フェア予約

【親御様に大好評】贈呈用アルバム

2020.03.31 Category:

こんにちは。
萬屋本店の伊藤でございます。

花の便りが聞かれる頃となってまいりましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は「親御様への贈呈用アルバム」について
皆様にお伝えしたいと思っております。

ご結婚式を挙げられた後のご感想を親御様に伺うと
「本当にあっという間でした」と仰られる方が多くいらっしゃいます。

ご結婚式は新郎新婦様のためだけでは決してなく、
親御様にとっても愛するお子様の成長を感じる大切な一日です。

挙式でお父様お母様と歩む一歩一歩の重みや温もり。
披露宴では今まで息子や娘がお世話になった方々へ
誇らしげな表情で嬉しそうにご挨拶周りをされている親御様。

一つ一つの瞬間が全て大切なひと時で、
沢山笑い、そして涙される人生の中でたった一日。
その一つ一つを鮮明に覚えていらっしゃる親御様は
お子様の大切な一日だからこそ終始緊張もされているため、
実は本当に少ないということが現実だと思ってます。

でも、結婚式は一生忘れてほしくないほど、
誰もが心動くシーンが数えきれないほど沢山あります。
だからこそ親御様にもずっとずっと覚えておいていただきたい、
きっと新郎新婦様ご自身が心から願われることだと思います。

結婚式はなぜ、こんなにも胸が熱くなるのでしょうか?
それは、おふたりや親御様にとって大切な人と人とが
心の通わせる瞬間が間違いなくあったからだと、私は思います。

それを感じられた記憶が確かに親御様にも残るから
ご結婚式の後も例えお子様と離れ離れになっても、
その時の気持ちを思い返すことができ、
お互いを支えていく時間になっていくのだと思うのです。
そんな瞬間を残すことができるのが写真であり、アルバムなのです。

私たち萬屋本店では、10年、20年後もおふたりと親御様、
そしておふたりのお子様が生まれた時、一緒に見返した時に
いつでも思い返せるように形に残していただきたいと願っております。

アルバムのページを捲る度に、おふたりと親御様との記憶が呼び起こされ
それはきっと、何年経っても親御様にとって最高の宝物になると信じております。

大切な親御様への生涯の贈り物として
ご結婚式の贈呈用アルバムはいかがでしょうか。
ご結婚式当日が最高に素晴らしい記憶となるように
萬屋本店では精一杯お手伝いさせていただきたいと思っております。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店 新郎新婦様必見】オリジナル引出物のご案内

2020.03.29 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

本日は、萬屋本店オリジナルデザインの引出物をご紹介させていただきます。

結婚式の中で、ゲストの皆様にお贈りする引出物は
皆様ご自宅に帰られた後に中身をご覧になるかと思います。
一番最後に結婚式の印象を決めるといっても過言ではありません。

そんな引出物に関して、
お打合せの中でお客様とお話をさせていただくと
「鎌倉らしい、萬屋本店らしい引出物を皆様に贈りたい。」
そんなお声をたくさん耳にします。

もっとお客様にお喜びいただけるギフトをご案内したい、
そんな想いで新商品の開発を進めさせていただいておりました。

こちらはプチギフトや縁起物としてお贈りいただける、
萬屋本店で大人気のギフト、イマジネーションコーヒー
鎌倉ならではの江ノ電沿線をイメージしたイラストがとても可愛いです。

こちらのイラストを書いていらっしゃるイラストレーターの方に
実際にお越しいただき実際に会場をご覧いただき、
萬屋本店のトレードマークともいえるこの暖簾をメインにデザインしていただきました。

そして実際に完成した商品がこちら。

ゲストの皆様がご自宅に帰られた後、この引出物を見て
朝一番、萬屋本店をに初めて足を踏み入れたときのこと、
お二人のおもてなしがたくさん詰まった一日を振り返っていただき
一番最後にお二人のおもてなしのお気持ちが伝わったら嬉しく思います。

この他にもまだまだオリジナルの商品を開発中でございます。
またブログで紹介させていただきますので楽しみになさっていてくださいませ。

本日ご紹介をさせていただきましたイマジネーションコーヒーは
ご案内を開始しておりますので、担当コンシェルジュまでお気軽にご相談ください。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【和婚をご検討のお客様へ】鶴岡八幡宮・御霊神社・祝言のご紹介

