フェア予約

萬屋本店・ブランディング撮影を行いました

2019.11.19 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

 

本日は、先月行われたブランディング撮影の舞台裏についてご紹介したいと思います。

 

ご結婚式の準備と同じように、ブランディング撮影でもテーマを決め、

表現したいことのイメージを「写真」や「キーワード」で表現しながら香盤表を作成していきます。

 

通常の結婚式場は、この企画~ディレクションを、専門の会社に外注することが多いのですが、

萬屋本店ではこの企画から撮影のディレクション全てを自社スタッフ、自社で取り扱っている衣装やお花、ペーパーアイテムで行っています。

 

今回の撮影から、代表の宮腰から萬屋本店の水間と樋口にディレクションをバトンタッチしてもらい、

企画段階から進めさせていただきました。

 

今回の撮影の目的は、萬屋本店の結婚式の軸でもある「祝言」の魅力を表現することと、

大正14年に建てられた歴史的建造物での「大正ロマン」な世界観を表現すること。

この二点でした。

 

こんな風に香盤表を作り、イメージを固めていきます。

この香盤表は、何か月も前からどんな写真が撮りたいか?とイメージしながら、

作っては寝かせ、作っては寝かせ、何度も作り直していきます。

 

実際に萬屋本店で結婚式をしてくださったお客様の写真やコーディネートを参考にさせていただくことも多く、

実際の新郎新婦様のスタイリングから沢山の刺激を頂いて、今回の撮影も形になっていきました。

 

そして最終的に出来上がったのがこちらの写真たち。

↑縁側での写真。緊張感と、この日を迎えることができた幸せと。そんな気持ちを表現したら、まじめな顔よりこんな笑顔のシーンになりました。

 

↑筥迫の儀。実際の結婚式でも行われることが多い筥迫の儀。嫁ぐことへの想いを表現したく、一番カット数が多かった1枚です。お母さん役はレセプションスタッフのしのさんにお願いしました。

 

 ↑こちらはチームで作り上げるウェディングの一体感を表現したかった写真。前撮り撮影では実際にこのくらいの人数のスタッフが同行し、一緒に創り上げていきます。

 

↑こちらは実際のお客様の写真でとっても素敵だったメインテーブルでの写真を再現した一枚。メインテーブルとゲストの方との距離が近い萬屋本店だからこそ、リラックスした表情で会話を楽しむ新郎新婦様が多くいらっしゃいます。

 

↑こちらはインスタグラムで写真を探していて、NYで撮影されたウェディング写真が格好良く、それを萬屋本店で撮ったらどうなるか?と、試行錯誤した一枚です。新たな撮影スポットとなればうれしいです。

 

↑こちらは大正ロマンで上質な雰囲気を出したくてコーディネートした一枚。胡蝶蘭と季節の枝物を合わせました。

1月のデパートメントストアはこのコーディネートを皆様にお披露目したいと思います!

 

↑こちらはお昼ご飯をお願いしていた近くのカフェ、チャラマリでつまみ食いをするショーン。

ショーンが今の事務所でモデルを始めて、一番最初の仕事が萬屋本店の撮影でした。

 

初撮影当時の写真はこちら↓萬屋本店オープン前の2015年、まだ会場ができる前の撮影でした。

 

そしてこちらは先日の撮影の合間にチャラマリを訪れた時の宮腰との記念写真。

何年経っても同じメンバーで撮影に臨めることはとても貴重なことだと思います。

素敵なモデル二人とのご縁にも感謝です。

 

このようなブランディング撮影は、一日がかりで行われます。

朝5時~夕方の日が沈むころまで。

モデルの二人は体力勝負の中、プロのポージングでいつもしっかり決めてくれます。

 

これからご結婚式を挙げられる皆様の、写真撮影やスタイリング、会場コーディネートの参考にしていただければ嬉しく思います。

 

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【ドレスのスタイルにお悩みの方必見!】体系別お勧めドレスのご紹介

