フェア予約

【ご参列者様必見!】日本家屋で叶う結婚式

2020.03.23 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

今回は、ご結婚式にご参列される方の
お衣装選びのアドバイスになればと思い、
事例と共にご列席者様のお衣裳についてご紹介させていただきます。

ご結婚式のご準備を進めていかれるにあたり、
ご両家の親御様やご列席くださるご親族やご友人の方より
当日お召しになられるお衣裳のお問い合わせを頂くことがあると、
多くのお客様よりお話をお伺いいたします。

萬屋本店では、「オーセンティック鎌倉」という衣裳店を
ご紹介させていただいております。
オーセンティック鎌倉は、萬屋本店専属のセレクトショップなので、
全国各地に買い付けに行った選りすぐりのお着物や、
海外の有名デザイナーさんが手がけたドレスなど、
会場の雰囲気に合うもののみ、自信をもって取り揃えております。
そして、オーセンティック鎌倉では新郎新婦様のお衣裳だけではなく、
ご列席者様レンタルのご対応をさせていただいております。

ご結婚式は、ご両家様にとって大切な結びの一日となります。
ご両家の親御様も新郎新婦様と同様に、
ゲストの皆様をお招きになられる立場でいらっしゃいます。
だからこそ、ご結婚式の際には、
新郎新婦様と「同じ格」の正礼装をお召し頂いております。

親御様の正礼装とされているお衣裳は、
お父様ですと「モーニングコート」や「茶袴」、
お母様ですと「留袖」が一般的でございます。

●モーニングコート
日中の式典でお召しいただくお衣裳の中でも、
最も格式の高い「正礼装」と呼ばれる装いのことです。
モーニングコートの上着の色は、黒色。グレーのベスト、
縦縞のスラックスズボンを合わせて着用するのが、基本のスタイルです。

萬屋本店は、挙式のスタイルや会場の雰囲気から、
和装をお召しになられる新郎新婦様がほとんどでいらっしゃいます。
それに合わせてご両家の親御様の多くの方々が、
「茶袴」や「黒留袖」をお召しになられております。

●茶袴
新郎様と同じ正礼装であるのですが、
袴の縞の部分が茶色になっているものを指し、
新郎様より少し地味な印象を持つものでございます。

●黒留袖
お母様がお召しになれるおめでたい席にふさわしい、
五つ紋付きのお着物でございます。
裾には必ず模様が入っております為、
お母様の好みに応じて、柄を選んでいただいております。

●訪問着やお振袖
ゲストの皆様にも着物をお召し頂きたいというお二人の想いがあり、
普段は和装をお召しになられない方も、
萬屋本店の会場の雰囲気にあわせて、
着物をお召しになられる方も多くいらっしゃいます。

こちらのお客様は、ご両家のご親族様と
親しい友人をご招待して、大切な節目を迎えたお二人。
両親の今までの感謝と、両家の絆を深めたいということから、
近い距離感を感じられるような着物で揃えられました。

ご結婚式当日は、着付け師さんによる着物の「お着付け」や、
ヘアメイクアップアーティストの「メイク」、「ヘアアレンジ」なども
事前に承らせていただき、ご案内をさせていただいておりますので、
ご安心してご来館いただけます。

日本家屋の古民家だからこそ叶えることができるご結婚式。
ゲストの皆様にも楽しんでいただけるようなおもてなしを、
私たちも精一杯お届けいたします。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●4月12日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店オリジナル和装 第二弾】雲取りに花輪

2020.03.21 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店の砂川でございます。

先月萬屋本店ブログにてご紹介させていただきました
<オリジナル色打掛第一弾:雲取りに鶴>は
皇室に和服を献上している日本を代表する
着物作家の藤井寛氏に手掛けていただきました。