2020.03.25 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

本日は鎌倉ならではの『和婚』をお探しのお客様へ
萬屋本店だからこそ叶う挙式をご紹介できたらと思います。

和婚で挙式と言えば、神社。
そう考える新郎新婦様も多くいらっしゃることだと思います。
萬屋本店では、和婚では主に3つの挙式をご紹介しております。

 

■鶴岡八幡宮
鎌倉を代表する神社と言えば、鶴岡八幡宮。
ここで結婚式を挙げることが憧れと仰る花嫁さんも多く、
私たちも日々ご相談に乗らせていただいております。

現在、鶴岡八幡宮では、若宮と舞殿と2つの神殿があり、
お客様のご希望でお選びいただけるのも特徴です。
季節にもよりますが、基本的に時間は朝9時から18時まで挙式を行っており、
45分間隔、もしくは60分間隔にて一日24組様の挙式が行われております。

萬屋本店でのご披露宴をご希望のお客様は11時15分での挙式をご案内し、
その後、15時からのご披露宴をお手伝いしております。
移動に関するサポートなど詳細については担当者へご相談くださいませ。

 

■御霊神社
萬屋本店から徒歩5分程度で到着する御霊神社は
平安時代の頃からあります鎌倉長谷の守り神といわれる神様です。
目の前を江ノ電が走る景観は非常に美しく、写真撮影にもぴったりでございます。

御霊神社さんは一日一組様ずつ挙式を執り行ってもらえますので
非常に周りを気にせず、自分たちの大切なご親族とだけで時間を過ごせます。


多くの観光客の中で落ち着かないということもないので安心して行うことができます。
時間のご予約も9時挙式、もしくは13時挙式からお選びいただけるのも特徴です。

 

■祝言
萬屋本店の敷地内の蔵で行うのが祝言。
昔自宅で行われていたのが祝言であり、より大切な方々と近い距離で
夫婦の契りを交わす…そんな想いが込められた挙式です。

萬屋本店の結婚式の中で、一番挙げられている挙式が祝言。
その理由は挙式の時間を通じて、ゲストの皆様へと想いが伝わる
大切なかけがえのない時間となる人前式だからです。

ご結婚のご報告やご挨拶、そして日頃の感謝が伝わり、
その結果、お二人のお気持ちの中でもけじめの時間となり、
結婚した実感を感じ、未来に向かって歩いていく時間は尊い時間です。

 

萬屋本店では、お客様の心の想いを大事に形にしていく挙式を
最初のご見学のブライダルフェアのお時間からご提案をしております。
和婚といえば神社かなと、何となくという状態でも大丈夫です。

私たちが親身になって新郎新婦様に寄り添い、ご相談に乗らせていただきます。
まずはお気軽にご相談のお問合せ、お待ち申し上げております。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【ご参列者様必見!】日本家屋で叶う結婚式

2020.03.23 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

今回は、ご結婚式にご参列される方の
お衣装選びのアドバイスになればと思い、
事例と共にご列席者様のお衣裳についてご紹介させていただきます。

ご結婚式のご準備を進めていかれるにあたり、
ご両家の親御様やご列席くださるご親族やご友人の方より
当日お召しになられるお衣裳のお問い合わせを頂くことがあると、
多くのお客様よりお話をお伺いいたします。

萬屋本店では、「オーセンティック鎌倉」という衣裳店を
ご紹介させていただいております。
オーセンティック鎌倉は、萬屋本店専属のセレクトショップなので、
全国各地に買い付けに行った選りすぐりのお着物や、
海外の有名デザイナーさんが手がけたドレスなど、
会場の雰囲気に合うもののみ、自信をもって取り揃えております。
そして、オーセンティック鎌倉では新郎新婦様のお衣裳だけではなく、
ご列席者様レンタルのご対応をさせていただいております。

ご結婚式は、ご両家様にとって大切な結びの一日となります。
ご両家の親御様も新郎新婦様と同様に、
ゲストの皆様をお招きになられる立場でいらっしゃいます。
だからこそ、ご結婚式の際には、
新郎新婦様と「同じ格」の正礼装をお召し頂いております。

