スタッフしか知らない結婚式裏側の感動シーン

スタッフしか知らない結婚式裏側の感動シーン

皆さんこんにちは。
萬屋本店ウエディングプランナーの千葉でございます。

私には、ご結婚式のお手伝いをさせていただく中で、映像は必ず残して欲しいという思いがございます。
その思いについては以前にもブログで書かせていただいておりますので、ご覧いただけますと嬉しいです。

【萬屋本店】結婚式の動画を残すということ

そんな思いの中、最近では映像カメラマンを2名体制で入っていただく価値をお届けできないかと考えております。
その理由は、ご結婚式の一日の中には私たちスタッフしか見れていない、とても素晴らしいシーンがあるからです。
そんなシーンを出来る限り余すことなく残していくために、お写真や映像のカメラマンにはたくさんの共有をさせていいただいているのですが、やはりすべてを残すことは物理的に難しい場面もございます。
しかし、そんな瞬間にこそ感動がたくさん詰まっているのが結婚式です。

ご披露宴の再入場のシーン。
閉じられたカーテンの向こうには、花嫁姿を今か今かと待ち望むゲストと、一足先に入場をしたご新郎様が待っています。
ドレス姿に身を包んだご新婦様とご新婦のお父様が腕を組んで、入場のスタンバイをしている瞬間です。

あるお父様は照れくさくて、でも嬉しくて、いつも以上に口数が増えて陽気に振舞っていらっしゃいます。
うっすらと目に涙を浮かべながら、一言、「おめでとう」と言葉を娘に掛けるお父様もいらっしゃいます。
娘の晴れ姿を見ることもできず、ジッと正面だけを見つめているお父様は、奥歯を噛み締めながら、たくさんの感情を必死に抑えていることと思います。

そんなお父様と腕を組んだ思い出は、ご新婦様にとっては幼かったころの遠い記憶かもしれません。
大好きだったお父さん。
でも成長とともに少しづつ距離を置くようになってしまって、いつしか言葉を交わすことも少なくなった。
社会に出てから、改めて家庭を守ってきてくれたお父さんの苦労を知ったけど、素直に感謝を伝えることもしてこなかった。

ご新婦様とお父様のおふたりだけの時間には、おふたりにしか分からないたくさんの思いがあるのだと思います。
その時のご新婦様とお父様のご様子を見守るだけで、私たちスタッフは胸が熱くなります。

しかし、そんな素敵なシーンが誕生している瞬間に、映像カメラマンはご新婦様とお父様の入場シーンを抑えなければならないため、会場内にスタンバイをしていなければなりません。
結婚式の価値を考えた時に、そんなシーンを残すことが出来たらどれだけ素晴らしいかと想像しますが、その為には映像カメラマンを2名体制で入っていただかなくてはなりません。

もし、このお気持ちに共感していただたけましたら、お打合せの際に担当プランナーにご相談くださいませ。
私もこの思いとともに、結婚式の価値を最大限感じていただけるようなご案内を新郎新婦様に届けられたらと思います。

↑ PAGE TOP