2019.10.30 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの野田でございます。

本日のブログでは、体系別お勧めドレスのご紹介をさせていただきます。

毎回のお打合せや先日開催したコーディネートフェアの中でも
ドレス選びに悩んでいらっしゃる新婦様とたくさんお話させていただきました。

同じ女性として、似合うドレスを着たい!というお気持ちや
コンプレックスをカバーしたいというお気持ち、非常によくわかります。
そんな皆様に向けて、体系別にお勧めのドレスをご紹介いたします。

 

①二の腕が気になる方

二の腕を隠すためにボレロを着るのもいいですが
ドレスのデザインで二の腕をカバーするのがお勧めです。

こちらのドレスは気になる二の腕を隠し、さらに女性らしさの象徴である
首元や、手首が美しく見え、上品な印象になります。

 

②身長が小さい方

ミモレ丈のドレスは身長が小さい方でも、バランスよくお召しいただけます。

こちらのドレスは切り替えのデザインが上の方にあるので
視点が上に向いて、スラっとして見えます。

 

③肩幅が広いことが気になる方

肩幅にコンプレックスがある方だと、肩を隠したい気持ちになるかもしれません。
実は、思いきって肩を出した方がすっきり見えるので、ビスチェタイプのドレスがお勧めです。
胸元がハートカットのデザインだと、より華奢に見えるのでお勧めです。

 

④背中をすっきりみせたい方

背中がVカットになっているデザインがお勧めでございます。
ストレートのラインよりも、よりすっきりと見えます。

 

⑥丸顔、お顔の大きさが気になる方

首回りが開いているとしているデザインのものや、Vネックのデザインがお勧めです。

 

⑦華奢すぎることが気になる方

最近多くいらっしゃるのが、ダイエットや日々の努力の結果もあるのですが、
華奢すぎて、女性らしい丸みがないことが気になる方もいらっしゃるかと思います。

コンプレックスの部分がカバーできるような
ロングスリーブのドレスや、鎖骨にレースのあるデザインがお勧めです。

どんな方でも必ずお似合いになるドレスが、必ず見つかります。
ご提案できることがまだまだございますので
何かお悩みのことがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【衣裳に迷える花嫁必見!】初開催 コーディネートフェアレポート

2019.09.28 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

本日のブログでは、先日9月23日に初開催されました
コーディネートフェアの様子を紹介させていただきます。

結婚式場が決まると、
一番初めにスタートするのがお衣裳合せです。
多くの新郎新婦様とお話させていただく中で
誰に相談していいのかわからず、正しい知識もない分、
分からないことが分からないのが、婚礼のお衣裳であるということ、
そういったことから、新郎新婦様にとって一番にお悩みが多く、
ご不安な部分でもあるのがお衣裳選びだと強く感じておりました。

そんなご新婦様が少しでも相談できる人や場所が増えたり
お衣裳合せを楽しみながら、運命の一着を見つけてほしい!という想いで、
これからお衣裳選びをスタートされるご新婦様に向けて
開催させていただいたフェアでございます。

●衣裳の意味合い講座
知っているようで意外と知らない、
それぞれの衣裳の意味合いを紹介させていただきました。
衣裳自体にも、ひとつひとつの柄行にも意味があることを知ることで
お選びいただく衣裳により想いが込められますので
まずはその意味を知っていただけたらと思い、紹介させていただきました。

●衣装の選び方~元花嫁の目線から~
7月に萬屋本店で結婚式を挙げた衣裳スタッフの
オーセンティックの佐間野が元花嫁のリアルな目線で、
どんな風に衣裳を選んだのか?
そこにどんな想いを込めたのか?をお話させていただきました。
リアルな元花嫁の意見をご参考にしてくださり、
皆様たくさんメモを取りながら聞いてくださいました。

衣裳スタッフ佐間野の結婚式レポートを
以前ブログに書かせていただきました。
詳しくはこちらをご覧ください

●試着体験
衣裳のイメージをカウンセリングをさせていただいた後いよいよ試着体験です。
カウンセリングをさせていただいたことをもとに
スタッフからのお勧め、ずっと着てみたかったお衣裳等を
いくつかピックアップし皆様一緒に試着体験をしていただきました。