親御様の正礼装とされているお衣裳は、
お父様ですと「モーニングコート」や「茶袴」、
お母様ですと「留袖」が一般的でございます。

●モーニングコート
日中の式典でお召しいただくお衣裳の中でも、
最も格式の高い「正礼装」と呼ばれる装いのことです。
モーニングコートの上着の色は、黒色。グレーのベスト、
縦縞のスラックスズボンを合わせて着用するのが、基本のスタイルです。

萬屋本店は、挙式のスタイルや会場の雰囲気から、
和装をお召しになられる新郎新婦様がほとんどでいらっしゃいます。
それに合わせてご両家の親御様の多くの方々が、
「茶袴」や「黒留袖」をお召しになられております。

●茶袴
新郎様と同じ正礼装であるのですが、
袴の縞の部分が茶色になっているものを指し、
新郎様より少し地味な印象を持つものでございます。

●黒留袖
お母様がお召しになれるおめでたい席にふさわしい、
五つ紋付きのお着物でございます。
裾には必ず模様が入っております為、
お母様の好みに応じて、柄を選んでいただいております。

●訪問着やお振袖
ゲストの皆様にも着物をお召し頂きたいというお二人の想いがあり、
普段は和装をお召しになられない方も、
萬屋本店の会場の雰囲気にあわせて、
着物をお召しになられる方も多くいらっしゃいます。

こちらのお客様は、ご両家のご親族様と
親しい友人をご招待して、大切な節目を迎えたお二人。
両親の今までの感謝と、両家の絆を深めたいということから、
近い距離感を感じられるような着物で揃えられました。

ご結婚式当日は、着付け師さんによる着物の「お着付け」や、
ヘアメイクアップアーティストの「メイク」、「ヘアアレンジ」なども
事前に承らせていただき、ご案内をさせていただいておりますので、
ご安心してご来館いただけます。

日本家屋の古民家だからこそ叶えることができるご結婚式。
ゲストの皆様にも楽しんでいただけるようなおもてなしを、
私たちも精一杯お届けいたします。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

萬屋本店元花嫁の体験談~ヘアメイクリハーサルの価値~

2020.03.22 Category:

こんにちは。
萬屋本店で2017年に結婚式を挙げ、
現在は萬屋本店の人事採用担当としてお仕事をしております山中と申します。

本日はこれからご結婚式を迎えられる花嫁様お伝えしたい、
ヘアメイクの価値について書かせていただきます。

「ヘアメイクは知らなかった自分の魅力を引き出してくれる」
と私は感じています。
それを実際に体験したのがヘアメイクリハーサルの時でした。

前撮り撮影や結婚式、そして結婚式後もフェアモデルとして何度かヘアメイクをしていただく機会をいただき、
自分の固定概念を横に置き、プロに相談してみることの大切さを感じてきました。
私の体験談をご紹介させていただきます。

●髪が短かった私でも叶った地毛日本髪!

私が花嫁だった時、髪の毛の長さは肩につくかつかないかくらいでした。
どうしても日本髪がやってみたいと思いながらも、
自分の髪の毛の長さでは足りないだろうと勝手に諦めていた当時の私。

しかし、メイクリハーサルの際に、私の担当をしてくれたメイクの宮沢先生から、
「新日本髪なら出来るわよ!」と言われて知ったのが、この髪型でした。

文金高島田よりは少し小ぶりになるものの、地毛で結っていただき、
自分の骨格や頭の形にぴたりと合わせてもらうことができました。

こちらが結婚式当日の写真です。
顔の表側は地毛で。
後頭部には付毛を自然に馴染ませ、立派な日本髪を結っていただきました。

●同じ日本髪でもイメージに合わせて仕上がりが全く変わります

実は自分の結婚式の後、何度かフェアモデルをさせていただき、
そこで日本髪を結っていただいているのですが、
大きさやバランスによって、全く印象が変わることに気付きました。

可愛らしくコンパクトに結った新日本髪。
町娘のような可愛らし印象になります。

綿帽子なのか、角隠しなのかによっても印象が変わります。

凛とした印象の角隠しと、
花嫁の奥ゆかしさを感じる綿帽子。
私は結婚式本番は綿帽子スタイルにしました。

●ヘアメイクでなりたい自分に近づける

メイクリハーサルをやっていただいたことで、
自分のなりたい女性像に近づけてくれるのがヘアメイクのパワーなのだという発見がありました。
普段あまり美容雑誌などを見ていなかったので具体的なイメージは浮かばなかったものの、こだわりはあった私。

