フェア予約

【結婚式実例】元花嫁が結婚式でいちばん感動した瞬間

2020.05.26 Category:

こんにちは。
萬屋本店野田でございます。

皆様は結婚式当日、「どんなことを想うのだろう?」「どんな一日になるのだろう?」そんなことを想像したことはございませんか?
2018年6月に萬屋本店で結婚式をされたお二人、新婦様は弊社のプランナー。

先日、元花嫁の阿部と、当日どんなことを考えていたのかを話す機会がありましたので、そのことをお届けさせていただきます。
「結婚式一日で、たくさんのシーンがあったと思いますが、何が印象に残っていますか?」

私の質問に対しての阿部の答えは、
「一日を通して、全部に感動したしずっと幸せだった。でも、一番印象に残っているのが、披露宴に入場した後かな。」でした。
挙式はとても緊張していて、どちらかというと親御様や家族に対しての気持ちが強かったそう。

挙式が結び、少し緊張がほぐれた状態で披露宴に入場したとき、一番感動したそうです。
「入場してソファの前に立ち、会場全体を見たとき、自分の生きてきた中で、それぞれの時代の大切な方々が集まってくれていて。

その方々全員ひとつの空間に集まってくれていること自体に感動したし、自分の大切な人だけでなく旦那さんの大切な人もみんな一斉に拍手をしてくださっているその瞬間を見たとき、何よりも感動した。」

阿部のその言葉を聞いて、結婚式という空間、時間。そのことに価値があること。
大切な方々をお招きし、その方がいてくれることにただただ感謝できる、大切な空間であることに改めて気付かされました。

皆様にも、そんなお時間を過ごしていただきたいと思います。
結婚式当日、その場に立ったときのことを想像してみてください。そこにはどんな方にいてほしいですか?
今まで出会ってきた方々をもう一度思い返してみていただけたらと思います。
萬屋本店スタッフ一同、そんなお二人のご準備の時間も心を込めてサポートさせていただきます。是非ご相談くださいませ。


【おすすめブライダルフェア】


【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【Stayhome】今だから進められる結婚式準備(式場探し編)

2020.05.20 Category:

こんにちは。萬屋本店の早野でございます。

皆様はどんなstayhomeなお時間をお過ごしでしょうか。
ご自宅にいつお時間が長ければ長いほど、外出もできないので、式場探しをされる中で何をしたらいいのかと分からなくなられることもあるのではないでしょうか。本日はstayhomeの今だからこそ進められる、結婚式場の探し方、そしてどんな結婚式であればお二人らしさが表現できるのか、その進め方をお伝え出来たらと思います。

■結婚式場の探し方
式場を探す際に、見学に行ってみてから決めようと思っていてもなかなか外出できない。実際に見に行けないのであれば、どんな式場があるのか分からないと思われる方も多いのではないでしょうか。

まずはご見学に行かれる前にまずはお互いの大事な想いや大切にされたいポイントを話し合っていただくことをお勧めします。それが会場の雰囲気なのか、それともお料理なのか、スタッフの対応なのか、何を大事に式場を探すのか。そんな相手も想いも確認できるのはこんな時間がある今かもしれません。そんな時間を大事にしてください。

【ご相談頂きたい内容のオススメ】
●結婚式を挙げようと思った理由
なぜ結婚式を挙げるのですか?こんなシンプルな質問に実は沢山のヒントがあります。
10人いれば十人十色。本当にその通りで新郎新婦様お互いでも全く違いますし、人の數だけ答えはあります。
自分の大切な人がどんな思いで結婚式を挙げたいと思っているのか、そこを聞いてみてください。

自分の憧れでというお客様もいれば、実は憧れなんてなく、親の喜ぶ顔が見たいから
自分以上に喜んでくれる友人や職場の皆さんのために開催してい…など沢山のご意見があります。
そのことから衣裳は?挙式は?お料理は?ギフトは?様々なアイデアが浮かんでくるのです。
自分たちらしさの追求のためにも、この理由は大きな要になります。

●ご招待客とはどんな人なのか?
結婚式を挙げようと思った理由をお話された後は、そのためにどんな人に参加していただきたいか、
自分たちが結婚式を挙げるにあたって、どんな人たちに参加してもらうことがベストなのか、
それは家族だけでいいですか?昔沢山相談に乗ってもらっていたご友人は声はかけなくて大丈夫ですか?
今お世話になっている方だけではなく、人生を振り返った時に必要な人…
是非ともお互いのことを聞き合って、大事な人を招いてほしいです。

