フェア予約

【萬屋本店レストラン】ファミリーフォト企画開催しました!

2020.07.06 Category:

皆様、こんにちは。萬屋本店の樋口です。

先日萬屋本店レストランにて、「ファミリーフォト企画」を開催いたしました。
こちらは、レストランにいらしていただきましたお客様皆様に
お食事前またはお食事後に、ご家族やご友人様とのお写真を撮影させていただき、
データでお渡しするという企画です。

3月に結婚式を挙げさせていただいた私ですが、
カメラマンの勅使河原さんにお願いしていたことがあります。
それは、家族4人での写真を撮影すること。
小さい頃は、家族でどこかに行く度に写真撮影はしていましたが、
大人になるとお互い仕事もあり、一緒にどこかに行く機会もなくなり、
家族4人での写真が一枚もないことに気が付きました。

だからこそ、せっかく写真撮影を行う結婚式で、
家族の写真を撮りたいと思っていました。

結婚式を終えて、新型コロナウィルスの影響もあり、
お互いの家族にも会えていない状況が続く中で、
一緒に食事をしたり、ともに過ごすことが
当たり前ではないんだなということを感じていました。

せっかくご家族や、ご夫婦でレストランにていらしてくださる皆様には、
ぜひ、写真撮影をして、その日を記録してほしい。

月に1度はレストランで「ファミリーフォト撮影日」を設け、
家族の記録を大切にしていってほしい、そんな想いからこの企画は生まれました。

当日は、萬屋本店で結婚式を挙げてくださった方が帰って来てくださり、
お子様の2歳の誕生日のお祝いに、一緒に撮影をしたいということで、
撮影時間を30分多くもうけ、撮影をさせていただきました。

久しぶりの萬屋本店でしたが、結婚式当時を思い出し、
最初から安心したような表情のおふたり。
思い出のお庭や、暖簾前でのお写真撮影の他、
結婚式の時と同じように披露宴会場のソファでの撮影も行いました。

結婚式当日とは、一味違った、嬉しそうで元気な表情が印象的でした。

毎月結婚式の打ち合わせを行ってきたおふたりですが、
結婚式後はお子様のご出産やお仕事のご都合もあり、
なかなか帰ってくることが叶わなかったとおっしゃっていたおふたり。

そんなおふたりが、お子様をつれて一緒に帰ってきてくださったこと、
そして、お子様が元気にお庭を走り回ったり、
レストランでゆっくり食事をしている姿を見ることができて、
本当に嬉しかったです。

そして、初年度に結婚式を挙げてくださったおふたりも
お子様の3歳のお誕生日当日に帰ってきてくださいました。

元気なお子様と一緒に、お帰りの際にスタッフと共に撮影させていただきました。

 

次回開催は、7月12日(日)・23日(木・祝日)を予定しております。
8月以降の日程も決まりましたら改めて発信させていただきます。

※撮影は1カット、メールにてデータでお送りいたします
 上記他、30分の撮影は別途1万円(税込)を頂戴いたします
 ご希望の方は、レストランご予約時に、ご相談くださいませ

ご家族で過ごすことが多くなってきた今だからこそ、
それを当たり前とただの日常にするのではなく、
大切な一日として、ぜひ、ご家族とのお時間を記録し、
お子様の成長や家族での記憶をいつでも見返せる写真で
残していただければ嬉しいです。

レストランでお待ちしております!


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店スタッフの願い】帰ってこられる場所

2020.07.04 Category:

こんにちは。
萬屋本店の砂川です。
6月より再スタートしたレストランには、沢山のお客様にお越しいただいております。

実際にご結婚式を挙げられた多くの新郎新婦様にも、
ご結婚式を挙げられたこの萬屋本店に帰ってきていただいております。
そんな先輩カップルに、結婚式を挙げられたこその今のお気持ち、
また、こうして帰ってきてくださる率直な想いを伺ってみました。

【2020年1月にご結婚式を挙げられた真郷さん・弘美さん】
昨日は素敵な時間をありがとうございました。
久しぶりの萬屋さんでのお食事や、あたたかいおもてなしに、
1月に挙げた結婚式を思い出し夫婦で式当日の話をして盛り上がりました!