下絵から書き進めて頂き完成した作品の工程の様子は
以前もご紹介いたしましたこちらのブログをご覧くださいませ。
●【萬屋本店オリジナル和装】雲取りに鶴●

今回はその藤井寛氏に、第二弾と称して改めて
図案から製作いただいた完全オリジナルの色打掛をご紹介させていただきます。

【萬屋本店オリジナル和装 第二弾】雲取りに花輪

第二弾の雲取りの花輪は、ハレの日を引き立たせるためのおめでたい柄で、
より花嫁姿を晴れやかに見せれるように意識して作られました。

花嫁衣裳として華やかな印象を強調し、地の白に赤や朱など鮮やかな色を雲取りに配置。
また、雲取りの中に立涌や波、鶴などのおめでたい柄を金彩として施し、
花嫁衣裳としてのふさわしい晴れやかさをシンプルに表現されています。

そして、四季の花(松・菊・梅・桜)を散りばめ、
メリハリをつけるために紫や水色などをアクセントにされています。
四季の花の意味合いは以下の通りでございます。

●松…日本に古くから伝わるおめでたいものとされていて、
大地に張った根から旺盛な活力を吸い上げ、家の隆盛繁栄を願います。

●菊…天皇家を象徴とする紋章として定められている菊は、桜と同様日本の国花です。
また、菊を飾ると福が訪れるとされております。

●梅…寒さを耐え忍び春一番に美しい花を咲かせる花です
忍耐、美しい、常に笑顔を絶やさないという意味がございます。

●桜…日本人に愛されている桜。桜の文様は五穀豊穣を表した吉祥文様です。
吉祥文様がえがかれている着物は、嫁いだ先でも沢山の幸せを願う愛情が込められています。

お花や小物とのコーディネートも合わせて、
この「雲取りに花輪」を是非一度お試しいただければと思います。
職人が丹精込めた着物は愛するひとの心と技、作り手の想いがつまっています。
一生に一度の晴れの日のおもてなしの花嫁衣裳、是非こだわって選んでいただきたいと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●4月12日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店オリジナル和装】雲取りに鶴

2020.02.28 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店早野でございます。

本日は以前にもご紹介させていただきました萬屋本店の
オリジナル色打掛をご紹介させていただきます。

<オリジナル色打掛:雲取りに鶴>

今回このオリジナルの色打掛を作成してもらったのが、
京手描友禅着物の製造会社『富宏染工』。
この会社の代表でもある藤井寛氏は
皇室に和服を献上している日本を代表する着物作家です。

藤井氏の特徴は、衣裳の考案から染めの仕上げまで
15 前後に分かれた京手描友禅の工程を全て統括する染匠です。

中でも作家藤井寛氏の作品は、優美で華やかなグラデーションと、
一貫した手仕事が京都の伝統を1枚の絵のような美しさで
現代に受け継いでいる他にはない唯一無二のお着物です。

今回、図案からオリジナルで作成をお願いしたため、
下絵から書き進めて頂き完成した作品は、
企画発案から打合せ~下絵~色染め~金彩加工~仕立てと、
約 8~9 ヶ月ほど完成に時間を要しました。

<図案・下絵>

富宏染工を象徴する「雲取り」の柄を主に、
羽ばたく姿が美しい鶴を配置したデザインで作ってもらいました。

<下絵を生地に描き起こしたもの>

雲取りの中には、菱やたてわくなど数種類の柄が施され、
全体の柄行が華やかな印象でご結婚式にはぴったりです。

 

白地に、昔ながらの朱赤・赤・抹茶色などが鮮やかに染め上がり、
裏地は対象的な落ち着いた色味にすることで
絶妙な色味のバランスを作り上げています。

京友禅は通常筆を使用するところ、
刷毛を使用して繊維の奥まで色を届けることができます。
そのため、発色の良い色合いが特徴となり、コクのある色が表現できます。

京友禅は、全行程が本来なら分業制で、
行程によっては外注を行うところが多い現代ですが、
藤井氏は自社の工房を構えており、全ての行程をおこなっています。
藤井氏は、伝統を守り伝えていきたいからという想いから、
全行程の職人に高度な技術を身に着けるよう指導しています。