そうやってお話をしていくと、結果、ゲストのご人数を見えてこられます。

会場により、最大のご招待可能な人数は異なります。
ただ、その会場に合わせて人数を調整するのではなく、この人には参加してもらいたい、
そう心から思える方、その方をお招きできる場所を探しましょう。
そしてどうやったら安心してお過ごしいただけるか、ご一緒にご準備できたらと思います。

この機会に、自分たちが生まれた時からどんな人生があって、
今日までこれたのか、是非とも振り返って沢山のことを共有してもらえたらと思います。

一生に一度とはよく耳にしますが、後悔のない大事な選択が「人」だと思います。
心に正直に、この人はという方には声をかけて大事な時間を過ごしましょう。

■ご相談
ここまでお二人でお話合いをしていただけたらいよいよご相談です。
通常でしたらブライダルフェアに行ってお話をすることが多いかと思いますが、今現在は会場見学が難しいところもあります。是非、【ウェブ相談】をしてみてください。もしくはお気軽にお電話での相談会を開催しています。

お二人でお話合いされた想いを是非とも沢山聞かせていただきます。私たちが介することでお二人だけでは気付かない潜在的な想いを発見することもあります。その時には何とも言えない感動や幸せな想いに包まれて結婚式を挙げる理由に添った明確な意思も見出され、人生が豊かになっていくキッカケにもなります。

私たちからお話を伺ったことを基に、どんな挙式がいいのか、ご披露宴がいいのか、ご提案をさせて頂きます。
それに合わせて会場の様子の分かる、HPなどでは計り知れない様子を、お写真や動画を交えながらご案内させて頂き、実際のお客様が過ごす流れでご案内させて頂きます。その上でイメージがついてきたら、具体的な日程やお見積りのご相談などもさせて頂きます。

お二人の叶えたい思いを最大限カタチにする、そのお手伝いさせて頂くスタッフがいるからこそ、安心してご準備に向かうことができ、いらっしゃるゲストへの想いを馳せることができるのだと思います。会場決めに悩んだ時、私たちならお役にたてると思います。是非、何なりとご相談ください。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【萬屋本店からの大切なお知らせ】

2020.05.12 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

皆様に大切なお知らせがあり、ブログを書かせていただきました。
以前よりブログでもご案内をさせていただおりましたが、7月5日(日)に予定していたデパートメントストアを中止させていただく運びとなりました。

萬屋本店でご結婚式を挙げられる新郎新婦様を対象に、結婚式に関わる全ての人やアイテムが一堂に集まり、見て聞いて触れて体験できる機会として半年に1度開催をさせていただいておりました。
楽しみにしてくださっている方がたくさんいらっしゃると思い、社内で何度も何度も話し合いをさせていただきました。
萬屋本店でも、新型コロナウィルスが少しでも早く収束に向かうようにという思いと、お客様の安全を最優先に考え、今回の決断をさせていただきました。
皆様にお届けしたいものがたくさんあり、ご準備も進めておりましたので非常に心苦しくもありますが、今は力を合せ、前に進んでいけたらと思っております。

デパートメントストア自体は中止になってしまいましたが、デパートメントストアで体験できるはずだったことを、今からの期間で体験していただける方法や代わりとなる企画を計画中でございます。
まだまだ計画段階ではありますが、少しでも皆様に楽しみな気持ちになっていただければという想いで、本日のブログで少し紹介させていただきます。

■お打合せの際にご覧いただける、お薦めギフトの展示
カタログだけでは分からない、商品の魅力があります。
お打合せにお越しいただく際に、実際にギフトを手に取ってご覧いただけますよう、展示コーナーをご用意させていただきます。
プランナーのおすすめポイントや商品、作り手の皆様の声をご紹介させていただきます。
実際にゲストの皆様の手元に渡るのがどんな商品なのか?こだわりをもってお選びいただけたらと思います。

