フェア予約

【萬屋本店】結婚式衣装の買付に行ってきました

2019.02.15 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

先日、専属衣装店のオーセンティックさんの、結婚式衣装のお着物の買付に同行させていただきました。

 

今回の買付の舞台は京都。

着物の展示会は、年に2回東京と京都で行われます。

日本中の呉服屋さんが集まり、京都市内の至る所で展示会やショーが行われる中、

お目当ての展示会場を巡ります。

何十とある展示会場の中から、今回は3ヶ所の展示会に訪問させていただきました。

近年、和装メー カーでは、量産やコスト 削減のため手作業を減らして いたり、

流行りを追う傾向もある中で、こちらのメーカーさんは、手刺繍、切り嵌めなどの職人技による技法にこだわり、

友禅染等の高い技術を取入て、昭和初期のアンティーク着物の 図案 を再現するなど、

日本古来の美しい柄域が他にはない特別な存在感のあるお着物ばかりを取り揃えていらっしゃいました。

 

また、花嫁様が身につける和装小物も一緒に買付をさせていただいたのですが、

萬屋本店のテーマカラーともいえる深紅の小物が欲しい。とご相談したところ、

物凄いバリエーションの色サンプルを出してくださりました。

 これだけある色サンプルが、更にその色毎に何十枚と色の深みによってサンプル生地があるのです。

日本の伝統技法の奥深さ、着物の世界の様々な知識を教えていただきながら、

色を選んでいく工程は、とても興味深い時間でした。

 

そして、次の会場へ。

大きな展示会では1000着以上の着物が展示されています。

それはもう、迷路のように大きな会場です。

 

1回の買付で何千着と着物を拝見しますが、心の底から一目惚れするお着物は、1着~2着程。

気になったものは、スタッフが羽織らせていただいたり、モデルさんに試着をしてもらい、イメージを深めていきます。

 

買付に行かせていただくと、着物が誕生するまでの奥深さを感じ、

結婚式の意味合いや、日本人として生まれたことへの喜びを感じます。

特に今回印象的だったのは、特別に見学をさせていただいた京手描友禅着物の製造現場を見させていただいたことでした。

職人さんが、柄域の図案から、染めの工程までの全てを手描きで行っている、大変貴重な工房の見学。

そこは別世界の様な緊張感もあり、静寂に包まれた、職人さんの世界でした。

そして、手描友禅の完成形として見せていただいたお着物がこちら。

このお着物の全てが、手描きなのです。

実物は、見たことのない美しさ。初めて見る鮮やかな色合いと、躍動感のある絵柄に、

本当に言葉にならないような感動を感じました。

着物が好きとかそうゆうことではなく、人の魂が宿っているともいえるような、何とも言えない迫力があるのです。

これが、機械で作られたものと、人の手を通して作られたものの圧倒的な違いなのだと感じました。

 

このようにして、日本中の呉服屋さんを回り、展示会をめぐり、

ご縁を辿り、唯一無二のお着物ばかりが集められたショップ。

それがオーセンティック鎌倉店。

 

一点物のお着物ばかりですので、是非ご試着のご予約は早めに取られてください。

運命の一着を見つけていただけたら嬉しいです。

 

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店・ウェディング】ドライブーケのご紹介

2019.01.31 Category:

こんにちは。萬屋本店デザイナーの樋口です。

 

春夏はさわやかなホワイト&グリーンや芍薬等の生花のブーケが人気ですが、

秋冬の結婚式では、ドライブーケの人気が高まります。

 

ブーケは会場装飾とのトータルコーディネートが非常に重要なアイテムなので、

会場装飾と共通する色合いや、花材を使うことも大切です。

ご注文は、萬屋本店の会場コーディネートを担当しているhanahiroさんとのお打合せの際に承っております。

 

本日は、秋冬に人気の大人シックなドライブーケについてご紹介をさせていただきます。

 

【シャビーシック・ドライブーケ】

こちらはホワイト&グリーンの花材をドライにした、シャビーシックな雰囲気のブーケ。

ドライ独特の時間を経て出てくる雰囲気と、色と花材を限定した引き算のコーディネートが上品にまとめてくれます。

リボンは敢えての黒をチョイスし、大人の花嫁の潔さや余裕を感じるスタイリングに。

 

