フェア予約
  1. 鎌倉の結婚式場・和婚ウェディングは【萬屋本店】
  2. ブログ
  3. 萬屋本店立ち上げ秘話~建物リノベーション編~

萬屋本店立ち上げ秘話~建物リノベーション編~

2019.12.02 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

2016年5月に萬屋本店がオープンしてから3年半が経ちました。

最近、お客様やパートナー企業の新スタッフの方から、

立ち上げ当時の建物の様子や、商品開発について興味をもってご質問を頂くことが増えてきたので、

当時の様子をブログでご紹介させていただきたいと思います。

 

萬屋本店との出会いは、遡ること5年前。

鎌倉で結婚式事業をしていた私たちが、事務所として物件を探していた時に、

ご縁を頂いてご紹介いただいたのが萬屋本店でした。

1806年に日用品を扱う商店として創業し、4代目の石渡惣左衛門さんの代で酒の卸業を始め、

日本各地の銘酒の卸売り主な商いとする、酒の卸問屋として代々商売を営んでいた場所。

その歴史や、オーナーである前鎌倉市長の石渡氏の想いを受け継ぎ、後世に残る場所として、

萬屋本店プロジェクトがスタートしていきました。

 

今から4年前、2015年9月から工事が始まり、2016年3月末に引き渡しになるまでの約7か月間。

工事期間を経て萬屋本店は生まれ変わるまでの様子をご紹介させていただきます。

 

◆改装工事前の様子

鎌倉・長谷の地で酒の卸問屋として商売をしていた土間には、大きなだるまとまねきねこが置かれていました。

萬屋本店のシンボルとして常に入り口を守り続けていただるまとまねきねこは、

今ではオリジナルペーパーアイテムのデザインの中に受け継がれています。

 

結婚式会場として使われている結乃日は、お酒を保管する蔵として使われていた場所です。

当時から明り取りの天窓があり、そこから差し込む光の美しさに魅了された第一印象が今でも忘れられません。

そして写真に写っているトロッコのレール。

商店の時代にこのトロッコを使ってお酒を店頭の土間まで運んでいたそうです。

このレールは工事で撤去することはせず、今でも挙式会場の床下に残されています。

 

改装前のお庭。

当時は敷地の周りを長い土蔵に囲まれていました。

この土蔵があった場所に作られたのが今のお庭です。

当時から使われていた灯篭や沓脱石、白雪の水鉢は今でもお庭に残させていただいています。

 

◆地鎮祭の様子

工事が始まる前に、関係者が集まっての地鎮祭を行いました。

いよいよ始まるプロジェクトに、楽しみな気持ちと、本当にできるのか?と不安な気持ちも当時はありました。

 

◆いよいよ工事がスタート

こちらは結婚式の披露宴会場となる場所。

天井や床、壁を取り払った躯体を見て、設計図通り進められるかを確認している設計士さんと棟梁、代表の宮腰。

大正14年に建てられた萬屋本店は、現在の建築法では規格外とされており、当時の設計図も残っていなかったため、設計図や計画を変えながら進行していきました。

 

そして工事が進み、土間に階段を作っている頃の写真です。

今ではすっかり土間に馴染んでいますが、新しく作った階段だったので、

周りの壁や柱の色味に合わせるのに、完成してから3回色を塗り直した、思い出の階段です。

萬屋本店の建築に元々使われている木材である松の木を使い、当時と同じ塗装の方法で、

歴史の重厚感に負けない色味にしてくれた棟梁と塗装屋さんのお力に感謝です。

 

結乃日の改装中の写真。

元々電気が通っていない蔵だったので、電気配線を通すために一度全て解体をして行う大工事でした。

できる限りそのままの木材で、歴史の積み重ねてきた風合いを残していただきたかったため、

丁寧に丁寧に解体していただき、それを全て元に戻していきました。

床には大理石のタイルが一枚一枚貼られていきます。

元々この場所にあったトロッコのレールを模して、切れ目のない繋がりのある線を二つ描き、

二人の人生が末永く続いていくようにという願いを込めました。

 

蔵の向い側にある屋根裏スペース。

実はここは私たちの仕事場である事務所として使っています。

狭いスペースですが、歴史ある梁や柱がそのまま残っており、秘密基地のような空間で気に入っています。

 

こちらは酒の卸問屋時代に使用されていた商売道具の数々。

歴史を紡いできた貴重な品が大切に保管されていた萬屋本店。現在も土間の棚に飾り、当日の面影を伝えてくれています。

 

仕上げに館内の照明や建具を設置していきます。

結乃日の照明は、宮腰がデザインしたオーダーメイドの世界に一つのデザイン。

土間にも照明が入り、ぐっと雰囲気が締まりました。

 

◆建物引き渡し

3月末、無事に建物が完成し、引き渡しが行われました。

完成を喜ぶ棟梁と代表の宮腰。

 

真っ白な模型から始まった萬屋本店リノベーションプロジェクト。

『人生の節目を大切にできる、結婚式、式場をつくりたい』

『人生の通過儀礼として、きちんと親御様にご挨拶する時間を、結婚式の日に過ごしていただきたい』

その想いに共感し、身を投じてくださった多くのプロフェッショナルの手によって、

新たに生まれ変わった萬屋本店。

 

これからも、この場所を選んでくださる新郎新婦様にとって、

いつまでも帰ってきたくなる場所、大切な場所であり続けられるよう、

一日一日前進していきたいと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月15日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

ARCHIVE
CATEGORY