茅野様茅野様

結婚式の背景

茅野様

2019年12月 / 59名様
萬屋本店
祝言・和装洋装披露宴

しあわせの連鎖

結婚式と共に迫る台風19号。沢山話し合い、式の延期を決断されたお二人。延期を決断されてからの期間は、ゲストの皆様への感謝や大切に想う気持ちを改めて感じる時間に。「本番では、悔いなく素直な想いを伝えよう」と前を向き、この日を迎えました。

生まれてから今日までの人生を振り返り、親御様や周りの方々からいただいた沢山の愛情は返しても返しきれない程だとお打合せの中でお話しくださったお二人。与えていただいたものを、今度は自分たちが周りの皆様や次の世代に紡いでいけるようにという想いを込め考えた『しあわせの連鎖』というテーマ。

今日という日をきっかけに、また新たな繋がりや、幸せの輪が続いていきますように。そんな願いを込め迎えた結婚式は、その場にいる全ての方々が、幸せを噛みしめ、一分一秒を大切に過ごす、一体感に溢れた温かな時間となりました。結婚式ができること、大切な方に想いを伝えられることの尊さを、改めて教えていただいた結婚式。

挨拶の儀

今まで親御様にしてきてもらったことや、いただいた愛情は、返しても返しきれない大きなもの。だからこそ、自分たちがこれから幸せに人生を歩み、まわりの方々や次の世代へと、その幸せを繋いでいくことで返していきたい。それがお二人が親御様に伝えたかった想い。

気持ちを整理し、準備をして臨んだ挨拶の儀では、感謝の想いを伝えきることができました。立派に成長したお二人の姿に、親御様は安心した温かい表情で見守られ、お二人の決意が伝わる節目の時間になりました。

茅野様

祝言

日本で生まれ育ってきたからこそ、「日本の文化に触れ日本人らしい経験をしたい」という想いを持たれていたお二人。なんとなくのお決まりの挙式をするのではなく、ひとつひとつのことに意味合いや歴史がある祝言をゲストの皆様にも感じてほしいと考え、この挙式スタイルを選びました。

今までの感謝を伝え、自分たちの人生を振り返り、これからもずっとよろしくお願いしますという気持ちを届けた人生の節目。結婚式ができたこと、皆様が集まってくださることの尊さを噛みしめ過ごした節目の時間。

茅野様

お招きした大切な方々

初めての打合せの日に、「結婚式にはどんな方々をお招きされるのですか?」とお伺いした時のお二人の言葉。「自分の人生において、キーになっている方々をお招きしています。中には、長い間連絡を取っていない方もいますし、もしかしたら連絡先も変わってしまっているかもしれません。でも、今までずっと、どこかで繋がっているような気がしていたんです。近々連絡をして、結婚式にお招きしてみようと思っています。」そうお話してくださいました。

この機会に十数年ぶりに連絡を取り、再会したご友人もいらっしゃいました。延期を経ても誰一人欠けることなく、行うことができた結婚式。皆様と過ごす時間、交わす会話、直接感謝を伝えられること。そんな当たり前だと思っていたことの尊さを噛みしめた時間。

茅野様

ゲスト紹介

「お招きした皆様が自分にとってどんなに大切な存在なのか」ということを、準備期間中に改めて感じたというお二人。披露宴では演出や余興は一切行わず、歓談とゲスト紹介に想いを込めて準備をしてきました。

ゲスト紹介に重きを置くからこそ、お伝えする内容をしっかりと考え、お一人お一人に感謝の想いを伝え、ご紹介をしていきました。お二人の気持ちを直接伝えられたゲストの皆様はとても嬉しそうで、笑顔が絶えず、幸せが溢れる時間となりました。

茅野様

皆様への感謝

新婦夏子さんは、披露宴で読む花嫁の手紙に抵抗があるということをお打合せの中で打ち明けてくださいました。演出として手紙を読むのではなく、大切な方々が集まってくださる特別な日だからこそ、皆様への感謝の気持ちを伝えていただきたいと思い、ゲスト全員に宛てた感謝のお手紙を書いていただくことをご提案。

結婚式の延期を経て、皆様のことを改めて大切だとより強く思えたからこそ、全員に宛てたお手紙は、夏子さんの想いとお人柄が現れ、会場全体がひとつになる、温かな時間となりました。

茅野様

コーディネート

親御様からもらった愛情や想いを改めて感じ、皆様にその愛情をつなげていけるように、成人式でお使いになった帯と帯揚げと共にコーディネートしました。お顔周りにあしらわれた梅の柄は、厳しい冬を耐え、綺麗な花を咲かせることから、「笑顔を絶やさない」という意味が込められています。お二人が結婚式で伝えたかった、「幸せに、笑顔でいることで、皆様にしあわせを繋げていきたい」という想いを表現してくれた衣装です。