■専属フォトグラファーを動画でご紹介
当日撮影させていただくフォトグラファーの指名ができることをご存知でしょうか?
結婚式を創るのは「人」です。全てのことに人が関わるからこそ、「人」が大切だと考えています。
カメラマンによって個性があり、写真にも特徴がありますし、もちろん人柄もそれぞれです。
一生に一度の結婚式で、この人にお願いしたい!と思えるフォトグラファーに出会えたら、結婚式一日も、より楽しみになると思います。
そんな、フォトグラファーのお人柄がお分かりいただけるような動画を撮影しようと企画をしております。

■人気の演出「俥夫」と事前にオンライン相談
萬屋本店ならではとして、大人気の俥夫の演出。
歴代の新郎新婦様にも大人気!親御様にも人気者の俥夫の沼さん。
デパートメントストアにお越しいただき、俥夫とお話いただいたことで、俥夫の先導をお願いしたい!とおっしゃる方が今までたくさんいらっしゃいました。
俥夫とは、口上とはなど、実際に俥夫の沼さんとオンライン上で相談できる機会を設けさせていただきます。

■OBOGご夫婦が語るリアルな結婚式後日談のお届け
萬屋本店で実際に結婚式を挙げられたOBOGのお客様にプランナーがインタビューさせていただき、
どんな想いでご準備をされたのか、当日印象に残っているシーン、式の後に起こったことやゲストの皆様のご感想など、リアルな感想をお届けしたいと思います。
今後のご準備に役立つこと間違いないと思います。

■お薦め衣装スタイリングを動画でご紹介
お写真で見る衣裳のイメージ、モデルさんがお召しになっているイメージ、同じ衣裳でも違う方がお召しになると全く違うイメージに見えたりしますよね。
「どんな衣裳が似合うのだろうか?」「写真で見たときは素敵だったけど、自分に似合うかな?」「どうやって衣裳を選んだら良いのだろう?」など、様々お考えになることもあると思います。
小物合せやスタイリングで全く違う印象になることや、お衣裳の選び方のポイントなどを配信させていただく予定でございます。
少しでも皆様のお衣裳選びの参考になればと思っております。

■萬屋本店プランナーと萬屋本店専属司会者による結婚式の作り方講座を動画でご紹介
「何から結婚式の準備をしようか?」「本番に気を付けたことがいいことって何だろう?」などなど
知っておくと役立つ知識をプランナーや司会者など、結婚式のプロが動画でご紹介させていただきます。

などなど、企画中ということもあり、変更になる可能性もございますが、一部ご紹介させていただきました。
初の試みのこともたくさんあるので、まだまだ企画、準備段階ではありますが、
随時ご案内をさせていただきますので、是非楽しみになさっていてくださいませ。

私は、結婚式当時はもちろんですが、ご準備の期間も本当に大切な期間だと思っています。
当日お越しいただくゲストの皆様のことを考え、どれだけ支えてもらっていたのか、自分にとってどんなに大切な方なのか、
そんな方々がいらっしゃる結婚式の一日で、どんなことをお届けして差し上げようか、
お二人で考え、話し合い、私達スタッフと一緒にご準備を進める、そのお時間から結婚式は始まっています。
そのご準備の期間から充実したお時間を過ごしていただけるよう、お手伝いできたらと思っております。

皆様にワクワクをお届けできることを、私達スタッフも楽しみに準備を進めております。
何かございましたらいつでもご相談くださいませ。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【資料請求から始まる結婚式のご準備】

2020.05.08 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの伊藤でございます。

いつも萬屋本店のブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの流行によって、働き方が変化し
以前より、おふたり揃ってご自宅で
過ごされている方も多いのではないでしょうか?
お仕事をされていると、こんなにも同じ時間に同じ場所で
一緒に過ごされることもなかったのではないかと思います。

今までは、ご結婚式のご準備をスタートされる際に
すぐに式場見学に足を運んでくださる方が多かったですが、
今の時期、なかなかご来店が難しい中にもかかわらず、有難いことに
資料請求のお問い合わせをいただくことが多くなりました。

そんな有難いお問い合わせをお受けさせていただく中で、
ご結婚式のご準備をスタートされるご新郎ご新婦の皆様へ、
より多くの有益な情報をお届けし、
少しでも前向きにご準備を進めていただける
きっかけになればと思い、
今回は≪資料請求≫でお送りさせていただいている
「萬屋本店 スタイルブック」について綴らせていただきます。