意外にも新郎様が大盛り上がり。
「似合っているね!」「こっちの方がいい!」と一緒に楽しんでくださいました。

実際に参加してくださった皆様の感想では
「これだと思える衣裳に出逢うことができました」
「衣裳の意味をしっかり知ると、選び方も自然と変わってきますね」
「自分では絶対に選ばない衣裳が似合うとわかってよかった」
「たくさん相談に乗っていただけて安心しました」
「二人で一緒に楽しみながら衣裳を決められてよかった」
など、大変嬉しいご感想をいただきました。

新婦様にとって安心して相談できる人が
一人でも増えてほしい、そして運命の一着に出逢ってほしい、
そんな想いから開催したフェアでございましたので
ご参加くださった新郎新婦様からのご感想が
私たちも大変嬉しく思い、開催して本当に良かったと感じました。

来月以降も引き続き開催してまいります。
ご参加希望の新婦様は是非お気軽に
担当コンシェルジュまでお問合せくださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店オリジナル色打掛】新作のご紹介

2019.09.20 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店早野でございます。

本日は前回に続きまして、新作の萬屋本店の
オリジナル色打掛をご紹介させていただきます。

<オリジナル色打掛:雲取りに鶴>

今回このオリジナルの色打掛を作成してもらったのが、
京手描友禅着物の製造会社『富宏染工』
この会社の代表でもある藤井寛氏は
皇室に和服を献上している日本を代表する着物作家です。

藤井氏の特徴は、衣裳の考案から染めの仕上げまで
15 前後に分かれた京手描友禅の工程を全て統括する染匠です。

中でも作家藤井寛氏の作品は、優美で華やかなグラデーションと、
一貫した手仕事が京都の伝統を1枚の絵のような美しさで
現代に受け継いでいる他にはない唯一無二のお着物です。

今回、図案からオリジナルで作成をお願いしたため、
下絵から書き進めて頂き完成した作品は、
企画発案から打合せ~下絵~色染め~金彩加工~仕立てと、
約 8~9 ヶ月ほど完成に時間を要しました。

<図案・下絵>

富宏染工を象徴する「雲取り」の柄を主に、
羽ばたく姿が美しい鶴を配置したデザインで作ってもらいました。

<下絵を生地に描き起こしたもの>

雲取りの中には、菱やたてわくなど数種類の柄が施され、
全体の柄行が華やかな印象でご結婚式にはぴったりです。

白地に、昔ながらの朱赤・赤・抹茶色などが鮮やかに染め上がり、
裏地は対象的な落ち着いた色味にすることで
絶妙な色味のバランスを作り上げています。

京友禅は通常筆を使用するところ、
刷毛を使用して繊維の奥まで色を届けることができます。
そのため、発色の良い色合いが特徴となり、コクのある色が表現できます。

京友禅は、全行程が本来なら分業制で、
行程によっては外注を行うところが多い現代ですが、
藤井氏は自社の工房を構えており、全ての行程をおこなっています。
藤井氏は、伝統を守り伝えていきたいからという想いから、
全行程の職人に高度な技術を身に着けるよう指導しています。

一色ごとに挿して蒸しての繰り返しという通常の行程によって
起こる色の変化を避けるため、一度に塗り分けていくこだわりの作業で、
色が定着する前に他の色を挿していくため、高度な作業が必要となります。

職人が丹精込めた手仕事で、着物を単なる装い型としてだけでなく、
着物を愛するひとの心と技を感じていただきたい、
そして四季の移ろいに心動かす細やかさ、喜びや遊び心を
洒落で表現するしなやかさといった京都ならではの完成と美意識を
このオリジナルの色打掛をお召しいただくことで
萬屋本店の新婦様には実感していただけたらと思います。

まずはお衣装合わせの際のご試着から
お気軽にお尋ね、ご相談いただけたらと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【会場装飾】人生の軌跡をたどるヒストリーロード

