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式の奇跡】心から自分が幸せだと思った日

2020.04.12 Category:

お久しぶりです、萬屋本店の樋口です。

私ごとながら、先月、3月3日に結婚式を挙げさせていただきました。

私が結婚式を挙げるときは、新型コロナウィルスの感染拡大がニュースで連日取り上げられ、結婚式を挙げる1週間前には、全国の小中学校の休校が決まりました。
このまま結婚式を挙げることが本当にいいことなのか、延期をした方がいいのではないか、たくさん考え、毎日、ふたりで悩みましたが、それでも、私自身の誕生日ということもあり、もう一生、これだけの方に集まっていただく機会はないだろうと結婚式を挙げる選択をしました。

そんな体験をした私だからこそ、これから結婚式を挙げられる方、ご準備中の皆様にとって、少しでも、私の体験や想いがお役に立てばと思っています。

結婚式を挙げて早1ヶ月、結婚式の写真データが手元に届きました。
撮影データを見ていると当日を昨日のことのように思い出し、本当に幸せな時間を過ごさせていただいたので、写真とともに当日を振り返りたいと思います。

もらった撮影データの中で、私が一番安心した写真がこちらです。

結婚式当日、みんなが来てくれるのか、笑顔で過ごしてくれるのか、ただそれだけが心配でした。
そんな中、長野から来てくれた母や、彼と初めて会う埼玉からの叔父さんとが笑顔で話していたこの写真を見て、本当に安心しました。

私たちはお互いの仕事柄、なかなか休みが合うこともなく、お互いの家族にも結婚するまでには数えるほどしか会う機会がなかったので、そんな私たちにとって、この写真だけでも結婚式を挙げて、そんな決断をして本当によかったと思うことができました。

そしてこの写真。

私の父は、私の結婚が決まってから、涙もろくなり、私の従妹の結婚式の入場シーンですら、
私とのことを想像して涙を流していました。当日は、涙と笑顔でたくさんの一日になり、
いい親孝行ができたのかなと思っています。

 

そして、同じように彼にとっては、おばあちゃんが結婚式に来てくれたことが本当に嬉しかったようで、
このおばあちゃんの笑顔の写真をまるで宝物のように何度も見返していました。

 

私たちにとって、結婚式を挙げる決断は決して簡単なものではありませんでした。
結婚式の前には、不安に思っている私たちに、「当日楽しみにしているよ!」「何があっても絶対行くからね。」と応援のお声をたくさんいただきました。

そんな中で迎えた当日、自分たちにとって大切な方々が、ご挨拶をする準備をしてきてくださり、嬉しそうに、幸せそうに有難いお言葉をいただけたこと。
たくさん部下がいて、本当においそがしい中、自分たちのために話してくださったお言葉のひとつひとつ。
お互いがどれだけ大切にしていただき、たくさん支えていただけているのかを、このご挨拶の時間から知ることができました。本当に、本当に、嬉しい時間となりました。

 

他にもこんなに幸せな時間がありました。

・小学校からの30年来の友人が泣きながらスピーチをしてくれたこと
・プランナーとして、サービスマンとして、この人に認められたいと思って頑張ってきた先生のような先輩からご挨拶をいただけたこと
・出会って15年、公私ともに切磋琢磨した同志であり、これからも一生の付き合いである友人にお墨付きをもらえたこと

この時間がなければ気が付くことができなかった想いがあり、知ることがなかった愛情がありました。
そんなたくさんの時間を過ごしたことをたくさんの写真からも振り返ることができました。

 

そして、披露宴の終盤、最後の挨拶を彼がし終えたとき、突然、私の父が彼の手を握り、話してくれました。

「俺も職人だった。
自分が結婚するときは、そんな汚い手で幸せにできるのかと、結婚を反対されたときもあった。
でも、俺はいいよ。これが職人の手だ。」

そんな挨拶の後、彼が涙し、両家の父が握手をした時間。
私は、自分の仕事に誇りを持って生きてきました。それは彼も同じで、職人として、自分の手から生み出せる笑顔を信じて頑張ってきました。いろんな生き方がある中で、職人となり、大工となった彼が認めてもらえた気がして、私は本当に嬉しかったです。そして、こんな時間はこの結婚式がなければ一生、過ごすことができず、そんな家族の想いを知ることもなかったのだと思います。