一色ごとに挿して蒸しての繰り返しという通常の行程によって
起こる色の変化を避けるため、一度に塗り分けていくこだわりの作業で、
色が定着する前に他の色を挿していくため、高度な作業が必要となります。

職人が丹精込めた手仕事で、着物を単なる装い型としてだけでなく、
着物を愛するひとの心と技を感じていただきたい、
そして四季の移ろいに心動かす細やかさ、喜びや遊び心を
洒落で表現するしなやかさといった京都ならではの完成と美意識を
このオリジナルの色打掛をお召しいただくことで
萬屋本店の新婦様には実感していただけたらと思います。

まずはお衣装合わせの際のご試着から
お気軽にお尋ね、ご相談いただけたらと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●4月12日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店】メンズコーディネートのご紹介

2020.02.04 Category:

こんにちは。
萬屋本店の三澤でございます。

本日は、前回ご案内をさせていただきました
「新郎様必見!メンズコーディネートの楽しみ方」のブログが、
大変有難いことに多くの新郎新婦様から嬉しいお言葉をいただきました。
今回は第二弾ということで、
セットアップのタキシードの着こなしとコーディネートについて
3パターンのご紹介させていただきます。

前回のブログはこちらをご覧くださいませ。

「新郎様必見!メンズコーディネートの楽しみ方」

萬屋本店が提携しておりますオーセンティック鎌倉は、
専属の衣裳店となりますので会場の雰囲気に合ったお衣裳やアイテムのみ、
取り揃えてご案内をさせていただいております。

大正ロマンの雰囲気を引き立たせるクラシカルなブラックタキシードや
柔らかな雰囲気とスタイリッシュなラインが際立つネイビータイプ、
ナチュラルで優しい印象となるブラウン、ベージュ系のお色味のタキシードなどを、
お客様のお話を伺ったうえでご案内しております。

 

こちらのスタイリングは、
シンプルなブラックタキシードと黒の蝶ネクタイを合わせているのですが、
ご新婦様のオンシジュームのブーケに合わせて、
ブートニアとして黄色の差し色をワンポイントで入れております。

全体的にブラックの色味で締まった雰囲気を出しつつ、
色味のあるお花を添えることによって自分らしさや、
花言葉と共にゲストの方に想いを伝えることができるのも、良いかと思います。

 

こちらのスタイリングは、深みのあるネイビーのタキシードになります。
正統派の雰囲気と、お洒落なムードが備わったネイビーのお色味は、
新郎様の中でも一番人気があります。

着こなしとして一番こだわれる部分としては、
蝶ネクタイやチーフなどがございます。
チーフは、パフドという折り方で胸元からチラ見せ、
暖色系と明るい色味をベースとした柄が入っております。

 

最後に、ブラウンのタキシードのコーディネートをご紹介させていただきます。
大人な雰囲気を引き立たせるこのお色味は、
全体的に暖かい印象がありますので、
少し肌寒く感じる今の時期から春にかけて、また秋口は特に人気でございます。

こちらのお客様のように、ご新婦様と同じ小物(メガネ)と合わせるといったコーディネートも
おしゃれ上級者といったところではないでしょうか。

こちらのタキシードはサルエルパンツとなっており、
股下が深くてゆとりがあり、パンツの裾が絞られたデザインとなっております。
ベストと蝶ネクタイ着こなしですっきりとしたシルエットになっておりますので、
クラシカルなダークトーンのブラウンのシューズなどの相性がとても良いので、こちらもぜひオススメです。

3パターンの着こなしについて
ご紹介をさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ご結婚式のお衣装となりますとご新婦様に目が行きがちですが、
コーディネートを幅広く考えていただいたとき、
タキシードや着こなし、小物アイテムにこだわりことによって、
自分史上最高の姿が、時間を経ても残り続けていくのではないでしょうか。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●4月12日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【鎌倉の結婚式】紫陽花コーディネート