「萬屋本店 スタイルブック」とは、
萬屋本店の歴史や想い、24のこだわり。
私たち萬屋本店がお届けさせていただいているご結婚式についてを
ぎゅっとまとめた一つの冊子となっております。

私が萬屋本店で働き始めた当時、
このスタイルブックを見た時、
心を打たれたページがいくつかありました。
その中でも特に心を打たれた2つのページをご紹介いたします。

まず、その1ページがこちらです。

24のこと―「19 あいさつの儀」
挙式の前に大切にしてほしい家族の時間
育ててもらったご家族様へ 感謝の気持ちを伝える時間

小さい頃からおふたりの一番近くで見守り、
一緒に人生を歩んでくださったのが
親御様であると思います。
近い存在だからこそ、
日頃は恥ずかしくて伝えられていない感謝の気持ちを
きっと誰しも伝えたいと思っているはず。
そんな大事なことを気付かせてくれた1ページでした。

もう1ページがこちらです。

もてなし-「それは美しいもてなしが許された場所」

これが私たち萬屋本店のコンセプトです。
おもてなしの語源は裏表無しとされていて、
裏表の無い「心」。
きっとおふたりも裏も表も無い感謝の気持ちや、
恩返しをしたい方々ばかりを招かれるはず。
萬屋本店は、おふたりがそういう気持ちで招かれる
大切な方々に向けて何が出来るかを共に考え、
おふたりだけが主役のような一般的な結婚式ではなく、
おふたりの大切なゲスト全員が主役となる、
これまでの恩返しができるような結婚式。
そんなおもてなしのある一日を
ご提供させていただきたいと強く思える1ページでした。

今の世の中、直接ご来店をせずとも、
インターネットや資料で、色々な情報が手に入る中で
この冊子を手にしたとき、
こんなにも一つのものが完成するまでのストーリーや作り手が
その場所で大切にしている熱い想いが載っていることに感動し、
ぜひ多くのご新郎ご新婦様に届けたいという強い思いになりました。

こちらから資料請求のお問い合わせをいただけますので、
ご結婚式を考えていらっしゃるご新郎ご新婦様には
まずは資料請求のお問い合わせをしていただきたく思っております。

ご自宅にいらっしゃる時間が増えていらっしゃる今。
今だからこそ、ご夫婦やご家族でゆっくりと話しながら
おふたりにとって大事な人生の節目になる
ご結婚式のイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?

まだ何も決まっていない状態でも、もちろん構いません。
資料請求のお問い合わせ後、
ご見学のお希望をいただいたお客様には
事前相談会という時間を設けさせていただいておりますので
是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

【結婚式準備のススメ】今だからこそ分かる「挨拶」の違い

2020.05.02 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口です。

結婚式を挙げさせていただいたからこそ分かる、
結婚式準備のススメ。

今、新型コロナウィルスの影響で結婚式を延期すべきかどうか、
苦渋の決断を迫られている方が多いと思います。
事態の終息は誰にも分からず、誰が悪いわけでもないからこそ、
日程延期のご決断をされる皆様には、ぜひ前向きに、
ご準備を進めていただければと思っております。

さて、今日は、私がウェディングプランナーとしてお客様に
関わらせていただいた際に、一番多くご質問をいただいたこと。

「挨拶の儀」「三礼の儀」、披露宴終盤の「手紙朗読」
に関して。
たくさんの新婦様から
「これって何が違うんですか?そんなに言うことありますか?」
とご質問をいただいてきました。

結婚式を挙げるまでは、それぞれの方にとって本当に必要で、
大切なことを選択してほしいとそれぞれのお客様にとっての
違いをお伝えしてきました。

改めて、今日は自分が体験したからこそお伝えできる、
それぞれの違いや、当日の様子を伝えさせてください。


「挨拶の儀」…挙式の前に、新郎新婦別々の部屋で
それぞれの家族とだけ過ごす時間。

なにを言おうか、何を伝えるべきか、初回の打ち合わせの後、
家に帰って一人考えました。
それでも答えが見つからないまま、結婚式当日、
両親の顔を見るまで言葉が浮かびませんでした。

