フェア予約

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~一部・披露宴編~

2018.08.09 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

6月に行われました弊社コンシェルジュ阿部の結婚式の様子について、

ご紹介させていただいております。

 

二部制で行われた結婚式の、一部目の披露宴の様子についてご紹介させていただきます。

(挙式編はコチラをご覧ください)

 

●披露宴開宴

入場はもちろん俥夫の口上で。

阿部ちゃんが入社したばかりの頃から、『結婚式とは』を教えてくれた俥夫の沼さんは、

阿部ちゃんにとって第二のお父さんのような存在。

自身の結婚式という節目を尊敬する方と一緒に創れたこと、二人は本当に幸せ者です。

 

●スタッフ紹介

披露宴入場前には、日頃二人と一緒に仕事をしているチームメンバーであり、

この日の結婚式をお手伝いさせていただいているスタッフ一人一人の紹介をさせていただきました。

 

●入場

披露宴入場は一目惚れで選んだ色打掛にお召し替え。

髪型も洋髪にして、イメージチェンジをしました。

 

●中座

披露宴はアットホームに、和やかに進んでいきました。

そして中座のシーンはそれぞれのご家族と。

普段は中々言えない想いを伝え合い、少し距離を感じていた兄妹の絆が再び固く結ばれた時間。

そして、新郎のたくちゃんは大の仲良しのお母様と妹さんと。

三人で手を繋いでの中座は、お母様も妹さんもとっても嬉しそう。

 

●再入場

再入場はドレスで。

試着させてもらったオーセンティックさんのドレスの中で、一番似合っていたこのドレス。

これを綺麗に着るために、ダイエットも頑張りました!

 

●ゲスト紹介

新郎新婦より、周りが大盛り上がり。

紹介された皆様は、とっても嬉しそうで、楽しそうでした。

 

新郎たくちゃんの職業はプロのカメラマン。自分の結婚式中も沢山撮っていました。

 

●歓談の時間

披露宴はゲスト紹介以外の時間は、全て歓談に充てました。

ゲストの皆様との会話を何よりも大切にしたいと言っていた二人。

実現したかった時間になったかな。たくちゃん、いい笑顔です。

 

●結び

沢山の方に愛され、育てていただき、ここまで来た二人。

その始まりは言うまでもなく、大切に育てて来てくれた親御様です。

感謝の気持ちを伝える時間。

 

●家族がひとつになった時間

感謝の気持ちを込めて、花束贈呈。

渡し方は、二人一緒にそれぞれのご両親へ。

大切な家族が増えた。そんな言葉がピッタリのこの写真。

タクちゃんのお母さんから阿部ちゃんへ。『ゆうかちゃんは私が幸せにする』と愛情いっぱいの言葉をいただきました。

そして、涙が止まらないタクちゃんの涙を拭いてくださった阿部ちゃんのお父さん。

両家が一つの大家族になった瞬間でした。

 

後日、二人とラインのやり取りをしていた時に、

この時のシーンについて、こんなことを話してくれました。

 

『結婚式を終えてから、お互いにお互いのことを今までより

より大切に毎日を過ごせております^^

そして昨日話していたのは、

なんか、花束贈呈シーンをダブルにしてよかったねって。

私がたくちゃんママに渡したときに、

お母さんもゆうかちゃんのこと幸せにするからね、って言ってくれて

たくちゃんが阿部パパに渡したときに、

たくちゃんが泣いててハンカチで涙を拭ってくれたのを見て

その瞬間に、お互いの家族と、家族になれたって感じがしました。

今までももちろん大切に、そして仲良くして頂いていましたが

なんだか、そのときに実感しました。

そして本当に結婚式をしてよかった。って改めて思います。

ありがとうございます!』

 

私はウェディングの仕事をして12年目になりますが、

経験が増えても色褪せない感動や、幸せをもらえるこの仕事が出来ていることを、

本当に幸せに思います。

 

そして、人生を支えてくれる強く豊かな節目となるような結婚式を、

これからも大好きなスタッフと共にお手伝いしていきたいと思います。

(準備編はコチラをご覧ください)

(挙式編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式レポート◆

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~一部・挙式編~

2018.08.05 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

6月に行われました、弊社コンシェルジュ阿部の結婚式当日の写真が届きましたので、

挙式のシーンのご紹介させていただきます。

(披露宴編はコチラをご覧ください)

 

