フェア予約

【和婚をご検討のお客様へ】鶴岡八幡宮・御霊神社・祝言のご紹介

2020.03.25 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

本日は鎌倉ならではの『和婚』をお探しのお客様へ
萬屋本店だからこそ叶う挙式をご紹介できたらと思います。

和婚で挙式と言えば、神社。
そう考える新郎新婦様も多くいらっしゃることだと思います。
萬屋本店では、和婚では主に3つの挙式をご紹介しております。

 

■鶴岡八幡宮
鎌倉を代表する神社と言えば、鶴岡八幡宮。
ここで結婚式を挙げることが憧れと仰る花嫁さんも多く、
私たちも日々ご相談に乗らせていただいております。

鶴岡八幡宮では、若宮と舞殿と2つの神殿で挙式を行っており、
お客様のご希望でお選びいただけるのも特徴です。
季節にもよりますが、基本的に時間は朝9時から18時まで挙式を行っており、
45分間隔、もしくは60分間隔にて一日最大各々12組様の挙式が行われております。

萬屋本店でのご披露宴をご希望のお客様は11時15分での挙式をご案内し、
その後、15時からのご披露宴をお手伝いしております。
移動に関するサポートなど詳細については担当者へご相談くださいませ。

 

■御霊神社
萬屋本店から徒歩5分程度で到着する御霊神社は
平安時代後期の頃からあります鎌倉長谷の中でも歴史深い神社です。
目の前を江ノ電が走る景観は非常に美しく、写真撮影にもぴったりでございます。

御霊神社さんは一日一組様ずつ挙式を執り行ってもらえますので
周囲の環境は気にせず、自分たちの大切なご親族様とだけで時間を過ごせます。

多くの観光客の中で落ち着かないということもないので安心して行うことができます。
時間のご予約も9時挙式、もしくは13時挙式からお選びいただけるのも特徴です。

 

■祝言
萬屋本店の敷地内の蔵で行うのが祝言。
昔自宅で行われていたのが祝言であり、より大切な方々と近い距離で
夫婦の契りを交わす…そんな想いが込められた挙式です。

萬屋本店の結婚式の中で、一番挙げられている挙式が祝言。
その理由は挙式の時間を通じて、ゲストの皆様へと想いが伝わる
大切なかけがえのない時間となる人前式だからです。

ご結婚のご報告やご挨拶、そして日頃の感謝が伝わり、
その結果、お二人のお気持ちの中でもけじめの時間となり、
結婚した実感を感じ、未来に向かって歩いていく時間は尊い時間です。

萬屋本店では、お客様の心の想いを大事に形にしていく挙式を
最初のご見学のブライダルフェアのお時間からご提案をしております。
和婚といえば神社かなと、何となくという状態でも大丈夫です。

私たちが親身になって新郎新婦様に寄り添い、ご相談に乗らせていただきます。
まずはお気軽にご相談のお問合せ、お待ち申し上げております。

 


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【お知らせ】鶴岡八幡宮挙式を希望される新郎新婦様へ

2019.08.03 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

梅雨が明けたとたんに連日の猛暑日が続いておりますが
皆様ご体調にはお変わりないでしょうか?
鎌倉・鶴岡八幡宮でご結婚式をお考えの皆様に、大切なお知らせがございます。

【鶴岡八幡宮での挙式をお申込予定のお客様へ】

すでに鶴岡八幡宮の公式HPにもお知らせがございますが
鶴岡八幡宮での挙式をお申込のお客様につきましては
お衣裳、ヘアメイクやアテンダント、着付け、写真撮影など、挙式に関わるお支度は、
全て鶴岡八幡宮の神前結婚式「鶯吟亭」となります。

鶴岡八幡宮での結婚式をお申込のお客様に於かれましては、
鶴岡八幡宮での結婚式後の披露宴からのお手伝いをさせていただきます。

【和装での結婚式、和婚をご希望のお客様へ】
神前式以外にも、和装、和婚をご希望のお客様にお勧めの結婚式がございます。
それは、日本古来の結婚式のスタイルである【祝言(しゅうげん)】と呼ばれる結婚式です。