これはドキドキしながらすごく悩んでいた時の写真です。
この時もまだ何も決まっていませんでした。

結局、両親を目の前にしたらなぜか涙が止まらず、
私が伝えられたのはこれだけです。

「自分の職場に家族を呼ぶことが夢でした。
そんな夢を叶えてくれてありがとう。」

伝えたいことはたくさんありました。
でも、私から出てきた言葉はこれだけでした。

そんな私に、両親は
「体に気をつけて、頑張れ」
「直弥くんと幸せにな」
私を想って伝えてくれた言葉に、
笑顔と涙でいっぱいの時間でした。

皆様にとって、それぞれ違うとは思うのですが、私にとっては、
実家を出てからは久しぶりの両親とだけの時間だった気がします。
自分の想いをダイレクトに伝え、まるで子供の時に戻ったかのように
素直になることができました。
子供のように泣きじゃくりもしました。

素直に、両親の言葉を受け入れられた時間となりました。


「三礼の儀」…挙式中、それぞれの両親といらしていただいている皆様に向けて、事前に司会者さんに想いを伝え、当日皆様に伝えていただきます。
そしてその後、礼をもって感謝を示し、挙式を結びます。

司会の長谷部さんとの打ち合わせの後、
このままでは絶対に準備しないとふたりで話し合い、それぞれの両親に向けてと、参列いただいた皆様に向けて文章を考えました。
この時考えたのは、今までは伝えたこともなかった気持ちです。

自分だけではできなかったこと、両親から学んだこと。
それを考えたとき、自然と言葉が出てきました。

「お父さん、お母さん
今日まで本当にありがとうございました。
小さい頃からおねえちゃんだから我慢しなさいと言われたことは一度もなく、自由に、好きなようにやらせてもらってきました。
信じた道を何一つ疑わず、まっすぐ進むことができたのは、お父さんとお母さんのおかげです。
頑固でなりふり構わず、ただただ走り続けてきた私ですが、これだけたくさんの方々に支えられ、今日を迎えることができました。
ふたりが私を大切に、愛情いっぱいに育ててくれたからだと思っています。
お父さんからは、家族のために生きることを学び、お母さんからは、どんな時も笑顔で毎日を楽しむことを学びました。
これからは、少しづつでも、この恩を返していきたいと思っています。
今日まで本当にありがとう。」
 

両親は涙を我慢しているような、かみしめているような表情で
私を見つめ、私もそんな両親の顔を見て、これからは
自分がそんな人間になろうと改めて気持ちを強く、
覚悟を持てた時間となりました。


「手紙朗読」…新婦様からのお手紙朗読は、披露宴のクライマックスです。
私は、結婚式前日まで、手紙を書くことができませんでした。
もしかしたら、結婚式ができないかもしれない。
家族が来てくれないかもしれない。
そんな想いを抱えていたからです。
前日の夜、机に向かって書き上げた手紙には、初めて父が彼に会ったときに彼にだけ伝えた、「父親の気持ち」に対しての答えを書きました。
何不自由なく育ててもらってきましたが、父にとっては少し後悔があったようです。
そんなことないと、みんなの前で伝えようと思いました。
そして、距離が離れていることで、あまりお会いしたことがなかった彼のご両親や、彼に対しての想い。
それを自分の家族に向けて手紙にしたためることで、彼のことや、彼のご家族のことをもっと自分の家族に知ってもらいたかったのです。

当日、涙ながらに話す私を彼は優しく、
父は顔をくしゃくしゃにして泣きながら、笑いながら
聞いてくれました。

そんな家族だからこそ、どんな時も笑顔を忘れず、
誰かのために生きようと思えたのだと、
改めて自分の今までを認めることができました。

 

 
結婚式には、自分では想像もできない瞬間がたくさんあります。
誰かに自分の想いを自分の言葉で伝えること、
そして、感謝の気持ちを自分で反芻しながら、それぞれの顔を見ること。
大切な人に大切だと伝えること。

そのためのご準備を今のタイミングだからこそ、
ぜひ、進めてみてください。

そして、家族との思い出や彼との思い出、ご友人様との思い出を振り返り、
自分の想いを言葉にすることを練習してみてください。
きっと、自分が今までどんなに大切にしてもらってきたのかに
気が付くはずです。
そんな時間を持って、
結婚式当日を迎えていただければ嬉しいです。

【結婚式準備の豆知識】お花でのおもてなし

2020.05.01 Category:

こんにちは、萬屋本店の砂川です。

今の社会情勢にご心配なお気持ちを抱えられて
日々をお過ごしのことと思います。

結婚式をこれからお考えの方も、今ご準備中の方も
「お花」からもお客様におもてなしができることを
知っていただきたく、「お花でのおもてなし」について
書かせていただきます。

お花は目で愉しみ、香りで愛でていただき、
大切なゲストお一人お一人の心が豊かになる結婚式の
おもてなしには欠かせないものです。

そんなお花には、365日、一日一日異なる誕生花があり、
そのお花を象徴する花言葉があることをご存知でしょうか?