2019.09.13 Category:

こんにちは。
萬屋本店の飯田でございます。

普段、ご結婚式のお打合せをさせていただく中で、ほとんどの皆様が
「今までの人生でお世話になった方々へ感謝の気持ちを伝えたい」
というお気持ちを話してくださいます。
感謝の伝え方は様々あると思いますが、
本日は、お客様よりご好評頂いた会場装飾「ヒストリーロード」のご紹介を致します。

親御様へ感謝の気持ちを伝えるために、ご結婚式を挙げたいと思われたお客様。
一番最初のお打合せをさせていただいた時に、
「今までの人生を振り返り、母に感動してもらいたいんです」とお話ししてくださいました。

 

そうしてご提案させていただいたのが、ヒストリーロードです。
土間~階段~お待合室と館内のスペースを贅沢に使い、
生まれてからこれまでの人生の軌跡をお写真とともにお花で装飾しました。

館内に足を踏み入れて、まずお飾りしたのは生まれてすぐのお写真。
「夢いっぱいに育ってほしい」と、沢山の願いを受けて育っていらっしゃったお二人を象徴し
カラフルな花瓶でお花をお飾りしました。

 

そして、土間の奥、階段の下には、小学生時代のお写真。

ご新婦様のお名前の由来に「菜の花のように素朴で可愛らしい子になってほしい」という願いがあり、
ご一緒にお飾りしたお花には、お名前にちなんだ可憐なお花を。

そして階段を上った踊り場にも思い出のお写真。

新郎新婦様の成長記録を辿り、お二階に上がると、、

おふたりがお付き合いされてからのお写真を。
ご旅行が趣味のお二人にちなんで、トランクでお飾りしました。

おふたりが婚姻届を書かれたのもご両家のお母様と共に、ここ萬屋本店でした。
その際に撮影した記念写真もこちらにお飾りしました。

 

ヒストリーロードは、ゲストの皆様にとっても
親御様へのお気持ちがどれだけ深いかを知るキッカケとなることと思います。

ゲストの皆様としては
「これだけたくさんの愛情を受けて今までの人生を歩んできたんだ」と知った上で挙式にご参列されると
おふたりがご結婚式に掛けたお気持ちもより知っていただけるのではないかと思います。

感謝の気持ちをヒストリーロードで伝えるご結婚式、いかがでしたでしょうか。
ご相談は萬屋本店コンシェルジュにお気軽にお申し付けください。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【衣装選びに悩む花嫁へ】9月23日初開催!コーディネートフェア

2019.09.10 Category:

こんにちは。萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

本日のブログではこれからお衣装選びを始められるご新婦様に向けて
今月9月23日(祝月)に初開催されます、
コーディネートフェアのご案内をさせていただきます。

結婚式場が決まると、まずは衣装選びが始まります。
実際のプランナーや会場装花などの具体的なお打合せがスタートするのは約4か月前。
せっかく準備期間がたっぷりあるので、お打合せがスタートする前のお時間も
もっともっと充実した時間になればと思い、企画したフェアでございます。

お衣装選びの中では、衣装をどうやって決めていったらいいのか?
結婚式の内容がまだ何も決まっていないけど、衣装から決めてもいいのか?
どんな衣装が似合うのか?など
少しずつお悩みやご希望も出てこられているかと思います。

お悩みを誰に相談したらいいかわからない。
そんなことをお考えの新婦様もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、新郎新婦様お二人で衣装見学に行かれる前に、
婚礼衣装についての知識や進め方、お勧めのコーディネートについて、
私たち萬屋本店プランナー、衣装コーディネーター、
お花を担当するフローリストが一堂に介し、
衣装選びのお手伝いをさせていただく場として、
コーディネートフェアを開催させていただくこととなりました。

●意外と知らない衣装の意味合い講座
それぞれの衣装にも意味があるのは皆様ご存じでしょうか?
白無垢と色打掛、振袖の違い、振袖と色打掛の合せをご紹介させていただきます。

●衣装の選び方
どんな観点で衣装を選んだらよいのか?などお悩みのご新婦様に、
結婚式で実現したい事、伝えたい事、進行の流れに合わせてアドバイスさせていただきます。