祝言とは~
日本にキリスト教式や神前式の挙式が定着する以前、
結婚式は新郎の自宅で行われるものでした。
「花嫁道具」とは先立って花嫁の荷物を新郎宅に運び入れる道具入れからきた言葉、
嫁入りは花嫁が新郎宅に移ること、そして親戚縁者を招いてお披露目をする祝いの集まりは
「祝言(しゅうげん)」といって現在の披露宴に相当するものでした。
これから身内になる人々を前に、厳かに誓いを立て、悦びをわかちあうひとときです。

 

神前式よりも歴史が長い、日本古来から続く由緒ある結婚式の形である祝言。

祝言の模擬挙式が体験できるこの夏最大のブライダルフェアを8月18日に開催いたします。

心に染み入る感謝を伝える結婚式のスタイルを、是非体験してください。

 

▼▼ブライダルフェアの詳細は下記リンクからご確認頂けます▼▼

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●11月17日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式装花】会場コーディネートができるまで

2019.05.08 Category:

こんにちは。

萬屋本店の飯田でございます。

ご結婚式の会場装花は、一日を彩る大切な要素です。

早速ですが、こちらのお写真をご覧ください。
こちらは今年の3月にお式を挙げられたお客様の会場装花です。

会場には溢れんばかりの満開の桜。

本日は、このような会場コーディネートになるまで
どのような打ち合わせを重ねたのか、ご紹介させていただきます。

萬屋本店では、お花のお打合せは2回に分けて行っています。

1回目のお打合せは、好きなお花や色のイメージなどのヒアリングの回。
「好きな色は何色で、こんな花が好きです!」
最初はどんなイメージがいいか?なぜその花を使いたいのか?というところからヒアリングを始めましたが、
あまりこれというイメージはなかったおふたり。

今回、ヒアリングをする中で「なぜ結婚式を挙げようと思ったのですか?」と伺った際、
おふたりとも「家族のために結婚式を挙げたい」とおっしゃっていました。

そして、ご新婦様に「では、どんな親御様ですか?」とお伺いしたところ、
「父は、自分のことを顧みず人を想い、自分よりも誰かを大切にする人なんです。
厳格で、こうしてほしいっていう思いも強い人ですが、
自分のことよりもいつも誰かのことを考えています。」と。

その一例として、

お父様が被災地に桜を植樹する活動をされていらっしゃったお話を
お聞かせいただきました。

そんな新婦様の想いに感動し、そして新婦様のお父様への想いをなんとか形にできないか?と思い、
1回目のお打合せを終えました。

 

そして2回目のお打合せは、フローリストからのご提案の回。

ちょうど3月のお式で、鶴岡八幡宮さんで挙式をされるおふたり。
鶴岡八幡宮さんでは桜が咲き誇る情景が浮かびます。
そして、そんな日本の美を感じていただいた皆様に
披露宴会場でもお花見を楽しむかのような世界観を形にしたいと「満開の桜」をご提案させていただきました。

人を笑顔にしたい、どんな時も人の幸せを願うお父様と、そんなお父様に花嫁姿を見せたいと結婚式を挙げることを決めた新婦様。
そんな新婦様が、桜で満開の会場の中、ゲストの皆様の笑顔に囲まれる時間を、きっとお父様も喜んでくださるはず。
そして、何年も何十年も咲き誇るまでには時間がかかる桜を、
これまで手塩にかけて育てた娘さんの結婚式で咲かせることができれば、
お父様にとってもご家族皆様にとっても、なにも変えられない時間になるのではないか?

そう考え提案させていただきました。

 

こうして、テーブル装花にも桜の枝物を配置することで、
会場の空間全体を使った壮大な世界観は、ゲストの皆様からも大好評でした。

 

そして、おふたりの家族がつながる鶴岡八幡宮さんでの写真。
この桜から始まり、ふたりのご披露宴へとつながっていきます。

当日、鶴岡八幡宮さんの桜も見事に咲き誇り、
挙式から披露宴という時間を通してのコーディネートも大成功でした。

 

ご結婚式に桜を用いたことで、桜の花はお二人にとって
さらに大切な思い出のお花になりました。

毎年、桜のお花を見るたびに、結婚式の幸せな記憶がよみがえること。
生涯の中で一つでも、思い出のお花があることはとても豊かなことだと思います。

 