結婚式後に、友人や親族から、本当に良い結婚式だったと言ってもらえた事、
疎遠だった親族とも式後は連絡をとったり出来るようになった事、
心から結婚式を挙げて良かったと思いました。

また私達の式を一緒に作って下さったスタッフの皆さんに
こうして会いに来れる事が、何より私達夫婦の宝物になった気がします!
これからも様々な節目を萬屋さんで迎えられると良いなぁと改めて感じました!

【2019年5月にご結婚式を挙げられた航さん・あすかさん】
昨日はお忙しい中、沢山のお心遣いと暖かいおもてなしをありがとうございます。
レストランのシェフまで出てきてくださって2人で帰りの道中感動しておりました!

萬屋へ伺うと、いつでもあの時のことを思い出すことが出来、
こういった場所が出来たことを2人で嬉しいね。と話しました。

私達2人にとって結婚式は最初やらなくてもいいもの、
自己満足だろうという認識であったところを、
家族の為、家族の絆を深める為の必要な1日であるという
認識に変えてくださったのは、砂川様はじめ萬屋本店の皆様だと思います。
また、お顔を拝見しに近々伺いたいと思います。


ご結婚式を挙げられた場所に帰ってきてくださることで、
ご結婚式の想い出、大切な人たちのことを思い返していただける。
新たなご縁や結びつきが深まったことを夫婦として分かち合い、喜び合える時間。
帰ってこられる場所にはそんな力があるのだなと、教えていただきました、

そして、わたしたち萬屋本店のスタッフに会いに来てくださること。
人を想い、笑顔を交わすことで心があたたまり、幸せになる。
そんなご縁を、私たちはこれからもお客様と大切に育ませていただきいと思います。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【新たな始まりに向けて】ご結婚式を延期されたお客様との嬉しい繋がり

2020.06.17 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

昨今の新型コロナウイルスの影響により、
萬屋本店でもやむを得ずご結婚式のご日程を
延期されたお客様がいらっしゃいます。
このようなご決断をされることに対して、
大切なゲストの皆様やお客様を思うと、新郎新婦様が一番心苦しく、
大変辛い思いをしていらっしゃるのではないかと感じております。

そんな中、先日、新型コロナウイルスの影響により
ご結婚式のご日程を延期された新郎新婦様が、
当初、予定していたご結婚式のお日にちに、
萬屋本店レストランにご来店してくださいました。

お二人とは、今年の2月からお打合せがスタートし、
ご結婚式当日に向けてご準備をしておりました。
そして、ご準備期間の中では、前撮り撮影も行いました。

当日にお召しになられるお衣装とはタイプの違うタキシード、
何着も試着を重ねて、その中で大変気に入ってくださったドレスでのお写真撮影。
館内だけではなく、長谷駅や由比ヶ浜の海岸などでも撮影をしました。

そんな最中、ご結婚式を約2か月後に控えた4月初めに、
新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令がありました。
ご遠方からお越し方など、ゲストの皆様のことを考えるととても心配だということで、
今回、ご結婚式のご日程延期というご決断をされました。

そして、この日は、当初ご結婚式を予定していたお日にちに、
お二人揃って、萬屋本店レストランにお越しくださいました。

お二人にとっても忘れることのない今日という大切なお日にちに、
「どうしてご来店してくださったのですか?」とお伺いすると、
「元々結婚式を予定していた日だったので、どんな形でも絶対に萬屋本店に行きたいと思っていました」
とおっしゃってくださいました。

そして翌日、お客様より頂きました嬉しいメールをご紹介させていただきます。
———————————————————————————————————–
本日はおいそがしい中、ディナーの席に来てくださりありがとうございました。
私たちの都合で延期とさせていただいたのに、
こういったお心遣いをしてくださり…感謝の気持ちでいっぱいです。
そして萬屋本店で結婚式を挙げたい気持ちがより一層高まりました。
準備期間が伸びた分、準備にも力を入れて取り組んでいこうと思います。
————————————————————————————————————
今回の新型コロナウイルスによる影響は、
私たち一人一人にとって計り知れないものであると思います。
それでも、大切なご結婚式に向けて今日の日を新たな始まりの一日とし、
前向きに思っていただけることが何より嬉しく思います。

 

その他にも、最近は大変嬉しいことに、ご結婚式を挙げてくださった新郎新婦様や、
これからご結婚式を挙げられる新郎新婦様、親御様など、
多くの方々がご来店してくださっております。
どんなお客様にとっても、ご結婚式を挙げられる日は、
ご夫婦にとって一生変わることのない大切なお日にちであり続けると思います。