今は苦しい決断を迫られ、日々変わる状況の中で、どうすることが正しいことなのか、迷いの中を過ごされていらっしゃる方も多いと思います。

こんなタイミングだからこそ、自分の人生にとって大切な方と過ごした日々を思い返し、なにか返せることはないか考える時間にしていただければと思います。
そして、日々いそがしく、やりたくてもできなかったこと、自分がやりたいと思っていたことを形にする時間にしていただければ嬉しいです。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式準備で大切なこと】プランナーはお客様の一番のサポーター

2020.04.08 Category:

こんにちは。
萬屋本店の砂川です。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、
先日、政府から緊急事態宣言が発令され、
皆様も一層ご心配なお気持ちでお過ごしになられていることと思います。

私達萬屋本店でも、この2ヶ月間、
結婚式の実施をされたお客様、延期を決定されたお客様と、
お客様の状況に合わせて様々な決断をさせていただいております。

そんな状況の中で、3月中旬にご結婚式を行われた善教さんとかおるさん。
お二人のご結婚式の時期は、今日時点での社会情勢とは異なることもありますが、
結婚式を開催されるか、延期されるか、
ご招待されるゲストに制限を掛けるべきかと、
ご結婚式前日までずっと悩まれていました。

ご結婚式が無事に結ばれた今だからこそのご自身たちの想いを、
これからご結婚式を予定されている皆様にお伝えいただけるとのことで、
今回ブログに掲載させていただきました。

ご結婚式を予定通り行われる方も、
お日にちを延期される方も、想い悩まれて決断をされる今日。
新郎新婦様、ご家族様のお考え、ゲストの受け取り方は様々で
正解はないと思いますが、ご結婚式を開催されたお二人のお気持ちを
是非ご紹介できればと思います。

お二人がご結婚式後にあげてくださった口コミの内容と
私たちスタッフ宛てに頂いたメールの内容を一部にはなりますが、
抜粋させていただきましたので是非ともご覧ください。


【北口様からいただきました口コミ】
プランナーが顧客一人一人に寄り添うスタイルで、
準備の進捗状況をきっちり管理するなど手厚い。
披露宴では、オープニング・エンディング映像の手作りや
余興も新郎新婦で行うなど、型通りでない自由な演出としたので、
プランナーとメールや電話で頻繁に連絡がとれたのはたいへん助かった。

また、新型コロナウイルスの関係で開催判断が難しいタイミングであったため、
萬屋の実施している予防対策や欠席者の扱いについても
綿密に調整ができたのは、ゲストとのコミュニケーションにあたって有益だった。

【北口様からのいただきましたメール】
先日は、私たちの結婚式をアレンジしていただきありがとうございました。
私の友人達が当日遅くまで鎌倉で二次会をしていたり、
妻の友人は萬屋から徒歩2分のゲストハウスで
式の感想をネタに飲み明かしていたりと、ゲストからも大変好評でした。

特に、すでに結婚式を経験している女性陣が、
「佐倉さんの司会が秀逸だった」「あんな司会者にお願いしたかった」
と口々に称賛していたのが印象的でした。


佐倉さんには、選曲から進行まで、単なる司会としての役割をこえて、
大変お世話になりました。
我々のイメージする空間、雰囲気は、
佐倉さんのご尽力なしには作り得なかったと思います。


ご結婚式で大切にされたいこと、叶えられたいことを
ご準備、お打合せの段階で新郎新婦様としっかり目線合わせをさせていただくこと。
そして、大切なゲストの状況や、萬屋本店としての対応を、
日々のやり取りし調整させていただき、
不測の事態にも冷静に対応させていただけましたこと。
ご結婚式当日に向けての、お客様との意思疎通が
どれほど大切なことかをお二人から改めて教えていただきました。

今、私達が今出来ることは、社会情勢、連日の政府や自治体からの
指針や発表などの最新情報に注視し、
お一組お一組様と相談させていただきながら、
最善の状態を判断しお手伝いさせていただきます。

皆様お一人お一人のこれからの人生の幸せに繋がる一歩の
お手伝いができますように、スタッフ一同で力を合わせて進んで参ります。

 


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【自分にとって大切な方とは?】ご招待ゲストの選び方

2020.04.07 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

結婚式場探しの際や、
いざ当日に向けてご準備を始めていこうという時に、
まず悩まれることといえば【ご招待客のリストアップ】ではないでしょうか?