当日は二部制で結婚式を行いました。

挙式は祝言。

結婚式をしなくてもいい。と考えていた二人が、

大切な皆様に感謝を伝えたいからと、決心し、実現した結婚式。

 

結婚式当日は、様々な想いが巡り、ドラマがあります。

今結婚式のご準備をされている方も、結婚式を挙げない予定の方も、

是非知っていただきたいのは、

結婚式を挙げる本人たち以上に、周りは二人の結婚を心から祝福し、愛しく思っているということ。

阿部ちゃんとたくちゃんの結婚式を通じて、そんなことを再確認させていただきました。

本日は、当日のお仕度~挙式までのシーンをご紹介させていただきます。

 

結婚式当日は台風が上陸し、しとしとと雨が降る朝でした。

次から次へとお祝いに訪れるスタッフや、担当させていただいたお客様からの祝電に、

涙が止まらない新婦阿部ちゃん。

 

代わる代わるスタッフが部屋を訪れ、お祝いの言葉をたくさんもらいました。

お花を持って現れたのは結婚式当日のキャプテンも務めてくれた羽川。

この日のために異動先の福岡から駆けつけてくれました!

 

衣装は真っ白な白無垢。

ヘアスタイルは地毛日本髪で仕上げました。

本当に綺麗。ヘアメイクをダブル担当してくださった、

メイクマリエの丸山さん、冬澤さん、有難うございます!

 

ゲストを迎えるお待合室には、メッセージカードを用意。

前日の夜中までかけて書き上げた二人からのメッセージ。

ゲストの皆様も嬉しそうに手に取ってくださいました。

 

そして、愛されキャラの二人らしい、『二人のいい所』を書いてもらう自由帳を待合室に設置。

皆様から沢山の愛情あふれるメッセージをいただきました。二人の宝物です。

 

間もなくお仕度が完成します。

だんだん、花嫁の顔になってきました。

 

雨に濡れた緑がとても綺麗な縁側で写真撮影。

二人共雨なんて気にならないくらい楽しそうでした。

 

そして、挨拶の儀。

いつも優しくて、阿部ちゃんのことが大好きなお父さん。

自律していて、強くて、愛情深いお母さん。

彼女が尊敬するご両親は、憧れの夫婦像だと話してくれました。

「いままで育ててくれて、ありがとうございました」

涙に言葉を詰まらせながら、家族だけで過ごすこの時間は、彼女の人生を支えてくれる強い節目になったことでしょう。

 

祝言の入場シーン。

尊敬するお母様から、筥迫を贈っていただきます。

 

ご両親から新郎へ。

新婦を託すこのシーン。

それぞれのお立場で、様々な想いが巡るこのシーン。

覚悟と決意に満ちた、誓いの時間が始まります。

 

新郎へ新婦を託した直後。

お父様は顔をくしゃくしゃにして涙をこらえ、

優しく新郎新婦を見守ってくださいました。

 

夫婦の誓いを固める三献の儀。

過去・現在・未来を表す三つの盃を飲み交わし、夫婦となります。

 

そして退場のシーン。

緊張がほぐれる一瞬。二人の笑顔が溢れます。

 

夫婦の誓いを固め、皆様への感謝をお伝えし、これからの人生を共に歩む決意を結ぶ挙式の時間。

人生の中で、これほど緊張し、涙し、幸せに溢れ、沢山の愛情を全身で感じる時間が、他にあるでしょうか。

 

生まれてきてよかった。

頑張ってきてよかった。

出会えてよかった。

 

そんな想いを新郎新婦だけでなく、列席しているご家族やご親族、ご友人、職場の皆様。

それぞれが沢山の想いを巡らせ、新郎新婦の幸せを心の底から喜び、祝福する時間。

 

もし、皆様の周りに結婚式を挙げるかどうか迷われている方がいらっしゃったとしたら、

是非背中を押してあげてほしい。そう思います。

大切な人の幸せを願い、喜んでくれる人が周りには沢山いるということを、お伝えしたいです。

結婚式にはそれだけの価値と、力があることを感じた挙式の時間でした。

(準備編はコチラをご覧ください)

(披露宴編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式レポート◆

【萬屋本店の願い】帰ってこられる場所

2018.07.19 Category:

皆さんこんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

厳しい暑さが続いておりますが

いかがお過ごしでしょうか?