~帰ってこられる場所であり続けたい~

私たちはこれからも、ご結婚式を挙げられた記念日を迎えるごとに、
ご結婚式の思い出に心が震えて、感動を更新し続けていただけるような
人生においてのご結婚式を、心を込めて精一杯お手伝いさせていただきます。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式で大切にしたいこと】古き佳き日本の伝統を守る俥夫

2020.06.05 Category:

こんにちは。萬屋本店の砂川です。
普段は人力車をひいて街を駆け抜けている俥夫。
皆さんも一度は見かけたことがあるかと思います。

萬屋本店では、新郎新婦様の先導役や、披露宴の婚礼口上といった
日本の結婚式の伝統的な役割を、俥夫が蘇らせてくれます。

そんな俥夫と共にご結婚式を迎えられた新郎新婦様、ゲストの皆様の心には、
俥夫の存在が強く心に残り、実際の口コミでも、
沢山の嬉しいお言葉をいただいております。

「俥夫さんの先導や口上は他の式場で見たことがなく、
ゲストにもとても好評で喜んでいただきました」

「結婚式当日は1日を通して俥夫さんの先導の元、
和装姿での美しい所作や、立ち居振る舞い、
そして本番を迎える際の心構えを教えてくれ、その存在が大きな安心でした。
もちろん、会場の雰囲気にもぴったりです」

「俥夫さんが結婚式という場をしっかりと締めてくれます」

では、なぜここまで俥夫が皆様の心に残っているのか。
実際にご結婚式でお手伝いをさせていただいている俥夫の沼沢さん(通称:沼さん)に
結婚式に婚礼俥夫として入る心持ちを聞いてみました。

俥夫が婚礼に入る意味
元来は御親族をはじめ各町内会や青年部の方々が
両家の名入り提灯や嫁入り道具をお練り、祝い詩吟を述べ、
旅籠や牛馬を運ぶといった嫁入り道中の仕切りや補佐をされておりました。
現在では僭越ながら我々婚礼俥夫が、その重責を担わせて頂き、
日本の伝統を継承させていただければと思っております。

俥夫として大切にしていること
萬屋本店での挙式は『祝言』や『人前式』といった日本古来の挙式形態であります。
その為、所作所為や道中も日本古来の文化にて執り行うべきと考えております。
その文化を具現化してお伝えするのが我々婚礼俥夫でございます。
終日に渡り、お二人の側にて日本の古き佳き
嫁入りの在り方をお伝えしております。

そして、新郎新婦様やゲスト以外でお写真に写ることが一番多いのが、
我々婚礼俥夫だとも心得ております。
その為、所作所為は勿論のこと、衣装のしわ一つ、
言葉や台詞の一字一句まで徹底して気を配っております。
写真は記録や想い出として永劫未来に残るからこそ、
またお二人がさらに素敵に美しく華やかに見えるよう最善を尽くしております。

新郎新婦様の所作所為をお伝えするとともに、
新郎新婦様としての心得、結婚の決意と覚悟のお気持ちをも整えてくれる俥夫。
これからも萬屋本店では、ゲストの皆様の心に古き佳き日本の伝統をお伝えし、
日本の素晴らしさを体現している婚礼俥夫を大切にしていきます。

 


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【送賓】大切な人との「想い」を繋ぐ時間

2020.06.01 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

ご結婚式当日は、大切な人に面と向かって感謝を伝えたり、
今までお世話になった方々に「おもてなし」をお届けしたりと、
ゲストの皆様との笑顔いっぱいの楽しいシーンや、
感動的なシーンなどが多くございます。

その中でも、ご結婚式の締めとして、
全ての新郎新婦様にぜひ、大切にしていただきたいと
私自身、強く願っているお時間が「送賓」のお時間でございます。

そもそも「送賓」とは、一体どんなことを行う何のための時間なのか、
何がそんなに大切であるというのか。
今回は、お打合せの中でもお話をさせていただくことが少ない、
「送賓」について、こちらのブログでご紹介をさせていただきます。

