フェア予約

【萬屋本店 結婚式レポート】大切な人の幸せを願える事の幸せ

2018.10.14 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

今年の7月に弊社のスタッフ角谷が萬屋本店にて結婚式を挙げ、

以前、ブログでもご紹介させていただきました。

その時のお写真が出来上がったので

改めてこちらでご紹介させていただきます。

創業当時から会社の中心として

お客様の幸せだけを心から願い

日頃、周りのメンバーへの気遣いと声掛けを欠かさない

母親のような存在である角谷の結婚式を

私たちは心の底から楽しみにしておりました。

本当に大切な人の幸せを願うこと以上に

幸せな気持ちになれることはなく

角谷との思い出を振り返ると胸が熱くなるばかりです。

その姿を目にするだけで涙がこぼれそうになる。

それほど大切な人がいることが

人生のかけがえのない宝物だと感じます。

 

 

当初、角谷は自分の結婚について

結婚式は挙げなくてもいいという考えもありました。

ただ、弊社の代表であり、小学生のころからずっと一緒だった

幼馴染の宮腰から、自分の為ではなく周り人達の為に挙げた方がいいという話から、

ご準備がスタートしたという背景がございました。

 

日頃から、自分よりも周りの人の為にと

裏方としてサポート役に徹することが多い角谷ですので

自分が主役になったり、自分がやりたい事を見つけることがとっても苦手でした。

お打合せでも、やりたい事よりもやりたくない事ばかりで

担当者としても、何をご提案したらよいかが見えなくなった時期もありました。

なぜ結婚式を挙げるのか?

大切な仲間に自分の大切な人を紹介したい。

この仲間と共に過ごした時間があるからこそ

今の自分があって、そしてこの日を迎えられている…

そのことを大切な人に知って欲しい。

その思いで、参列する仲間たちが心が安らぐような装飾にこだわり

一人ひとりへ向けたメッセージカードも

カメラが趣味の角谷自身が撮影した写真を用いました。

そこにはいつもと変わらない

愛情あふれるメッセージがありました。

挙式が始まり、二人の姿が見えるだけで

私たちも角谷も、共鳴するように心が震えました。

そして夫婦の盃を交わす三献の儀では

宮腰が注ぎ役として立ちました。

たくさんの新郎新婦とご両家の節目をお手伝いする私たちですが

ゲストとして参列し、目の前で自分の大切な人が新たな節目をつくっていく時間は

より深い結婚式の価値を新たに感じさせていただきました。

お開きのシーンでは

ようやくこぼれた角谷の笑顔に

私たちも同じ笑顔が移り、幸せに包まれました。

この仲間と志を共に、日頃から結婚式のお手伝いをさせていただけること。

そして時にこうして自分の仲間の結婚式までも全員でお祝いできること。

その全てに感謝の心を思います。

披露宴の様子もまたご紹介させていただきますので

お楽しみにしていてください。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月2日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~一部・披露宴編~

2018.08.09 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

6月に行われました弊社コンシェルジュ阿部の結婚式の様子について、

ご紹介させていただいております。

 

二部制で行われた結婚式の、一部目の披露宴の様子についてご紹介させていただきます。

(挙式編はコチラをご覧ください)

 

●披露宴開宴

入場はもちろん俥夫の口上で。

阿部ちゃんが入社したばかりの頃から、『結婚式とは』を教えてくれた俥夫の沼さんは、

阿部ちゃんにとって第二のお父さんのような存在。

自身の結婚式という節目を尊敬する方と一緒に創れたこと、二人は本当に幸せ者です。

 

●スタッフ紹介

披露宴入場前には、日頃二人と一緒に仕事をしているチームメンバーであり、

この日の結婚式をお手伝いさせていただいているスタッフ一人一人の紹介をさせていただきました。

 

●入場

披露宴入場は一目惚れで選んだ色打掛にお召し替え。

髪型も洋髪にして、イメージチェンジをしました。

 

●中座

披露宴はアットホームに、和やかに進んでいきました。

そして中座のシーンはそれぞれのご家族と。

普段は中々言えない想いを伝え合い、少し距離を感じていた兄妹の絆が再び固く結ばれた時間。

そして、新郎のたくちゃんは大の仲良しのお母様と妹さんと。

三人で手を繋いでの中座は、お母様も妹さんもとっても嬉しそう。

 

●再入場

再入場はドレスで。

試着させてもらったオーセンティックさんのドレスの中で、一番似合っていたこのドレス。

これを綺麗に着るために、ダイエットも頑張りました!

