フェア予約

結婚式から繋がる家族の節目【お食い初め編】

2019.09.22 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの千葉でございます。

先日、ご結婚式を挙げられたご夫婦のお子様の
100日の誕生を祝うお食い初めのお手伝いさせていただきました。

赤ちゃんがこれからの人生において
食べ物に困ることがないようにとの願いを込めて、
食べ物を食べさせる真似を行う儀式がお食い初めです。

萬屋本店ではお食い初めのお食事を
焼き物、お赤飯、お吸い物、煮物、香の物の5皿をご用意し、
ランチのご料金と同じ3,700円にてご案内させていただいております。
※当日は歯固めの石のみご持参くださいませ。

ご結婚式の時には
親御様や大切なご親族様に向けて
立派に成長した姿をきちんと披露し、感謝を伝えることを
結婚式を挙げる理由とされていたお二人。

そんなお二人が今度は親として、子供の成長を願う側となり
萬屋本店にお帰りいただけることは
私たちスタッフとして、とても感動をいただける時間となりました。

●ご結婚式当日のレポートはこちらをご覧くださいませ。

萬屋本店のお食い初めは、
私がプランナー人生で初めて担当したお客様にお子様が誕生され、
その時にお食い初めが出来ないかのご相談をいただいたところから
料理開発をし、お食い初め用の器も揃えさせていただき
お祝いをさせていただいたところからスタート致しました。

その当時の想いを綴ったブログがございます。
【萬屋本店の願い】帰ってこられる場所

その後もお客様の大事な節目を共にお祝いしております。
他にもそのご様子をブログにしておりますので、
こちらもご覧くださいませ。
【萬屋本店・お食い初め】ご紹介ブログ

ご結婚式を萬屋本店で迎えられたご夫婦が、ご家庭を築かれ、
今度はご家族の大切な節目を、原点である萬屋本店で迎えられること。

結婚式がゴールではなく、
その先のご夫婦の人生を応援する関わりを大切にさせていただきたいと思います。
その為に「帰ってこられる場所」としてレストラン営業をおこなっております。

オープンして4年目となり、ずっと叶えたかったことが
こうして形になっていることが本当にありがたい限りです。
また沢山の幸せをいただけていることにも感謝しております。

この先も結婚式を通して
たくさんのご夫婦とご家族の幸せを
未来に繋げていけるよう歩んでまいります。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店オリジナル色打掛】新作のご紹介

2019.09.20 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店早野でございます。

本日は前回に続きまして、新作の萬屋本店の
オリジナル色打掛をご紹介させていただきます。

<オリジナル色打掛:雲取りに鶴>

今回このオリジナルの色打掛を作成してもらったのが、
京手描友禅着物の製造会社『富宏染工』
この会社の代表でもある藤井寛氏は
皇室に和服を献上している日本を代表する着物作家です。

藤井氏の特徴は、衣裳の考案から染めの仕上げまで
15 前後に分かれた京手描友禅の工程を全て統括する染匠です。

中でも作家藤井寛氏の作品は、優美で華やかなグラデーションと、
一貫した手仕事が京都の伝統を1枚の絵のような美しさで
現代に受け継いでいる他にはない唯一無二のお着物です。

今回、図案からオリジナルで作成をお願いしたため、
下絵から書き進めて頂き完成した作品は、
企画発案から打合せ~下絵~色染め~金彩加工~仕立てと、
約 8~9 ヶ月ほど完成に時間を要しました。