2020.01.18 Category:

こんにちは。
萬屋本店の早野でございます。

鎌倉で結婚式を挙げる大きな魅力の一つは、
この美しい街並みの中で大切な一日を迎えられるということだと思います。
毎年5月末から6月にかけて、ここ長谷の街では
あじさいが美しく咲きそろいます。

本日は、美しい色合いで叶うおもてなしと鎌倉らしさを同時に叶えられる、
あじさいを用いたコーディネートを皆様に紹介させていただきます。

ゲストの皆様が萬屋本店にお越しいただいて一番初めに目にされるのは
トレードマークの大きな暖簾。

鎌倉を象徴する紫陽花の花で、
ゲストの皆様をお出迎えします。

そして会場内に入るとまた美しい世界を表現できます。
様々な色味の紫陽花は色合いによって季節の魅力を存分に引き出したコーディネートが叶います。

まずはメインテーブル装花からご紹介します。

そしてゲストテーブル装花はまた至近距離での美しさ。
色々な花器をくみあわせ、古都鎌倉らしいモダンな雰囲気で、
会場内を華やかに演出していきます。

会場内のお花も色鮮やかなあじさいを用いて、
季節を表現しのその時期限定での雰囲気を表現されました。
あじさいは青や赤といったイメージが強いですが、
じつは様々な色があるので、創りたい世界観も自由自在に表現できるのです。

あじさいを用いたお花のコーディネート、いかがでしたか?
ご結婚式装花としてのあじさいの旬は
街に咲くものより長く、様々な時期でのご用意が出来ます。
季節感や鎌倉らしさをキーワードに、唯一無二の世界観を創らせていただきます。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●4月12日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

新郎様必見!メンズコーディネートの楽しみ方

2019.12.22 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

本日は萬屋本店でご結婚式を迎えられる
ご新郎様に是非、参考にしていただきたく
おすすめのメンズコーディネートをご紹介させていただきます。

萬屋本店が提携するオーセンティック鎌倉店には
流行りの光沢のあるようなタキシードではなく
ショールカラータイプのブラックタキシードにカマーバンドなどを合わせる
クラシックなタイプをはじめ
落ち着いた大人な雰囲気を感じていただける
ネイビーやチャーコールのタキシードをご紹介させていただいております。

ご新婦様のお衣裳のようにたくさんの種類があるわけではないからこそ
タイやチーフなどの小物で自分らしさを表現していただけると
楽しみの幅も広がることと思います。

例えばこちらの衣装でしたら
グレーに薄いブルーのチェックのラインが入ったタキシードは
お選びいただくものによって雰囲気が変わります。

ダークブラウンに紺のペイズリー柄の蝶タイをポイントに
ブートニアのお色味に合わせたポケットチーフには
蝶タイに合わせた青色がアクセントに入っております。
アースカラーでシックにまとめたコーディネートは
自然で落ち着いた大人な雰囲気を感じていただけます。

また、こちらのスタイリングは
シャツをブルーにすることで先程とはまた違った印象を感じていただけます。
シャツのブルーと蝶タイのワインの対比。
ブーケ・ブートニアの色をポケットチーフでまとめています。

同じタキシードでも、身に着けるものでも印象が変わって見えます。
せっかくの結婚式だからこそ
新婦様と同じ色をこっそり合わせてみるのもお勧めです。

タキシード自体はシンプルにまとめながら
小物遣いで自分らしさを表現すること。
さりげなく、気付かれないくらいのこだわりが
より新婦様の美しさを引き立てることにつながると思います。

オーセンティックでは、新郎様の小物にもこだわて
厳選した物ばかりをご用意させていただいております。
男性のコーディネートに迷った際には
是非、お気軽にご相談くださいませ。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月15日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

萬屋本店・ブランディング撮影を行いました

2019.11.19 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

 

本日は、先月行われたブランディング撮影の舞台裏についてご紹介したいと思います。

 

