フェア予約

おふたりと作り手の想いが込められた引出物

2016.06.08 Category:

おはようございます。萬屋本店の金谷です。

先日の定休日、メンバー全員で、厚木の七沢にある
引出物ゆらぎの松本先生の工房にお邪魔してきました。

3920119C-508D-4F07-93C3-A12B144A0FB0

松本先生は、姉妹店の引出物で長い間お世話になっている、陶芸家の先生です。
ゆらぎの引出物は、ゲスト全員に贈る陶器が同じ窯で焼かれます。
同じ窯で創られた引出物を当日集まるゲスト全員に贈る、
そんな引出物は他になく、ご新郎ご新婦にもゲストにも大変好評です。

03768CAF-7761-44F8-B41E-50349C4A5F7F

また、一つ一つ手作りのため、
基本的には松本先生とのお打合せをして
おふたりが、結婚式にお招きするにあたり
そのゲストにどんな想いを込めているのかをお話した上で製作に入ります。
さらに松本先生は、その想いを文字にして
一つ一つの箱に手書きで書いてくださいます。

そんな、おふたりと作り手の想いが込められた贈り物は、
自然豊かで広大な敷地に広がる工房で創られます。

都内から1時間ほどの工房は
本当に気持ちの良い場所で、
また、メンバー全員でお邪魔したにも関わらず
素晴らしいおもてなしをしてくださいました。

萬屋本店デザイナーの水間も
ロクロまわしに初挑戦!
999639A6-7BEA-41C2-99D3-0D04B54ADCAD

工房見学の後は、松本先生のご準備で
たっぷりの野菜と地魚のバーベキュー。
そして前日バーベキューの準備まで一緒にしてくださった
松本先生が懇意にしている方が営んでいる温泉宿にてひと休憩。
ぜひ、皆様にも工房に訪れてお打合せをして
ゲストへの想いを込めた世界に一つだけの贈り物を創って頂ければと思います。

萬屋本店では、ゆらぎオリジナル商品の開発真っ最中です。
こちらもお楽しみに!

 


フェア

7月24日(日) 1部 9:00~ / 2部 12:00~
【限定開催】模擬挙式・披露宴体験&全館貸切ブライダルフェア
萬屋本店を全館貸切にしたビックフェア。
和装人前式の祝言(しゅうげん)の模擬挙式の他、全館を本番の披露宴さながらにコーディネート。
こだわり衣装の展示など、絶対おすすめしたいブライダルフェアです。


【完成間近】その時、その心情が呼び起こされるアルバム

2016.06.07 Category:

おはようございます。萬屋本店の鈴木です。

結婚式のプランニングをさせていただく中で、いつも考えていたことがあります。

どのようにしたら、その時感じたことをいつまでも残すことができるだろうか。

結婚式当日を残せるのが、映像やアルバムですが、
そのとき何を考え、何を感じたのか、
そんなことを残せたらいいなと考えていました。

 

そんな中、
サトミノワールさんから、
写真と文字を合わせた、いわゆる2人の1日の様子を雑誌のようにしてみてはどうか?

そんな商品を作りたいと思っていたんです。

と話がありました。

 

そんなアルバムができたら、その時のシーンに何を感じたのかを

言葉を残すことで、表現できることが変わる。

10年後、20年後、

あのとき、こんな風に感じてたよね。

本当に幸せな1日で、その人たちに囲まれてる私たちは幸せ。

生まれてくるお子さんに、お父さんお母さんはこうだったんだよ。

こんなことを伝えられるアルバムが作れると思いました。

 

これを萬屋本店では、

このアルバムにお2人のコンセプトを入れ、
結婚式を何のためにやろうと思ったのかと原点に返られるように。

挨拶の儀の想いを入れ、
両親へ普段言えなかったことはどんなことなのかを込める。

ご両親への手紙の内容を入れ、
感謝の想いを込める。

こんな想いがよみがえってくるアルバムを作りたい。

 

現在開発中で、そのアルバムの一部を公開させていただきます。

 

13555

ご新郎が、その日をどんな気持ちで迎えられたのか、
その様子を表現したいページ。

 

23553

挨拶の儀。
ご両親に伝えた言葉。
そこに、どんな想いが込められていたのかを綴る。
 

33554

挙式で、お父さんからの手紙を読んでもらったシーン。
そのお父さんからの手紙を、そのまま綴る。
いつでも父の愛を思い返せるように。
 

ほんの一部分ですが、紹介させていただきました。

7月の上旬には完成品をお見せできると思います。
スタッフ一押しのアルバムになると思います。
ぜひ、楽しみにしていてくださいね。

 


フェア

7月24日(日) 1部 9:00~ / 2部 12:00~
【限定開催】模擬挙式・披露宴体験&全館貸切ブライダルフェア
萬屋本店を全館貸切にしたビックフェア。
和装人前式の祝言(しゅうげん)の模擬挙式の他、全館を本番の披露宴さながらにコーディネート。
こだわり衣装の展示など、絶対おすすめしたいブライダルフェアです。


ドレスコーディネーターから、結婚式当日に行う衣装紹介

2016.06.03 Category:

こんにちは。

萬屋本店の樋口です。

5月のオープンより毎週、お手伝いのお時間をいただき、

たくさんのお客様の笑顔、幸せに触れ、本当に幸せな毎日を過ごしております。

さて、実はご披露宴のご準備に向けて、当日まで、お衣装のお手伝いをする

ドレスコーディネーターの存在をご存知でしょうか?