 

●ゲスト紹介

新郎新婦より、周りが大盛り上がり。

紹介された皆様は、とっても嬉しそうで、楽しそうでした。

 

新郎たくちゃんの職業はプロのカメラマン。自分の結婚式中も沢山撮っていました。

 

●歓談の時間

披露宴はゲスト紹介以外の時間は、全て歓談に充てました。

ゲストの皆様との会話を何よりも大切にしたいと言っていた二人。

実現したかった時間になったかな。たくちゃん、いい笑顔です。

 

●結び

沢山の方に愛され、育てていただき、ここまで来た二人。

その始まりは言うまでもなく、大切に育てて来てくれた親御様です。

感謝の気持ちを伝える時間。

 

●家族がひとつになった時間

感謝の気持ちを込めて、花束贈呈。

渡し方は、二人一緒にそれぞれのご両親へ。

大切な家族が増えた。そんな言葉がピッタリのこの写真。

タクちゃんのお母さんから阿部ちゃんへ。『ゆうかちゃんは私が幸せにする』と愛情いっぱいの言葉をいただきました。

そして、涙が止まらないタクちゃんの涙を拭いてくださった阿部ちゃんのお父さん。

両家が一つの大家族になった瞬間でした。

 

後日、二人とラインのやり取りをしていた時に、

この時のシーンについて、こんなことを話してくれました。

 

『結婚式を終えてから、お互いにお互いのことを今までより

より大切に毎日を過ごせております^^

そして昨日話していたのは、

なんか、花束贈呈シーンをダブルにしてよかったねって。

私がたくちゃんママに渡したときに、

お母さんもゆうかちゃんのこと幸せにするからね、って言ってくれて

たくちゃんが阿部パパに渡したときに、

たくちゃんが泣いててハンカチで涙を拭ってくれたのを見て

その瞬間に、お互いの家族と、家族になれたって感じがしました。

今までももちろん大切に、そして仲良くして頂いていましたが

なんだか、そのときに実感しました。

そして本当に結婚式をしてよかった。って改めて思います。

ありがとうございます!』

 

私はウェディングの仕事をして12年目になりますが、

経験が増えても色褪せない感動や、幸せをもらえるこの仕事が出来ていることを、

本当に幸せに思います。

 

そして、人生を支えてくれる強く豊かな節目となるような結婚式を、

これからも大好きなスタッフと共にお手伝いしていきたいと思います。

(準備編はコチラをご覧ください)

(挙式編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式レポート◆

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~一部・挙式編~

2018.08.05 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

6月に行われました、弊社コンシェルジュ阿部の結婚式当日の写真が届きましたので、

挙式のシーンのご紹介させていただきます。

(披露宴編はコチラをご覧ください)

 

当日は二部制で結婚式を行いました。

挙式は祝言。

結婚式をしなくてもいい。と考えていた二人が、

大切な皆様に感謝を伝えたいからと、決心し、実現した結婚式。

 

結婚式当日は、様々な想いが巡り、ドラマがあります。

今結婚式のご準備をされている方も、結婚式を挙げない予定の方も、

是非知っていただきたいのは、

結婚式を挙げる本人たち以上に、周りは二人の結婚を心から祝福し、愛しく思っているということ。

阿部ちゃんとたくちゃんの結婚式を通じて、そんなことを再確認させていただきました。

本日は、当日のお仕度~挙式までのシーンをご紹介させていただきます。

 

結婚式当日は台風が上陸し、しとしとと雨が降る朝でした。

次から次へとお祝いに訪れるスタッフや、担当させていただいたお客様からの祝電に、

涙が止まらない新婦阿部ちゃん。

 

代わる代わるスタッフが部屋を訪れ、お祝いの言葉をたくさんもらいました。

お花を持って現れたのは結婚式当日のキャプテンも務めてくれた羽川。

この日のために異動先の福岡から駆けつけてくれました!

