【保存版】結婚式前日にご家族と過ごす鎌倉の愉しみ方~1泊2日長谷周辺~

【保存版】結婚式前日にご家族と過ごす鎌倉の愉しみ方~1泊2日長谷周辺~

こんにちは。萬屋本店の長谷川です。

せっかく鎌倉で結婚式を挙げるから、ご家族やゲストの方にも鎌倉の街並みを楽しんでほしいと、
そんなお声を新郎新婦様から伺います。
NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」も2022年1月9日から始まり、せっかく鎌倉に行くなら見て回りたいと思われる方もいらっしゃるのではと思います。

そんな方々に向けて、普段打合せで鎌倉マップをもとにご案内しているおすすめスポットをこちらのブログにてまとめさせていただきました。
その中でも今回は1日で回ることができ、鎌倉の中でも歴史が古く、萬屋本店から近い長谷周辺をご案内させていただきます。

結婚式前日にご家族やゲストの方々に鎌倉にお越しいただき、観光をしてから翌日の結婚式にご参列していただく1泊2日の観光スケジュールをご紹介します。

 

― 1泊2日の観光スケジュール ―

【結婚式前日】

11:30 鎌倉駅到着
ご家族でお待ち合わせ

↓ 江ノ電にて長谷駅へ(タクシーでも10分弱)

12:00 萬屋本店到着
萬屋本店にてランチ

萬屋本店レストランでは、フレンチをベースにした旬の食材を活かしたメニューをご用意しています。
鎌倉野菜をふんだんに用いて、和出汁をベースにしたお料理は地元の方にも好評をいただいています。
2か月に一度メニュー変更を行っており、メニュー変更に合わせてお越しいただくお客様もいらっしゃるほどです。
レストランで接客するスタッフがそのまま結婚式当日もおもてなしをさせていただきますので、ご家族の皆様にも事前にレストラン体験をしていただくことで安心していただけるかと思います。(事前にご予約ください)
レストランのご案内はこちら

お食事後は、新郎新婦様は結婚式のご準備物を事前にお預けいただき、お荷物の確認を。
ご家族の皆様には、おもてなしスタッフによる萬屋本店内の会場見学をさせていただいています。

ここ萬屋本店は昨年、鎌倉の景観重要建築物等に登録されました。
ブログ:鎌倉の景観重要建築物等に「萬屋本店」が登録されました
江戸時代より、長谷寺の門前町で日用品を扱う商店として創業し、明治大正昭和へと時代が変遷するに合わせてお酒の卸問屋として鎌倉の繁栄を下支えしてきました。
そんな街の移り変わりや、萬屋本店の商店としての歴史が今なお建物に残っています。

事前に会場をご覧になられると、お部屋の位置や、使い勝手、当日の導線だけでなく、ご不明点なども事前にスタッフに確認していただけますので、ゆとりを持って当日を迎えていただけるかと思います。

↓ 移動

15:00 ホテルにチェックイン

※ダイヤモンド鎌倉別邸ソサエティ(徒歩4分)
萬屋本店から300mの場所にあるホテル。近くて安心。結婚式当日もゆっくり過ごせます。
ご家族連れに使いやすい和室のお部屋も多く、大浴場もあります。

※WeBase鎌倉(徒歩8分)
ご友人におすすめの由比ヶ浜駅近くのホステル。2020年に改装し、清潔感のある明るい館内のホステルです。

※ホテルメトロポリタン鎌倉(タクシー10分)
親御様や会社関係の上司や恩師におすすめなのが、鎌倉駅から徒歩2分にあるこちらのホテル。
2020年にオープンし、高級感のある洗練されたホテルです。

 

15:30 鎌倉長谷エリアを散策
ホテルから歩いていける場所や、長谷駅周辺のおすすめ観光スポットをご紹介させていただきます。

◆長谷寺

萬屋本店からは徒歩5分。
身近な距離にありながら、歴史も景観も楽しめる長谷寺は緑も多く居心地の良いお庭も見応えがあります。
木造観音像では日本最大級の長谷観音は、約9mもあり神秘的な佇まいです。
さらにこの長谷寺は鎌倉を代表する花寺のひとつでもあり、6月~7月初旬は紫陽花や花菖蒲が見頃です。
秋には紅葉もライトアップされて四季折々の美しさを楽しめます。
高台からは三浦半島や鎌倉の海を一望できて、ここからの見晴らしも最高です。
かわいらしいお地蔵さんもいらっしゃるので、是非探してみてください。
ちなみに、「鎌倉」の名は、中臣鎌足が不思議な夢を見たのをきっかけに、護身用の鎌を、このあたりに埋めたことに由来しているという説もあります。

◆高徳院(鎌倉大仏)