「童顔なことがコンプレックスなので、大人っぽく凛とした花嫁さんになりたい。
ドレスが可愛らしいので、髪型はすっきりと品良くまとめてほしい」
そうオーダーし、ドレスの時のヘアメイクスタイルとして宮沢先生が提案してくださったのがこちら。

そしてこちらが結婚式当日の実際の写真。
ドレスとヘアメイクのバランスや、すっきりと上品にまとめていただいたところがとても気に入っています。

●叶えたいことは前撮り撮影で叶える

そして、もう一つチャレンジしてみたかったこと。
「萬屋本店のブランディング写真のモデルさんに惹かれたので、ふわふわとした髪型で優しい雰囲気になりたい」
それを表現してくれたのがこの髪型でした。

鏡に映る自分に、こんなにも普段と変わるのかとびっくりしたことを覚えています。
そして、実際に結婚式当日は、披露宴と二次会のドレスチェンジの際に、髪型も変化をさせ、どちらの理想像も楽しむことにしました。

こちらは衣装合わせの時の写真。
実際の髪の毛の長さはこれくらいしかなかった私が、これだけのヘアスタイルを楽しめたのです。
プロの技術は本当にすごい!と感じました。

この長さの髪に自然に付け毛を使用し、
叶えてくれたのがこの前撮りの際のヘアスタイルでした。

結婚式当日にはしないスタイルやドレスに思いっきり挑戦できるのが前撮りの良さだと思います。

ここまで、ご紹介させていただき、一番伝えたかった事は、
「ヘアメイクは知らなかった自分を引き出してくれる」ということです。

自分で似合うと勝手に思っているもの、自分のこだわりはあっても、
一度リハーサルの時には固定概念を外して、
ヘアメイクさんと一緒にご相談しながら決めてみることをおすすめいたします。

何故なら、プロの目からいただく提案によって自分の想像を超えた花嫁姿になることが叶うからです。

ちなみに宮沢先生は、どうしてもマツエクやつけまつ毛に抵抗があった私に対して、
「衣装の豪華さのバランスを考え、目尻にだけでもつけまつ毛をつけましょう」という提案をしてくれました。
そして、こちらが、実際に目尻にだけつけまつげを付けている写真です。

不自然にはならずに、目力はアップ。
伏し目にしたときの表情が印象的なメイクにしてくださいました。
自分の中では大袈裟になりそうだと思っていたつけまつ毛ですが、
宮沢先生はこうして写真になることを含めアドバイスをくれたのだと後になって分かりました。

また、新郎様も髪型を整え、眉をキリっとさせるだけで、大きく雰囲気が変わります。
主人も、ヘアメイクには最初抵抗があったものの、
実際にやってもらうと気合いが入ると言っていました。

結婚式当日、来てくださったゲストのみなさんは、
地毛で結っている日本髪を初めて見たという方ばかりで、たくさん写真を撮ってくれました。

また、ヘアメイクのおかげで、ドレスの際にはいつもの自分とはちょっと違う自分になることができ、
美しい仕草を意識して立ち振る舞えたような気がしています。

自分に自信を持てるヘアメイクは花嫁さんにとって、大きな支えになるもの。
どんな女性像を表現したいかとイメージを膨らませ、
新たな自分に会えることを楽しみに、ヘアメイクリハーサルに挑んでみてほしいと思います。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店オリジナル和装 第二弾】雲取りに花輪

2020.03.21 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店の砂川でございます。

先月萬屋本店ブログにてご紹介させていただきました
<オリジナル色打掛第一弾:雲取りに鶴>は
皇室に和服を献上している日本を代表する
着物作家の藤井寛氏に手掛けていただきました。

