一戸様一戸様

縁・はじまりの日

一戸様

2018年2月 / 79名様
萬屋本店
祝言・和装洋装披露宴

結婚式の背景

おふたりにとって結婚式とは「人生の中で深い縁のある方々が一堂に介す、一生に一度の日」「改めて感謝を伝え、結婚の報告をするけじめの場としたい」という想いがありました。

昔からお世話になってきた深いご縁ある大切な方々ばかりをお招きし、2月4日という季節の始まりに結婚式を行うということ。結婚式を機に出会った人々とのご縁。全ての縁に感謝する意味を込め、「縁~よすが~」をテーマにした結婚式。結婚式当日はゲストの皆様との縁がより深くなり、家族の幸せに包まれるあたたかな結婚式となりました。

前撮り

結婚式当日お客様をお出迎えする土間や待合室、大切な方々がこの場所で寛ぎ、楽しんでいただくことを想いながら過ごした前撮り。結婚式当日は大切なゲストのおもてなしに集中できるようにと、前撮りだからこそ出来るゆっくりとした二人だけで過ごす時間を楽しまれました。

一戸様

家族

ご体調が優れず、結婚式当日はご自宅で療養されていたご新郎のご両親。両家で事前にしっかり話し合いをされ、家族一丸となり迎えた当日。その場にお越しいただけなくても、その想いを共有し、みんなで迎えた結婚式当日。両家の垣根を超え、ひとつの家族として過ごした挨拶の儀。新郎新婦の二人を包み込む、皆様からのあたたかな眼差しに心温まる時間となりました。

一戸様

祝言

縁(よすが)を感じ、おふたりとご両家の結びつきが深まった祝言式。両家・親子の縁が深まった意味を待つよう、挨拶の儀では、新郎は新婦家に同席し、三献の儀の巫女役は新婦母が両家とも担われた。三礼の儀でふたりの言葉として伝えた感謝の想いは、ゲストの心に深く残り、これからのおふたりの人生をより強く豊かにする誓いの場となりました。

一戸様

ゲストが主役の祝宴

これまで多くの結婚式へ参列されてきたおふたりが一番大切にしたかったのは「歓談」。写真を撮る時間や一人一人に感謝を直接伝える時間を大切に。自宅にお招きするようなゆったりできる「おもてなし」をしたいと望まれたおふたりらしいゲストが主役の祝宴。

一戸様

コーディネート

物語が一枚の絵のように表されている細かな柄行に水美さんが一目惚れした色打掛は、手刺繍が前面に施された創り手の想いが込められた花嫁衣裳。

贅沢に仕上げたレース使いが上品な美しさが魅力のドレスに、ナチュラルに仕上げたヘアスタイルが抜け感のあるスタイリングに。コーディネートされたヘッドパーツや指輪などのアクセサリーは大切な方々から頂いたお品物。基比古さんのスタイリングは、おふたりの好きな色味であるブルーのタキシードに、水美さんお気に入りのベルベット素材のタイを中心の小物をセレクト。皆さんに愛されているおふたりらしい幸せいっぱいのスタイリング。

一戸様

撮影

一堂に介した皆さんに改めて感謝を伝えた節目の一日は夫婦としてのはじまりの日。その時間や感情、想い、空気、それらを形として残した写真は、これから歩む夫婦の道を支えてくれる、掛け替えのない絆となりました。

一戸様

おふたりからのご感想

おふたりからのご感想

感動したこと結婚式当日は本当にあっという間です。感想としては、ずっと笑っていたなぁということ。後日、ゲストの皆さまから「感謝の気持ちが伝わる式だった」といっていただけたことが一番嬉しかったです。その中でも、ゲストの皆さまからのエピソードにはスタッフさんの細やかな心配りがありました。「アレルギーの食材は使っていないことを一品ずつ確認してもらい安心した」という声や、「カメラのレンズが外れて焦っていたらレンズを拭くペーパーをカメラマンさんが差し出してくれた」との声…私たちには見えていなかった温かいエピソードが届くことが今とても嬉しいです。

印象に残っているシーン「祝言」のスタイルで式を挙げた私たちにとって、「三礼の儀」は特に心に残りました。誓いの場にて、感謝の気持ちを私たちの言葉で、お世話になっている皆さまに伝える機会は何よりも貴重でした。司会者の方に心をこめて伝えていただけるので、当日は読み手となり緊張することはなく、伝えたい相手の目をみて思いを伝えることができました。

萬屋本店へのメッセージ萬屋本店さんは式を挙げる前や準備期間中は「行きたい場所、行くのが楽しみな場所」でした。式を終えて数か月たった今は、「帰りたい場所」になりました。プランナーの砂川さんをはじめ、親身になって下さったスタッフの皆さんの笑顔が恋しくなります。私たちの帰りを「待っています」とお声かけいただけたこと、嬉しかったです。いつの間にか居場所を作って下さる、温かい場所で式を挙げられて幸せでした!

メイキングスタッフ

司会 株式会社FEM 長谷川文愛

衣装コーディネーター

オーセンティック 佐間野

水美さんがお召し頂きました色打掛は萬屋スタッフがおすすめのもの。友禅染めならではの美しい色彩に細かな刺繍が施され、この色打掛に水美さんは一目惚れされました。そこに基比古さんが花嫁小物を選ばれ、お二人の想いを込めたコーディネートとなりました。

ドレスに身につけたアクセサリーはご友人様、お祖母様から頂いたもので、感謝の気持ちを込めて身につけたいと仰っていた幸せなお姿がとても印象的でした。周りの方々を大切にされ、皆様から愛される基比古さんと水美さんのお手伝いが出来たこと、大変嬉しく思います。これからもお二人らしく、笑顔あふれる明るい家庭を築いて下さい。

ポジションポジション 名前名前名前

担当コンシェルジュ

萬屋本店 砂川 謙太

天真爛漫で心がとても綺麗で真っすぐな水美さん。初めてお会いした時から、水美さんの結婚式に対する想い、熱量に感激しておりました。そんな水美さんをやさしく包み込む度量の広い基比古さん。最初は結婚式に対して臆されている面もありましたが、オリエンテーション、デパートメントストアのフェア、お打合せ、前撮り撮影を通じて、結婚式に対するお気持ちがどんどん高まっていらした事、本当に嬉しかったです。そしてご結婚式当日。大切なゲストの方が一堂に介したこの日。一日を通して、本当に穏やかで、心温まる素敵なご結婚式でした。お二人がゲストの皆様を大切にされているのと同じ様に、ゲストの皆様がお二人大切に慈しまれていると、沢山の場面で感じました。すべてのご縁~よすが~を大切にされる基比古さん、水美さん。これからもご縁を大切に素敵なご家庭を築いていってください。萬屋本店を帰ってこれる場所として、いつでもお立ち寄りくだいね。スタッフ一同でお待ち申し上げております。

↑ PAGE TOP