フェア予約

【年内限定】前撮り・後撮りキャンペーン

2018.08.17 Category:

おはようございます。

萬屋本店の早野智子でございます。

 

萬屋本店ではご結婚式とは別日に

前撮り撮影や後撮り撮影をされる新郎新婦様が多くいらっしゃいます。

 

そういったご希望をいただくのは

皆様、共通の想いがあってのことだと日々実感します。

萬屋本店でご結婚式をされるお二人は

結婚式をイベントやショーのようなものではなく、

人生の中でも大切な節目と捉え、

『結婚式の1日で人生に関わった大切な皆様に

日頃の感謝を伝え、もてなしをしたい』

そんな風に思っていらっしゃるお二人が多くいらっしゃいます。

 

そんなゲストの皆様へのおもてなしの精神があるからこそ、

結婚式の日にお召しになるお衣裳を選ばれるポイントは

『親御様やおばあちゃんに喜ばれるお着物』

『皆様の元へご挨拶に行きやすいドレス』など、

ゲストお一人お一人のことをお考えになって

ご結婚式をご準備していきたいとお考えでいらっしゃいます。

 

だからこそ、前撮り撮影では、時間をたっぷり使って頂き、

自分たちの大好きなお衣裳、実は挑戦してみたいヘアメイク。

そしてお二人の大好きな思い出の場所…そんなモノたちに囲まれ、

お二人の世界観を表現して残していただきたいと思います。

そこで、より多くのお客様に前撮りの価値を体験していただきたく、

年内の期間限定で『衣装小物フリーキャンペーン』をご用意させて頂きました。

お好きな小物をどれだけ使っても、1着につき1万円でレンタルしていただけます。

通常1点1万円前後するアクセサリーや、3万円前後のヘア小物まで、

全て1万円の中でお好きなスタイリングを楽しんでいただけます。

 

挑戦してみたい憧れの海辺のイメージでのヘッドアクセサリー、イヤリング。

大正ロマンを連想するような式場の中でのモダンなカットなど

贅沢に思い出を沢山残していただけたらと思います。

結婚式当日とは違った自分に出会える。それが前撮りの醍醐味です。

自分のやりたいこと、心ときめくアイテムで、存分に遊んでみてください。

鎌倉で前撮り撮影をすること。

お二人にとっても思い出になり、

そしてその写真を何十年後にお二人のお子様が見て

そして鎌倉を訪れたときに

『あ、ここお父さんとお母さんが結婚した時に撮ってた場所だ』

『結婚したときのお父さんとお母さん、とっても素敵だった』

そんな風に家族にとって宝物になれば、私たちも嬉しく思います。

またご結婚式を終えたお二人へ後撮りも

萬屋本店では季節問わず行っています。

是非、思い出の場所でもう一度私たちと撮影をしませんか?

お問合せはお気軽に仰ってくださいませ。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【四季を感じる結婚式】 秋のコーディネート

2018.08.13 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

8月に入り、秋のご結婚式をご予定されている新郎新婦様のお打合せが

いよいよスタートして参りました。

 

四季がはっきりしている日本では古くから

季節の草花を飾ることで大切な人をもてなしていました。

結婚式でも、季節の花を飾ることは最大限のもてなしとされています。

メインのソファ―の周りには

色づきはじめた紅葉を活けさせていただき

壁に描かれた絵から浮き出したような立体的な空間を演出。

色づいている枝ものはドウダンツツジといい

「上品」という花言葉が込められています。

そして「感謝」の花言葉を持つダリアもお二人とゲストのテーブルに飾らせていただきました。

 

ただ季節の花を飾るのではなく

そこに込めるメッセージも、お打合せの中で一緒に考えていき

当日は司会から伝えていただく事で

特別なもてなしとしてゲストの皆様に伝わることと思います。

また、新婦様の衣装にも

会場のお色味とあった朱赤の振袖を白無垢の中に纏い

小物と合わせてコーディネート。

 

披露宴入場ではより華やかに、

そして新郎家の家の色に染まったという意味も込めて、振袖姿で入場。

会場の装飾と花嫁の衣装が全体の調和を引き立てます。

 