ドレスは、今の等身大の自分の幸せな姿を見ていただきたいというお気持ちに、袖のレースやミモレ丈で動きやすさのあるところがイメージにぴったりと選ばれたお気に入りの一着。

茅野様

おふたりからのご感想

おふたりからのご感想

感動したこと結婚式と共に迫る台風19号に、沢山話し合い、迷い、ふたりで式の延期を決断しました。そのことを家族やゲストの皆様に連絡をすると、返ってきたのは、沢山の励ましや温かい言葉。悔しさと皆さんの優しさに色々な感情が溢れました。皆さんへの感謝や大切に想う気持ちを改めてゆっくりと噛み締め、「本番では、悔いなく素直な想いを伝えよう」と前を向きました。そして迎えた結婚式当日、披露宴でのウェルカムスピーチ。自分たちの想いを直接言葉で伝えられた時は、とても嬉しく、また会場の全ての方々の眼差しの温かさに、幸せを感じた瞬間でした。

印象に残っているシーン挙式では、程よい緊張感の中で夫婦の始まり「祝言」を見守っていただき、披露宴では相反してリラックスして思い思いに楽しんでほしいと考えていました。始まってみるとゲストの皆さんは思った以上にいつも通りだったことが印象的でした。おかげで自分達も肩の力が抜け、純粋に楽しめた披露宴でした。ゲスト紹介も含め、大切な人を大切な人たちに紹介でき、知り合ってもらえたことが嬉しく、また、家族には普段見せない姿や伝えられない想いを伝えることができ、親子、兄弟、夫婦それぞれにとって思い出深い「節目」になったのではないかと思います。

萬屋本店へのメッセージ自分たちの結婚という節目の日を迎えるにあたり、どんな時でもプランナーの野田さんをはじめ、関わってくださるスタッフの皆さんが私たちに強くそして親身に寄り添い、私たちの決断を応援してくれました。とても心強く、萬屋本店さんで結婚式をすることにして良かったと感じました。結婚式の準備から全てを通して、結婚という節目にそれぞれが息子として、娘として、そして夫婦として、向き合えた時間でした。本当にありがとうございました。

メイキングスタッフ

司会 株式会社FEM 長谷川文愛

司会

株式会社FEM 長谷部 文愛

おふたりとお打合せではじめてお会いした際、そのさわやかな笑顔と、屈託のない想いのあふれた言葉の数々に、すっかり魅せられました。テーマである「しあわせの連鎖」は、実はこの時から私たちスタッフへも繋がっていたのです。おふたりの口から出てくる言葉には、想いがあり、未来への希望があり、そしてそれらを実現していこうという強い信念に裏打ちされていました。ご家族を愛し、今までお世話になった皆様を心から信頼しているおふたりは、お互いの大切な方を大切にしていきたいと願い、この日を迎えました。

祝言では新婦のお母様のお手紙からスタートしました。「小さい頃の貴女は 笑う時も泣く時も いつもにぎやかに声を上げて楽しませてくれました」と始まる手紙は、お母様の底なしの愛情が透けて見えるような言葉でつづられていました。そして「大学入学から家を離れ 親として伝えそびれていることがいろいろありますね。ごめんなさい」その手紙に対し、新婦からの「三礼の儀」ではこんな言葉がありました。「私がこれまで、人に恵まれ、幸せに溢れた人生を歩んでこられたのは、日常にある「しあわせ」に幸せだと気付ける心を、温かい家族の時間が育んでくれたからです。ありがとう。これだけあれば、これからもずっと幸せです」

親子の愛情の深さ、普遍的な人間の強さ、優しさを、その場にいる誰もが感じたひと時でした。そんな時間をご一緒できたことに、心から感謝いたします。どうぞ、これからもご家族との絆を大切に「しあわせの連鎖」を続けていってください。

ポジションポジション 名前名前名前

担当コンシェルジュ

萬屋本店 野田 実来

お二人とのお打合せは、ご提案させていただくのももちろんですが、お二人の大切なゲストの皆様のことを一緒に想い、考えるようなお打合せだったように思います。今までの人生でどんな人と出会い、どんな思い出があり、結婚式で何を伝えたいのか?ご準備の期間に大切な人のことを想うこと。そのことや時間に価値があることを感じていただきたい、と一緒にご準備をさせていただいておりました。結婚式の後、「大切な日のために準備し、考えてこられた1年間もずっと幸せでした。支え続けてくださりありがとうございます。挙式・披露宴をして、改めて感じる感謝がたくさんありますね。」とおっしゃっていただけたことは、私の中では何よりも嬉しく、お打合せから、悩んで決断した延期、そして迎えた当日まで。全ての時間に意味があったと、そう思わせていただきました。

お二人と出逢えたご縁に感謝しております。これからもずっと仲良く、お二人でしあわせの連鎖を繋げていっていただけたら私も嬉しいです。末永くお幸せにいてください。

↑ PAGE TOP