【ダスティーカラー・ドライブーケ】

こちらは秋の結婚式にオススメのダスティーカラー(くすんだ色合い)のブーケ。

様々な色合いを取り入れても、ひとつひとつが主張しすぎない絶妙な色合わせです。

ダスティーカラーだから出来る色合わせを楽しめる、遊び心ある、いつまでも見ていたくなるスタイリングです。

 

【ダーク&ビビットカラー・ドライブーケ】

こちらは全体的にダーク系の色合いでまとめ、刺し色でビビットな赤を取り入れています。

エッジがきいた、ハイセンスなスタイリングは、青いリボンがお洒落さをUPしてくれます。

人と差をつけたスタイリングがしたい方、シンプルなドレスの花嫁様にお勧めです。

 

結婚式でご使用された後は、ご自宅で飾ってお楽しみいただけます。

1年~2年は色味が変わることもほとんどありません。

ブーケを見るたびに、結婚式準備の思い出や、当日の幸せを思い出していただけるのではないでしょうか。

 

その季節ならではの花材も、お早めにご相談いただければ、

花材の特性にもよりますがドライ加工することも可能です。

会場装花と合わせてコーディネートすることで、

トータルコーディネートされた世界観を創り上げることが出来、

大切な結婚式の記憶を、更に思い出深いものにしてくれます。

 

まずはお打合せでイメージをお聞かせください。

世界で一つだけのオリジナルブーケをご提案させていただきます。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店・祝言(しゅうげん)】日本の伝統的な結婚式スタイル

2019.01.29 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

本日は、萬屋本店でご案内している挙式について、ご紹介させていただきます。

 

日本で昔から執り行われてきた結婚式の原点である「祝言(しゅうげん)」

時代を経ても色あせない本質的な「人生の節目」を大切にしたいと考えたとき、
日本人のルーツである、「祝言」に行きつきました。
歴史を経ることで、それは文化となり、時代に合わせて、良いものだけが残る。
そのことを、萬屋本店では挙式に込めて、人生の節目としての結婚式を行っていただけたらと考えています。
萬屋本店の祝言とは、
日本にキリスト教式や神前式の挙式が定着する以前、
婚礼の儀は新郎の家で行われるものでした。
「花嫁道具」とは先立って花嫁の荷物を新郎宅に運び入れる道具入れからきた言葉、
嫁入りは花嫁が新郎宅に移ること、
そして親戚縁者を招いてお披露目をする祝いの集まりは
「祝言(しゅうげん)」といって現在の披露宴に相当するものでした。
これから身内になる人々を前に、厳かに誓いを立て、悦びをわかちあうひとときです。
その祝言を最後を締めくくるのは、三礼の儀。日本では何事も礼に始まり礼で結びます。 

新郎両親へ。

新婦両親へ。お世話になった皆様へ。三度の礼、つまりお辞儀を通し、ご列席の皆様に感謝の念を伝えます。凛とした空気の中、これまで自分たちを支えてくれたことへの感謝、いまここに夫婦となる宣言という新郎新婦の込められた気持ちが、そこに居るすべての人々に伝わり、心を熱くします。日本人が大切にしてきた、家族の繋がりや、感謝、節目を大切にする風習。それをお二人のこれからの歩みをはじめる結婚式という節目に、挙式として行っていただきたいと考えています。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店・体験型ブライダルフェア】 レポート

2019.01.23 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

本日のブログでは、萬屋本店で1月13日に開催いたしました
ご成約者様限定、体験型ブライダルフェア
デパートメントストアの様子を紹介させていただきます。

こちらはスタッフ全員でスタートの記念写真。
心を込めてお手伝いする上でスタッフ皆心を一つにします。

ご結婚式のご準備といえば実際悩むことも多くあります。
おふたりで相談をしながら考えることや、
お打合せをしながら決めていくこともお打合せと共にございます。

そんな時にこのデパートメントストアでは
会場の中で実際に必要なアイテムをイメージしながら
お選びいただくことができるのです。

【衣裳 会場装花 ヘアメイク】

展示してあるお衣裳に合わせてメイクをするなら
どんなヘアメイクが似合うのか、
どんなブーケや会場装花が合うのか。

このように、実際に触れて確認をし、相談ができて
同時に合わせられるのはこのデパートメントストアの機会だけです。

実際にお越しいただいたご新郎ご新婦様からは
「衣裳とお花を一緒に見られて、よりイメージが湧きました!」
「日本髪は似合わないと思っていたけど
地毛の日本髪なら自然だし、やってみようかな」
このように同時にご覧いただけたことで
当日のイメージがより膨らんだとのお声を多くいただきました。