自然豊かな鎌倉での結婚式に参列されるゲストの皆様に

会場の中でも季節を感じていただき

そしてそこには、新郎新婦が心から伝えたいメッセージが込められている。

そんな贅沢はもてなしを

是非、一緒に考えて参りたいと思います。

 

お花のお打合せは結婚式の2か月前に行われます。、

これからご準備される皆様に少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【結婚式衣装・萬屋本店オススメのご案内】

2018.07.25 Category:

こんにちは、コンシェルジュの樋口です。
毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

これからの秋の季節のご披露宴に向けて、お衣装のご検討をいただいていらっしゃる方も多いかと思いますが
そんな皆様のご参考になればと思い、昨年の10月にご披露宴を挙げられた方をご紹介させていただきます。

家族のために式を挙げなければと思い、萬屋本店のフェアにいらしていただきました。
ご来館いただいてから7時間、悩みに悩み続けて、萬屋本店で結婚式を挙げる選択をしてくださいました。

もともと結婚式を挙げなくてもいいと思っていたおふたり。
最初は、どんなお衣装が着たいか、どんな時間を過ごしたいか、まったくイメージがありませんでした。
初回の衣装見学の際には、新婦様とお母様とおふたりで足を運ばれ、
お母様から「ウェディングドレス姿をとても楽しみにしている」と聞いた新婦様。
ウェディングドレスは考えていなかったのですが、
お母様にも喜んでほしい、結婚式は家族のために挙げようと思ったことから、
ドレスも着ることに。

何着もドレスの試着を重ね、萬屋本店のモデル写真にある色打掛を着比べたり、
白無垢や、振袖を着ましたが、想いの伝わる衣装にしたいとこの衣装たちになりました。

色打掛は新婦様の雰囲気に合わせた柔らかい色味に、様々なお花の刺繍が印象的な1着。

新婦様の胸元にあしらう5点小物。
そのすべてに「子の成長を見守り、一度つがいになると決して離れることのない」鶴が金糸で描かれたものを選ばれました。

そんな鶴があしらわれた筥迫をお母様より胸元に入れていただき、
「祝言」が始まっていきます。
子を見守る思いがこの小物からも伝わっていきます。

そして、披露宴の入場は色打掛を脱ぎ、友禅染の美しい引き振袖
皆様に近い距離感で、感謝の気持ちを直接伝えていきたい。
そんな思いから、軽やかな印象の振袖に。

帯飾りはシンプルに、見る角度によって色味の見え方が変わりとても素敵でした。

ドレスはレースのバックスタイルがとても印象的な1着に。

黒のスーツを着てこられる方が多い披露宴。
ご列席者様との差を見せるために新郎様はネイビーのタキシードにしました。

何度試着しても、このドレスを越えるものはなかった本当にお気に入りの1着。

皆様もご自分の人生の中で、いくつになってもお子様にも、孫にも自慢できるような、
そんなお気に入りの1着を見つけてください。
色打掛と振袖の合わせ方、柄行の意味合い。
全てに意味があります。

迷った際は、担当コンシェルジュや、衣装店オーセンティックのスタッフにぜひご相談くださいね。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~結婚式準備編~

2018.06.17 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

先日、弊社プランナー阿部の結婚式が萬屋本店で行われました!

Daiyu10周年目の今年、初めてのスタッフの結婚式に、スタッフ全員が浮足立っていたのは言うまでもありません(笑)

本当に多くの方に支えていただき、お気持ちをいただき、沢山の方に愛されていることを感じる幸せな幸せな結婚式に参列させていただきました。

結婚式当日の様子は、写真データが届いたら詳しくブログに書かせていただきます。

 

本日は、結婚式を決めたところから、準備期間中の様子についてご紹介させていただきます。

身内ながら、可愛い後輩の結婚式を担当させてもらったことで、私自身とても幸せな時間を過ごさせていただきました。

結婚式は、挙げる新郎新婦だけでなく、その周りにいる人たちを幸せにしてくれるのだと、改めて感じることが出来ました。

 

■はじまり

昨年の秋、阿部ちゃんから電話をもらい、「結婚式をしたい」と相談を受けました。

二葉楼、鎌倉ウェディング、萬屋本店と、Daiyu歴代の会場のプランナーを歴任してきた阿部ちゃんから、

萬屋本店での結婚式の希望をもらった時は、嬉しくて涙が出ました。

 