思い出のお花を使った会場装花は、
担当コンシェルジュにご相談くださいませ。

一生の宝物になるコーディネートをさせていただきます。


 

◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●7月15日(月祝)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店・結婚式レポート】鶴岡八幡宮挙式編

2019.01.11 Category:

こんにちは。
萬屋本店の飯田でございます。

皆様、お正月はどのようにお過ごしになられましたか?
鶴岡八幡宮に初詣に行かれた方も多かったのではないでしょうか。

 

本日はそんな鎌倉を代表する鶴岡八幡宮で昨年11月に
ご結婚式をされたお二人の当日をご紹介できたらと思います。

ご家族のことが大好きな新婦様。
尊敬するお母様との挨拶の儀のお時間は、
お母様がお部屋に入られた瞬間から涙をされていらっしゃいました。

生まれ育った環境が全く違うお二人。
ご結婚式のご準備も、お互いの異なる価値観を伝えあいながら
ひとつひとつ丁寧に進めていらっしゃいました。

神前式でのご夫婦の誓いは、厳かな中で始まるひと時…。
感慨もひとしおだったのではないかと思います。

ご家族や学生時代からのご友人、職場の先輩・同僚の方、
お招きする全ての方の存在がなければ今の自分たちはいないと仰っていたお二人。

挙式の参列はご親族様のみですが
ご友人様や職場の皆様が挙式を見に来てくださっていました。

 

沢山の方が挙式からいらしてくださったこと、
私も担当として自分のことのように嬉しかったです。

挙式を終えた後は、ご友人皆様そろっての記念撮影。
本当に多くの方に愛されているお二人の笑顔が印象的でした。

鶴岡八幡宮挙式の後は、人力車で萬屋へ。
人力車はお二人が夫婦として
ご結婚式で叶えたかったことの一つでした。

そして、いよいよ萬屋本店でのご披露宴。
おふたりの大切なゲストと過ごす大切な時間です。

入場後、大切なゲストの皆様全員とお顔を合わせた時
思わず涙がこぼれたご新婦様でした。

そして、大切なゲストを紹介する時間。
どんな方とどんな人生を今まで歩まれてきたのか、
その感謝を存分に伝えてくださり、心温まるお時間となりした。

ご披露宴後半、レスキュー隊員のご新郎様は制服にお召し替え。
日本の伝統的な婚礼衣装から、お二人らしさを出したお色直しに
ひときわ大きな歓声が上がりました。

職場の方々の余興も大盛り上がりでした。
お二人とも、沢山の方に愛されていらっしゃることを感じました。

楽しいお時間はあっという間に過ぎ、
結びにはご新婦様からご家族皆様に向けてのお手紙を読まれました。

お手紙朗読の際とても印象的だったのは、
ご新郎様のご友人様が涙されていたことでした。

ご両家のご家族だけでなく、
ご友人様のご縁までも結ぶことができるのは
ご披露宴があるからこそなのではないでしょうか。

お二人がゲストの皆様を大切に想う以上に
ゲストの皆様もお二人のことを大切に想われていることを実感した1日となりました。

そんなおふたりからこんな心温まる年賀状も頂きました。

ご結婚式が終わった後もこんな風に
お客様とのご縁が続いている事がとても嬉しいです。

大切な方とのご縁を結ぶご結婚式は萬屋本店にお任せくださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【鶴岡八幡宮の結婚式、萬屋本店での披露宴】

2018.05.27 Category:

皆様、こんにちは、萬屋本店の樋口です。

萬屋本店で結婚式をお考えの方で度々お問合せをいただくのが、
『鶴岡八幡宮』での挙式についてでございます。
お宮参りや七五三、成人式の際など、人生の節目の度に訪れ、
そんな場所で結婚式を挙げたい…。

和の情緒漂う鎌倉が大好きで、この土地で結婚式を挙げたい
昔から鶴岡八幡宮の参道を歩く花嫁さんに憧れていらっしゃった
など多くのお声をいただきます。

そんな鶴岡八幡宮で結婚式をされたお客様の鶴岡八幡宮での一日を
本日はご紹介させていただきます。

 