デパートメントストアにお越しいただいた後、
すぐにお打合せをさせていただいたお客様からは
「イメージが膨らんだ状態でお打合せができてとてもよかった」
とのご感想をいただきました。

 

【アイテムについてのご紹介】

ペーパーアイテムや引出物、引菓子などのギフトアイテムは
カタログで見るだけではなく、実物を見て、触って、
ゲストの皆様の元にどんな風に届けられるのか
作り手のお話を聞きながら体験していただきました。

「実際に商品を見て、お話を聞くことができて
お打合せの中でオススメしていただいた理由がわかりました!」と、
デパートメントストアでご覧いただいたからこそのご感想をいただきました。

 

【ご披露宴での演出】
おつまみブッフェのご試食。

「披露宴の前のお時間から、ただお待ちいただくのではなく
こうしておつまみブッフェでおもてなしをできるのがとてもいいですね」
「実際に食べてみて、是非ゲストの方にも召し上がっていただきたいと思った」
など、実際に試食をしてみたからこそのご感想をいただきました。

萬屋本店ならではの演出、模擬披露宴による俥夫の口上シーンの体験。

コンシェルジュとのお打合せの中で
お写真や動画をご覧いただくだけでは伝わりきらない
雰囲気や迫力を感じていただきました。

また、そのあとには直接のお打合せを通して、
当日の先導やご披露宴の入場口上に関してお話させていただきました。

このように、当日に関わる全てのアイテムを一度に確認ができて
各分野のプロフェッショナル達じっくりお打合せができる
全てのアイテムを実際に見て、触れて、聞いて、
お打合せできる、体験型のフェアがデパートメントストアです。

お客様もスタッフも一丸となり大盛況のフェアとなりました。
次回も開催予定ですので、日程などの詳細については、
情報詳細の公開を楽しみにお待ちください!


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店 結婚式レポート】テーマでつくる会場コーディネート

2019.01.08 Category:

新年あけましておめでとうございます。
萬屋本店コンシェルジュの野田です。
2019年になり、いよいよ新しい1年がスタートしましたね。

今回のブログはご結婚式当日のご様子を紹介させていただきます。

お打合せの中でおふたりにお伺いした想いをもとに
「Red leaves」というテーマをプレゼントさせていただきました。
こちらのテーマをもとに、当日の衣裳や会場装花などを
トータルでコーディネートをしていきました。

 

※以前にもブログでご紹介させていただきましたおふたり。
テーマプレゼント編ブログはこちらをご覧ください

大切な皆様の前で誓いを立て、嫁ぎ先の色に移り変わり、
夫婦として歩み始める節目の1日となるように。
そんな想いを込めて挙式の衣裳としてお選びになられたのは白無垢。

挙式までにゲストの方がお待ちになるお待合室には色の移り変わりや儚さを表現し

挙式場「結の日」は緑の葉を使用し、始まりを表しました。

挙式でしっかりと皆様に感謝をお伝えし、夫婦の誓いを立てた後はご披露宴。
おふたりの色に移り変わった後である披露宴会場の装花は
紅葉した葉をいれ、コーディネートしました。

衣裳も白無垢から色に染まり、テーマカラーでもある「赤」が入った友禅染の引振袖に。

衣裳や小物ひとつひとつの意味合いも大切にこだわって選んでくださいました。

結婚式1日に想いを込めてテーマを決定し
それをもとに会場のコーディネートをつくっていくことにより
会場全体が調和され、統一感が生まれます。

テーマからつくる結婚式。
結婚式の1日を通して、想いを叶えられる素敵な日になることと思います。
是非萬屋本店コンシェルジュまでご相談ください。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店 結婚式レポート】お子様と一緒の大人婚