●試着体験、衣装と会場装花&ブーケのご相談

結婚式のイメージをカウンセリングさせていただき、
運命の一着をご一緒に考えさせていただきます。
プランナー、衣装コーディネーター、フローリストが
プロの目線も交えてアドバイスをさせていただき、
運命の一着を見つけられるよう、一緒に考えさせていただきます。

●先輩花嫁体験談&アドバイス
オーセンティック鎌倉店のコーディネーターであり、
今年の7月に萬屋本店で結婚式を挙げたばかりの佐間野が
先輩花嫁としての目線でお衣装選びのポイントをお伝えさせていただきます。

 

これからの衣装選びがより充実したお時間になりますよう、
心を込めてお手伝いさせていただきたく、企画したフェアでございます。
多くの新婦様にご参加いただけますと嬉しいです。

9月23日(祝月)まだ空席ございますます。
ご参加ご希望の方はコンシェルジュまでご連絡お待ちしております。

 

◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

萬屋本店公式インスタグラム ~モデル写真を使う理由~

2019.09.07 Category:

こんばんは、萬屋本店の樋口です。

結婚式のご準備中の皆様には、「どんな衣装にしようか」、「どんなブーケにしようか」など、
様々な情報集めのために、【インスタグラム】をお使いの方も多いと思います。

そんな中で、萬屋本店の公式インスタグラムでは、様々なモデル写真を使用しておりますが、
実は、結婚式当日の写真を使わないようにしています。

これには理由があります。

 

萬屋本店がオープンしたばかりの頃は、結婚式を挙げてくださった方の実例もなく、
写真もほぼ、ありませんでした。
結婚式の準備をしていく中で参考になるものもなく、
本当に手探りで結婚式のご準備を進めてくださったことと思います。

それから、3年が経ち、今では【#萬屋本店】で
本当にたくさんの結婚式当日の写真が見られるようになりました。

 

結婚式の準備をしていく中で、このインスタグラムを通して、お知り合いになられる新婦様同士も多く、
インスタグラムを通して知り合われた新婦様達が、一緒にレストランにいらしてくださることもあります。

情報が多く、たくさんの「好き」を集められる今だからこそ、
私たち萬屋本店の公式インスタグラムでは、モデル写真のみをアップさせていただき、
これから結婚式を挙げてくださる皆様にとって、撮影シーンや、一日の参考書のようなイメージでご覧いただけるように。

和装での結婚式をお考えの方には、会場を越えて着物と小物の相性や、ヘアメイクとの相性の参考になるように。

萬屋本店で叶う結婚式の参考に、ぜひ、萬屋本店のインスタグラムもご覧くださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【和装~白無垢・色打掛】新作のご紹介

2019.08.19 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの早野でございます。
本日は新作の和装のお衣装を2点ご紹介させていただきます。
萬屋本店オリジナル和装を是非ともご覧くださいませ。

 

●手刺繍 吉祥のしめ鳳凰

こちらの着物の技法は相良刺繍です。
相良刺繍とは、弥生時代からの刺繍の技法であり、
撚り糸を使用し、一針ずつ生地の表面で玉結びを作る。
糸の風合いが活きた立体感が出ることで、
上品な華やかさを演出してくれるのも特徴です。

粒の大きさを揃えて縫い上げることは、
熟練の高度な技術を要します。
日本の伝統的な衣装である着物の中では、
最高の技法と言われています。

正絹緞子地に、手刺繍で図案を表現した白無垢。
亀甲や七宝などの割付文様の入った熨斗目に、
松や梅、桜やもみじなどの四季折々の花を相良刺繍という
技法を用いて、一針一針手作業で縫い上げた逸品。
その上を優美に舞う伝説の瑞鳥
「鳳凰」がより一層吉祥性を高めています。

おススメのコーディネートは、
色使いはシンプルが一番のコーディネート。
落ち着いたシックな雰囲気なら、
アンティーク振袖の柔らかい色合いに、
白・金をベースにしたスタイリングがおすすめ。