<図案・下絵>

富宏染工を象徴する「雲取り」の柄を主に、
羽ばたく姿が美しい鶴を配置したデザインで作ってもらいました。

<下絵を生地に描き起こしたもの>

雲取りの中には、菱やたてわくなど数種類の柄が施され、
全体の柄行が華やかな印象でご結婚式にはぴったりです。

白地に、昔ながらの朱赤・赤・抹茶色などが鮮やかに染め上がり、
裏地は対象的な落ち着いた色味にすることで
絶妙な色味のバランスを作り上げています。

京友禅は通常筆を使用するところ、
刷毛を使用して繊維の奥まで色を届けることができます。
そのため、発色の良い色合いが特徴となり、コクのある色が表現できます。

京友禅は、全行程が本来なら分業制で、
行程によっては外注を行うところが多い現代ですが、
藤井氏は自社の工房を構えており、全ての行程をおこなっています。
藤井氏は、伝統を守り伝えていきたいからという想いから、
全行程の職人に高度な技術を身に着けるよう指導しています。

一色ごとに挿して蒸しての繰り返しという通常の行程によって
起こる色の変化を避けるため、一度に塗り分けていくこだわりの作業で、
色が定着する前に他の色を挿していくため、高度な作業が必要となります。

職人が丹精込めた手仕事で、着物を単なる装い型としてだけでなく、
着物を愛するひとの心と技を感じていただきたい、
そして四季の移ろいに心動かす細やかさ、喜びや遊び心を
洒落で表現するしなやかさといった京都ならではの完成と美意識を
このオリジナルの色打掛をお召しいただくことで
萬屋本店の新婦様には実感していただけたらと思います。

まずはお衣装合わせの際のご試着から
お気軽にお尋ね、ご相談いただけたらと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式の裏舞台】サービスではない『もてなし組』とは?

2019.09.16 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

今回は、萬屋本店の「もてなし組」をご紹介させていただきます。
「もてなし組」と聞いて、皆様はどんなメンバーで、
何をする人たちなのか気になる方も多くいらっしゃるかと思います。

一般的なに披露宴の際にお料理やお飲み物を配膳するスタッフのことを
「サービススタッフ」と呼ぶことが多いのですが、
萬屋本店ではサービススタッフではなく、「もてなし組」と呼んでおります。
その背景には、私たちが大切にしている結婚式の想いがございます。

ご結婚式当日は、大切な方々を招かれる人生で大切な日。
ゲストの皆様を、新郎新婦様と同じ気持ちになって
心を込めておもてなしをさせていただくことを大切にしております。

本日はこのもてなし組が取り組んでいる裏側をご紹介して参ります。
ご結婚式当日の朝、担当プランナーより新郎新婦様のお話をさせていただきます。

新郎新婦様のお人柄、そして出会いから今日に至るまでのエピソード、
ご結婚式の「テーマ」やその背景、
どのような方々を招かれて、どんな想いを届けたいのかなど、
当日まで親友のように寄り添った担当プランナーだからこそ、
お伝えできる想いを当日のもてなし組に全て共有させていただきます。

もてなし組のメンバーは新郎新婦様の想いを知り、
一緒にご結婚式をお手伝いすることによって、
ゲストの皆様に接する中でお伝えする言葉や、
そこに込められる想いの表現が自然と変わり、
ただただお料理を出すだけのスマートなサービスとは違い、
まるで新郎新婦様の分身のように動けるのです。

例えば、最近のエピソードで思い出深いことがあります。
鹿児島出身の新郎様がご結婚式でとにかく大事にしたいと仰ったのが、
鹿児島からお越しになるご親戚の皆様でした。

幼い頃から自分を支えて応援してくれたおじさん、おばさんには
美味しいお酒と鎌倉を楽しんで帰ってもらえたらという想いでした。

ご結婚式が終わった3日後に、萬屋本店にあるお電話がありました。
そのおじ様からのお電話で本当に嬉しい嬉しいお電話でした。

「担当してくれたスタッフの方にお礼を言いたいんだよ。
実は、鹿児島に帰ってからも本当に楽しかった思い出ばかりで
妻とずっと鎌倉の話をしてるんだよ。美味しいお酒を毎回毎回入れてくれて、
鎌倉のおススメのお店も紹介してくれてね。行ってみたら本当にいいお店で、
お陰で本当に鎌倉を楽しめたんだよね。ちゃんとありがとうを伝えたくてね。
こんなにも結婚式でもてなされたことは今までなかったよ。」