とても笑顔が素敵な優しい雰囲気の新婦様。

緊張からか凛々しい表情が印象的な新郎様。

おふたりの一日はお仕度を整える所から始まります。
良く晴れた今日、これからの時間を想い、とてもワクワク楽しそうな表情のおふたり。
お仕度が整った後、ご家族との「挨拶の儀」の時間を過ごします。

この時間はご家族へ今までのありがとうと、これからもよろしくを伝える時間。
親元を離れ、ふたりで生活を始めていらっしゃったおふたり。

遠距離のため、ご家族とこうやって向かい合う事がなかったおふたり。
気恥ずかしさや、その中に覚悟が伺えます。

ご家族で向かい合い、この後の挙式に向けての顔合わせを行います。
挙式の確認が済んだら、ここからは挙式に向けて、一歩づつ、ご家族で進んでいきます。

八幡宮さんでの挙式はご親族様と近い距離感で進んでいき、
その中では、ご家族との今までを思い返し、そしてご両家の繋がりを
より強く感じていただける時間となります。

その後、萬屋本店に戻られてからのおふたり。

印象的な入場シーンのあとは、
お客様と本当に近い距離間で皆様とお話しを楽しまれています。
鶴岡八幡宮挙式の際とは、ガラっと雰囲気を変え、
和やかで温かい時間が流れています。

ドレスにお着替えをされた後は、
より皆様と近い距離で更に温かい時間を過ごされます。

女性なら誰もが気になるドレスの素材感や、
その繊細さにすら自然と感じ取れる、
そんな距離感でゆったりとしたご披露宴を過ごされました。

おふたりとは、ご披露宴の4ヵ月前からお打合せをスタートし、
どんな一日を過ごしたいか?
皆様にはどんな風に楽しんでいただきたいのか?
何度も何度もお客様の表情や、瞬間、瞬間を想像し、
司会者や各パートナーとも打ち合わせを行ってきました。

そんな一日が形になった時、ご披露宴がめでたくおひらきとなり、
退場されてきたおふたりを出迎えた司会者の表情が本当に印象的でした。

ご家族やご友人以上に、おふたりが皆様を
思っていることを知っている私たちスタッフは、
おふたりが過ごしたかった一日が過ごせ、
そして、安心したような、ほっとしたようなおふたりの表情を見て、
自然と涙と笑顔がこぼれました。

披露宴後のオフショット。貸切の会場ならではの撮影タイム。

おふたりのお手伝いができたこと、とても嬉しく思います。
厳かで、神聖な空気での挙式後、ガラッと雰囲気を変えて、
萬屋本店での大切なゲストの皆様との温かい時間を過ごしていただきました。

下記にも鶴岡八幡宮挙式のご案内を記載しております。
●萬屋本店HP 【鶴岡八幡宮挙式】について

これから鶴岡八幡宮での結婚式をお考えの皆様の
萬屋本店だからこそ叶う一日の参考になれば嬉しいです。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

鶴岡八幡宮挙式の魅力~萬屋本店で叶うこと~

2018.03.26 Category:

皆様、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

 

本日は鎌倉を代表する神社でもある

鶴岡八幡宮でのご結婚式の魅力について

是非ともご紹介をさせていただけたらと思います。

萬屋本店にお問合せをされる方で沢山のお声をいただくのが、

『鶴岡八幡宮』についてのお問合せでございます。

 

そのご希望の理由としては

日本人らしい結婚式がしたい、和の文化を感じる結婚式がしたい、

和の情緒漂う鎌倉が大好きでこの土地で結婚式を挙げたい…

など多くのお声をいただきます。

そんな鶴岡八幡宮挙式をご希望のお客様が

萬屋本店をお選び頂いている理由がございます。

その一部をご紹介させていただきます。

 

【憧れの花嫁支度をトータルサポート】

鶴岡八幡宮での挙式をされるに当たって

最も必要なことは『サポート体制』だと思います。

外式をされるとお仕度部屋などは神社でご用意はございません。

全て式場のお支度部屋で行って神社に向かいます。

 

