フェア予約

長男長女として生まれ、沢山の愛情と、礼儀・礼節を重んじる環境で育ったお二人。
お二人の結婚式の意義は「今までお世話になった方々へ感謝を伝えたい」
晴れ舞台に立ち「夫婦として生きていく決意表明をしたい」という想い。
そして家族を大切に想うからこそ「日本古来の結婚式である祝言を通して、より家族の絆を深めたい」と願った。

遠方からお越し頂く皆様に「遥々来てよかった」と感じていただけるよう
一人一人を想い準備した祝宴はその場にいた全員が主役であるかのように賑やかで、
ゲスト一人一人と、ひとつの家族のように強く深い絆で結ばれる時間となるように。

古き良き時代の建物が立ち並ぶ風景と、
のどかな時間。どこか懐かしく感じるその景色は
街の人が大切に受け継いできた鎌倉・長谷だからこそ。
「縁」を大切に想うお二人が選んだ、人生の節目の場所。

家族想いの両親を見て育ち、
自身も温かな家庭を築いていきたいと決意を固めた新郎玄海さん。
新郎家に嫁ぎ、両家の縁を大切に結んでいきたいと願った新婦知花さん。
新婦が身に纏った花嫁衣装は、嫁ぐ覚悟を表す純白の白無垢。
厳粛な雰囲気の中、両家がひとつになり、新たな絆が生まれた。

これまでお世話になった親しい方々と、ご親族だけを限定招待し、
遠方からお越しいただく大切なゲスト一人一人にスポットが当たるようにと考えた披露宴。
大切な方の笑顔と、祝福の想いが溢れた賑やかな宴は
皆様との絆をより強く結び、幸せいっぱいの時間となりました。

花嫁支度を整え、両親にこれまでの感謝を伝えた挨拶の儀。
両家の絆をより深くした祝言式。笑顔溢れる祝宴。
謝辞の後、自然と両家が肩を抱き合った瞬間
一つ一つの節目が繋がり、全てが一つになった大切な記憶。

知花さんのお名前の「花」の家紋が施されたちりめんの白無垢。
昭和30年代頃の本振袖を忠実に再現した、色使いが特徴的な引き振袖。
着物のコーディネートのポイントになる小物選びは知花さんご自身で。
クセを出さずシンプルに、引き算のスタイリングで仕上げた和モダンスタイル。

イギリスのヴィンテージからインスピレーションを得て作られた手刺繍のドレス。
柔らかいハートカットの胸元が印象的なデザインに
知花さんのショートスタイルとナチュラルなブーケが決め過ぎない、自然なスタイリング。

「感謝」「夫婦として生きていく決意表明」「両家の結びつき」
結婚式を行う意義を記録に残し、記憶に刻む写真は
これからの二人の人生をより強く豊かに支えてくれる宝物。

感動したこと...
エンゲージリングのダイヤモンドがキラリと光る瞬間の一枚の写真を撮影するために、
何枚もアングルを変えて撮影して下さったカメラマンの竹花さんを
はじめとしたスタッフの皆様のお心遣いに感動いたしました。
「せっかく撮るなら素敵な一枚がいいでしょう?」と
私たち以上にこだわって下さって撮影していただいた写真が、言葉通り大切な一枚となりました。

印象に残っているシーン...
当日の準備からゲストのお見送りまで全て印象に残っております。
和気あいあいとしてリラックスできた仕度時間、
祝言式で入場した瞬間に目に飛び込んだゲストが集まる姿、
祝言式の会場に涙を浮かべて入場する新婦と新婦母。
俥夫さんによる気の引き締まる口上や花嫁道中、
司会の長谷部さんと新郎新婦でゲストのテーブルをまわる笑いの絶えないゲスト紹介。
新郎と新郎祖母の恋人繋ぎをして中座した時の
今までに見たことのないとびっきりの祖母の笑顔、
新婦から両親への手紙を読み上げた後の新郎家と新婦家全員での熱い抱擁。
ゲスト一人一人の楽しそうな表情も忘れられません。

萬屋本店へのメッセージ....
最初のフェアでの出会いから、私たちは萬屋本店、
そして魅力いっぱいのスタッフの皆様が大好きになりました。
“萬屋本店という場所で行う結婚式”に誇りと熱意を持った方ばかりで、
打ち合わせの度に皆様にお会いできるのが楽しみでした。
私たちが当時住んでいたのは兵庫県と愛知県。
それぞれの住む場所からはるばる鎌倉へ、約一年間準備を進めてきました。
当日はついにこの日が来た喜びと同時に、
これまでの楽しい時間が終わってしまうさびしさの両方を感じていました。
そうして迎えた私たちの結婚式は、心に残る大切な一日になりました。
最幸の一日を作ることができたのは、皆様のおかげだと強く感じています。
有り難うございました。

写真の打合せをして行く中で玄海さん知花さんの大事にしている事。こだわっている事。どんなテイストのお写真が好きなのか?などを楽しくお話しさせていただきました。その中で「縁」を今までもこれからも大事にしているというお話しを聞かせていただき、私も関わるお客様との「縁」を大事に撮影をしているという想いをお伝えしました。大事にしているところが一致し、いよいよ迎えた結婚式当日「縁」という形に無いもの撮影するという非常に難しいミッションを意識して撮影に臨みました。その日1日のすべてのシーンでご来賓の方と交わした目配せ、その時出たお二人の表情、ご家族の感情が出る瞬間、お二人らしい自然な感じを見逃さないようにシャッターを切りました。お二人らしい温かい瞬間を残せたと思います。喜んでいただけたら幸いです。

担当コンシェルジェ

いつも笑顔で誰からも愛される玄海さん。玄海さんをたてつつも、芯がしっかりされ、心やさしい知花さん。本当にお二人はお似合いで、愛くるしく、萬屋本店スタッフ皆が、大好きなお二人です。ご親族だけの結婚式だからこそ、気を遣わず、飽きない、両家の結びつきが深まる空間を創る事に注力しました。遥々鎌倉にお越し頂くご親族に、来てよかったと感じて頂ける結婚式。
そこには、鎌倉らしさ、萬屋本店らしさと、お二人らしさを存分に感じて頂きたいと思っていました。だからこその、祝言式、俥夫による婚礼口上と花嫁道中、宴をゆっくり楽しんで頂く歓談中心の進行。結婚式の本質を改めて教えてくださったご両家様のご結婚式。初めてお二人が会場見学にいらして、早野とご案内させて頂いたあの日。「感謝」と「決意」と「両家の結びつき」を結婚式で叶える事を改めて気付き大切にしてくださいました。

ご結婚式という人生の節目を通じて、より両家のご縁が深まり、素敵な関係を築かれていく事をお祈り申し上げます。そして、萬屋本店を、ご両家の第二のふるさととして、いつでも帰ってきて頂ければと思います。萬屋本店スタッフ一同で、お待ち申し上げております。
改めまして、過日はご結婚、誠におめでとうございました。

  1. 鎌倉の結婚式場・和婚ウェディングは【萬屋本店】
  2. 感動レポート
  3. 衛藤様