ご結婚式当日、ご披露宴が結ぶと新郎新婦様には、
お越しいただいたゲストの皆様のお見送りをする
「送賓」というお時間を設けさせていただいております。

送賓の際には、お越しいただいた皆様への感謝の気持ちを込めて、
「プチギフト」を新郎新婦様より直接お渡ししていただいております。

この「送賓」のお時間は、新郎新婦様が皆様のお見送りをするだけではなく、
【心と心が通じ合い、自分の人生を承認することができる素敵な時間】
であると、私自身、強く感じております。

多くの新郎新婦様が、当日お越し頂く大切な皆様のために、
お打合せを通じて様々なご準備を行い、
たくさんの想いを込めてご結婚式当日を迎えてまいります。

そして挙式~披露宴と、一日はあっという間に時間が経っていき、
その中では、多くの皆様と楽しいひと時をお過ごしになられると思います。

披露宴が結ぶと、「本当にあっという間で幸せな時間でした!」と
おっしゃられる新郎新婦様が多くいらっしゃいますが、
お越しいただいたゲストの皆様は実際どう感じていらっしゃるのか。

実は、「この幸せいっぱいな気持ちを、新郎新婦様に伝えたい!」
と思っていらっしゃるゲストの方々が多くいらっしゃるのです。

「最高の結婚式だったよ、呼んでくれて本当にありがとう」
「これからもずっとよろしくね」、「絶対に幸せになってね」
多くのゲストの方々が新郎新婦様に向けて、お祝いのメッセージをお贈りしております。

中には、感極まって涙をする人や、
熱い抱擁を交わしていらっしゃる方の姿も見受けられます。

普段、なかなか照れくさくて伝えられない一言。
その一言を、伝えることができた時、伝えてもらった時、
これまでの繋がりからより一層絆が深まり、
お互いをもっと大切にしようと強く思うことができる
一生忘れることのない時間になることでしょう。

ご結婚式が結んだ後も最後まで、
「いい結婚式だったな」と思ってもらえような一日を
ぜひお過ごしていただけたら、私たちも大変嬉しく思います。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

ご高齢のゲストの方々に届けたい「おもてなし」

2020.05.18 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

昨今、新型コロナウイルスの影響による外出自粛要請により、
ゴールデンウィークといった長期休暇の期間にも、ご実家への帰省や、
祖父母様に会いに行くことが叶わなかった方々が、多くいらっしゃることと存じます。

私たちが過ごしてきた日常が、当たり前ではなくなってきた今だからこそ、
大切なおじいちゃん、おばあちゃんには必ず結婚式に来てもらい、
「一緒に楽しい時間を過ごしたい」、「晴れ姿を見てもらいたい」
とおっしゃられる新郎新婦様が多くいらっしゃいます。

 

今回のブログでは、ご高齢の祖父母様やご親族様にお越しいただき、
萬屋本店としてお届けすることができる「おもてなし」をご紹介させていただきます。

 

●館内でお届けできるおもてなし

萬屋本店は、1806年より商いを行っていた商家をリノベーションした会場となっており、
鎌倉の街でも数少ない、築94年以上の日本家屋の一軒家でございます。

まずお越しいただき、大きな暖簾をくぐって中に入っていただくと、
そこには、お酒の卸問屋をやっていた当時から
ずっと大切に残され続けている「徳利」や「金庫」、「販売許可書」といった、
長い年月を経ても歴史を感じることができる、調度品が多くございます。

幼少期の頃から、日本家屋に馴染みのある方々にとっては、
子供の頃の思い出が蘇ってきたり、ご実家に帰ってきたような懐かしさを感じられる空間となっております。
また、ご来館いただいた多くのご高齢のゲストの方々が、
実際に館内をご覧になられて、たくさんお写真を撮ってくださったり、
私たちスタッフに対して、館内の歴史について教えてほしいとご質問をくださるなど、
新郎新婦様の見えないところで、ご来館した時から楽しんでいただくことができます。
萬屋本店だからこそお届けすることができる、
新郎新婦様からの「おもてなし」だと感じております。

 

●スタッフがお届けするおもてなし

私たち萬屋本店のスタッフは、誰かに頼まれたことや決まっていることだけをやるのではなく、
目の前のお客様のためにどんなことをして差し上げることで、喜んでいただくことができるのか、
スタッフ一人一人が自ら考えて行動するという「心を届けるおもてなし」を、心から大切にしております。