ご結婚式の準備と同じように、ブランディング撮影でもテーマを決め、

表現したいことのイメージを「写真」や「キーワード」で表現しながら香盤表を作成していきます。

 

通常の結婚式場は、この企画~ディレクションを、専門の会社に外注することが多いのですが、

萬屋本店ではこの企画から撮影のディレクション全てを自社スタッフ、自社で取り扱っている衣装やお花、ペーパーアイテムで行っています。

 

今回の撮影から、代表の宮腰から萬屋本店の水間と樋口にディレクションをバトンタッチしてもらい、

企画段階から進めさせていただきました。

 

今回の撮影の目的は、萬屋本店の結婚式の軸でもある「祝言」の魅力を表現することと、

大正14年に建てられた歴史的建造物での「大正ロマン」な世界観を表現すること。

この二点でした。

 

こんな風に香盤表を作り、イメージを固めていきます。

この香盤表は、何か月も前からどんな写真が撮りたいか?とイメージしながら、

作っては寝かせ、作っては寝かせ、何度も作り直していきます。

 

実際に萬屋本店で結婚式をしてくださったお客様の写真やコーディネートを参考にさせていただくことも多く、

実際の新郎新婦様のスタイリングから沢山の刺激を頂いて、今回の撮影も形になっていきました。

 

そして最終的に出来上がったのがこちらの写真たち。

↑縁側での写真。緊張感と、この日を迎えることができた幸せと。そんな気持ちを表現したら、まじめな顔よりこんな笑顔のシーンになりました。

 

↑筥迫の儀。実際の結婚式でも行われることが多い筥迫の儀。嫁ぐことへの想いを表現したく、一番カット数が多かった1枚です。お母さん役はレセプションスタッフのしのさんにお願いしました。

 

 ↑こちらはチームで作り上げるウェディングの一体感を表現したかった写真。前撮り撮影では実際にこのくらいの人数のスタッフが同行し、一緒に創り上げていきます。

 

↑こちらは実際のお客様の写真でとっても素敵だったメインテーブルでの写真を再現した一枚。メインテーブルとゲストの方との距離が近い萬屋本店だからこそ、リラックスした表情で会話を楽しむ新郎新婦様が多くいらっしゃいます。

 

↑こちらはインスタグラムで写真を探していて、NYで撮影されたウェディング写真が格好良く、それを萬屋本店で撮ったらどうなるか?と、試行錯誤した一枚です。新たな撮影スポットとなればうれしいです。

 

↑こちらは大正ロマンで上質な雰囲気を出したくてコーディネートした一枚。胡蝶蘭と季節の枝物を合わせました。

1月のデパートメントストアはこのコーディネートを皆様にお披露目したいと思います!

 

↑こちらはお昼ご飯をお願いしていた近くのカフェ、チャラマリでつまみ食いをするショーン。

ショーンが今の事務所でモデルを始めて、一番最初の仕事が萬屋本店の撮影でした。

 

初撮影当時の写真はこちら↓萬屋本店オープン前の2015年、まだ会場ができる前の撮影でした。

 

そしてこちらは先日の撮影の合間にチャラマリを訪れた時の宮腰との記念写真。

何年経っても同じメンバーで撮影に臨めることはとても貴重なことだと思います。

素敵なモデル二人とのご縁にも感謝です。

 

このようなブランディング撮影は、一日がかりで行われます。

朝5時~夕方の日が沈むころまで。

モデルの二人は体力勝負の中、プロのポージングでいつもしっかり決めてくれます。

 

これからご結婚式を挙げられる皆様の、写真撮影やスタイリング、会場コーディネートの参考にしていただければ嬉しく思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月15日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【ドレスのスタイルにお悩みの方必見!】体系別お勧めドレスのご紹介