 

萬屋本店では、12月のクリスマスディナーや5月の感謝祭。

そしてこの夏からスタートしたサマーナイト…

季節ごとに様々な企画をご用意しております。

この様な企画をご用意させていただく理由は

「帰ってこられる場所であり続けたい」という私たちの願いただそれだけです。

 

この写真は私が以前虎幻庭という場所で

人生初の担当をさせていただいたお客様との当日の写真です。

その人生で初めて結婚式の担当をさせていただいた

お客様からいただいた言葉があります。

「結婚披露宴をした虎幻庭がなくなって寂しいと思ったけど、

鎌倉長谷に来ればおかえりなさいと言ってくれる人がいてココロはあたたまる。

帰ってこれる場所を作ってもらって、こころよくいつも待っててくれて本当に有難いです。

親のように我々を見守ってくれていることに感謝します。」

この言葉をくださったお客様は2013年8月に結婚式を挙げられました。

虎幻庭がなくなった後は、萬屋本店にお越しくださり

ご自身の出産前にご友人様とご来店いただいたり

お子様の100日目のお祝いのお食い初めにもご利用いただきました。

8月には結婚記念日のお祝いに、また萬屋本店にお帰り頂けます。

今からお会いできることが本当に楽しみです。

帰ってこられる場所とは、建物の事ではなく心のよりどころの事だと思います。

その人に会うことで心があたたまる。元気になれる。

そんな関係性を、お互いに築いていけるように

この先のお客様とのご縁も大切にしていきたいと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【平日婚の魅力】1日1組貸切だからこそ叶うこと

2018.07.11 Category:

こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

関東地方では史上最速で梅雨明けし、

もういよいよ夏が近づいてきましたね。

 

さて、今回は【平日婚の魅力】と題しまして

平日に一日一組様貸し切りで行う結婚式の魅力を

3つ、お伝えさせていただきます。

 

魅力1~全館貸し切り~

お客様のお出迎えからお見送りまで、一日中全館貸し切りで

大切なゲストの方お一人お一人をよりゆったり時間をかけて、

おもてなししていただけます。

 

ゲストの方が萬屋本店にいらっしゃると

一番初めに目に留まる暖簾前、

そこから一歩中に入ると広がるエントランススペース

ゲストの方がお待ちになるお待合スペース

そして披露宴会場内

他にも、受付スペース、お手洗い、挙式場、

館内の全てを余すことなく自由に装飾することで、

よりおふたりらしい世界観にゲストをお招きしていただき、

お客様にはより寛いでいただけることだと思います。

 

魅力2~結婚式の後にロケーション撮影のプレゼント~

結婚式が結びになった後、萬屋本店周辺、長谷の街での

ロケーション撮影をプレゼントさせていただいております。

一番初めのご見学、お打合せ、そして結婚式の当日まで

おふたりの思い出がたくさんつまった長谷の街。

そんな長谷の街での最高の思い出をお写真に残されませんか?

 

平日の鎌倉は、休日よりもゆったりとした時間が過ぎ、

当日までの思い出をおふたりで振り返りながら

ゆっくりとお写真撮影を楽しんでいただけることでしょう。

 

魅力3~2部制の結婚式ができること~

萬屋本店では最大84名様までのご結婚式を

お手伝いさせていただいております。

2部制とは、1部でご親族様中心の挙式と披露宴を行い、

その後、2部でご友人や会社の皆様との披露宴を設けるという

それぞれの大切な方との時間を

2回に分けて行う結婚式のスタイルのご提案でございます。

 

例えば、100名様を限られたお時間の中一斉にお招きし、

お一人お一人とお話をしながら、

日ごろの感謝をお伝えすることはなかなか難しく、

ゲスト様も新郎新婦におめでとうの一言しか交わせなくて

寂しかったというお声を、お客様からもよく耳にすることがあります。

 

せっかくお招きした大切なゲストの方ときちんと向き合える、

感謝の気持ちを伝えられる、そんな2部制のご結婚式で

ゲストの方とゆっくりと過ごしていただけます。

 

先日、弊社のスタッフが平日の結婚式を萬屋本店で行いました。

私自身も参加したのですが、

いつも見慣れているはずのスペースがよりふたりらしく飾られ、

アレンジされており、スタッフ全員が驚いておりました。

 

そして、1部ではご親族とご友人、2部ではスタッフという

2部制の結婚式で、ふたりの近くでゆっくりと話ができ、

ふたりとゲストの方が過ごす時間が本当に多くて

ふたりもゲストの笑顔も溢れていたことがとても印象的でした。

皆様にもそんな平日の結婚式の魅力をお伝えしたく

このブログを書かせていただきました。

 