 

衣装は真っ白な白無垢。

ヘアスタイルは地毛日本髪で仕上げました。

本当に綺麗。ヘアメイクをダブル担当してくださった、

メイクマリエの丸山さん、冬澤さん、有難うございます!

 

ゲストを迎えるお待合室には、メッセージカードを用意。

前日の夜中までかけて書き上げた二人からのメッセージ。

ゲストの皆様も嬉しそうに手に取ってくださいました。

 

そして、愛されキャラの二人らしい、『二人のいい所』を書いてもらう自由帳を待合室に設置。

皆様から沢山の愛情あふれるメッセージをいただきました。二人の宝物です。

 

間もなくお仕度が完成します。

だんだん、花嫁の顔になってきました。

 

雨に濡れた緑がとても綺麗な縁側で写真撮影。

二人共雨なんて気にならないくらい楽しそうでした。

 

そして、挨拶の儀。

いつも優しくて、阿部ちゃんのことが大好きなお父さん。

自律していて、強くて、愛情深いお母さん。

彼女が尊敬するご両親は、憧れの夫婦像だと話してくれました。

「いままで育ててくれて、ありがとうございました」

涙に言葉を詰まらせながら、家族だけで過ごすこの時間は、彼女の人生を支えてくれる強い節目になったことでしょう。

 

祝言の入場シーン。

尊敬するお母様から、筥迫を贈っていただきます。

 

ご両親から新郎へ。

新婦を託すこのシーン。

それぞれのお立場で、様々な想いが巡るこのシーン。

覚悟と決意に満ちた、誓いの時間が始まります。

 

新郎へ新婦を託した直後。

お父様は顔をくしゃくしゃにして涙をこらえ、

優しく新郎新婦を見守ってくださいました。

 

夫婦の誓いを固める三献の儀。

過去・現在・未来を表す三つの盃を飲み交わし、夫婦となります。

 

そして退場のシーン。

緊張がほぐれる一瞬。二人の笑顔が溢れます。

 

夫婦の誓いを固め、皆様への感謝をお伝えし、これからの人生を共に歩む決意を結ぶ挙式の時間。

人生の中で、これほど緊張し、涙し、幸せに溢れ、沢山の愛情を全身で感じる時間が、他にあるでしょうか。

 

生まれてきてよかった。

頑張ってきてよかった。

出会えてよかった。

 

そんな想いを新郎新婦だけでなく、列席しているご家族やご親族、ご友人、職場の皆様。

それぞれが沢山の想いを巡らせ、新郎新婦の幸せを心の底から喜び、祝福する時間。

 

もし、皆様の周りに結婚式を挙げるかどうか迷われている方がいらっしゃったとしたら、

是非背中を押してあげてほしい。そう思います。

大切な人の幸せを願い、喜んでくれる人が周りには沢山いるということを、お伝えしたいです。

結婚式にはそれだけの価値と、力があることを感じた挙式の時間でした。

(準備編はコチラをご覧ください)

(披露宴編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式レポート◆

【仲間の結婚式から学んだこと】

2018.07.18 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

先日お伝えしたコンシェルジュ阿部の結婚式に続きまして

この度は弊社の人事、経理、総務を務める「おもてなし係」の角谷が

萬屋本店にて結婚式を行いました。

スタッフの撮った写真になりますが

私たちの大切な仲間の結婚式を、少しだけ紹介させてください。

 