萬屋が立ち上がって間もない頃、まだまだスタッフも少なく毎日精一杯の中で仕事をしていた時期に、救世主としてヘルプに来てくれたのが、阿部ちゃんでした。

プロデュースとは勝手が違う自社会場で、苦労しながらも、本当に多くのお客様に愛していただいた人気プランナーでした。

 

■初めての打合せ

花婿はカメラマンのたくちゃん。

萬屋本店の立上げから一緒にやってきた大切な仲間です。

彼なら、阿部ちゃんを幸せにしてくれるだろうなぁと、とっても安心しています。

なぜなら、阿部ちゃんのことが大好きだから。そして、大変な時期を共に乗り越えてきてくれたから。

いい時だけじゃなく、苦しい時も共に乗り越え歩んできた二人は、とっても固いきずなで結ばれ、支え合っているカップルです。

阿部ちゃんファンの皆様、どうかご安心くださいね。

 

打合せ中、阿部ちゃんは、とにかくよく泣きました。

嬉しいこと、幸せなこと、愛情いっぱいのたくちゃんの言葉、

その一つ一つに涙を流す彼女。

打合せの度に、ほぼ毎回、泣いていたんじゃないかな。

大好きなお花屋さんとの打合せでも、2時間半泣きっぱなし。

大好きなコーラルの芍薬ブーケをサプライズでいただいたのも、良き思い出です。

 

結婚式で二人がやりたいことはただ一つ。

「こんな自分たちの結婚を自分のことのように喜んでくれた皆様に感謝の気持ちを精一杯伝えたい」想いは一つでした。

 

ウェディングプランナーの結婚式というと、それはそれは盛大に、今までの仕事人生の集大成としてすごいことをやるんじゃないか?と思われるかもしれませんが、意外とシンプルに身内だけで済ませるプランナーが多いのも実情です。

 

そんな中で、阿部ちゃんとタクちゃんの結婚式は、2部制で行うことが決まりました。

1部はご親族とご友人、職場の上司の皆様と。2部はお仕事関係者で賑やかに。

二人の結婚式準備が始まりました。

 

■衣装合わせ

「衣装は何着たい?」と聞くと、「なんでもいいです。けっちさんにお任せ!」と言葉が返ってきました。

これがリアルな花嫁さんの心境なんだろうなぁと感じました。

だからこそ、花嫁を良く知る人が、一緒に衣装合わせに付いていってあげることが大切なのかもしれません。

衣装の担当は、オーセンティックの店長の佐間野ちゃん。

萬屋本店の立上げから一緒にやってきた仲で、阿部ちゃんのことを良く知る人。

 

そして、白無垢の試着。

相良刺繍の上品な白無垢に決めました。

阿部ちゃんの凛とした強さ、そして純真無垢な彼女そのものを表現したいと思い、掛下も真っ白で統一。

髪型は綿帽子よりも角隠しだね。と、この時話して決めました。

 

2着目は色打掛へのお色直し。

着物が入っている引き出しを開けた瞬間「わぁ~!」と声を上げ、

二人で一目ぼれした色打掛。

全身に相良刺繍が施され、色とりどりに様々な模様が刺繍されています。

沢山の方に愛される彼女のイメージにぴったりで、一目惚れで決めました。

のちのち、この衣装と阿部ちゃんの人柄からイメージして会場装花が決まっていきます。

 

そして3着目のお色直しはウェディングドレス。

芯が強く、しっかりしている一面と、

天真爛漫で無垢な少女のような一面を持つ阿部ちゃんにぴったりで、

試着して一番似合っていたこちらのドレスに決定。

ジャストサイズが入らなかったので、ここから怒涛のダイエット生活がスタートしました(笑)

 

そして2部の披露宴で着たのは、阿部ちゃんをモデルに作製した萬屋本店のオリジナルドレス。

何層にも重ねられたチュールと、足元が見えるデザインが軽やかで、夏の結婚式にもよく合います。

 

■メイクリハーサル

ヘアメイクは立ち上げからお世話になってきたメイクマリエの丸ちゃんと冬さんにお願いしました。

リハーサルには、阿部のバディでもあるウェディングアシスタントのみわさんがお弁当を持って駆けつけてくれました。

リハーサル中も阿部ちゃんを撮り続けるたくちゃん。

 

地毛日本髪もこのくらいの髪の長さでも結えちゃうそうです!