以前、ご結婚式を行わさせていただいたお客様より、
実際に私たちが頂くことができたお言葉を、ぜひご紹介させていただきます。

———————————————————————————————
ご結婚式に向けてのお打ち合わせの中で、新郎新婦様から
新婦祖父様は右耳が聞こえづらいというお話をお伺いしておりました。

お孫さんのご結婚式をとても楽しみにしてくださっている祖父様のために、
私たちにも何かできないかとチーム全員で考えさせていただき、
「右耳が聞こえずらいのであれば、左耳から話しかけてご案内をしよう」
ということを全スタッフに共有して、当日を迎えてまいりました。

当日、ご案内をさせていただく際には、必ず左耳からお話させていただき、
祖父様は、新婦様の晴れ姿に涙をするぐらい、とても喜ばれておりました。
———————————————————————————————

新婦祖父様は、左側からずっと話しかけてくれていたことに、
ご披露宴がお開きになるまで気が付くことはなかったと思います。
そんな気が付かれないぐらいの気遣い、心配りが、
萬屋本店でお届けすることができる「おもてなし」であると考えております。

今回は、新郎新婦様からお届けすることではなく、
萬屋本店としてお届けすることができる「おもてなし」を、
実際の実例と共にご紹介させていただきました。

新郎新婦様以上に、新郎新婦様の大切なゲストの皆様のことを考えて、
想いを叶えることができるようにスタッフ一同、心を寄せてお手伝いさせていただきます。
気になることやご心配なことがございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【資料請求から始まる結婚式のご準備】

2020.05.08 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの伊藤でございます。

いつも萬屋本店のブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの流行によって、働き方が変化し
以前より、おふたり揃ってご自宅で
過ごされている方も多いのではないでしょうか?
お仕事をされていると、こんなにも同じ時間に同じ場所で
一緒に過ごされることもなかったのではないかと思います。

今までは、ご結婚式のご準備をスタートされる際に
すぐに式場見学に足を運んでくださる方が多かったですが、
今の時期、なかなかご来店が難しい中にもかかわらず、有難いことに
資料請求のお問い合わせをいただくことが多くなりました。

そんな有難いお問い合わせをお受けさせていただく中で、
ご結婚式のご準備をスタートされるご新郎ご新婦の皆様へ、
より多くの有益な情報をお届けし、
少しでも前向きにご準備を進めていただける
きっかけになればと思い、
今回は≪資料請求≫でお送りさせていただいている
「萬屋本店 スタイルブック」について綴らせていただきます。

「萬屋本店 スタイルブック」とは、
萬屋本店の歴史や想い、24のこだわり。
私たち萬屋本店がお届けさせていただいているご結婚式についてを
ぎゅっとまとめた一つの冊子となっております。

私が萬屋本店で働き始めた当時、
このスタイルブックを見た時、
心を打たれたページがいくつかありました。
その中でも特に心を打たれた2つのページをご紹介いたします。

まず、その1ページがこちらです。

24のこと―「19 あいさつの儀」
挙式の前に大切にしてほしい家族の時間
育ててもらったご家族様へ 感謝の気持ちを伝える時間

小さい頃からおふたりの一番近くで見守り、
一緒に人生を歩んでくださったのが
親御様であると思います。
近い存在だからこそ、
日頃は恥ずかしくて伝えられていない感謝の気持ちを
きっと誰しも伝えたいと思っているはず。
そんな大事なことを気付かせてくれた1ページでした。

もう1ページがこちらです。

もてなし-「それは美しいもてなしが許された場所」

これが私たち萬屋本店のコンセプトです。
おもてなしの語源は裏表無しとされていて、
裏表の無い「心」。
きっとおふたりも裏も表も無い感謝の気持ちや、
恩返しをしたい方々ばかりを招かれるはず。
萬屋本店は、おふたりがそういう気持ちで招かれる
大切な方々に向けて何が出来るかを共に考え、
おふたりだけが主役のような一般的な結婚式ではなく、
おふたりの大切なゲスト全員が主役となる、
これまでの恩返しができるような結婚式。
そんなおもてなしのある一日を
ご提供させていただきたいと強く思える1ページでした。

今の世の中、直接ご来店をせずとも、
インターネットや資料で、色々な情報が手に入る中で
この冊子を手にしたとき、
こんなにも一つのものが完成するまでのストーリーや作り手が
その場所で大切にしている熱い想いが載っていることに感動し、
ぜひ多くのご新郎ご新婦様に届けたいという強い思いになりました。