2018.12.22 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。
今年もあと10日となり、寒さも厳しくなってきましたね。

さて、本日は11月4日にご結婚式を挙げられたおふたりの一日をご紹介いたします。

 

結婚式当日、披露宴後に新婦様がこう仰ってくださいました。

 

「ぜひ私たちの結婚式のことを紹介してほしい。

年齢的に結婚式をあきらめている人や、

こどもがいることで、結婚式を挙げないという選択をする人もいると思う。

でも、これだけたくさんの人にありがとうを伝えられて、

こんなに支えてもらってきたんだと実感できる機会は他にないと思う。

こんな経験をもっとたくさんの人にしてほしい。」

 

結婚式の後、お着替えを終えた控室の中で、いただいた言葉。

そんな「大人なお二人のお子様と一緒の結婚式」をご紹介させていただきます。

 

●結婚式

結婚式を挙げられた11月4日という日は、鶴岡八幡宮にお子様の初参りで訪れた日でした。

初参りからちょうど1年後に結婚式を挙げようと決め、ご準備を進めてこられました。

式場見学にいらしたのは、お子様がまだ一人では立つこともままならなかった1月のこと。

「これから、息子の成長とともに私たちをよろしくお願いいたします。」

そうおっしゃってくださったおふたりの笑顔が今でも忘れられません。

 

●結婚式のテーマ

そんなおふたりの結婚式のテーマは「愉しむ」

今まで何十回と結婚式に参列をしてきた中で、

いつも幸せな気持ちで、もちろん祝福をしてきたけれども

どこか新郎新婦様を遠く感じていたり、なんだか、楽しめずにいた。と打合せの中でお話しくださいました。

 

今まで様々なご経験を積み、沢山の大切な方々と出会い、多くのことを感じ、考えてこられる中で、

いざ、自分たちが結婚式を挙げようと考えた時に

「落ち着いた時間の中で、ゲストの皆様には気を遣わせず愉しんで過ごしてほしい」という想いから、

「愉しむ」をテーマに結婚式の準備を進めていきました。

 

●花嫁支度

おふたりが当日の装いとして選ばれたご衣裳はこちら。

挙式は真っ白な白無垢に身をつつみました。

既にご入籍をされ、お子様もいらっしゃるお二人でしたが、

結婚式という節目に、嫁ぐ覚悟を新たにされました。

 

おふたりのお子様も、おふたりと同じ和装姿で当日を迎えました。

ぐずってしまうことも無く、控室ではおもちゃで遊びながら、

準備の時間もとても和やかに愉しく過ごされました。

こんな風にお子様と一緒の写真が沢山残せることも、お子様と一緒の結婚式だから出来る魅力です。

 

●鶴岡八幡宮での結婚式

そしてお仕度が仕上がり、挙式会場である「鎌倉 鶴岡八幡宮」へ。

式が始まる前におふたりだけの2ショットでの写真も残しました。

綺麗な紅葉をバックに。

俥夫の先導姿も絵になります。

 

お子様がいらっしゃるおふたりですが、ふたりだけの時間も大切にしていきました。

お子様が大きくなった時、この写真を見返して夫婦としての幸せを感じれたことを一緒に喜んでほしい。

そして、子育てや家族の時間を過ごす中で、まずは夫婦としての時間を愉しみたい、という想いからでした。

 

●挨拶の儀

披露宴の前には、色打掛に身を包み、改めてお父様へ「挨拶の儀」を行いました。

お母様が亡くなってから、きちんと伝えることができないまま今日に至っていた新婦様。

心からの「ありがとう」と、「これから私たち家族をよろしくお願いします。」

そんな愛情溢れる時間でした。

 

●披露宴

披露宴中は常に笑顔がいっぱい。

自分の人生に関わってくださった皆様をお互いにご紹介することで、

これからよりつながりが深く、強くなるように絆を深めていきます。

おふたりがこだわった「愉しむ」という言葉。

「愉しむ」とは、自分自身の気持ちや想いから感じ生まれる楽しい状態のこと。

そして、自分の意識、気持ち、考え方次第でどうにでも変化できる。

「楽しむ」とは、 与えられたことに対して楽しく過ごすこと。

すでにあるものや設定された枠の中で楽しむ感覚。

テーマを決めるときに、どんな風に楽しんでいただけたら成功なのか?と、

お二人と考えたときにこんな話をしました。

 

