森田様森田様

自然体で過ごす
【いい時間】

森田様

2019年11月 / 60名様名様
萬屋本店
祝言・和装洋装披露宴

結婚式の背景

映像関係の仕事をされている友和さん。仕事や好きなことには120%の力を注ぐ真っ直ぐな華子さん。仕事にはストイックな分、プライベートは季節を感じゆるりと自然体で過ごすのがお二人のライフスタイル。結婚式のイメージを初めてご相談する際、「自分たちのイメージはこんな曲の雰囲気です」とお持ちいただいた「いい時間」という曲。一緒に曲を聴き歌詞に込められた想いや情景をイメージすることから始まった打合せ。挙式は人生の仕事のように厳かに。披露宴からはお二人が自然体でいられ、気取らず、皆様にゆったりと「いい時間」を過ごしていただくことをお二人からのおもてなしとした1日に。

挨拶の儀

四人姉弟の末娘である華子さん。2年前にお父様が他界され
お母様と過ごす時間を大切にされていました。お母様にご自身の花嫁姿を目に焼き付けてほしいという想いは、お嫁に行く覚悟を花嫁姿で表し、これまでの感謝を伝えた大切な節目。

森田様

祝言

日本の伝統である祝言を挙げることを望んでいたお二人。当日の朝「お父様も一緒に入場をしたい」というお母様の想いを受け、お母様に華子さんのお手引きを。お姉様とお父様ご家族で歩む入場のシーンに。凛とした厳かな空気の中にも二人の幸せを願う、一人一人の想いに包まれたあたたかな挙式に。

森田様

披露宴 前半

親御様への感謝、ゲスト皆様への感謝を込めた俥夫の口上で入場。ご両家での鏡開きや姪っ子からの乾杯発声に、一気におめでたい雰囲気が生まれるよう演出。賑わいある会場の中、自然と会話が弾み、笑顔と笑い声があふれる時間となりました。

森田様

披露宴 後半

お二人が直前まで想いを込めて作成したゲスト一人一人の人柄が感じられるプロフィールムービー。懐かしみ笑い合い盛り上がる声を感じられるよう、二人の再入場直前に上映。飾りすぎない二人らしい装いと表情に、改めてご家族が安心され祝福されている姿が印象的なシーンに。
リラックスして過ごしたかけがえのない時間、退場曲にはテーマでもある「いい時間」を選曲。曲を通してゲストの皆様に今日のこの結婚式を改めて感じていただければとお届けしました。

森田様

コーディネート

四季を感じ季節の移ろいに身を委ねることを大切に過ごされているお二人。会場装飾は、秋を感じる落ち着いた色合いのダリアや華子さんの誕生花でもあるアルストロメリアを装飾、アンティーク・シックな色調でコーディネート。

秋の楓、緑豊かな萩、八重桜が施された豪華絢爛の花嫁衣裳は、ご自身の結婚に対する覚悟の想いをしっかりと表現した黒の色打掛。
角隠しは大好きだったおばあ様の想いを受け継ぎ、自髪に文金高島田を結い凛とした美しさを表現。

一目惚れしたウェディングドレスは、舞台衣装を手掛けたデザイナーがデザインしたドレス。繊細なレースとチュールの透け感、生成りがかった柔らかな色合いが女性らしいデザインに、華子さんの自然体でありのままの笑顔をお届けできるよう、ナチュラルなメイクと流れるようなヘアアレンジを合わせたスタイリング。白グリーンを貴重としたブーケは敢えて形を創らずお花の自然な流れを生かしたクラッチブーケに。

森田様

撮影

結婚式の写真を見返す度にあたたかな気持ちが甦り「いい時間だったな。明日も頑張ろう。」と思える心に刻むこの景色。

森田様

おふたりからのご感想

おふたりからのご感想

感動したこと「実感」できたという事。夫婦で色々な意見を交え、想い、考えてきたことを当日式場に入った時に形になっていた事はとても感動しました。萬屋本店さんの真心と共に作り上げてきた空間に、ゲストの皆様を迎入れられてとても幸せな気持ちになりました。挨拶の儀や祝言ではピンと張り詰めた厳かな空間、披露宴では笑顔溢れる和やかな空間。普段照れくさくて言えない言葉や気持ちをしっかり伝えること。どれも思い描いていた私たちの想いが、最初から最後まで実感できたそんな式になった事に感動いたしました。