この言葉は後日新郎様にも伝わり、人生で大切な方への感謝が伝わったと
私たちにも何度も何度もお礼を言ってくださり、私たちも幸せな気持ちになれました。
この時に担当したスタッフは新郎様の気持ちを理解し、分身となって動き、
心をひたすらに込めた結果、起こったことでした。

またもてなし組の中で「両親ケア」と呼ばれるメンバーがいます。

新郎新婦様と同様に、ゲストの皆様のお招きする立場でいらっしゃる親御様。
特に、心配に思われることとしてよくご相談を承るのがあいさつ回りです。

普段お世話になっている方々や、相手方のご親族の皆様にご挨拶に行く際に、
どのタイミングでどこのテーブルから行ったらよいのかなど、
初めて「親」として結婚式を迎える方にとっては、
わからないことや不安でいっぱいになってしまうと思います。

新郎新婦様にとっても大切な存在でもある親御様に対して、
「両親ケア」としてお手伝いさせていただくメンバーは、
披露宴の流れからごあいさつ回りのタイミングなど、
ご不安なことがないように一番近くでサポートをさせていただきます。

先日ご結婚式を挙げられた新郎様のお父様よりお手紙が届きました。
そこにはもてなし組への想いも綴ってくださり、本当に嬉しいお手紙でした。
一部ですが、ここでもご紹介させていただきます。

『私たちのテーブル担当の天野さんには挨拶回りでビール瓶が空になった時、
振り向けば新しい瓶を持ってサポートしてくださり、安心して回ることができました。
何かあれば天野さんがいてくれるという安心感のおかげで、長男の時は緊張のあまり、
料理は手付かずでしたが、今回は美味しい料理を堪能することができました。』

新郎新婦様にとって大切な皆様が一堂に介するご結婚式、
プランナーと共に、多くのスタッフが想いを込めてお手伝いさせていただいております。
「大切なゲストの皆様に喜んでもらいたい」、「私たちらしいおもてなしがしたい」と
おっしゃる方が多くいらっしゃいます。

そんなお二人の大切なゲストの皆様に精一杯の「おもてなし」を、
私たちらしく心を寄せて、これからも届けてまいりたいと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【写真や動画は必要?】結婚式を『記録』に残す本当の意味

2019.09.12 Category:

皆様こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの千葉と申します。

よく、結婚式を挙げられた後の感想を新郎新婦様に伺うと
「本当にあっという間でした。」と仰られる方が多くいらっしゃいます。

どんな瞬間が嬉しくて、あれだけ皆と笑いあったのか?
誰のどんなメッセージに心が震えて涙したのか?
具体的に覚えていらっしゃる方は、実は少ないと思っております。
なぜなら、それくらい心が動くシーンが
結婚式では数えきれないほどたくさんあるからです。

親友と目が合っただけで、なぜか泣きそうになってしまった。
おばあちゃんが美味しそうにご飯を食べている姿を見て、それだけで幸せな気持ちになった。
お父さんが職場の人たちにお酌をしながら「これからもよろしくお願いします」と
頭を下げて挨拶をしてくれていた。

思い返せば、実は何気ない瞬間なのに
なぜ、こんなにも胸が熱くなるのでしょうか?

それは、そこに大切な人と人とが心の通わせる瞬間があったからだと、私は思います。
それを確かに感じられた記憶があるから
結婚式の後も、ずっと忘れられない瞬間になっていくのだと思うのです。

私たち萬屋本店では、その瞬間、その一瞬の心の移ろいを
いつでも、そしていつまでも思い返せるようにしていただきたいと願っております。

お客様からは時々、「萬屋本店さんは写真データのみの撮影はなぜやっていないのですか?」と聞かれます。
その理由は、データだけですと、アルバムを残された方と比べて
結婚式後に結婚式を振り返る機会が圧倒的に少なくなるからです。

アルバムを残していただけていることで、結婚式の思い出をいつでも気軽に手に取る事ができます。
アルバムのページを捲る度に、大切な人との記憶が呼び起こされ
それはきっと人生において大きなエネルギーを与えてくれることと思います。
その価値を届けたくて、データだけではなく、アルバムに残すことにこだわらせていただいております。

「映像は絶対に残した方がいいです!」とプランナーが熱くお伝えする理由も同じです。
自分達の大切な人が、結婚式をどう楽しまれていたのか?