2019.10.30 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの野田でございます。

本日のブログでは、体系別お勧めドレスのご紹介をさせていただきます。

毎回のお打合せや先日開催したコーディネートフェアの中でも
ドレス選びに悩んでいらっしゃる新婦様とたくさんお話させていただきました。

同じ女性として、似合うドレスを着たい!というお気持ちや
コンプレックスをカバーしたいというお気持ち、非常によくわかります。
そんな皆様に向けて、体系別にお勧めのドレスをご紹介いたします。

 

①二の腕が気になる方

二の腕を隠すためにボレロを着るのもいいですが
ドレスのデザインで二の腕をカバーするのがお勧めです。

こちらのドレスは気になる二の腕を隠し、さらに女性らしさの象徴である
首元や、手首が美しく見え、上品な印象になります。

 

②身長が小さい方

ミモレ丈のドレスは身長が小さい方でも、バランスよくお召しいただけます。

こちらのドレスは切り替えのデザインが上の方にあるので
視点が上に向いて、スラっとして見えます。

 

③肩幅が広いことが気になる方

肩幅にコンプレックスがある方だと、肩を隠したい気持ちになるかもしれません。
実は、思いきって肩を出した方がすっきり見えるので、ビスチェタイプのドレスがお勧めです。
胸元がハートカットのデザインだと、より華奢に見えるのでお勧めです。

 

④背中をすっきりみせたい方

背中がVカットになっているデザインがお勧めでございます。
ストレートのラインよりも、よりすっきりと見えます。

 

⑥丸顔、お顔の大きさが気になる方

首回りが開いているとしているデザインのものや、Vネックのデザインがお勧めです。

 

⑦華奢すぎることが気になる方

最近多くいらっしゃるのが、ダイエットや日々の努力の結果もあるのですが、
華奢すぎて、女性らしい丸みがないことが気になる方もいらっしゃるかと思います。

コンプレックスの部分がカバーできるような
ロングスリーブのドレスや、鎖骨にレースのあるデザインがお勧めです。

どんな方でも必ずお似合いになるドレスが、必ず見つかります。
ご提案できることがまだまだございますので
何かお悩みのことがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●2月2日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック

 


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【衣裳に迷える花嫁必見!】初開催 コーディネートフェアレポート

2019.09.28 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

本日のブログでは、先日9月23日に初開催されました
コーディネートフェアの様子を紹介させていただきます。

結婚式場が決まると、
一番初めにスタートするのがお衣裳合せです。
多くの新郎新婦様とお話させていただく中で
誰に相談していいのかわからず、正しい知識もない分、
分からないことが分からないのが、婚礼のお衣裳であるということ、
そういったことから、新郎新婦様にとって一番にお悩みが多く、
ご不安な部分でもあるのがお衣裳選びだと強く感じておりました。

そんなご新婦様が少しでも相談できる人や場所が増えたり
お衣裳合せを楽しみながら、運命の一着を見つけてほしい!という想いで、
これからお衣裳選びをスタートされるご新婦様に向けて
開催させていただいたフェアでございます。

●衣裳の意味合い講座
知っているようで意外と知らない、
それぞれの衣裳の意味合いを紹介させていただきました。
衣裳自体にも、ひとつひとつの柄行にも意味があることを知ることで
お選びいただく衣裳により想いが込められますので
まずはその意味を知っていただけたらと思い、紹介させていただきました。

●衣装の選び方~元花嫁の目線から~
7月に萬屋本店で結婚式を挙げた衣裳スタッフの
オーセンティックの佐間野が元花嫁のリアルな目線で、
どんな風に衣裳を選んだのか?
そこにどんな想いを込めたのか?をお話させていただきました。
リアルな元花嫁の意見をご参考にしてくださり、
皆様たくさんメモを取りながら聞いてくださいました。

衣裳スタッフ佐間野の結婚式レポートを
以前ブログに書かせていただきました。
詳しくはこちらをご覧ください

●試着体験
衣裳のイメージをカウンセリングをさせていただいた後いよいよ試着体験です。
カウンセリングをさせていただいたことをもとに
スタッフからのお勧め、ずっと着てみたかったお衣裳等を
いくつかピックアップし皆様一緒に試着体験をしていただきました。