萬屋本店では平日も毎日ブライダルフェアを開催しております。

お仕事のご都合で平日がお休みの方も

是非、お気軽にご相談にお越しくださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店の結婚式 挨拶の儀】

2018.06.24 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

日本の結婚式の歴史をたどっていくと
昔の日本人はご自宅で行う結婚式を行っておりました。
新郎家では花嫁を出迎える準備ため
庭に打ち水をし、季節の花を飾り
その家の自慢の手料理でおもてなしをしていたそうです。

そして、嫁いでいく花嫁は
生まれ育った家を出るその時に
お父様お母様に向けて
きちんと三つ指をついてご挨拶をされていました。

産んでくれてありがとう
そして今日まで育ててくれてありがとう

親元を離れる時に
一つのけじめと区切りをつけることで
人生の節目を迎えておりました。

今のように平和とはいえない時代には
死をも辞さない覚悟で、お相手の家へ嫁いでいくという心の表れから
死に装束でもある真っ白な白無垢を来て嫁いでいったという説もあります。

萬屋本店では
この時間を「挨拶の儀」と呼ばせていただき
ご結婚式を挙げられる新郎新婦様と親御様にとって
親子水入らずの時間をご用意させていただいております。

色々なことがあるのが人生。
辛く苦しい事も、悦びが絶えない時も
そのすべてがあって今がある。
その始まりを創ってくれた親御様に
改まって心からの感謝をお伝えできる時間というは
一生のうちに、この時しかないと思います。

この時間の大切さを、
今の世の中、結婚式の仕事をする私たちですら
忘れてしまいがちです。

創業200年の歴史ある萬屋本店として
日本人がずっと昔から大切にしてきた文化や
裏も表もない気持で、ただその人を想うというもてなしの精神を
これからも大事にしていきたいと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店 スタッフ紹介 ~コンシェルジュ・飯田~】

2018.06.17 Category:

こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

6月も中旬になり、鎌倉長谷の街はあじさいが咲き乱れ、

観光にいらっしゃる方々で毎日賑わっています。

 

本日は、新たに萬屋本店コンシェルジュに就任したスタッフをご紹介させていただきます。

彼女の名前は飯田杏理(いいだあんり)

学生時代から私たち萬屋本店の姉妹会場でアルバイトとして携わり、

その後、姉妹会場のウェディングアシスタントとして活躍していた彼女は、

「結婚式は誰とつくるかでその価値が大きく変わる」ということを自身の仕事経験を通して体験し、

この人たちと結婚式の仕事がしたい。と強く感じたことがキッカケとなり入社しました。

 

学生時代、別会社のお手伝いで結婚式に携わったときの出来事。

一日に何組も結婚式のお手伝いをしていたその会場では、

スタッフがお手伝いしたお客様の顔も名前も覚えていない。

ただ仕事としてひたすらこなしていく。そんなことを体験したそうです。

その経験から、一組一組のお客様を『親友の結婚式をお手伝いするように関わる』

そのことを大切にしている萬屋本店でウェディングプランナーを目指すことを決意。

 

そこから、萬屋本店でのウェディングアシスタントや、レセプション、キッチン、

サービススタッフ、姉妹店でのウェディングプロデュース経験を積み、

この度萬屋本店のコンシェルジュとして配属されました。

こちらは、埼玉県にあった姉妹会場で、飯田がお手伝いさせていただいたお客様が、

萬屋本店まで遊びに来てくださったときの写真です。

こうして、場所が変わっても『人』に会いに来てくれる。

そんなお客様との関係構築ができること。

とことん一組のお客様に心を寄せてお手伝いが出来る事。

それが萬屋本店でのコンシェルジュのやりがいだと、飯田は話してくれました。

 

そんな彼女が結婚式のお手伝いを通して叶えたいこと、

それは、「愛情いっぱいの家庭を増やすこと」。

自分自身の家族が愛情いっぱいに育ててきてくれたことや、

立ち止まったときにいつも力をくれるのは家族だったことから、

結婚式という人生の通過儀礼を通して、家族の絆を深めていくためのお手伝いをしたい。

そんな想いを持っているコンシェルジュです。

『結婚式は家族の歩みがスタートする新たな始めの一歩。

結婚式のお手伝いを通して、ふと立ち止まったときに支えとなるような、

愛情いっぱいの家庭を増やすこと。そんなことを叶えていきたい』と、力強く語る彼女を見ていて、

同僚として、いつか自分の結婚式を彼女に担当してほしい。そう思っています。

 