こちらから資料請求のお問い合わせをいただけますので、
ご結婚式を考えていらっしゃるご新郎ご新婦様には
まずは資料請求のお問い合わせをしていただきたく思っております。

ご自宅にいらっしゃる時間が増えていらっしゃる今。
今だからこそ、ご夫婦やご家族でゆっくりと話しながら
おふたりにとって大事な人生の節目になる
ご結婚式のイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

まだ何も決まっていない状態でも、もちろん構いません。
資料請求のお問い合わせ後、
ご見学のお希望をいただいたお客様には
事前相談会という時間を設けさせていただいておりますので
是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【お子様ゲストも安心】心を届けるおもてなし

2020.05.04 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

ご結婚式は、新郎新婦様の大切なご家族様やご親族様、ご来賓、ご友人の方々など年齢層も様々な方が一堂に会する時間です。
その中でもお子様連れの親御様からすると、特に挙式の時間や披露宴の際などは、緊張感を感じるお時間も多くあるかと思います。

小さいお子様連れの親御様は、挙式や披露宴の際に泣き始めてしまうことや、
お子様が椅子にじっと座っていることができなくて遊びまわってしまうことなど、
ご結婚式に連れていくことで迷惑をかけてしまうのではないかとご心配なゲストの方がいらっしゃると、
新郎新婦様からどうしてあげたらいいかとよくお打合せでご相談をいただくこともございます。

お子様連れのゲストの皆様に、
私たち萬屋本店がどのようなおもてなしをすることによって、
安心してご結婚式にお越しいただくことができるのか。
お子様連れのゲストの皆様にも安心して楽しんでもらうことが出来るような
萬屋本店だからこそできる日々のおもてなしを、ぜひご紹介させていただきます。

 

●館内での過ごし方
まずご来館されましたら、レセプションにてお荷物やお上着、
ベビーカーなどをお預かりさせていただいております。
披露宴会場にベビーカーを運ばせていただくこともできますので、
お食事をまだ召し上がることのできない乳児の方をお連れのお客様にも
お席で見守ることができるのでご安心いただくことができます。

二階のお待合いには、靴のまま上がっていただくことが出来ます。
お子様のお靴を何度も脱ぎ履きしていただく必要もございません。
お待合スペースにはソファー席もあり、ご親族様が集まった空間では、
久々に顔を合わせる皆様と近い距離で、お子様を中心に和やかな時間が生まれております。

 

●披露宴会場での過ごし方

ご結婚式のご準備を進めていかれる中で、乳児~未成年の方につきましては、
年齢やお食事コース、子供椅子の使用の有無などを細かく確認させていただいております。
披露宴会場に入ると自分のお席があり、お父さんお母さんが一番近くにいることで、
お子様からはとても嬉しそうな様子が見受けられ、親御様も非常に安心してお過ごしいただけます。

 

●お子様のお食事について

お食事につきましては、基本的に年齢によってご提案をさせていただいております。
2歳~7歳のお子様には、お子様ランチのワンプレートをご用意します。
オムライスやハンバーグ、エビフライ、サラダ、スープ等のワンプレートは、
お子様の大好きなものが揃っており、目を輝かせて召し上がってくれます。

8歳以上のお子様には、お子様ミニコースがございます。
前菜・スープ・お魚・お肉・デザートの計5品を堪能していただけるこちらのお料理では、
大人コースと同じ「特選黒毛和牛」をご用意させていただいており、
食べ盛りのお子様にも大変満足していただける内容となっております。

0歳~1歳の乳児のお子様につきましては、
お食事のご提供はなしということでご案内をさせていただきますが、
ご自身で離乳食などをご持参していただけましたら、
スプーンやお皿などの貸し出しをさせていただいておりますので、
どんなことでもお気軽にお尋ねくださいませ。

 

●キッズスペースについて

小さいお子様連れの多いご結婚式の場合は、
披露宴会場内に、「キッズスペース」という場所を設けてみてはいかがでしょうか?

