フェア予約

萬屋本店 フローリストのご紹介

2016.05.16 Category:

こんにちは、萬屋本店の鈴木です。

今回は、萬屋本店の会場装花を担当してくださっている、
フローリスト Hanahiroさんをご紹介させていただきます。

 

0042_DSC_00223343

創業75年を迎える老舗のお花屋さん。
現在3代目の社長が経営されています。

花の鮮度や品質が高いことはもちろんのこと、
担当されるスタッフの方々の想いがとても強く、
お客様本位というところに、ぼくたちが毎回立ち返される
気持ちのいい方々です。

 

0024_TI2_68923342

担当してくださる小泉さん。
萬屋本店のお花部門を立ち上げるため、
東京から毎日長谷まで通ってくれています。
力強い提案をされながらも、
繊細かつ大胆にお花を活けていかれます。

 

0161_DSC_00563266

0188_TI2_69893267

枝物のグリーンを天井高く配置し、
新緑の爽やかさを表現。
そして、九谷焼の花器は表裏があるため、実はフローリスト泣かせ。
その表情さえ活かせてくれています。

 

0067_TI2_69193261

もうひとり、鈴木さん。
天使のような方で、お客様に全力投球でいらっしゃいます。

どんな風にご提案されているか。
その一文を紹介させていただきます。

 

「ご家族の仲の良さや奥様の雰囲気がふんわりとしていて、
とっても優しくて性格も良いんだろうな…とお見受けして、
優しい雰囲気で創りたいと思っていました。

上品でかわいらしい小花と思っていたら、
5月1日がスズランの日であることを思い出しました。
スズランの花を大切に想っている方たちに渡すと、
もらった人は幸せになれると言われています。

スズランの花言葉は、幸せの再来。おふたりのウェディングのテーマにぴったりだ!と思いました。
着物のお色も挿し色でいれたいと思い、スズランを使いながら白とグリーン系に、
オレンジをアクセントにいれた装花にしました。

着物のブーケは、着物のオレンジ色に小物で使ったグリーンをアクセントに、
ドレスのブーケはテーマフラワーのスズランを束ねました。

エントランスやお控室など館内のお花や枝物は市場に行って、
目で見て市場の仲卸さんたちと話しながら選んだ質の良い旬の花たちばかりです。
旬の質の良い花さえあれば、私たちは花の声を聴いて、それを花の赴くままに自然に活けるだけ。
生産者さんや仲卸さん達にも本当に感謝です。」

 

どのように萬屋本店をコーディネートしていきたいか、
コンシェルジュにはもちろん、
フローリストに相談して、お二人のイメージ以上を叶えていきましょうね。

 


フェア
6月12日(日) 1部 9:00~ / 2部 12:00~
【限定開催】模擬挙式体験&全館貸切ブライダルフェア
萬屋本店を全館貸切にしたビックフェア。
和装人前式の祝言(しゅうげん)の模擬挙式の他、全館を本番の披露宴さながらにコーディネート。
こだわり衣装の展示など、絶対おすすめしたいブライダルフェアです。