私たち萬屋本店でご紹介しているドレスショップは『Authentique』というショップです。

11

 

ご披露宴のご準備は、会場とお日にちが決まったあと、

まずはお衣装選びからスタートしていきます。

おふたりの想いを伺い、それであればどんな衣装が必要なのか。

プランナーとの会話の中で出てきた、おふたりの想いや、

親御様へ大切な時間を提供する事を一番に考え、

当日の衣装をドレスコーディネーターがご提案します。

 

親御様や、ゲストの皆様と近い距離で触れ合うからこそ、

本当に質がいい衣装に触れていただき、

ゲストの皆様やご家族様に、

その良さを感じて欲しいと思っています。

 

長い時間をかけてお衣装を一緒に選んでいきますが、

当日、そのお衣装を選ばれた背景や、想いがゲストの方々に伝わらなければ、

もしかすると、ただ、衣装を選んだだけと感じられるかもしれません。

 

私たちは、ご披露宴を迎える際に、まず、ドレスコーディネーターにその衣装を選ばれた背景、

その衣装に描かれている意味合いや、それがどれだけ価値がある衣装で、

おふたりの今日になぜふさわしいのかを伺い、司会者より紹介させてもらっています。

ご披露宴当日、その場にいる事ができないドレスコーディネーターの想いを

ゲストの皆様に伝えられたらと思います。

01_MG_10443140

 

 

例えば、先日の尾﨑シェフの結婚式

「かずよさんの瞳や声のトーンから、柔らかなレースが用いられたドレスが似合うと直感しました。

そして、尾崎シェフの専門がフレンチということもあり、

ドレスはフランスの女性デサイナーが作ったドレスブランドに決めました。

ドレスはスレンダーかつ柔らかい素材感が、かずよさんの雰囲気にぴったりだと思います。

かずよさんの優しさの中に、女性のしなやかさを感じましたので、

同じデザイナーが作った総レースのボレロをスタイリングしました。

アクセサリーには衣装をより引き立たせるものとして、その方の個性を感じられる

Debbie carlisleのガラスビーズのヘッドアクセサリーを選択。

絶妙なきらめきがドレスとの調和を与えてくれていました。

 

1291_DSC_07863337

 

ドレス紹介:

フランス パリ出身のドレスデザイナー。

「Bon Marche Rive Gauche」で、パリで美しい女性たちを最も魅了する賞にデザイナーとして選出。

はっきりとした高級感が伝わるクチュールであるものの、

どこか自由奔放なナチュラルさと神秘的な繊細さが特徴。

裁縫師だった母から美学的な感覚を学んだ彼女は、

フランスで有名な広告会社でセールスディレクターとしてキャリアを築いたあと、

自分の結婚式で実際に着たいドレスがないことで、

ドレスに目覚め、1993年に自分のアトリエをひらく。

 

「フィアンセを選ぶようにドレスを選んで。花嫁が心地よいと感じるものを…」

と花嫁にメッセージを贈ります。

彼女の信念は一生に一度の大切な日だからこそ、

細かい部分まで常に完璧に作り上げること。

だからこそ、使う生地も柔らかなチュールやレースにこだわり、

オートクチュールならではの計算し尽くされたラインや優美な装飾がとても美しいのです。

 

 

私達のブランディング撮影の際も一緒に立ち会い、

自分たちのコーディネートの日々の勉強を怠らない

本当に素敵なコーディネーターがたくさんいます。

ぜひ、お衣装見学の際には、コーディネーターとの時間も楽しんでくださいね。

 
 


フェア

7月24日(日) 1部 9:00~ / 2部 12:00~
【限定開催】模擬挙式・披露宴体験&全館貸切ブライダルフェア
萬屋本店を全館貸切にしたビックフェア。
和装人前式の祝言(しゅうげん)の模擬挙式の他、全館を本番の披露宴さながらにコーディネート。
こだわり衣装の展示など、絶対おすすめしたいブライダルフェアです。


萬屋本店の歴史が織りなす魅力

2016.06.01 Category:

萬屋本店の飯村です。

GWも過ぎあっという間に初夏の陽気になり由比ガ浜では海の家の建設が進んでいます。

所々、紫陽花も咲きはじめ、長谷の街はこれから大いに賑わっていきます。

そんな中、ゼクシィ夏号の別冊、「ザ・クラシック」に萬屋本店が掲載されました。

 

IMG_1086

その表紙には

「そこには、時代と歴史が積み重ねた他にはない価値がある。」

と記載されています。

時代の流れの中で深まっていく、その名前の重さや、

経年変化されることで、独特の色味や素材感を表していく建物、

そこに人はロマンを感じるのかもしれません。

 

萬屋本店もその一つ。

創業200年の歴史で終わらすことなく、

新たな200年のスタートをきりました。

萬屋本店の建物が完成した大正時代にさかのぼり、

ぜひ、大正ロマンの雰囲気を感じていただけたらと思い、

先方からの要望もあり、

今回このように掲載させていただきました。

無題

 

厚手のゼクシィ本誌を横に置き、

別冊をご覧になってみてください。

 


フェア
6月12日(日) 1部 9:00~ / 2部 12:00~
【限定開催】模擬挙式体験&全館貸切ブライダルフェア
萬屋本店を全館貸切にしたビックフェア。
和装人前式の祝言(しゅうげん)の模擬挙式の他、全館を本番の披露宴さながらにコーディネート。
こだわり衣装の展示など、絶対おすすめしたいブライダルフェアです。


ARCHIVE
CATEGORY