これから萬屋本店で大切なお客様とのご縁を紡いでいけることを、

私も飯田も楽しみにしております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

結婚式を創る人~会社の垣根を越えたチーム作り~

2018.06.07 Category:

皆様、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

 

本日は、萬屋本店の結婚式に携わるスタッフに向けた研修についてご紹介をさせていただきます。

この研修は結婚式を創る全てのパートナー企業から、

リーダー層のメンバーと萬屋本店のコンシェルジュが参加し、

会社と会社の垣根を超え、チーム作りやマネージメント、

物事の捉え方や考え方を共に学びを深めていくための研修です。

9か月間に渡り、月に1回の全体研修と、月に1回のグループごとのMTGを重ね、

互いの役割を全うするためにどんなことが出来るか?

企業の垣根を超え、パートナーさん同士が互いの人生に関わり合い、

絆を深める研修期間となりました。

 

私たちが常日頃大事にしている価値観の中に

『お客様本位は主従関係を超える』という言葉があるのですが、

まさにこの言葉の意味を感じる、そんな研修となりました。

 

「元請け」「下請け」という立ち位置によって、力関係が変わることはどの業界でもあることだと思います。

しかし、それが結婚式の現場で起きてしまうと、思い描く結果が作れないことは言うまでもありません。

 

結婚式人生の大切な節目のシーンに於いて、

元請け下請けや、肩書によってお客様に向かう姿勢が変わるのではなく、

携わらせていただくスタッフ全員が「自分が責任者」という考えのもとに関わらせていただいたら、

どれほどの結果が作れるだろう。そんなことを想い、全員が研修に励んできました。

 

そして研修最終日。

6月6日に卒業式が開催され、私も参加をさせていただきました。

会社の垣根を超えて共に学んだ仲間と、更なる感動をお客様へ贈るべく、

全員で切磋琢磨し、叱咤激励し、卒業式を迎えました。

 

そして最後に待っていたビッグサプライズ。

それは、各パートナー企業の社長さんや、役員の方、直属の上司の方々から、

研修参加メンバーへのサプライズのお手紙です。

遠くにいても、日頃の頑張りを見てくれているということ、

「いつも頑張ってるね、ありがとう」その一言に救われることは沢山あります。

全員への手紙朗読が終わり、自分の上司から手紙を受け取る瞬間のみんなの嬉しそうな表情。

この卒業式のためだけに、遠く福岡、大阪、東京それぞれの本社から、

上長の方々がスタッフのためだけにお越しくださいました。

日頃の頑張りや努力を承認してもらえる温かい時間。

それを上司本人から読んでもらえ、愛情を一杯感じる時間。

最後に撮影した上司の皆様も含めた全員集合写真。

温かい空間が全員を囲み、未来が発展するのを感じる

強い力を感じる価値ある時間となりました。

 

更に結束を深めたパートナースタッフの皆様と、

これからも心を込めて結婚式のお手伝いをしていきたい。

その想いがさらに強くなる時間でした。

 

これからもチーム一丸となり、大切な人生の節目となる結婚式のお手伝いをさせていただきます。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【結婚式レポート】家族の絆を結ぶ日

2018.06.01 Category:

皆様こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

紫陽花のシーズンとなり、鎌倉の街もいつも以上に

観光の方で賑わっております。

皆様も次のお休みの機会に、鎌倉長谷の紫陽花を楽しまれてはいかがでしょうか。

鎌倉が自然豊かな土地だからこそ季節のお花をお楽しみいただけます。

 

本日は桜のシーズンにご結婚式をお手伝いさせていただいたお二人を

ご紹介させていただきます。

こちらのお二人には、ご結婚式を挙げられる前から

萬屋本店のレストランをご利用いただく機会があり

そこでご両家のご家族様の素敵なシーンに立ち会わせていただきました。

 

1度目は、誕生日が近いという両家のお母様のお祝いに。

そして、2度目は新郎新婦様には内緒で

新婦の親御様がレストランのディナーにお越しになられたこともございました。

お父様が単身赴任をされていて、大事な娘の晴れの舞台を、気にかけての事でございました。

 