やっぱりメイクマリエさんの日本髪の技術はすごい!

綿帽子もいいけど、やっぱり角隠しが似合う阿部ちゃん。嬉しそう。

結婚式準備の一瞬一瞬も、こうして写真に収めておくと、良き思い出になるのだと思います。

 

そしてメイクリハーサルが終わり、そのまま撮影へ。

いつもは撮る側の二人、中々上手に楽しそうに撮られていましたね。

こうして、沢山の方に支えられ、準備は進んでいきました。

 

結婚式準備は、本当に多くの人が関り、進んでいくものです。

仕事と両立しながらの準備ですと、思うように進まないこともあると思いますが、

そんな時こそ、担当のプランナーに頼っていただきたい、そう思います。

皆様の結婚式準備が、楽しく幸せな時間でありますように、

スタッフ一人一人が『親友の結婚式を担当する』この気持ちを持ってお手伝いしていきたいと思います。

 

そんな想いを更に強く感じさせてくれた阿部ちゃんとたくちゃんの結婚式でした。

結婚式当日の様子は、また後日ご紹介させていただきます。

(挙式編はコチラをご覧ください)

(披露宴編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式実例レポート◆

【萬屋本店 ウェディングブーケのご紹介】

2018.05.05 Category:

こんにちは、コンシェルジュの樋口です。

本日は、花嫁姿には欠かせないアイテムの
「ウェディングブーケ」についてご紹介させていただきます。

和装の花嫁様には、ボール状の鞠ブーケが人気です。

こちらは赤の絞りの引き振袖に、濃いオレンジの菊の鞠ブーケ。

お着物の比翼に合わせた濃いオレンジと菊の色味を合わせています。
和装のブーケは、お着物の柄や季節と合わせてコーディネートさせていただきます。

こちらのブーケは様々なお花を束ねたクラッチタイプのブーケです。

お着物のやわらかい色味に合わせ、洋菊をあしらったブーケは、小物でのコーディネートが楽しい
振袖姿にオススメです。
一年を通してお勧めの白×グリーンを基調としたコーディネートです。

続いて、ウェディングドレスにお勧めブーケ

 

「ブルーファンタジア」という小花を束ねたシンプルなブーケ。

ブルーファンタジアの花言葉は「永遠」
主張せず確かに存在する「永遠」という時間は、決して派手ではないのに目を引く、
ブルーファンタジアの佇まいによく似ています。
そんな所から由来した花言葉。

結婚式という人生の通過儀礼、当たり前に過ごしていきたい毎日の中で
人生を変えるくらいの輝きを静かに放つこのブルーファンタジアはとても人気です。

こちらもこれからの季節に人気の組み合わせ。
紫とグリーンでシンプルにまとめナチュラルな存在感が可愛いブーケです。
大人っぽく洗練されたコーディネートにもシンプルであるからこそお勧めです。

ブーケは季節や、衣装の色、結婚式のテーマや、花言葉等。
ブーケひとつをとっても、様々な要素から検討を重ね、お打合せをして決めていきます。

衣装、会場コーディネート、ヘアメイク、ブーケ、ヘアード。
その全てが調和して、花嫁様は美しく輝きます。

最後に、ブーケ選びのポイントをお伝えします。
ブーケはやっぱり生花が綺麗です!

手作りや造花を検討される方もいらっしゃいますが、
ここは、絶対に!会場専属のフローリストに依頼して、
全体のバランスを加味して最高の提案をしてもらうことをお勧め致します。

特にお持込や手作りのブーケは、
トータルコーディネートと調和せず、そこだけ浮いてしまうことや、
鮮度が落ちてしまっていて、本番前にお花が萎れてしまい、
花弁が散ってしまうということもあります。

ご家族やご友人がご厚意で作ってくださることが多いアイテムでもあるので、
お断りするのが難しいというご相談をされることもありますが、
そういった場合は前撮り撮影で使用したり、ウェルカムグッズとして受付に飾ったり、
披露目の方法はたくさんございますので、一度プランナーにご相談くださいませ。