友人達との思い出の曲が流れたときに、どんな表情で喜ばれていたのか?
届けたい感謝の思いを花言葉にのせて飾ったテーブルのお花。
その意味は知ったあの人はどんな風に感じてくれたのか?

その時の人の表情の移り変わり、聞こえていた音、
それによって感じた思いをどう行動として表現していたのかを
記録として未来に残すことが出来るのが映像の価値です。

お写真から感じられるものと
動画によって得ることのできる情報は違ってきます。
どちらも記録として残していただく事で
結婚式の一日が人生においてかけがえのない記憶として残り
それはきっと、何年経ってもその人の人生を応援してくれる
最高の心の栄養になると信じております。

結婚式は人生の幸せのピークではなく
その先、ご夫婦として、ご家族として幸せに歩んでいくための始まりの一日です。

その一日の記憶を一生大事にできたなら
きっとそのご夫婦とご家族は幸せだと思います。

そんな価値を、これからも情熱をもって届け続けていきたいですし
その為にも結婚式の一日が本当に素晴らしい記憶になる様なお手伝いを
スタッフ全員で届けて参りたいと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

萬屋本店公式インスタグラム ~モデル写真を使う理由~

2019.09.07 Category:

こんばんは、萬屋本店の樋口です。

結婚式のご準備中の皆様には、「どんな衣装にしようか」、「どんなブーケにしようか」など、
様々な情報集めのために、【インスタグラム】をお使いの方も多いと思います。

そんな中で、萬屋本店の公式インスタグラムでは、様々なモデル写真を使用しておりますが、
実は、結婚式当日の写真を使わないようにしています。

これには理由があります。

 

萬屋本店がオープンしたばかりの頃は、結婚式を挙げてくださった方の実例もなく、
写真もほぼ、ありませんでした。
結婚式の準備をしていく中で参考になるものもなく、
本当に手探りで結婚式のご準備を進めてくださったことと思います。

それから、3年が経ち、今では【#萬屋本店】で
本当にたくさんの結婚式当日の写真が見られるようになりました。

 

結婚式の準備をしていく中で、このインスタグラムを通して、お知り合いになられる新婦様同士も多く、
インスタグラムを通して知り合われた新婦様達が、一緒にレストランにいらしてくださることもあります。

情報が多く、たくさんの「好き」を集められる今だからこそ、
私たち萬屋本店の公式インスタグラムでは、モデル写真のみをアップさせていただき、
これから結婚式を挙げてくださる皆様にとって、撮影シーンや、一日の参考書のようなイメージでご覧いただけるように。

和装での結婚式をお考えの方には、会場を越えて着物と小物の相性や、ヘアメイクとの相性の参考になるように。

萬屋本店で叶う結婚式の参考に、ぜひ、萬屋本店のインスタグラムもご覧くださいませ。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【Daiyu全員研修】社員、アルバイトの垣根を超えて

2019.08.31 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの伊藤でございます。

先日、萬屋本店の社員、パートさん、アルバイトさん、全スタッフが
一堂に介しての全員研修が開催されました。
年に一度だけ行っている大切な研修で、全員が一堂に会す場です。
だからこそ最初に全員でスタートしたのが
築94年の建物への日頃の感謝を込めて、
全員で大掃除を行わせてさせていただきました。

日頃はなかなか手の行き届かない所まで掃除させていただき
日本家屋ならではの、見えない所の埃なども綺麗にすることで
全員がすっきりした気持ちの中、午後の研修に進みました。