下絵から書き進めて頂き完成した作品の工程の様子は
以前もご紹介いたしましたこちらのブログをご覧くださいませ。
●【萬屋本店オリジナル和装】雲取りに鶴●

今回はその藤井寛氏に、第二弾と称して改めて
図案から製作いただいた完全オリジナルの色打掛をご紹介させていただきます。

【萬屋本店オリジナル和装 第二弾】雲取りに花輪

第二弾の雲取りの花輪は、ハレの日を引き立たせるためのおめでたい柄で、
より花嫁姿を晴れやかに見せれるように意識して作られました。

花嫁衣裳として華やかな印象を強調し、地の白に赤や朱など鮮やかな色を雲取りに配置。
また、雲取りの中に立涌や波、鶴などのおめでたい柄を金彩として施し、
花嫁衣裳としてのふさわしい晴れやかさをシンプルに表現されています。

そして、四季の花(松・菊・梅・桜)を散りばめ、
メリハリをつけるために紫や水色などをアクセントにされています。
四季の花の意味合いは以下の通りでございます。

●松…日本に古くから伝わるおめでたいものとされていて、
大地に張った根から旺盛な活力を吸い上げ、家の隆盛繁栄を願います。

●菊…天皇家を象徴とする紋章として定められている菊は、桜と同様日本の国花です。
また、菊を飾ると福が訪れるとされております。

●梅…寒さを耐え忍び春一番に美しい花を咲かせる花です
忍耐、美しい、常に笑顔を絶やさないという意味がございます。

●桜…日本人に愛されている桜。桜の文様は五穀豊穣を表した吉祥文様です。
吉祥文様がえがかれている着物は、嫁いだ先でも沢山の幸せを願う愛情が込められています。

お花や小物とのコーディネートも合わせて、
この「雲取りに花輪」を是非一度お試しいただければと思います。
職人が丹精込めた着物は愛するひとの心と技、作り手の想いがつまっています。
一生に一度の晴れの日のおもてなしの花嫁衣裳、是非こだわって選んでいただきたいと思います。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

 

 

【萬屋本店 「鎌倉ドリンクプラン」でおもてなし】

2020.03.19 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの伊藤です。

本日は萬屋本店ならではの
「鎌倉ドリンクプラン」をご紹介させていただきます。

ご旅行先など行った際にはその街ならではのご当地ものや
その土地で作られた食材を活かした美味しい食べ物など
食べたり飲んだりする中で楽しいひと時の思い出ができ、
ずっと忘れない記憶に残ったりすることはよくあるのではと思います。

私達、萬屋本店は「鎌倉」の中心地にあり、
皆様から愛されているこの「鎌倉」の街ならではのお飲み物で、
ゲストの皆様をおもてなしをされてはいかがでしょうか。

そんなおもてなしを叶えられるのが、「鎌倉ドリンクプラン」です。
ゲストの皆様をお迎えするお待合室からご提供する事で、
この土地ならではの鎌倉をより感じていただけるのがこちらのドリンクプランです。

また、お待合室にボトルを並べることで、ウェルカム装飾にもなり
鎌倉ならではの雰囲気を感じていただけるきっかけにも繋がります。

鎌倉ビールは、個性的でとってもフルーティーであり、
泡もまろやかで喉ごしがいいのも特徴でございます。
ビール特有の苦味が苦手という方には飲みやすいのも特徴で
特に女性の皆様にも人気の高いビールです。

また、鎌倉ビールはビタミンE、ミネラルを多く含む為、
身体にも大変良いビールであると言われておりますので
鎌倉ビールならではの特徴も楽しんでいただけたらと思います。
なお、ご一緒に一口サイズのおつまみをご用意させていただき、
摘まみながら鎌倉ビールを嗜んでいただくのも良いですね。

そして、お子様やノンアルコールをお召しになられる方には、
「鎌倉サイダー」がおすすめでございます。
程よい甘みと酸味のバランスで、
栓を開けると爽やかな香りが口いっぱいに広がります。
ご当地ならではのラベルもとっても魅力的です。

「鎌倉ビール」や「鎌倉サイダー」でのおもてなしを通じて
鎌倉を感じつつ、大切なゲストをお迎えするのはいかがでしょうか?
お問合せは担当プランナーまでご相談くださいませ。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

結婚式の動画撮影の魅力【当日エンドロールと記録映像とは】

2020.03.17 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

ご結婚式では、お写真は残して当たり前というイメージをお持ちの方がほとんどかと思いますが
動画撮影についてはいかがでしょうか?
実は、私たちがご結婚式のご準備を通して
「必ず残してください!」とお伝えしているのが動画撮影になります。