●歓談中心の披露宴

自分たちが愉しさを生み出し、この時間をおもてなしとして皆様にご用意したい。

大人で様々な経験を重ねてきたおふたりだからこそ選択されたのは、

「歓談」の時間を大切にするということでした。

大切なご家族、ご友人の皆様とその時間を愉しむこと、

歓談の時間を大切に、お客様に愉しんでいただくことだけを考えて

過ごしてきたおふたりの結婚式。

 

ゲストと交わす会話、一緒に過ごす濃密な時間があったからこそ感じて下さった、

ブログの冒頭にご紹介をさせていただいた、

「これだけたくさんの人にありがとうを伝えられて、

こんなに支えてもらってきたんだと実感できる機会は他にないと思う。

こんな経験をもっとたくさんの人にしてほしい。」

このような実感を感じて頂けたのだと思います。

 

結婚式は、七五三や入学式、成人式のように日本人として、人生の中で当たり前に過ごしてほしい通過儀礼。

それをさまざまな理由で行わない選択をする方もいらっしゃる中で、

おふたりにこう言っていただけたことが、本当に嬉しかったです。

また、それ以上におふたりがその時間を愉しみ、人生の節目をご自分たちの手で作り上げられた、

そんな結婚式となりました。

これからも、人生の節目には萬屋本店に帰ってきて頂き、

ご家族の成長をご一緒に歩ませていただけたら幸せに思います。

 

「結婚式」には、様々なスタイル、形式、表現方法があります。

お客様お一人お一人の結婚式を挙げる意味や、背景に耳を傾け、

人生がより豊かになるための「結婚式」を、これから先も丁寧に心を込めてお手伝いしていきたいと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店・お食い初め】帰ってこれる場所

2018.12.18 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

先日、埼玉の姉妹店で結婚式をお手伝いさせていただいたお客様が、

お子様がお生まれになり、お食い初めで萬屋本店にお越しくださいました。

 

結婚式当時26歳だったお二人が、30歳になり、

念願だったお子様も生まれて、パパとママになって会いに来てくださいました。

埼玉にお住まいのお二人ですが、私が鎌倉に異動してからも、

年に一度は遊びに来てくださる家族のような存在です。

 

こちらは、5月のゴールデンウイークに行われた、

姉妹店含めたOBのお客様の集まりにお越しいただいた時の写真。

この時は妊娠5ヶ月でした。

大切な命を授かったことを教えて下さり、生まれてくる日を待ち遠しく感じました。

 

お二人の結婚式の時も、担当の私だけではなくて、スタッフ全員で担当させていただき

スタッフ全員と家族ぐるみの様なお付き合いをさせていただいております。

 

お食い初め当日は、埼玉の式場でも一緒だった阿部も、

姉妹店のTha KAMAKURAWEDDINGから、駆けつけてくれました。

 

お二人の結婚式当時、埼玉の式場でアルバイトをしていて、

今は萬屋本店でウェディングプランナーをしている飯田も、お二人の結婚式を一緒にお手伝いした仲間。

こんな風にお客様のお子様にお会いできることは、

ウェディングプランナーにとってプランナー冥利に尽きる、本当に有難いご縁だと思います。

 

お二人の可愛い可愛い赤ちゃん、ちはるちゃんのお食い初めを、

スタッフ皆でご一緒にお祝いさせていただきました。

式場が変わっても、プランナーに会いに場所が変わっても帰ってきてくださるということ。

県を越えてでも、こうしてお会いできることは、

本当に有難く、プランナーをやっていて良かった。と心から感じる瞬間です。

 

次にお会いできるのは、5月のOB会になるでしょうか。

お二人の人生の大切な日を、一緒にお祝い出来ること。

お子様の成長を、見守らせていただけること。

こんなにもやりがいがあり、喜びに満ちたウェディングプランナーという仕事を、誇りに思います。

 