 

研修のスタートはケーススタディーという形で
日頃の行動やスタッフ間でも声掛けなど、
スタッフ全員で意識を揃える貴重な時間となりました。

 

萬屋本店のコンセプト「美しいもてなし」から考えたときに
お客様に対してだけではなく、上司や部下、先輩と後輩、
社員とパートさんという垣根を越えて、
どう目の前の課題や問題に関わっていくことが
お客様の目線に立ったとして正しいのか。

普段、同じ建物の中にいても働く内容が違うからこそ、
同じ目線でおもてなしを届けられるように
価値観を揃えていくという貴重な時間になりました。

また、後半は取締役の鈴木自らが講師となり
改めて今後全員で目指していきたいことを伝える時間となりました、。
これまでの弊社の歴史や、その時に何を大切にしてきたのか。
困難が訪れる中、どんな道を選択し歩んできたのかを話す時間がありました。
初めて聞くメンバーには驚きの内容があったり
昔を知るメンバーには改めて原点を思い出す振り返りの機会となりました。

自分達がこうして日々、お客様に向き合えることができるのも
それを今日まで支えてくれた先人たちの想いがあってこそだと感じさせていただき
自分もその気持ちを持って、これから歩んでいこうという気持ちにさせてもらえた
とても学びの多い時間となりました。

そして、全体研修の結びには、日頃一緒に働いている仲間に向けて
【あなたの○○○○(日頃頑張ってくれていること、意識していること、貢献してくれていること)
を知っています!】というメッセージカードの交換会を行いました。

この「知ってますカード」の時間を始めて体験したスタッフの中には
こんなに素敵な時間があるんですか!と感激し涙をするスタッフもいるくらいで、
私も大好きな時間です。

日々仕事をしている中では伝えられていない仲間への感謝や伝え合い
自分のこんなところまで見てくれていたんだという承認をもらえる時間。

当たり前のことのように思いますが
お互いが感謝の気持ちを持つ事はとても大切です。
人と関わっていく上で、相手の事を知り、承認する事。
そこに感謝の気持ちを持ち、ありがとうと伝える事。

そんな事に気付かせてくれた仲間たちと共に
これからも沢山の新郎新婦様やレストランご利用のお客様の幸せを
お手伝いしていきたいと強く感じさせていただけた一日となりました。
これからもさらにパワーアップしていく萬屋本店を
楽しみにしていただけたらと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

口コミランキングお料理部門1位を獲得!和出汁を使ったフレンチ和会席とは?

2019.08.29 Category:

皆さん、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

萬屋本店のお料理は「フレンチ和会席」がコンセプト。
フランス料理に和のエッセンスを合わせ、”和のお出汁”をベースに、
使用する食材や調理法も日本人が昔から親しんできた物を取り入れたお料理を大切にしています。

そんなフレンチ和会席の開発背景について、ご紹介させていただきます。

0016_1MK31724

フレンチ和会席を開発した背景として、
萬屋本店の結婚式スタイルである『祝言(しゅうげん)』からインスピレーションを得て、
今のお料理のスタイルが確立されてきました。

『祝言』とは、平安時代から長きに渡り行われてきた日本独自の結婚式文化であり、
今の人前式のルーツと言われている日本伝統の結婚式のスタイル。
平安時代~昭和後期まで、日本人の結婚式は主に自宅で行われていました。
新郎新婦の人生に関わる大切な方々親戚縁者、ご近所の方々、親の関係者等を招き、
その家の得意料理でもてなす祝宴。
それが今の結婚式のルーツであり、結婚式料理の原点、おもてなしの心だと考えています。

 

萬屋本店では日本人にとって馴染みの深い出汁を、コース料理の7割以上に使用しております。
フランス料理がベースではありますが、
一口食べると心からほっとする心温まる。そんな心あるお料理をご準備しております。