また大正ロマンの雰囲気の色使いで遊ぶなら、
濃い赤とからし色の落ち着いたトーンでの
コーディネイトがおすすめの一着です。

 

●桶絞り 熨斗目飛翔鶴

こちらの着物は、赤地の総絞りの打掛です。
祝柄の象徴である熨斗目文様を桶絞りの技法で表現し、
さらに長寿不老の鳥とされている鶴が全体に刺繍されています。
鶴はつがいで一生飛ぶ鳥でもあり、夫婦円満の象徴でもあります。

また桶絞りの技法は、製作に一年以上もの月日を要する染色方法で、
時間も技術も要するため、最高級の婚礼衣装といえます。

桶絞りとは、安土桃山時代から続く、
絞り専用の桶を使用して色を染め分ける技法。
染める部分と染めない部分の境目に細かい運針を施し、
染めたい部分を桶の外に出し、染めたくない部分は桶の中に入れ、
しっかりと密封してから桶ごとに染色液に入れて染め上げる。

染め上げる色ごとに、同じ工程を繰り返していきます。
染色液に豪快に浸すので、ダイナミックな深い色合いが実現します。

このお着物のおススメコーディネートは、
白無垢の後の掛替で、アンティーク振袖に
濃い赤小物のコーディネイトも素敵な印象になります。

また絞りの柔らかい雰囲気にあわせ、
ベージュの引振袖と合わせると優しくフェミニンな印象に。
シックな雰囲気なら、黒の引振袖にからし色のコーディネイトで
コントラストのある色遊びもおすすめです。

以上、このような形で新作のお着物もご用意しております。
小物選びのコーディネートも含めて、ご自身の想いを形しませんか?
唯一無二の衣装を見つけて生涯の宝物としてご提案させていただきます。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【結婚式準備・ボディメイク編】先輩花嫁から等身大の声

2019.08.15 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

結婚式の中のご準備というと何を思い浮かべますか?
ご準備中の花嫁の皆様にとって
お衣裳選びは大切なご準備の一つかと思います。
お衣裳選びに合わせて、身体づくりに関して
お考えになる花嫁の皆様も多いのではないでしょうか?

先日私が担当させていただいたご新婦様から
お衣裳選びやボディメイクに関して
等身大のご感想を頂きましたのでご紹介させていただきます。

ドレス選びで私が最重要視したのは、
なるべく露出のないドレス でした。
そのため最初はボレロを着ることが絶対条件。

そんな中、デパートメントストアでボディメイクの久米さんに出会いました。
「背中周りと腕が気になります…
ボレロで隠したいのですが、もう少しスッキリしますか…??」

ボディメイクのトライアルで、久米さんにこう相談しました。
「半年あります、任せてください!」
その言葉とともに、ボディメイクに通いながら
自宅でできる背中周りのエクササイズをおしえていただきました。
さっそくその日からお風呂上がりに行うことに。

ドレスの試着もだんだんと進み
「このドレスかわいいけど、
ちょっと背中周りと腕が気になるからダメだなー…」
と、袖のあるドレスに決定。

友人や担当プランナーの野田さんに決定したドレスの写真をみせると
「デコルテを見せた方が絶対にいい!」
「肩周りを出した方がスッキリしてみえる!」
そうアドバイスをいただき、再度ドレス選びを実施。

試着をしていると、衣装担当の佐間野さんに
「すごい!背中周りがスッキリしてます!」
「痩せましたね!」
と思いがけない言葉が!

自分自身では気付いていませんでしたが、
ボディメイクに月2回、自宅でのエクササイズは続けていたので
「もしかして、その成果!?」と嬉しくなるとともに、
久米さんのボディメイクあっての成果だな、と実感しました。

ボディメイクのおかげで、
私が最終的に選んだドレスは背中をバッチリみせるビスチェタイプ。
ボレロも着ないと決断できました。
ボディメイクのおかげでステキなドレスと出会うことができたのです。

背中は手が届かない部分なので、自分でケアをするのはとても難しいです。
ボディメイクに通うようになってから、
毎回丁寧に背中周りをケアしていただきました。
その為、ずっと悩まされていた肩こりも段々と気にならなくなっていきました。

『ボディメイク』 まさにその名の通り、身体をつくる。
その大切さを実感するとともに、
せっかく萬屋さんで挙式をするのに
久米さんにボディメイクをしてもらわないなんて絶対にもったいない!