また、今日から始まるクリスマスディナーにも、

沢山のOBのお客様が帰ってきてくださいます。

こうして帰ってきて頂ける場所であり続けられるよう、

皆様の人生の節目を、親友の結婚式をお手伝いするように、

情熱を持って、人生をかけて、最高の一日となりますようこれからもお手伝いさせていただきます。

 

これから先も、結婚式が終わられた後も、

皆様にお会いできますことを、スタッフ一同心待ちにしております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店・結婚式後も繋がるご縁】

2018.12.06 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

先日、弊社の代表宮腰が萬屋本店のすぐ近くにOPENしたカフェ【cha-LaMari】に、

萬屋本店で一番最初に結婚式をお申込下さったのお客様「三戸様」が、

お子様と一緒に遊びに来てくださいました。

 

何かの節目には必ず三戸さんが居て下さる。そんな大切なお客様。

萬屋本店で一番最初のお問合せをいただいたのも三戸様。

オープンしてすぐの結婚式の様子や、昨年秋のお子様の七五三の様子と共に、

三戸様とのご縁について綴らせていただきます。

 

三戸様と初めてお会いしたのは2015年の夏。

萬屋本店の開業準備室がオープンしたばかりの立上げ初期の頃でした。

改装工事が始まる前の館内を会場見学していただいた数少ないお客様。

打合せや衣装合わせもまだお店が出来上がっていなかったので、

姉妹店のサロンや、都内の衣装店まで足をお運び頂いてのご準備でした。

まだ建物が完成していなく、立上げ初期で不安なことも多い中、

私たちを応援し、沢山のご意見やアドバイスをお伝えくださった三戸様。

今後の為に!と伝えてくださった有難いアドバイスのお陰で、今の萬屋本店があります。

そして2016年の5月、お二人の結婚式が執り行われました。

デザイナーでいらっしゃる新婦弘美さんはご自身でデザイン画を掛かれ、

オーセンティックのデザイナーと共にフルオーダーで作成されたドレスをお召しになり、

お二人のお子様のみずきちゃんも、新婦弘美さん手作りのドレスを着て、一緒に楽しんだ結婚式。

みずきちゃんの成長を一緒に見守らせていただき、こうして年に何回かお会いできることをとても嬉しく思います。

当時の結婚式の様子をHPの感動レポートに掲載させていただいております。

是非こちらもご覧くださいませ。

 

そして昨年の11月には、お子様のみずきちゃんの七五三のお祝いも萬屋本店でお手伝いさせていただきました。

結婚式から1年半が経ち、すっかり大きくなったみずきちゃん。

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒の撮影は、

温かいご家族のご縁を改めて感じるお時間でした。

赤ちゃんの頃からお打合せでお会いしていたので、

本当の親戚のような気持ちで、スタッフ一同が幸せを分けていただいた時間でした。

こうして、ご家族の大切な節目にお越しいただけることは本当に有難いご縁だと感じています。

 

そして先週。

宮腰のカフェのオープンに合わせて遊びに来てくださいました。

弘美さんと近況報告をし合う代表の宮腰が居て、

みずきちゃんの成長を一緒に喜んで会いに行こう!と言ってくれるアシスタントメンバーがいて、

4歳になり、すっかりおしゃべりも上手になったみずきちゃんと沢山お話をしました。

お土産に似顔絵入りのミカンをあげたら、それをしばらく大切に取っておいてくれたと後日伺いました。

 

結婚式という人生の節目を通して、大切なお客様と一緒に人生を歩んでいけるご縁を頂けること。

このことが、わたしたちウェディングプランナーにとって何よりのやりがいであり、生きがいです。

 

お互いのインスタグラムやFBで近況を拝見したり、

たまにこのように遊びに来てくださったり。

こんな風にお客様と共に時間を重ねていけることは中々ないことだと感じています。

 

これからも萬屋本店でご結婚式を挙げて下さったお客様とのご縁を、

大切に紡いでいきたいと願っております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【古都鎌倉 結婚式】長谷の魅力

2018.12.05 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

萬屋本店がある鎌倉長谷の街。
そろそろ紅葉の季節ということで、観光にいらっしゃる方も増えております。

本日は萬屋本店のある長谷の街の魅力をご紹介させていただきます。

 