お子様が結婚式のお時間の間、楽しく遊ぶことができる「キッズスペース」として
マットを敷き、そこにおもちゃや絵本、積み木などを新郎新婦様がご用意してあげると
お子様たちは自然と楽しそうに遊んでおり、親御様もその様子にご安心されています。

お越しいただいている大切な皆様と、近い距離でアットホームな雰囲気の中、
全ての方と一緒に楽しみたいということであれば、とても素敵な時間をお届けすることができます。
お子様の笑顔を見ていただくだけでも、この空間には心のこもった温かい時間があると、
感じていただくことができるのではないでしょうか?

 

●お子様へのプレゼント

披露宴の2時間30分のお時間を時と座っているとなると、
好奇心旺盛な子供たちからすると少し退屈に感じてくるお時間もあるかと思います。

そんなお子様にずっと楽しんでもらえるよう、
お子様にプレゼントを用意されてはいかがでしょうか?
その中で、特に私がお勧めなのは、「写ルンです」でございます。
披露宴の際には、子供カメラマンとしてお仕事を与えてあげるのです。

写ルンですは、シャッターを押すだけで写真が撮れる、簡単なフィルムカメラでございます。
デジタルとは違い、写真屋さんなどで現像することで撮影した写真が見れるので、
実際に自分が撮影したお写真が現像されたのを楽しみに待っているのも、
フィルムカメラの醍醐味だとも思います。

時代が経っても廃ることのないお写真だからこそ、
月日が経った時にはその写真を見ながらお子様の成長をみんなで見守ることができ、
新郎新婦さまにとってもかけがえのない思い出として
一生残り続けていくと思っております。

今でこそ、フィルムカメラの再ブームがしておりますが、
実際に使ったことのない子供たちも多くいらっしゃると思います。
そんなお子様へのプレゼントとしても、
絶対に喜んでいただくことができるのではないでしょうか?

 

以上、いつくかご結婚式の実例を含めて、ご案内をさせていただきました。
新郎新婦様にとってご列席していただくお子様連れの親御様や、お子様たちに
安心して楽しんでいただくことができたら一番いいのではないかと思っております。

そのために、当日に向けて今からできることも沢山あるかと思いますので
いつでもお気軽に担当コンシェルジュまで大切なゲストについてご相談くださいませ。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式場見学の前が大事】事前相談会のおすすめ

2020.04.28 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

現在、結婚式場の見学に行きたくても動けなくて
どうしたらいいのかをお悩みの方も多いのではないでしょうか?

また、この事態が終息に向かい
世間も落ち着きを取り戻し
式場見学が出来るようになった場合にも
一時的に停止していた社会がそこから一気に動き出すことを考えると
お仕事なども大変おいそがしくなることが予測されます。

そんな中、結婚式場選びをご自宅に居ながら
有効的に進められるようなことが出来ないかと思って
今回、私たちで考えたことが
式場見学の事前のお電話相談会です。

実は式場見学をされるにあたり
事前にお二人で相談された方がいい内容があったり
親御様にご相談をされておいたほうが良いことなどもございます。

例えば、お人数やお日柄のこと。
ご新郎家とご新婦家で、人数のバランスを考えた時に、どこまで呼ぼうか悩まれていたり、
でも、そもそも本当にバランスを大事にしなければいけないのかが分からなかったりしませんか?
お日柄なども、自分たちは仏滅でも気にしないけど、親御様は気にするのかどうか?
でも、式場によっては仏滅だとお得な特典がある場合も多いので
どちらを優先的に考えた方がいいのか、分からなかったりしませんか?

ご結婚式はお二人だけのものではなく
ご両家様にとって大切な一日になりますので
たくさんの人の希望が重なってまいります。
それを事前に整理したうえで、式場見学に進んでいただけると
お二人にとっても、親御様にとっても安心につながるのではないかと考えます。

萬屋本店の経験豊富なプランナーと
15分ほどのお電話のお時間をいただき
お二人の現在のご状況などを率直に伺わせていただき
事前にお二人にとって必要な情報をお伝えさせていただく時間となります。

式場見学も貴重なお休みのお時間を使って動かれることと思います。
事前に必要な情報をしっかりとお二人が握った状態で
余計な時間をかけることなく
大切な一日を迎える式場選びを進めていただけたらと思います。

まだ何も決まっていない状態でも、もちろん構いません。
ご見学のお希望をいただいたお客様には
もれなく、この事前相談会という時間を設けさせていただいておりますので
是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【ご準備のススメ】今だからこそできる結婚式のご準備