私も日頃から多くのお客様とのお打ち合わせを進めさせていただく中で、
「親族は何頭身にあたる人まで呼ぶのが普通ですか?」、
「会社関係の方は呼ばないとだめですか?」
「どんな関係性の友人まで呼んだらいいですか?」
などといった質問を多くいただくことがございます。

そういったお客様に私たちからお伝えしていることは、
「自分の人生を振り返ってみて、
本当に大切だと思える人をまずリストアップしてみてください」
という大切なことをお伝えしています。

これまでの人生振り返った時、
自分と全く同じ人生を歩まれている方は
自分自身以外の誰一人としていらっしゃらないと思います。

人の人生は誰一人として被らないのです。
出逢った方々によって、もらう影響は異なり、
どんなことを経験して何に感動してきたのかなども全く違うのです。
だからこそ、誰を呼ぶかに正解はないと考えております。

そして結婚式は人生において一生一度の節目の一日。
自分が大切だと思う、大好きな人が一堂に集まる機会は、
結婚式しかないといっても過言ではないと思います。

そんな大切な時間を誰と過ごしたいか、
どんなことを叶える時間にしたいかということを考えることで、
自然とこの人にちゃんと感謝を伝えたいという気持ちや
これから先の人生を共に歩んでいきたいと思える気持ちに
より強くなっていかれるのではないでしょうか?

今回は、萬屋本店でご案内させていただいております
「ご招待者リストアップの考え方」について、ご紹介させていただきます。

●今まで歩んでこられた自分の人生を振り返る

ご結婚式のお打ち合わせは基本的に、
ご結婚式当日より約4カ月前~3カ月前から始まってまいります。
その際、まずご提出をお願いしている宿題の中に、
「ご招待者リスト」と「インタビューシート」というものがございます。
お打ち合わせが始まる前のお時間にまず一番にやっていただきたいのが、
「インタビューシート」の作成でございます。


「インタビューシート」とは、
お二人がこれまで歩まれてきた人生を
生まれた時から振り返るワークシートでございます。

質問の中には、幼少期~社会人になるまでの「ご家族様との思い出」、
「印象に残った出会い」や「時代毎のエピソード」などがございます。

結婚式準備という時間がなければ
お互いの大切な人たちがどういう人がいたのか、
またお二人が出会う前の幼少期~学生時代には、
どんな人たちと何をして過ごしてこられたかなど、
一生知らないまま人生を歩まれていくことになるかもしれません。

今の人生があるのも、今まで出会ってこられた皆様とのご縁があったからだと思います。
そんな方々をお呼びすることが、もしかしたら結婚式を挙げる本当の意味なのかもしれません。

以前のブログで、お客様のリストアップをされた際の
エピソードをご紹介して実例をご紹介させていただいておりますので、
ぜひこちらも参考にご覧くださいませ。
【結婚式に誰を招待する?】リストアップに悩まれている方へ

今、新型コロナウイルスの影響もあり、
ご自宅にいらっしゃる時間も長く、ご夫婦や
ご家族で過ごすお時間が増えているかと思います。

これから先の人生を「家族」として歩まれていくお二人だからこそ、
自分の人生において大切だと思える人を、今一度リストアップしてみませんか?
この時間がある時だからこそ、自分たちの人生をしっかりと振り返り、
本当にお招きしたい方のことを考えてみてください。
夫婦としての必ず価値あるいい時間になると信じています。

リストアップの方法など何か気になる点が
ございましたらいつでもお気軽にご相談くださいませ。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

ARCHIVE
CATEGORY