挙式が終わってもボディメイクに通い、
さらに進化した身体を手に入れたいと思っています。

 

ボディメイクに通われながら、
ご自宅でのトレーニングも楽しみながら頑張ってくださいました。
毎月お打合せでお会いする度にお痩せになられて
女性としてどんどんキラキラ輝いていく姿を近くで見ておりました。

一番初めのドレス選びの際は気になる部分を隠すための、消去法のドレス選びでした。
そこからボディメイクで変化が見られたことにより
本当にお召しになりたいドレスをお選びいただけて、私も嬉しかったのを覚えています。

大切なご結婚式に向けてのお衣裳選びや身体づくり。
是非担当コンシェルジュやボディメイク久米にお気軽にご相談くださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【結婚式・衣装選びのポイント】打合せが始まる迄のご準備編

2019.07.20 Category:

こんにちは。
萬屋本店の飯田でございます。
本日は、お衣装選びのポイントをご紹介させていただきます。

 

ポイント①
ご来店前にご自身の好みをリサーチ

お衣装合わせは、沢山のお衣装の中から運命の1着をご決定いただきます。
限られたお時間の中で納得のお衣装をお選びいただくためにおススメなのは、
ご自身で事前に好みのデザインをリサーチしておくこと。

萬屋本店インスタグラムには、
オーセンティック鎌倉店で取り揃えているお衣装がアップされております。
是非、インスタグラムから情報収集してみてはいかがでしょうか。

大正14年に建てられた歴史的建造物でもある萬屋本店は、木の温もり溢れる味わい深い雰囲気です。
このような式場は日本全国でも数少ないため、東京都内や横浜方面はもちろん、日本全国からご結婚式のお問合せを頂いております。
萬屋本店専用に日本全国や世界各国から取り揃えた選りすぐりの1点を、見つけていただければ嬉しいです。

【萬屋本店インスタグラムはこちらから】

 

ポイント②
親御様のお衣装をご両家でご相談

親御様のお衣装を決めるのは、
実はおふたりのお衣装を決めるのと同じくらい大切なことです。
親御様はゲストの皆様から注目を浴びる機会も多くありますので、
ご両家でお召しになるものを揃えられるのも大切なポイントの一つです。

オーセンティック鎌倉店には、
親御様のお衣装も和装洋装ともに取り揃えておりますので、
ご見学前にご両家でご相談されておくと、
お衣装合わせが有意義なお時間になります。

歴史的建造物での和婚に合わせて、ご両家お父様がお揃いで茶袴を、
お母様は留袖をお召しになられるのも非常に素敵です。
是非、ご検討くださいませ。

 

ポイント③
ブライダルフェアで会場の雰囲気と共にお衣装をチェック

半年に1回開催しておりますデパートメントストアは、
お衣装を会場内の雰囲気とともにチェックして頂ける絶好の機会です。

また、デパートメントストアは
新郎新婦のモデルによる模擬挙式や模擬披露宴のお時間もございます。

お庭から入場する時に陽の光が当たる瞬間や、
メインでの装花とのマッチングなど…

モデルが着用しているお衣装も、
ご自身が会場でお召しになった際のシュミレーションだと思って見てみてください。

 

様々な情報に触れ、イメージを膨らませることで、
「自分だったらこうしたい!」
「大切な友人に見守ってもらうなら、こんな姿を見てほしいな…」
そんな気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

是非そんなイメージを膨らませながら、
一生に一度限りのお衣装合わせを楽しんでいただけたらと思います。
何かお衣装のことでお困りのことがございましたら、
担当コンシェルジュまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月8日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

ARCHIVE
CATEGORY