そんな家族想いのご両家様のご結婚式当日。

普段から仲が良く、なんでもお話をされるご新婦家。

新婦の幸せを想う気持ちが、挙式の一瞬一瞬に溢れていたのが印象的でした。

新郎が出迎える中、新婦の入場シーンでは

お父様から新婦に宛てたお手紙を、司会よりお読みさせていただきました。

「父親らしいことなんて何もできなかった・・・。」

新婦がこの世に生まれてからの悦びと幸せを、そして父親ならでは寂しさを

今一度、お父様の言葉で嫁ぐ娘へと伝える温かい時間となりました。

 

そしてお母様から娘へ。

娘の新たな門出を精一杯の思いを込めて送り出していただく為に

お母様から花嫁道具として筥迫をお納めいただきました。

 

お父様が先導のもと、向かう先には新郎が待っています。

親御様がこれまで大切に大切に育てて来られた娘様を

今度は自分が幸せにしていく。

その覚悟を持って、新郎にはお父様と固い握手を交わしていただきます。

 

その後は、三々九度でお二人の夫婦の契りを交わして頂き

皆様に向けての夫婦としての宣言である、誓詞を読み上げていただきました。

 

二人が結ばれたことで

今度は新郎家と新婦家を結ぶ、両家家族固めの盃。

二つの家族がお二人との縁で一つになることを感じる時間。

 

そして、一番ラストは皆様への感謝の時間。

お二人が結ばれ、ご両家が結ばれて晴れてご夫婦となられたお二人が

夫婦として初めて、お世話になった皆様に対して

共に揃って感謝を申し伝える三礼の儀となります。

 

そして、晴れて皆様より祝福を受けながら歩み出す新郎新婦。

お二人の表情には無事に結びを迎えた安堵からようやく笑みがこぼれます。

 

夫婦として、家族として。

親として、子として。

それぞれの節目、けじめをしっかり迎えることで

この先のどんな困難も乗り越えていけるご夫婦、そしてご両家になられた事と思います。

 

結婚式のお手伝いをさせていただいておりますと

人生の節目を迎えることの覚悟、想いを

強く、そして深く感じさせていただくことが多くございます。

 

このお二人の結婚式を通して、節目を迎えることの大切さを

私も感じ、日々心を込めてお手伝いさせていただいております。

皆様にも少しでもその大切さを感じていただけたらと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【鶴岡八幡宮の結婚式、萬屋本店での披露宴】

2018.05.27 Category:

皆様、こんにちは、萬屋本店の樋口です。

萬屋本店で結婚式をお考えの方で度々お問合せをいただくのが、
『鶴岡八幡宮』での挙式についてでございます。
お宮参りや七五三、成人式の際など、人生の節目の度に訪れ、
そんな場所で結婚式を挙げたい…。

和の情緒漂う鎌倉が大好きで、この土地で結婚式を挙げたい
昔から鶴岡八幡宮の参道を歩く花嫁さんに憧れていらっしゃった
など多くのお声をいただきます。

そんな鶴岡八幡宮で結婚式をされたお客様の鶴岡八幡宮での一日を
本日はご紹介させていただきます。

 

とても笑顔が素敵な優しい雰囲気の新婦様。

緊張からか凛々しい表情が印象的な新郎様。

おふたりの一日はお仕度を整える所から始まります。
良く晴れた今日、これからの時間を想い、とてもワクワク楽しそうな表情のおふたり。
お仕度が整った後、ご家族との「挨拶の儀」の時間を過ごします。

この時間はご家族へ今までのありがとうと、これからもよろしくを伝える時間。
親元を離れ、ふたりで生活を始めていらっしゃったおふたり。

遠距離のため、ご家族とこうやって向かい合う事がなかったおふたり。
気恥ずかしさや、その中に覚悟が伺えます。

 

ご家族で向かい合い、この後の挙式に向けての顔合わせを行います。
挙式の確認が済んだら、ここからは挙式に向けて、一歩づつ、ご家族で進んでいきます。

八幡宮さんでの挙式はご親族様と近い距離感で進んでいき、
その中では、ご家族との今までを思い返し、そしてご両家の繋がりを
より強く感じていただける時間となります。

その後、萬屋本店に戻られてからのおふたり。

印象的な入場シーンのあとは、
お客様と本当に近い距離間で皆様とお話しを楽しまれています。
鶴岡八幡宮挙式の際とは、ガラっと雰囲気を変え、
和やかで温かい時間が流れています。