印象に残っているシーン祝言で緊張して震える手、浮腫んで中々はめることができない指輪、タイミングを間違えたお辞儀など所々の私たちのミスは、今ではとても愛おしく思えるシーンでした。どこか抜けている私たち夫婦を象徴しているその不完全さが、思い返すたびにクスリと笑わせてくれる幸せな瞬間です。またゲストの方々や両親から「最高の結婚式だった」「今までで一番素敵な結婚式だった」と喜んで頂いたことが、何にも変え難い一生の思い出となりました。

萬屋本店へのメッセージ熱血真心頑張り集団。それが萬屋本店さん。初めて式場見学に参加してから結婚式を終えるまで、格式溢れる大正ロマンな雰囲気とは違い、暑苦しいほどの笑顔と元気を常に私たちに与えてくださりとても感謝しております。後日ランチに伺った際も、結婚式メンバーが代わる代わる挨拶しにきてくれてとても嬉しかったです。このようなご縁をいただいた事に感謝し、今後も末長く大切にしていきたいと思っております。萬屋本店の皆さんに負けじと、私たちも萬屋本店の良さを周りに伝えていきます!

メイキングスタッフ

司会 株式会社FEM 長谷川文愛

衣装コーディネーター

オーセンティック 岡ルミ子

お衣装合わせには、いつもお母様とご一緒にいらした華子さん。花嫁姿を楽しみにされているお母様と一緒に選ぶ時間は、お二人ともとても楽しそうで、花嫁様としての最良の親孝行だな感じておりました。祝言で選ばれた黒の打掛は、あなた以外の色に染まりませんといった華子様の決意が込められ、友和様と一緒にこれから先もずっと人生を彩られるのには一番ふさわしいと思い、提案させていただきました。また、ご来館前からインスタでたくさん見てくださっていたドレスは、華子さんらしい自然体でいられる、ソフトチュールの柔らかい印象のデザインを選ばれました。可愛らしい印象のなか、華やかで、凛とした華子さんのドレス姿を友和さんに初めて見ていただいた華子さんの幸せそうそうな表情。そして、お二人が腕を組んで進まれたご入場シーンは本当に幸せの瞬間で、私の記憶に鮮明に残っております。これからもお二人らしく末永くお幸せにお過ごしください。

ポジションポジション 名前名前名前

担当コンシェルジュ

萬屋本店 砂川 謙太

お仕事に対して120%の熱量とエネルギーで毎日を駆け抜けられている友和さんと華子さん。逆にプライベートは本当にゆったりと気兼ねのない生活を大切にされ毎回のお打合せでも、良い意味でOFFモードで寛いでいらしてくださいました。お打合せでは、お二人のお仕事に対するスタンス、ご家族、ご親族様、ゲストの皆様お一人お一人への溢れる想いを沢山教えてくださいました。自分達らしく自然体で、結婚式ではしっかり感謝の気持ちをお伝えしたい。ゲストの皆様にも同じように自然体でゆっくり過ごしていただきたい、そんな想いを「ひさびさの良い時間」というテーマに込めてお贈りいたしました。
ご結婚式後もご縁を深めてくださりフェアのモデルとして新郎新婦役で熱く結婚式について語っていただいたり、卒花嫁様同士でレストランディナーで帰ってきてくださったり。常に萬屋本店の応援団として、気に掛けてくださる熱いお気持ちに心から感謝致します。そして、これからも末永いお付き合いをどうぞ宜しくお願いいたします。改めまして、ご結婚誠におめでとうございました。末永く自然体で。 

↑ PAGE TOP