動画撮影とは主に二種類ございまして
結婚式の一日を記録として残す「記録撮影」と、
当日撮影させていただいたものを披露宴のお開きのタイミングで上映する
「当日撮影エンドロール」がございます。

当日撮影エンドロールがどのようなものかといいますと
ご結婚式の幸せな時間を、ご披露宴のラストに
ゲストの皆様と共に振り返っていただける映像でございます。

夫婦になっていくことを強く感じたあの瞬間。
大切な人がすぐ近くにいてくれている幸せ。

ご披露宴がお開きになるその前に
結婚式での幸せな気持ちと時間を巻き戻して、皆とシェアできる。
それが当日撮影エンドロールの魅力です。

5分ほどの内容になりますので、二次会の際に上映いただくのもおすすめです。
二次会からご参加いただく方にも喜んでいただけることと思います。
しかし、その場で撮影したものを編集してまいりますので
どうしても映像として残せるのは、披露宴の再入場くらいまでになります。
花嫁のお手紙朗読や、結びの新郎のご挨拶などは
残すことが出来ない点が、心残りです。

そこで、もう一つの「記録映像」がございます。
こちらは朝のお仕度風景からご披露宴のお開きまでをトータルで撮影させていただき
後日、DVDやBlu-rayなどでご納品させていただくものとなります。
2時間しっかり残すものや、20分ほどのダイジェスト版など
お希望に応じてお選びいただけます。

お待ち合いの時はゲストはどのように過ごされていたのか?
お二人がお色直しをしている最中に
プロフィールムービーを上映した際、どのようにゲストの皆様が楽しまれていたのか?
お二人が当日目にすることのできないところも映像に残すことが出来ることは
とても価値のあるものだと思います。

新郎新婦様のご結婚式当日は、驚くほどあっという間です。
ご結婚式を挙げられた先輩カップルさんが周りにいらっしゃったら、
一日がどうだったかを是非聞いてみてください。
必ず「一瞬だった」と話されると思います。

長い期間、ご準備を重ねていく中で
たくさんの悩みと迷いの中、大切なゲストの皆様の喜ぶ顔をイメージされることと思います。
それが当日、どのようにゲストの皆様に届けられたのか。

ゲストの皆様が、お二人の思いに触れたときにどのように感じられていたのか。
その一部始終を、2時間半というご披露宴の中で
新郎新婦様がすべてを把握することは、到底難しいことです。

そのためにも、動画撮影を必ず残してほしいというのは、我々プランナーの願いです。
ご披露宴のなかで、ゲストの皆様の心に一日の記憶を残すための当日撮影エンドロールと、
ご結婚式を挙げられた後、何年たっても夫婦の始まりの日に立ち返られる記録撮影。
どちらもその先の人生のために大切に残していただきたいものになります。

ご結婚式を挙げた後でなければ感じることのできない魅力が
ご結婚式には沢山あり、それは挙げる前には分からないものばかりです。
だからこそ、ご結婚式の後に後悔していただくことのないように
我々がその魅力を諦めずに伝えて続けていくことを大事にしてまいります。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式にまつわるお金のこと】ブライダルローンのご紹介

2020.03.15 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店の早野でございます。

本日は結婚式にまつわる『お金』のお話をさせていただきます。
ご結婚式を挙げるにあたり、誰しもが気になるのがご予算のことではないでしょうか。
お金のこととなると、途端に心配になられるお客様も数多くいらっしゃいます。

なぜ心配になるのでしょうか。
それは一生に一度であり、人生に一回しか体験できない
「初体験」だからなのだと思います。

私が考える予算とは、お客様にとって必要なものをご用意するための金額。
つまり、お客様が叶えたいと描くことに繋げらなければ必要ないものだとも思います。
私たち萬屋本店ではお客様お一組お一組に合わせて、オーダーメイドにて予算を考え、
安心安全なお見積書をご提示させていただいております。