萬屋本店のお仕度は憧れの花嫁支度を

美しく心を込めてサポートする体制が整っております。

地毛で日本髪を結い、真っ白な白無垢に身を包む。

地毛で日本髪を結える専属アーティストが花嫁を美しくします。

身に纏う衣裳は1点もの。

全国に足を運び、運命的に出逢った1点ものの

お着物だけをセレクトしてご用意しております。

生地は正絹、製法は手織りで職人が心を込めた衣裳。

そんな伝統的な技術で作られたお着物を

身に纏った花嫁は鶴岡八幡宮が舞台がぴったりです。

 

挙式から披露宴まで一貫したプロフェッショナルが

花嫁をサポートするからこそ安心して当日を迎えることができる。

そして緊張した挙式が終わった後の披露宴では、

大切なゲストにもてなしとして美しい笑顔の花嫁でいてほしい。

そんな思いから萬屋本店では一貫したサポート体制を心掛けており、

そのことが挙げてくださった新郎新婦様も魅力だと仰っていただけます。

他にも多くの魅力がある鶴岡八幡宮からの萬屋本店での披露宴。

より詳細な魅力をこちらのページでもご紹介しております。

●萬屋本店HP:鶴岡八幡宮挙式について

 


 

◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

感動ウェディング~鶴岡八幡宮挙式・実りある秋の祝宴~

2017.03.24 Category:

おはようございます。
萬屋本店の大塚です。春分の日が過ぎ、菜の花も目にする今日この頃
暖かくなって参りましたね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
この季節になると、桜の枝ものが会場装飾として入り
華やかに活けられるその姿に、日本ならではの美しさを感じます。

本日は、11月に鶴岡八幡宮でお式をされた加藤様ご夫妻の結婚式当日を
ご紹介させて頂きます。

芸大出身であり、とても上品なお二人。
漆作家のご新婦様は皆様のおもてなしにと
70名様分の漆箸と白磁の箸置きを作られました。

お二人のテーマは、

「古き良きものの中にある美しさ」芸術家のお二人ならではの

繊細で美しい世界観を是非、ご覧頂きたいです。
1120加藤様_170201_0023

1120加藤様_170201_0015

1120加藤様_170201_0021

作家の想いが込められた一つ一つ丁寧に手絞りで作られた黒の絞りの振袖をお選び頂きました。

花嫁姿のご新婦様の美しさに惚れ惚れします。

 

1120加藤様_170201_0020

1120加藤様_170201_0018

日本の花嫁様の象徴的な髪形である文金高島田。気高く上品なお姿にお支度も整い、いよいよ神前式へ。
秋の風が心地よく、厳粛なお式に向け歩き出します。

 

1120加藤様_170201_0016

お式の後は、ゆっくりとお写真撮影を。

 

1120加藤様_170201_0012

1120加藤様_170201_0014

萬屋本店では、お客様の受付が開始され、お待合室でゆっくりとお寛ぎ頂きながら
この時間をお楽しみになられていらっしゃいました。

 

1120加藤様_170201_0011

披露宴会場は、お越し頂くお客様と近い距離でお話いただけるソファスタイルに。

 

1120加藤様_170201_0008

お二人の心からの感謝をお伝えしたい、総勢70名のお客様の盛大な拍手でご入場。

 

1120加藤様_170201_0004

披露宴後半は上質で柔らかな風合いのウェディングドレスで。

 

1120加藤様_170201_0003

白グリーンをベースに実物を加えた、ナチュラルでありボリュームのある華やかなブーケを。

 

1120加藤様_170201_0002

お二人の末永い幸せを心よりお祈りしております!

そして、またいつでも萬屋本店へ遊びにいらしてください。

お二人の第二のふるさと。として、またお会いできることを楽しみにお待ちしております。

 

下記にも鶴岡八幡宮挙式のご案内を記載しております。
●萬屋本店HP 【鶴岡八幡宮挙式】について

 

7月バナー

7月9日(日) 1部 9:00~ / 2部 12:30~

【月一限定開催!】模擬挙式・無料試食付全館貸切BIGフェア

萬屋本店を全館貸切にした月に一度のBIGフェア。

和装人前式の祝言(しゅうげん)の模擬挙式の他、全館を本番の披露宴さながらにコーディネート。

こだわり衣装の展示など、絶対おすすめしたいブライダルフェアです。

 


 

ARCHIVE
CATEGORY