フェア予約
  1. 鎌倉の結婚式場・和婚ウェディングは【萬屋本店】
  2. ブログ
  3. 【萬屋本店 結婚式レポート】お子様と一緒の大人婚

【萬屋本店 結婚式レポート】お子様と一緒の大人婚

2018.12.22 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。
今年もあと10日となり、寒さも厳しくなってきましたね。

さて、本日は11月4日にご結婚式を挙げられたおふたりの一日をご紹介いたします。

 

結婚式当日、披露宴後に新婦様がこう仰ってくださいました。

 

「ぜひ私たちの結婚式のことを紹介してほしい。

年齢的に結婚式をあきらめている人や、

こどもがいることで、結婚式を挙げないという選択をする人もいると思う。

でも、これだけたくさんの人にありがとうを伝えられて、

こんなに支えてもらってきたんだと実感できる機会は他にないと思う。

こんな経験をもっとたくさんの人にしてほしい。」

 

結婚式の後、お着替えを終えた控室の中で、いただいた言葉。

そんな「大人なお二人のお子様と一緒の結婚式」をご紹介させていただきます。

 

●結婚式

結婚式を挙げられた11月4日という日は、鶴岡八幡宮にお子様の初参りで訪れた日でした。

初参りからちょうど1年後に結婚式を挙げようと決め、ご準備を進めてこられました。

式場見学にいらしたのは、お子様がまだ一人では立つこともままならなかった1月のこと。

「これから、息子の成長とともに私たちをよろしくお願いいたします。」

そうおっしゃってくださったおふたりの笑顔が今でも忘れられません。

 

●結婚式のテーマ

そんなおふたりの結婚式のテーマは「愉しむ」

今まで何十回と結婚式に参列をしてきた中で、

いつも幸せな気持ちで、もちろん祝福をしてきたけれども

どこか新郎新婦様を遠く感じていたり、なんだか、楽しめずにいた。と打合せの中でお話しくださいました。

 

今まで様々なご経験を積み、沢山の大切な方々と出会い、多くのことを感じ、考えてこられる中で、

いざ、自分たちが結婚式を挙げようと考えた時に

「落ち着いた時間の中で、ゲストの皆様には気を遣わせず愉しんで過ごしてほしい」という想いから、

「愉しむ」をテーマに結婚式の準備を進めていきました。

 

●花嫁支度

おふたりが当日の装いとして選ばれたご衣裳はこちら。

挙式は真っ白な白無垢に身をつつみました。

既にご入籍をされ、お子様もいらっしゃるお二人でしたが、

結婚式という節目に、嫁ぐ覚悟を新たにされました。

 

おふたりのお子様も、おふたりと同じ和装姿で当日を迎えました。

ぐずってしまうことも無く、控室ではおもちゃで遊びながら、

準備の時間もとても和やかに愉しく過ごされました。

こんな風にお子様と一緒の写真が沢山残せることも、お子様と一緒の結婚式だから出来る魅力です。

 

●鶴岡八幡宮での結婚式

そしてお仕度が仕上がり、挙式会場である「鎌倉 鶴岡八幡宮」へ。

式が始まる前におふたりだけの2ショットでの写真も残しました。

綺麗な紅葉をバックに。

俥夫の先導姿も絵になります。

 

お子様がいらっしゃるおふたりですが、ふたりだけの時間も大切にしていきました。

お子様が大きくなった時、この写真を見返して夫婦としての幸せを感じれたことを一緒に喜んでほしい。

そして、子育てや家族の時間を過ごす中で、まずは夫婦としての時間を愉しみたい、という想いからでした。

 

●挨拶の儀

披露宴の前には、色打掛に身を包み、改めてお父様へ「挨拶の儀」を行いました。

お母様が亡くなってから、きちんと伝えることができないまま今日に至っていた新婦様。

心からの「ありがとう」と、「これから私たち家族をよろしくお願いします。」

そんな愛情溢れる時間でした。

 

●披露宴

披露宴中は常に笑顔がいっぱい。

自分の人生に関わってくださった皆様をお互いにご紹介することで、

これからよりつながりが深く、強くなるように絆を深めていきます。

おふたりがこだわった「愉しむ」という言葉。

「愉しむ」とは、自分自身の気持ちや想いから感じ生まれる楽しい状態のこと。

そして、自分の意識、気持ち、考え方次第でどうにでも変化できる。

「楽しむ」とは、 与えられたことに対して楽しく過ごすこと。

すでにあるものや設定された枠の中で楽しむ感覚。

テーマを決めるときに、どんな風に楽しんでいただけたら成功なのか?と、

お二人と考えたときにこんな話をしました。

 

●歓談中心の披露宴

自分たちが愉しさを生み出し、この時間をおもてなしとして皆様にご用意したい。

大人で様々な経験を重ねてきたおふたりだからこそ選択されたのは、

「歓談」の時間を大切にするということでした。

大切なご家族、ご友人の皆様とその時間を愉しむこと、

歓談の時間を大切に、お客様に愉しんでいただくことだけを考えて

過ごしてきたおふたりの結婚式。

 

ゲストと交わす会話、一緒に過ごす濃密な時間があったからこそ感じて下さった、

ブログの冒頭にご紹介をさせていただいた、

「これだけたくさんの人にありがとうを伝えられて、

こんなに支えてもらってきたんだと実感できる機会は他にないと思う。

こんな経験をもっとたくさんの人にしてほしい。」

このような実感を感じて頂けたのだと思います。

 

結婚式は、七五三や入学式、成人式のように日本人として、人生の中で当たり前に過ごしてほしい通過儀礼。

それをさまざまな理由で行わない選択をする方もいらっしゃる中で、

おふたりにこう言っていただけたことが、本当に嬉しかったです。

また、それ以上におふたりがその時間を愉しみ、人生の節目をご自分たちの手で作り上げられた、

そんな結婚式となりました。

これからも、人生の節目には萬屋本店に帰ってきて頂き、

ご家族の成長をご一緒に歩ませていただけたら幸せに思います。

 

「結婚式」には、様々なスタイル、形式、表現方法があります。

お客様お一人お一人の結婚式を挙げる意味や、背景に耳を傾け、

人生がより豊かになるための「結婚式」を、これから先も丁寧に心を込めてお手伝いしていきたいと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