図2

鎌倉という土地は
三方を山に囲まれ、目の前が海という地形上、
自然の恩恵を受け、季節を贅沢に感じられるのも特徴です。

私たち萬屋本店があります長谷は
鎌倉の中でも『古都』といわれる歴史深き街でもあります。
古都と言われるだけあって、
長谷の街にはその時代時代で残されてきた
歴史的建造物が今も大切に守られております。

まずは長谷寺。

こちらは710年に建立されたと言われるお寺で
通称『花のお寺』と呼ばれるくらい
毎月毎月美しいお花で彩られる鎌倉一、美しいお寺。
今は紅葉も始まっており、たくさんの方が訪れる場所です。
ご結婚式にいらしていただいた皆様も、その後に観光へと向かわれる方が一番多い場所です。

 

そして、鎌倉市最古の神社と言われている甘縄神明神社。
古都鎌倉ならではの歴史ある建物と季節を感じ
素敵なお写真を残していただけることと思います。
こちらも萬屋本店からは徒歩5分圏内にございます。
静かで落ち着いた雰囲気とそこから見渡せる景色に誰もがホッとする場所です。

 

緑あふれる自然と江ノ電とのショットもこの街ならではですね。

 

また、こちらも萬屋本店から歩いて5分ほどの距離にある由比ガ浜。
これから温かい季節になり、このような海でのショットも素敵です。

このようにまだまだご紹介させていただきたい場所やものがあり
たくさんの魅力に溢れているのが長谷の街でございます。
また、奈良時代や鎌倉時代など、古くから大切に守られたこの街だからこそ
これから何十年も変わらず、ずっと守られていく街だと思います。

そんな長谷の街でおふたりの夫婦としての歩みがスタートしていきます。
何年経ってもあの日と変わらない路地や街並みがあること。
この街に帰ってくるといつでも原点に立ち返れるような
そんな、長谷の街でしかできない結婚式のお手伝いをさせていただきたいと思います。
是非 萬屋本店コンシェルジュまでご相談くださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●3月17日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【萬屋本店】日本の伝統を継ぐ演出「俥夫(しゃふ)」

2018.11.14 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの砂川です。
萬屋本店がある鎌倉・長谷の街は、秋の装いも深まり、紅葉が待ち遠しい日々になってきました。

今日はそんな鎌倉にぴったりの演出「俥夫」をご紹介させていただきます。

俥夫とは、お客様を人力車に乗せ、鎌倉の街を駆け抜けている方の事をさします。
萬屋本店では、俥夫は新郎新婦様のご要望によっては
花嫁道中の先導、披露宴の婚礼口上という大役を担うことがございます。

「嫁ぎ先の家に向かう花嫁を先導し、無事にお届けする…」
そんな昔ながらの花嫁道中を、俥夫が現代に蘇らせてくれます。

まず最初に育ててもらった親御様へ、
お二人から感謝の言葉を伝える時間「挨拶の儀」へご案内します。
このお時間を取りしきるのも大切な俥夫の役目。
一生分の感謝を伝える大切な節目の時を見守ります。

緊張感ある静寂な佇まいの中、花嫁道中の先導がスタート。

そして、披露宴では、新郎新婦が入場の際、独特の婚礼口上を述べる俥夫。
俥夫の口上が会場中に響き渡り、ピンとした緊張感に包まれ、空気が引き締まります。

婚礼口上を受けた新郎新婦が、お色直しをされご入場。
凛とした姿に、ゲストの皆さんも心が高まる中、新郎新婦をお席まで先導します。

お集まり頂いた大切なゲストの輪の中に、新郎新婦が入りひとつとなる。
輪の中で、俥夫の口上で締めくくると、一気に会場のボルテージが上がり、
新郎新婦も、ゲストの皆さんも今日という日を迎えられた歓びと想いが溢れるのです。

古き佳き日本の伝統である、俥夫による花嫁道中の先導、披露宴の婚礼口上。
凛とした佇まい、礼節を大切にする俥夫に、結婚式の本質をいつも教えてくれます。
全ての方に、是非ともこの俥夫の伝統を大切にしていただきたいです。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