具体的にご安心いただく為にもお打合せの中でどのようにしてご予算を組み立てているか、
なかなか表からだけでは見えづらい部分をご紹介させていただきます。

■ブライダルフェアで概算のお見積書のご提示
まずは、全体感を掴んでいただくために、ご希望の時期やご人数、
イメージされるアイテムをお入れしてお見積書を作成させていただきます。

この時に大事なのが、どの時期でご結婚式されるか
お選びいただく時期やお日にちによってスタートのご予算が変わります。
よりお得なお日にちをご希望のお客様はこちらのサイトをご覧くださいませ。
●萬屋本店特別プランのご紹介はこちらまで

■ご招待されるお客様のリストアップ
ご結婚式の3ヶ月前までにご招待客のリストアップを完成していただきます。
私たちはここまでにご自宅にて人生の棚卸のようなお時間を
ワークを通してしていただき、本当にお招きされたいお客様をお選びいただき、
リストにしていただけるようお願いをしております。

実際によくあるお話ですが、最初のご見学の段階より
人生を振り返った時にやっぱりこの人もお招きしたいと思える方が増え
ご人数が当初より、増えるお客様も沢山いらっしゃいます。

■改めて予算を算出していく
リストアップも済まれた段階で、改めて予算をご一緒に算出していきます。
ご人数に合わせてご祝儀も計算をさせていただき、新郎新婦様のお招きされるゲストから
どのくらいのご祝儀が集まり、その結果、ご負担額がどのくらいになるか、
そこをご一緒に想定しながらご結婚式当日を迎える準備に入ります。

■ブライダルローンのご検討
今の時代、予算も様々な方法を駆使してお支払できる方法があります。
決してお手持ちの貯金だけで結婚式を挙げるという方法だけではございません。
萬屋本店で実は多くのお客様がご利用いただいておりますのが、
お支払方法を安心して柔軟にお選びいただけるブライダルローンです。

ブライダルローンのメリットは
書類審査を経ていただくと後払いができるのがメリットです。
ご祝儀はご結婚式当日に集まってくるものです。
前払いでご準備していただく結婚式資金はある程度大きな金額となります。
でも、こちらのローンをご利用いただくことでご祝儀も含めた後払いが可能になります。

一生に一度だからこそ、諦めたくないお買い物こそ結婚式だと思います。
納得のいく結婚式のためにもブライダルローンをご利用いただき、
安心安全なご結婚式準備を応援させていただけたらと思います。

ご利用の際にはお気軽に担当プランナーまでお尋ねくださいませ。
ご予算設計こそ、不透明をなくして確実に設計していきましょう。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式レポート】ウェディングプランナーが花嫁になる日

2020.03.15 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。
先日、弊社スタッフ樋口の結婚式が萬屋本店で執り行われました。

萬屋本店の立上げから今まで、ウェディングプランナーとして多くのお客様のご結婚式をお手伝いしてきた樋口。
そんな彼女のお相手は、萬屋本店の工事を担ってくださった大工さん。
萬屋本店のリノベーション工事から携わり、
何かあればすぐに駆けつけてくれ、
見えないところで萬屋本店を支えてくれている方です。

萬屋本店の立上げを通して出会った二人が、
大切な節目の場所に萬屋本店を選んでくれたことを心から嬉しく思います。
沢山の皆様からの祝福と愛情で溢れた、
ふたりの結婚式レポートを綴らせていただきます。

二人の結婚式は、2020年3月3日。新婦あやなさんの誕生日に執り行われました。
ふたりの結婚を祝福してくれているような春らしい天候に恵まれたこの日。
コロナウイルスの感染拡大に伴い自粛ムードの中、結婚式の開催自体を悩んでいたお二人ですが、
ご家族や周りの方々のご理解と後押しがあり、予定通り結婚式を開催することができました。

●結婚式のテーマ

ふたりの結婚式のテーマは『幸せである姿』
人生の中で出会った大切な方々が一堂に集まる結婚式。
こんなにたくさんの方に出会えたこと、今この場所で笑顔でいられること、
今までのすべてのことが今のふたりをつくり、今ある幸せをつくってくれた。
大切な皆様に囲まれ、幸せである姿を見てもらうこと。それが結婚式で叶えたかったこと。