結婚式で使用するアイテムの一つ一つ。
その全てが調和してこそ、美しい結婚式が生まれます。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●8月19日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店 おすすめの洋装スタイリング】

2018.03.21 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

本日、季節外れの大雪に見舞われた鎌倉。

雪の中でも、幸せなご結婚式のお手伝いをさせていただきました。

雪が舞うお庭からの入場シーンは、ため息が出るほど美しい入場シーンでした。

 

季節や結婚式のイメージに合わせて、花嫁様がお召しになる衣装は様々です。

 

本日は、萬屋本店でお勧めしている、

洋装スタイリングについてご紹介させていただきます。

(和装のスタイリングについてはこちらのブログ記事をご覧ください)

 

■挙式にお勧め《王道×上品コーディネート》

グレースケリーをイメージした、繊細なレースが美しいこちらのドレス。

トレーンが長いこちらのドレスには、

切りっぱなしの軽やかさがあるベールがお勧め。

ブーケも白で統一し、王道で上品な装いで。


■披露宴にお勧め《大人の引き算コーディネート》

こちらはヒップラインで切り替えの入った大人っぽいドレス。

アクセサリーはイヤリングのみにして、存在感あるビッグブーケと合わせるコーディテートがお勧め。


■お色直しにお勧め《オリジナルドレス×シューズコサージュ》

こちらは萬屋本店専用に作られた、オリジナルドレス。

軽やかなチュールを何層にも重ねたドレスの足元は、女性の華奢な足首が際立つカッティングが施されています。

そんな足元を彩るシューズには、世界で一つだけのコサージュを。

フローリストが会場装花に合わせてデザインします。


■お色直し&アフターパーティーにお勧め《ミモレ丈ドレス×とっておきの靴》

披露宴の中でゲスト紹介を予定されていたり、アフターパーティーをご検討の方には、

ミモレ丈(ふくらはぎ丈)のドレスがお勧め。

足元を気にせず歩ける機能性と、スタイリッシュな雰囲気で、従来のウェディングドレスのイメージに差を付けます。

足元が見えるので、レンタルシューズではないとっておきの靴をご用意ください。

萬屋本店の先輩花嫁の皆様の中では、

・JIMMY CHOO

・MANOLO BLAHNIK

・PRADA

等が人気です。

結婚式後も使える、大人の足元を彩るとっておきの靴を、是非見つけてみてください。


■季節のコーディネート《夏仕様のハット×花柄ドレス》

初夏~夏のご結婚式や、前撮り用のドレスとしてお勧めなのが、こちらのコーディネート。

ドレス表面のチュールに花柄のプリントが施され、軽やかさと遊び心感じるデザイン。

特に夏の季節に人気のドレスです。

また、白いハットを合わせて、季節感溢れるコーディネートが完成します。


■季節のコーディネート《ウェディングドレス×ファー》

秋~冬の結婚式にお勧めなのは、ファーを使ったコーディネート。

こちらあ提携衣装店のオーセンティック鎌倉にてレンタルアイテムとしてご案内をさせていただいております。

上質なファーを身に纏い、寒くてもスタイリッシュにウェディングドレスを楽しめます。

 

以上、洋装スタイリングのご紹介でした。

ご結婚式の季節や、ご自身のイメージ、なりたい姿に合わせて、

スタイリングのお手伝いを承っております。

オーセンティックのコーディネーター、萬屋本店デザイナーの樋口、水間までご相談くださいませ。

 

ご結婚式を挙げる全ての花嫁様にとって、ワクワクと心躍るコーディネートを、

ご一緒にお手伝いさせていただきます。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店専属衣裳店】『オーセンティック』のご紹介

2018.03.07 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

 

最近お客様からご相談をいただくことが増えた、

衣装のスタイリングについてご紹介させていただきます。

 

私たち萬屋本店では、専属衣装店であります「オーセンティック鎌倉」を、

お客様にご紹介させていただいております。

萬屋本店のグランドオープンに合わせて鎌倉に衣装店を出店してくれた、

私たちにとってかけがえのないパートナー。

萬屋本店のオープン前から、衣装の買い付けに同行させていただいたり、

スタイリングを考えたり、一緒にお店を作らせていたただきました。

 

結婚式場の予約をしたら、まず初めに準備をするのが衣装の打合せです。

結婚式当日ずっと身に纏う衣装は、心からときめく一着であってほしい。そう願ってご用意をしました。

 