0004_IMG_0036

先日こんな嬉しいことがございました。
ご結婚式のご見学に来てくださったお二人からお電話があり、
『萬屋本店さんで結婚式を挙げたいと思ったので申し込みたいです。
決め手は見学の時出してもらったお出汁です。
田舎の母を思い出し、これだったら絶対ゲストの皆さんに喜んでもらえる。
実家が福井なんですが、田舎の親戚も安心して食べてもらえると
帰り道に何度も二人で話してたんですよ!』
そう仰ってくださり、とっても喜んでくださいました。

そして有難いことに、結婚式場の口コミサイトである『みんなのウェディング』に於いて、
2018年神奈川県結婚式場のお料理部門で1位をいただくことができました!
それは、お料理をお召し上がりいただいたゲストの皆様にご満足いただけた結果なのだと思い、
私達としても大変嬉しく、有難いことだと感じています。

これからも新郎新婦様の大切なゲストの皆様のために
お出汁をベースとした『フレンチ和会席』。
心を込めてご準備し、みなさまにお届けしてまいりたいと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

キッズフェスタ体験レポート

2019.08.25 Category:

皆様こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

先日、8月20日(火)に
萬屋本店でキッズフェスタが開催されました。
こちらは小学生のお子様を対象にした職業体験のイベントで
毎年、夏休みの時期に開催をしております。

パティシエやメイクアップアーティスト、司会者
カメラマンやフラワーデザイナーなどの結婚式を創るプロの仕事を
お子様たちに体験していただき
実際の結婚式を一日で創り上げるというイベントは
萬屋本店での開催は4回目を迎えます。

大変ありがたい事に、毎回満席をいただいている
大人気のイベントでございます。

結婚式を挙げるご夫婦が年々減ってきている世の中ですが
今の子供たちに少しでも結婚式に触れてもらい
大人になった時に結婚式を考えるきっかけになったらいいと思いますし
また、就職を考える時にも
幅広い選択肢を持ってもらえたらと思い
スタートしたのがこのイベントのきっかけでした。

これまで私は企画、運営をする側として参加させていただいていたのですが
小学生となった自分の息子を持つ父親として参加させていただきました。

「みんながHAPPY」というテーマをもとに
新郎新婦役のお二人も、親御様も、子供たちも
そして運営するスタッフも、全員が幸せな気持ちになってもらうことをゴールとして
結婚式を創り上げていくという一日となります。

披露宴で新郎新婦に召し上がっていただくケーキを作るパティシエチーム。
プロの使用するカメラを構えて、進行を先回りしてスタンバイするカメラマンチーム。
進行を進めて行く司会者や雰囲気を作る音響、全体をまとめていくプランナーチーム。

新郎新婦に似合う衣裳を選んで、お支度をお手伝いする衣装チーム。
ヘアセットやメイク、アテンダントを担う、メイクアップアーティストチーム。
会場のお花やブーケを作るフラワーチーム。
そしておもてなしをお届けするサービスチーム。

それぞれがプロのスタッフから技術を学び
一組の新郎新婦の結婚式と披露宴を創り上げていきます。
もちろん、結婚式なので失敗は許されません。

私の息子はフラワーチームに入らせていただき
ブーケとメインの装飾を活け込んでいました。
小学一年生なのでちゃんとできるのか心配をしていたのですが
一緒になった男の子と二人でいくつかのお花を選び、
全体のバランスを見て、活け込む位置を考えながら
一生懸命にメインソファーを飾りつけていました。

やったことのないことにチャレンジすることで
家の中ではなかなか見ることのない真剣な表情を見ることで
子供の成長を感じることができました。

普段では失敗をさせないようにすぐに手を出したり
親が近くにいることで、親に頼って来てしまうことが多いのですが
このキッズフェスタを通して
もっと子供に任せようという気持ちになりました。

参加された親御様からも
親以外の大人と触れ合うことで
普段見ることのない一面や特性を知ることができた。
また、来年も参加したいといったお声をいただくことが出来ました。