●祝言

萬屋本店で知った「祝言」
祝言は、絶対に黒引きが着たかったという樋口。
衣装合わせに同行させてもらい、樋口のイメージに合う古典柄の黒引きを一緒に選びました。

祝言の入場シーンでは、お父様からのお手紙が披露されました。
お父様からどんな風に愛されてきたのか、
どんな想いで今日まで見守ってきてくださったのかをそこにいた誰もが感じ、想いが一つになった入場シーンでした。

●披露宴

披露宴はお色直しをして色打掛へ。
この色打掛は、樋口が初めて同行した買付の時に、代表の宮腰と共に選んだ色打掛。
自分の結婚式の時にはこれを着ると決めていたお着物です。

私達スタッフもご招待いただき、みんなでお祝いさせていただきました。
厳かで涙が止まらなかった挙式とは打って変わって、
とても賑やかで笑いと涙に溢れる温かい時間。

●大好きな家族との時間

中座のエスコートは大好きな妹さんと一緒に。
一番近いけど、一番遠い存在。仲もよく信頼しあっているけど、離れている時間も長かった。
恥ずかしがりながらも何十年ぶりに手をつないで、姉妹で仲良く中座しました。

●ご両親

「夫婦そろって写真を撮るのはどのくらいぶりだろう?」そんな会話が聞こえてきそうなこの写真。
朗らかで、愛情いっぱいのご両親のもとで、大切に育てられてきたことを感じた結婚式。
大切な人、どんな風に今まで生きてきて、家族に愛されてきたのか。
そんなことを垣間見ることができるのも結婚式の醍醐味であり、結婚式でしか見ることができない時間なのかもしれません。

●父と娘

再入場はドレスに着替え、お父様と一緒に。
娘に対する想い、彼に対する想い、そんな想いを包み隠さずに伝え、表現してくださったお父様。
愛情いっぱいのお父様が安心して、幸せそうに涙を流す姿を見て、わたしたちにまで愛情が伝わり、幸せいっぱいの気持ちになりました。

手紙朗読で、涙するあやなさんの顔を覗き込むお父様。

そんなお父様の顔を見て、思わず笑いあう父と娘。

その優しい表情が、まるで3歳の子供を見守るような優しさで、
親にとっては子供はいつまで経っても子供で、
子にとって親は、いつになっても安心して心を開放できる存在なのだと教えてもらいました。

●「自分の働いている場所に家族を呼ぶこと」

それはかねてからのあやなさんの夢だったこと。
妹さんとの中座、お父様と歩くこと、お母様に手をひかれること。
全てが夢のようで本当に幸せでした。と話してくれたあやなさん。

ゲストとして参加させていただいたわたしたちにとっても、それはそれは幸せな時間でした。
ふたりが沢山の人に愛され大切に想われている姿を見ること、
それがこんなにも心が温かく幸せになることなのだと、改めて教えてもらったように思います。

●残すことの価値

大切な人たちに、どんな風に見守っていただいてきたのか。
どんな風に愛していただいてきたのか。
披露宴やアフターパーティーの写真や映像を通じて、改めて感じたというおふたり。

私も同じように感じました。
家に帰ってからも、みんなから続々と送られてくる写真をずーっと見ていました。
今日までの色々な出来事を振り返ったりしながら。
結婚式が終わった後も続く幸せな時間。そんな力が結婚式にはあることを知りました。

●結婚式がくれるエネルギー

大切な人を自分と同じように大切に想っている人がいることを知り、
そんな愛情にあふれた時間を共に過ごし、大切な人や自分の家族への愛情が更に深まる時間。
色んな事を手放しにお祝いして、喜べる時間。
大切な人のことだけを想い、想いを馳せられる時間。
そんな時間を過ごすと、人は人に優しくなれたり、家族を大切にしようと思ったり、
人を想うことの尊さを改めて気づかせてもらったように思います。

樋口の結婚式の詳しい様子や、アフターパーティーの様子は、後日ブログでご紹介させていただきたいと思います。

こうやって大切な人が一堂に会することができることの奇跡とエネルギーを感じた時間。
これからも萬屋本店を選んでくださるお客様に向かって、
私達にできることを精いっぱい、心を尽くしてお届けしていきたいと思います。

 


◆【見学なしでも納得】自宅で館内ライブツアー体験WEB相談会◆

 

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

ARCHIVE
CATEGORY