ドレスにお着替えをされた後は、
より皆様と近い距離で更に温かい時間を過ごされます。

女性なら誰もが気になるドレスの素材感や、
その繊細さにすら自然と感じ取れる、
そんな距離感でゆったりとしたご披露宴を過ごされました。

おふたりとは、ご披露宴の4ヵ月前からお打合せをスタートし、
どんな一日を過ごしたいか?
皆様にはどんな風に楽しんでいただきたいのか?
何度も何度もお客様の表情や、瞬間、瞬間を想像し、
司会者や各パートナーとも打ち合わせを行ってきました。

そんな一日が形になった時、ご披露宴がめでたくおひらきとなり、
退場されてきたおふたりを出迎えた司会者の表情が本当に印象的でした。

ご家族やご友人以上に、おふたりが皆様を
思っていることを知っている私たちスタッフは、
おふたりが過ごしたかった一日が過ごせ、
そして、安心したような、ほっとしたようなおふたりの表情を見て、
自然と涙と笑顔がこぼれました。

披露宴後のオフショット。貸切の会場ならではの撮影タイム。

おふたりのお手伝いができたこと、とても嬉しく思います。
厳かで、神聖な空気での挙式後、ガラッと雰囲気を変えて、
萬屋本店での大切なゲストの皆様との温かい時間を過ごしていただきました。

下記にも鶴岡八幡宮挙式のご案内を記載しております。
●萬屋本店HP 【鶴岡八幡宮挙式】について

これから鶴岡八幡宮での結婚式をお考えの皆様の
萬屋本店だからこそ叶う一日の参考になれば嬉しいです。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店で叶う日本の結婚式】~祝言~

2018.05.23 Category:

皆様、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

 

萬屋本店ではご見学の段階からお二人の想いをしっかり伺い、

お二人がどんな思いで結婚式を挙げようと思っていらっしゃるか…

その想いをしっかりと引き出し、寄り添いながら形にしていくことを大切に考えています。

特に挙式はご結婚式の中でも最も大事な時間として、新郎新婦様にはお話させていただいております。

 

挙式というと一般的にはキリスト式や神社での神前式を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

私も数多くのお客様のご相談に乗らせていただいておりますが、

式場見学にいらっしゃる新郎新婦様の多くが、

挙式スタイルを「何となく」お選びになられている場面に立ち会うことがございます。

これは、初めての結婚式場探しという場面において、ごくごく自然なことだと思っています。

だからこそ、出会う式場のプランナーがお二人の結婚式に対する想いや背景に寄り添い、

プロとしてご案内させていただくことが大切だと考えています。

 

萬屋本店に式場見学にいらっしゃる多くのお客様が、

最終的にお選びになられる挙式スタイル。それが『祝言』です。

元々神社での神前式や和装での結婚式がしたい。というご希望から、

鎌倉の鶴岡八幡宮や、長谷の御霊神社での神前式をご検討されるお客様のほとんどが、

最終的に『祝言』を選ばれる理由を、ここで少しご紹介します。

 

その理由は、本来の挙式の意味から考えると、とても自然なこと。

古来より、日本の結婚式は自宅で行われてきました。

花嫁支度を整えてくれるのはお母様。

生まれ育った家と親元を離れるその日、今までの感謝を伝える「挨拶」をしてから嫁いでいきます。

そして自宅から花嫁行列をつくり、親族の代表が提灯を持って足元を照らし、

花婿の待つ家へと歩みを進めていく。

今までお世話になった方々への感謝を伝え、大切な方をもてなす。

そしてこれからお世話になっていく方々へのお願い…

人と人とのご縁、そしてご両家のご縁を更に深く繋いでいく…

このように、心を込めて感謝お伝えする。

それが日本人が古来より大切にしてきた結婚式の原点「祝言」です。

 

 

私たち萬屋本店では人の心が通う温かい挙式「祝言」について、皆様にお伝えさせていただいております。

『挙式って何だろう?』とお考えの方や、

『ドレスやキリスト教式はちょっと違う』とお考えの新郎新婦様は、

お気軽にご相談いただけたらと思います。

 

また、「祝言」を体験してみたい!とお考えの方は、

月一限定の挙式体験フェアをお勧めしております。

まずはお気軽にご相談くださいませ。

お二人の背景に寄り添い、ご結婚式のご提案をさせていただきます。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