ちなみに本日5月1日は鈴蘭の日、鈴蘭の花言葉は「純粋」
「再び幸せが訪れる」。
花言葉の「再び幸せが訪れる」は、鈴蘭が北国の人々にとって
春の訪れの喜びのしるしになっていることに由来するそうです。

お花の知識があることで、会場にお花を飾るとき、
ブーケとしてお持ちになられるとき、大切な方へお花を贈るとき、
それぞれに意味を感じ、より気持ちを込めて
お届けしていただけると思います。

これからお打合せがスタートする皆様にとって、
結婚式のご検討をされていらっしゃる方にとって、
季節感溢れるお花をご紹介させていただきます。

 

〇10~12月 季節のお花
【ダリア】
花言葉:可憐、感謝
晴れ姿のお二人の晴れ姿を可憐に惹きたてることは勿論のこと、
ゲストへの感謝のお気持ちをストレートにお伝えできます。

 

【オンシジューム】
花言葉:遊び心、可憐、一緒に踊って、気立ての良さ
花の姿はまさしく“踊る女性”のようで、花言葉のそれぞれは
その花の姿に由来しています。
ゲストの皆様にご結婚式をワクワク楽しみにしていただきたい、
そんなお気持ちもお届けできます。
ブーケとしてお持ちいただいても素敵です。

 

【レンギョウ】
花言葉:叶えられた希望
結婚式という晴れの日がついに叶ったことをお伝えできます。
また、希望の実現という意味も兼ね備えているので、
希望ある未来を願う意味も込められます。

 

〇1~3月季節のお花
【梅】
花言葉:上品な美しさ、喜び
古くから日本人にとってとても想い出深いお花です。
ご家族様やゲストの皆様との昔からの繋がりを大切に、暖簾前や土間からゲストの皆様をお迎えできます。

 

【胡蝶蘭(コチョウラン)】
花言葉:幸福が飛んでくる
蝶が舞うような花を咲かせることが由来になっていて、
上品で清潔感があり、贈り物としても最適です。

誕生花や、季節のお花を意味を持ってお届けすることで、
新郎新婦様にとっても、ゲストの皆様にとっても
特別なお花になることと思います。

ご結婚式後も、そのお花を見るたびにご結婚式の想い出が
ふと沸き上がったり、家族の記念花としてこれからの人生に
かかせないお花になったりもされます。

どんな花言葉がありどんな由来があるかを知ることで、
楽しみながらお花をお届けしていただければ幸いです。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【結婚式場見学の前が大事】事前相談会のおすすめ

2020.04.28 Category:

こんにちは。
コンシェルジュの千葉でございます。

現在、結婚式場の見学に行きたくても動けなくて
どうしたらいいのかをお悩みの方も多いのではないでしょうか?

また、この事態が終息に向かい
世間も落ち着きを取り戻し
式場見学が出来るようになった場合にも
一時的に停止していた社会がそこから一気に動き出すことを考えると
お仕事なども大変おいそがしくなることが予測されます。

そんな中、結婚式場選びをご自宅に居ながら
有効的に進められるようなことが出来ないかと思って
今回、私たちで考えたことが
式場見学の事前のお電話相談会です。

実は式場見学をされるにあたり
事前にお二人で相談された方がいい内容があったり
親御様にご相談をされておいたほうが良いことなどもございます。

例えば、お人数やお日柄のこと。
ご新郎家とご新婦家で、人数のバランスを考えた時に、どこまで呼ぼうか悩まれていたり、
でも、そもそも本当にバランスを大事にしなければいけないのかが分からなかったりしませんか?
お日柄なども、自分たちは仏滅でも気にしないけど、親御様は気にするのかどうか?
でも、式場によっては仏滅だとお得な特典がある場合も多いので
どちらを優先的に考えた方がいいのか、分からなかったりしませんか?