鎌倉といえば、大仏さま。
奈良の大仏に続き、二番目に大きい鎌倉大仏は11.3mもあります。
大きくどっしりとした佇まいは壮観で、迫力があります。
実は、創建当時の事情には不明な部分が多く、未だ尊像の原型作者すら特定されるに至っていない謎の多い大仏さま。
もともとは金箔を施されており、今もその痕跡を見ることができます。
外観を見たり触ったりするだけではなく、胎内にも入って鑑賞できるというのがとても珍しいので、探索に入ってみてください。
一度に中に入れるのは30人まで。なかなか貴重な体験です。

◆鎌倉文学館

江ノ電の由比ヶ浜駅から徒歩7分。
広々とした敷地は緑も多く、石畳を歩き、トンネルを抜けたその奥に趣のある洋館が見えてきます。
鎌倉ゆかりの文人の資料を集めたこの建物は、鎌倉にゆかりのある川端康成、夏目漱石、大佛次郎など日本を代表する作家の貴重な直筆原稿や愛用品を展示しています。
鎌倉分士たちがおこなった運動会や鎌倉カーニバルの仮装パレードの様子、ほかではなかなか見られない等身大の写真も展示され、著名な作家たちの生き生きとした当時の暮らしぶりも垣間見ることができます。
高台に建つ緑ゆたかな庭園に囲まれた洋館は、旧前田侯爵家の別邸を改築したもので、三島由紀夫の「春の雪」に登場する別荘のモデルとしても知られています。
春と秋は年に2回、庭園のバラが見頃で、多くの品種の鑑賞を楽しむこともでき、広々とした庭園は開放的で長谷の街も一望できます。

◆由比ヶ浜

鎌倉らしい昔ながらの古民家が立ち並ぶ小道を抜けて、海までは徒歩5分で向かうことができます。
ちょっと立ち寄ってみたくなるギャラリーやカフェもみつかります。
海岸線にはレストランやカフェなど、おしゃれで気になるお店も。
浜辺からは江ノ島も見えて、湘南の潮風を感じながらのんびり海沿いをお散歩するのもおすすめです。
ロケーションフォトのスポットとしても人気があります。
 
おすすめの甘味情報

※鎌倉いとこ
長谷駅から徒歩3分。柔らかくて上品な味わいの、かぼちゃきんつばが有名で、モチモチとしたあんこの食感と素材の味が感じられます。
気軽に一つから購入できるので、ほっと一息、お茶うけにもいかがでしょうか。
お隣にある梅干と佃煮のお店も一緒にのぞいてみてください。

※力餅家
長谷駅から徒歩7分。長谷寺からも比較的近い場所にあるお店は、暖簾が印象的な昔ながらの古民家。
300余年も続く、伝統の味が自慢の趣あるお店です。
なかでも、権五郎力餅は、ひと口サイズに軽く丸めた甘さ控えめのこしあんを柔らかい求肥(ぎゅうひ)で包んでいます。
ヨモギ餅バージョンもあります。
9代目店主が今も守るシンプルで素朴な味わいは、こだわりが感じられます。

 

18:00 近隣のお店でディナー

気楽に美味しい食事を囲みながら、両家の親睦を深める時間にしてはいかがでしょうか。

※かまくら小花寿司
彩りの鮮やかさが自慢の新鮮なネタが楽しめます。新橋の小花寿司からのれんわけされ、鎌倉文学館前で昭和51年、1976年に開業しました。
生前の夏目雅子さんと伊集院静氏が贔屓にしていたことでも知られているお店は、さらにさかのぼれば、長谷に住んでいた川端康成の奥様が通っていたという、鎌倉の文人にもご縁のあるお店です。
毎朝、地元の浜で直接漁師から買い付ける新鮮な地場の魚と、豊洲市場で仕入れる江戸前のネタの両方が味わえるのが贅沢。
旬のおさかなを楽しみながら、地酒と共に会話もはずみます。
店内は、カウンターと小上がりの畳のお席があります。

 

【結婚式当日】

結婚式当日は、リラックスしていただいて、ゲストの皆様との大切なひとときを満喫してください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に萬屋本店スタッフまでお声がけください。

【保存版】結婚式前後にご家族と過ごす鎌倉の愉しみ方~1泊2日長谷周辺~ はいかがでしたでしょうか。
魅力ある鎌倉の街を、大切な方々と一緒に楽しんで過ごしていただけたらと思います。
結婚式当日にもう一泊のご滞在が可能でしたら、鶴岡八幡宮や小町通り、北鎌倉の寺社めぐりもおすすめです。
お子様連れでしたら、江ノ電で足をのばして、江ノ島方面に行かれるのも良いかもしれません。

萬屋本店には鎌倉検定取得スタッフもおりますので、ご希望にあわせておすすめの鎌倉散歩をご紹介させていただきます。
結婚式はもちろん、ご家族やゲストの皆様が、古都鎌倉でのひとときを存分に楽しんでいただけましたら幸いです。

↑ PAGE TOP