2020.04.24 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。

先日自身のブログをあげさせていただきました中で、恥ずかしながら、また、自身の結婚式のブログをあげさせていただきます。

結婚式のご準備を進めていらっしゃる皆様には、いまだ状況が日々変わる中で、ご不安なお気持ちでお過ごしのことと思います。
結婚式の延期を決定され、ご準備期間に意図せず余裕が出てこられた方もいらっしゃるかと思います。

結婚式のお日にちを改めてご決定され、お気持ちを改たにご準備を進めていらっしゃる方も多いかと思います。
そんな中で、ぜひ、いまだからこそできるご準備のお勧めを私からお伝えさせていただきます。

実は、結婚式の初回打ち合わせの際、私たちがお招きしたいと思っていたゲストは、約60名様でした。

自分たちにとって今関わりのある方、大切な方々を想い浮かべたリストアップをし、初回の打ち合わせに挑んだのですが、その際、担当の野田よりこんな言葉を投げかけられました。

「綾菜さん、本当にいいんですか?」
「本当に一緒に過ごしたい方、呼べてますか?」

今までウェディングプランナーとしてお手伝いをしてきた経験からも、リストアップをする際には、おおよその披露宴の際の配席まで考え、なんとか効率よく、仕事をしながらでも準備をしたいと思っていた私にとっては、とても驚きの言葉でした。

「なぜ結婚式を挙げるのか?改めてインタビューシートの内容や親御様に対しての想いを伺ったときに、本当にこの方々だけで大丈夫ですか?
何も考えず、ただ自分の人生において大切な方だけを挙げていくとしたら、どうですか?」

まっすぐに向けられたその言葉から、結婚式の準備に向け、自然と持っていた私の常識や、しがらみがなくなり、自分の人生のターニングポイントに携わってくれた方々、また、地元の長野で私のことを心配してくださっている方々もお招きして、安心してもらいたいと思うことができました。

打ち合わせの後、家に帰ってすぐにふたりで再度リストアップを行い、招待状の準備の前にみんなに連絡しました。

「絶対行きます!」
「誘ってもらえて、本当に本当に嬉しいです!」
それぞれからすぐに嬉しい返事をもらい、改めて、こんなにたくさんの方に支えてもらっていたのだなと思い、それだけでも幸せな気持ちになりました。

そんな言葉があったからこそ、過ごせた当日の写真がこちらです。

長野時代、みんながいたから頑張ることができました。
そして、萬屋本店に来てから支えてくださったこれだけたくさんの方々がいたからこそ、過ごせた毎日がありました。
野田の言葉がなければ、こんな時間を過ごすこともなかったと思います。
皆様にはぜひ、改めてお客様のリストアップや、本当に大切な皆様を想い返すお時間をとっていただきたいなと思います。

そして、こちらのブログでもお客様のリストアップの方法に関して、記載をしております。
よろしければぜひ、御覧くださいませ。

もう一つ、皆様にオススメがあります。

それは、お客様への「メッセージカード」です。
私たちは、引出物と一緒に「なぜ、この引出物を選んだのか?」や、い「つも思っていてもなかなか言えなかった想い」をメッセージカードとして準備しました。
これも野田のアドバイスがあったからです。

「お招きする方々にお招きしたい理由があって、それが、お客様にも感謝の気持ちとなって伝わると思います!」

ちょうどお互いの仕事がいそがしいタイミングと結婚式の準備のタイミングが重なって、たくさん想いはあったものの、事前になかなか準備をすることができず、メッセージは前日まで書くこととなりました…

そのため、彼が自分の手で一枚一枚引出物袋に入れることになりました(笑)

ぜひ、皆様には、きちんと準備をして、皆様にそのお気持ちをお客様に伝えてあげてほしいなと思います。

当日は、私たちの知らないところではありましたが、お客様同士がメッセージカードを見合い、自然と笑顔の瞬間が生まれていたようで、なんだかとても嬉しく、そして、ほっこりとしました。
今、苦渋の決断をされた皆様にとって、自分の人生において大切な方々を想うこと、そして、大切な方々への想いを綴ること。

いまだからこそできることがあると思います。

ぜひ、今だからこそできることを精一杯過ごしていただければ嬉しいです。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

ARCHIVE
CATEGORY