ご結婚式はお二人だけのものではなく
ご両家様にとって大切な一日になりますので
たくさんの人の希望が重なってまいります。
それを事前に整理したうえで、式場見学に進んでいただけると
お二人にとっても、親御様にとっても安心につながるのではないかと考えます。

萬屋本店の経験豊富なプランナーと
15分ほどのお電話のお時間をいただき
お二人の現在のご状況などを率直に伺わせていただき
事前にお二人にとって必要な情報をお伝えさせていただく時間となります。

式場見学も貴重なお休みのお時間を使って動かれることと思います。
事前に必要な情報をしっかりとお二人が握った状態で
余計な時間をかけることなく
大切な一日を迎える式場選びを進めていただけたらと思います。

まだ何も決まっていない状態でも、もちろん構いません。
ご見学のお希望をいただいたお客様には
もれなく、この事前相談会という時間を設けさせていただいておりますので
是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

 

【ご自宅でも行える】WEBお打ち合わせのご紹介

2020.04.22 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの三澤でございます。

私たち萬屋本店では、
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」を受け、
現在ご結婚式のご準備を進めてくださっているお客様や、
会場見学のご希望を頂いているお客様のご案内につきましては、
全てオンラインでのお打合せをご案内させていただいております。

通常は萬屋本店やお打ち合わせサロンにお越しいただき、
ご案内をさせていただいております。
そのため、ウェブ上でのお打ち合わせと聞くと
直接会ってお話ができないことや、
どんなツールを使ってお打合せを行っていくのかなど、
ご不安に思われる方も多くいらっしゃると思います。

そんな皆様に、ウェブでのお打合せはいったいどんなものなのか、
ご紹介させていただけたらと思います。

●ウェブ上でのお打ち合わせの良いところ
インターネットを使用して行うことができますので、
遠くにいらっしゃる人とも、「ネット環境」と「PC」もしくは「スマートフォン」、
「ビデオ通話ツール」があればお打ち合わせが可能ということです。
そのため、お二人はご自宅でゆったりとしながら行うことができるのです。

ビデオ通話ツールのご紹
お打ち合わせのツールといたしましては、
Skype・Zoom・FaceTime・Wherebyなどといった、
無料でご利用いただけるビデオ通話ツールを
ご案内させていただいております。

このようなビデオ通話ツールには、
画面上で資料データを共有することができる機能がございます。
そのため、違う場所にいながらも同じ資料を一緒に確認でき、
お打合せを進めていただくことができますので、
とても安心してくださるお客様が多くいらっしゃいます。

●お客様からのお声
このような情勢の中、お客様がご結婚式当日に向けてどのような形で
ご準備を進めてくださっているのでしょうか。
先日お打ち合わせをさせていただきました
お客様の実例とともにご紹介させていただきます。

現在は新型コロナウイルスの影響により、新郎新婦様ともに会社には出勤せず、
ご自宅での「リモートワーク」をされているといいます。
そういったご状況のだからこそ、普段はなかなかご夫婦でのお時間を取ることができないけれども、
一緒の空間で時間を過ごしたり、ご飯を食べたり、いろいろなお話ができていることが
とても幸せで有意義な時間を過ごしていると仰っていただきました。

新型コロナウイルスの影響により、日本全国に緊急事態宣言が発令され、
私たち一人一人が当たり前のように過ごしていた今までの生活や、
自分の命のありがたみを日々深く感じていることと思います。
そんな時だからこそ、夫婦として相手を想う気持ちやをお手紙にしたためてみたり
身近にいる人に感謝を伝えることを、ぜひ大切にしていただきたいです。

これから先の結婚式や人生を歩んでいかれるうえで、
一生欠かすことにできない有意義な時間を創り出すことができると信じております。
ご相談事などがございましたら、
担当コンシェルジュまでお気軽にお尋ねくださいませ。


【おすすめブライダルフェア】

【PC版】オンライン相談会のフェアページはこちら
【スマホ版】オンライン相談会フェアページはこちらをクリック

【PC版】月一限定フェアページはこちら
【スマホ版】月一限定フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆
◆Daiyu 採用情報はこちら◆

ARCHIVE
CATEGORY