ラストには親から子供たちに、
頑張った証としての認定証とロゼットをプレゼントさせていただくという場面が設けられておりました。

その時間は、日頃、自身の子供がどんなことを頑張ってるかを書くことで
自分の子供を承認する時間となりました。

また、親として一番驚いた出来事は
最後に子供たちの中から一日の感想を募ったのですが
自分の息子が「はいっ!」と元気に手を挙げて
皆の前で発表をしたことでした。

人前で何かをやったりすることが苦手な息子が
大勢の前で自分の感じたことを伝える姿には、思わず胸が熱くなりました。
それだけで、このイベントに参加が出来て良かったと思いました。

このキッズフェスタは毎年、夏休みに開催しており
もちろん、来年も必ず開催させていただきます。
今年参加された方はもちろん
小学生であればどなたでも参加できますので
ご友人などもお誘いいただき、
子供との夏の思い出を色濃く残していただけたらと思います。

今回、ご参会いただいた皆様
誠にありがとうとうございました。
また来年も楽しみにしていてください。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【和装~白無垢・色打掛】新作のご紹介

2019.08.19 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの早野でございます。
本日は新作の和装のお衣装を2点ご紹介させていただきます。
萬屋本店オリジナル和装を是非ともご覧くださいませ。

 

●手刺繍 吉祥のしめ鳳凰

こちらの着物の技法は相良刺繍です。
相良刺繍とは、弥生時代からの刺繍の技法であり、
撚り糸を使用し、一針ずつ生地の表面で玉結びを作る。
糸の風合いが活きた立体感が出ることで、
上品な華やかさを演出してくれるのも特徴です。

粒の大きさを揃えて縫い上げることは、
熟練の高度な技術を要します。
日本の伝統的な衣装である着物の中では、
最高の技法と言われています。

正絹緞子地に、手刺繍で図案を表現した白無垢。
亀甲や七宝などの割付文様の入った熨斗目に、
松や梅、桜やもみじなどの四季折々の花を相良刺繍という
技法を用いて、一針一針手作業で縫い上げた逸品。
その上を優美に舞う伝説の瑞鳥
「鳳凰」がより一層吉祥性を高めています。

おススメのコーディネートは、
色使いはシンプルが一番のコーディネート。
落ち着いたシックな雰囲気なら、
アンティーク振袖の柔らかい色合いに、
白・金をベースにしたスタイリングがおすすめ。

また大正ロマンの雰囲気の色使いで遊ぶなら、
濃い赤とからし色の落ち着いたトーンでの
コーディネイトがおすすめの一着です。

 

●桶絞り 熨斗目飛翔鶴

こちらの着物は、赤地の総絞りの打掛です。
祝柄の象徴である熨斗目文様を桶絞りの技法で表現し、
さらに長寿不老の鳥とされている鶴が全体に刺繍されています。
鶴はつがいで一生飛ぶ鳥でもあり、夫婦円満の象徴でもあります。

また桶絞りの技法は、製作に一年以上もの月日を要する染色方法で、
時間も技術も要するため、最高級の婚礼衣装といえます。

桶絞りとは、安土桃山時代から続く、
絞り専用の桶を使用して色を染め分ける技法。
染める部分と染めない部分の境目に細かい運針を施し、
染めたい部分を桶の外に出し、染めたくない部分は桶の中に入れ、
しっかりと密封してから桶ごとに染色液に入れて染め上げる。

染め上げる色ごとに、同じ工程を繰り返していきます。
染色液に豪快に浸すので、ダイナミックな深い色合いが実現します。

このお着物のおススメコーディネートは、
白無垢の後の掛替で、アンティーク振袖に
濃い赤小物のコーディネイトも素敵な印象になります。

また絞りの柔らかい雰囲気にあわせ、
ベージュの引振袖と合わせると優しくフェミニンな印象に。
シックな雰囲気なら、黒の引振袖にからし色のコーディネイトで
コントラストのある色遊びもおすすめです。