本日は、萬屋本店でお薦めさせていただいている和装のスタイリングについてご紹介させていただきます。

(ドレスについては後日ごしょうかいさせていただきます)

 

萬屋本店では、結婚式を挙げられる新郎新婦様のほとんどが「祝言」という

日本の伝統的な結婚式のスタイルをお選びになります。

(「祝言」についてはコチラをご覧ください)

ですので、挙式はお着物が定番。

着物と言っても種類は沢山あります。

どんなスタイルが自分に相応しいか、是非色々と想像してみてください。

 

【挙式スタイリング】

■白無垢+日本髪+綿帽子

真っ白な白無垢は純粋無垢、嫁ぐ覚悟、嫁ぎ先の色に染まります。

という覚悟を表していると言われています。

新郎様は黒の紋付きを選ばれる方が圧倒的に多いです。

色紋付きもご用意はございますが、結婚式という人生の門出に相応しい、

黒の紋付きをお薦めしております。

 

 

■引き振袖+日本髪+角隠し

もし、日本髪を結える髪の長さでしたら、

是非お勧めしたいのが地毛日本髪スタイル。

凛とした強さ、嫁ぐ覚悟を感じる日本髪。

一生に一度の節目に相応しい、花嫁にのみ許されたヘアスタイルです。

 

また、引き振袖は武家の花嫁の正装とされていた衣装。

掛下と呼ばれる真っ白な振袖の上に羽織る白無垢や色打掛と違い、

細身のシルエットになるので、身長の高い方や、凛とした雰囲気がご希望の花嫁様にお薦めです。

 

また、この写真の引き振袖は、総絞りと呼ばれるもの。

日本で3人しか作り手がいないと言われる伝統技法を継承した職人が、

一つ一つの絞りを手仕事で染め上げた一点物。

この着物を作るのに、1年以上の月日がかかると言います。

 

こちらは萬屋本店で一番人気のお着物で、

お色違いで紫と赤も作っていただきました。

是非試着だけでもしていただきたい衣装になります。

 

【披露宴時のスタイリング】

■色打掛+洋髪

祝言の後の披露宴では、

挙式で夫婦となった証に白無垢から色打掛に掛け替えるのが、

日本古来の風習だったと言われています。

先ほどの白無垢の説明にあった、「嫁ぎ先の色に染まります」という言葉の通り、

艶やかな刺繍や、染めに彩られた色打掛に掛け替えます。

 

写真の色打掛は、萬屋本店で人気の色打掛。

総絵羽(そうえば)と呼ばれる作りで、反物である生地を4枚繋げて縫い合わせるお着物ですが、

着物を広げたときにその反物のつなぎ目の絵柄が全て繋がるように作られるのが総絵羽。

広げて見たときには、まるで一枚の絵画のように、豪華絢爛な世界が広がります。

着物の刺繍にはひとつひとつ意味があり、そんなお話を聞いて頂く事も、

着物の背景や意味合いを知れておもしろいのでお勧めです。

 

■タキシード×引き振袖と色打掛の重ね着

こちらは、大正ロマン漂うスタイリングで人気の組み合わせ。

挙式でお召しになった引き振袖の上に、色打掛を重ね着するスタイリングに、

新郎様のみ先にお召し替えをされ、タキシードと合わせます。

大正14年に建てられた萬屋本店の大正ロマンな雰囲気との相性が抜群で、

人気の組み合わせです。

 

引き振袖と色打掛の組み合わせ次第で、印象ががらりと変わるので、

このスタイリングをしたいけれど、何を合わせたらいいかわからない!

という萬屋本店の花嫁様がいらっしゃいましたら、

萬屋本店デザイナーの樋口か、水間にご相談ください。

スタイリングのご提案もさせていただきます。

 

また、毎月のブライダルフェアでは人気衣装の展示もご用意しておりますので、

式場をご検討中のカップル様で、衣装のスタイリングを重視される花嫁様は、

是非3月25日の月一限定フェアにご参加ください。

先輩カップルのお二人がモデルを務めてくださいますので、

スタイリングも間近でご覧いただける他、会場のトータルコーディネートや、

婚礼料理の無料試食もご用意しております。

皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