意外にも新郎様が大盛り上がり。
「似合っているね!」「こっちの方がいい!」と一緒に楽しんでくださいました。

実際に参加してくださった皆様の感想では
「これだと思える衣裳に出逢うことができました」
「衣裳の意味をしっかり知ると、選び方も自然と変わってきますね」
「自分では絶対に選ばない衣裳が似合うとわかってよかった」
「たくさん相談に乗っていただけて安心しました」
「二人で一緒に楽しみながら衣裳を決められてよかった」
など、大変嬉しいご感想をいただきました。

新婦様にとって安心して相談できる人が
一人でも増えてほしい、そして運命の一着に出逢ってほしい、
そんな想いから開催したフェアでございましたので
ご参加くださった新郎新婦様からのご感想が
私たちも大変嬉しく思い、開催して本当に良かったと感じました。

来月以降も引き続き開催してまいります。
ご参加希望の新婦様は是非お気軽に
担当コンシェルジュまでお問合せくださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月19日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店オリジナル色打掛】新作のご紹介

2019.09.20 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店早野でございます。

本日は前回に続きまして、新作の萬屋本店の
オリジナル色打掛をご紹介させていただきます。

<オリジナル色打掛:雲取りに鶴>

今回このオリジナルの色打掛を作成してもらったのが、
京手描友禅着物の製造会社『富宏染工』
この会社の代表でもある藤井寛氏は
皇室に和服を献上している日本を代表する着物作家です。

藤井氏の特徴は、衣裳の考案から染めの仕上げまで
15 前後に分かれた京手描友禅の工程を全て統括する染匠です。

中でも作家藤井寛氏の作品は、優美で華やかなグラデーションと、
一貫した手仕事が京都の伝統を1枚の絵のような美しさで
現代に受け継いでいる他にはない唯一無二のお着物です。

今回、図案からオリジナルで作成をお願いしたため、
下絵から書き進めて頂き完成した作品は、
企画発案から打合せ~下絵~色染め~金彩加工~仕立てと、
約 8~9 ヶ月ほど完成に時間を要しました。

<図案・下絵>

富宏染工を象徴する「雲取り」の柄を主に、
羽ばたく姿が美しい鶴を配置したデザインで作ってもらいました。

<下絵を生地に描き起こしたもの>

雲取りの中には、菱やたてわくなど数種類の柄が施され、
全体の柄行が華やかな印象でご結婚式にはぴったりです。

白地に、昔ながらの朱赤・赤・抹茶色などが鮮やかに染め上がり、
裏地は対象的な落ち着いた色味にすることで
絶妙な色味のバランスを作り上げています。

京友禅は通常筆を使用するところ、
刷毛を使用して繊維の奥まで色を届けることができます。
そのため、発色の良い色合いが特徴となり、コクのある色が表現できます。

京友禅は、全行程が本来なら分業制で、
行程によっては外注を行うところが多い現代ですが、
藤井氏は自社の工房を構えており、全ての行程をおこなっています。
藤井氏は、伝統を守り伝えていきたいからという想いから、
全行程の職人に高度な技術を身に着けるよう指導しています。

一色ごとに挿して蒸しての繰り返しという通常の行程によって
起こる色の変化を避けるため、一度に塗り分けていくこだわりの作業で、
色が定着する前に他の色を挿していくため、高度な作業が必要となります。

職人が丹精込めた手仕事で、着物を単なる装い型としてだけでなく、
着物を愛するひとの心と技を感じていただきたい、
そして四季の移ろいに心動かす細やかさ、喜びや遊び心を
洒落で表現するしなやかさといった京都ならではの完成と美意識を
このオリジナルの色打掛をお召しいただくことで
萬屋本店の新婦様には実感していただけたらと思います。

まずはお衣装合わせの際のご試着から
お気軽にお尋ね、ご相談いただけたらと思います。

 

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●1月19日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

ARCHIVE
CATEGORY