以上、このような形で新作のお着物もご用意しております。
小物選びのコーディネートも含めて、ご自身の想いを形しませんか?
唯一無二の衣装を見つけて生涯の宝物としてご提案させていただきます。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【国際結婚をお考えの方へ】海外ゲストにも喜ばれるおもてなしポイント

2019.08.10 Category:

皆さんこんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの千葉です。

萬屋本店のある古都鎌倉、長谷の街は
長谷寺や鎌倉の大仏、由比ガ浜など
毎日たくさんの観光の方が訪れる
日本有数の観光地でございます。

また、ここ数年では海外からの観光客も大変多く見かけるようになりました。
古き良き日本の美しさが残るこの街は
海外の方からも大きな興味をお持ちいただける要素が
たくさんあるのだと思います。

また、ここ萬屋本店のご結婚式でも
海外のゲストをお招きする方や
国際結婚のカップルさんが多くいらっしゃいます。
そんな海外のゲストの方が喜ばれるポイントを本日はいくつかご紹介させていただきます。

~歴史的建造物~
大正14年に建てられた日本家屋は
今では見ることのない2尺8寸の梁がそのまま残されていたり
釘を一本も使わないという日本の伝統工法「接木技法」は
日本文化への興味が掻き立てられる空間です。

~萬屋本店の歴史~
お酒の卸販売を行っていた萬屋本店は創業200年以上の歴史あるお店です。

当時使用していた徳利や計り、販売許可証などは
日本人の我々でも心を奪われる、日本の歴史を感じられる場所です。

~花嫁衣裳~
海外の方が一番興味を惹かれるのが、和の装い。

白無垢、色打掛、振袖、それぞれの衣装の柄行や意味。
小物の色使いに至るまで、細部にまでこだわった花嫁姿は
日本の結婚式をもっとも感じていただけるもの。

萬屋本店でご紹介するお衣装は全て正絹(しょうけん)で仕立てたものであり
また、職人が一つ一つ丹念に織り込んだ柄行は全て和柄のものをご用意。

~鏡開きによる祝宴のはじまり~
「ご両家のご縁が開いていきますように」
そんな思いを込めて開く鏡開きは、日本の伝統文化として
海外の方にも大変人気がございます。

開いた後は振る舞い酒として、新郎新婦がお酌をしてゲストのお席を周る。
大切な人達と同じ酒を酌み交わす幸せは、国や文化が違っても同じ。
心と心を分かち合う時間。

~出汁を楽しむお食事~
日本人が古くから親しみのある出汁。
鰹と昆布の一番出しに醤油と塩だけで味付けをした
完全無添加の出汁は、味の深み、旨味を感じられる。
老若男女、国籍を問わずお楽しみいただけるように
料理人が心を込めてご用意させていただきます。
一日二組の貸し切りの結婚式だからこそ
アレルギー対応やビーガンの方もしっかりと対応させていただけます。

~鎌倉近郊での宿泊&観光のご案内~
萬屋本店から歩いて徒歩5分にある最寄りの宿泊施設をご紹介。
結婚式の前日や当日、ご結婚式以外の時間は
鎌倉の街を散策していただき
日本を満喫していただけることも
この街ならではのおもてなしです。

 

この様にポイントで少しお伝えさせていただきましたが
演出などで盛り上がるのではなく
お過ごしいただく空間や、お召いただくものなど
一つ一つに意味をもたせ
お二人がどんな事を大切にご準備をされてきたのかを
シンプルにお伝えしていく事が
ゲストの方の喜びに繋がると考えております。

新郎新婦様が海外にいらっしゃる場合には
スカイプなどでのお打合せも可能でございます。

わざわざ海外からお見えになられるゲストの皆様にとっても
日本にまで来て本当に良かったと感じていただける
そんな一日を、萬屋本店全スタッフでお手伝いさせていただきたいと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月20日(日)1部9:00~・2部12:15~
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート、試食会、
人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちら
【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