普段から人の幸せをお手伝いするのが仕事の私たちですが

自分の身内が結婚式を挙げるという事は本当に特別な気持ちになります。

全社員がゲストとして参加し祝福しようと、

始まる前から高まる気持ちが溢れるばかりです。

これまでの全社員の面接や入社のサポートをしてくれたのが角谷で

スタッフからすると母親のような存在でもあります。

陰ながら、皆が働きやすい環境を整えてくれたり

優しい言葉を掛けてくださる一方で

自分がやるといったことは必ずやり遂げ、その背中を見せてくれる人。

それがおもてなし係の角谷です。

 

萬屋本店のパートナーさんも

角谷の晴れ姿を最大限の力でサポートしてくださりました。

角谷から私に結婚式の担当をお願いしたいと言われたのが3月の事。

ゲストには代表の宮腰はもちろん、弊社の全社員が参列します。

結婚式のプロフェッショナルばかりを前に、どんな一日をお届けできるかを考えると

大きなプレッシャーがありましたが

それでも、私たちにとってかけがえのない存在である

角谷の結婚式を担当をさせていただけることは

本当に光栄な事でした。

晴れ姿を見守る入場のシーン。

角谷の幼馴染でもある、代表の宮腰の表情がとても印象的でした。

自分の大切な人が結婚式を挙げること。

それは、ただその姿を見ただけで幸せな気持ちになれる。

それだけで涙が溢れそうになる。

結婚式に参列される方々の気持ちを

改めて感じることが出来ました。

宮腰の挨拶には

角谷との幼いころからの思い出や

入社に至った背景など

親友でもあり、同士でもあり、上司と部下という関係以上の

たくさんの深い愛情が綴られておりました。

いつもは裏方に徹する角谷が

普段どんな人たちと仕事をしているのかを知っていただきたい。

こんなにもスタッフから慕われ、愛されていることを感じていただきたい。

そんな彼女の事を、世界で一番幸せにしてほしい!

そんな気持ちをご新郎様に届けられたらと思い、

参列するスタッフも色々なサプライズを考えて準備してきました。

当初、角谷は結婚式を挙げること自体を悩まれておりました。

ご両家の親御様が体調を崩されたことから

今、近くにいる人がいつまでも近くにいるとは限らない。

だから、今できることをやろう。

そんな新郎様の言葉から始まった結婚式でした。

 

大切な人が近くにいることの幸せ。

その幸せを仲間と分かち合える喜び。

結婚式で感じることのできる最大の価値は

こんなにもシンプルなのだと

大切な仲間の結婚式を通して、学ばせていただく事ができました。

結婚式の素晴らしさは、他では感じられないものです。

この素晴らしさを、これからも伝え続けていきたいと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月8日(月祝)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

【萬屋本店 スタッフ紹介 ~コンシェルジュ・野田~】

2018.06.21 Category:

こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュの飯田でございます。

 

萬屋本店は大正14年に建てられ、長谷の街と共に長い歴史を刻んできました。

この母屋の大正ロマンの雰囲気を気に入ってくださり

大切なお休みを使って、ご見学にお越しいただく方が多くいらっしゃいます。

しかし、大変ありがたいことに、

萬屋本店でのご結婚式を選んでくださった理由をお伺いさせていただくと

私たちコンシェルジュをはじめとする

スタッフの人柄や熱意と答えてくださる方もたくさんいらっしゃいます。

 

結婚式は、建物以外は全て人が創っていきます。

お料理を作るのも人。

それもお客様へお運びするのも人。

カメラのシャッターをきるもの、お花を活けるのも、全て人の手で行っていきます。

だからこそ私たちは、大切な一日をお手伝いするうえで

同じ思いの仲間でなければ、感動をお届けできないと考えております。

 

本日はそんな萬屋本店のコンシェルジュの中から、

この人をご紹介させていただきます。

彼女の名前は、野田実来。

中学生の時にウエディングコンシェルジュという職業に出会って以来、

ひたむきに自身の夢を追い続けてきた彼女は、

現在、萬屋本店のコンシェルジュとして、お客様の為に努力を惜しまず、日々活躍しております。

 

まっすぐに人生を歩んできた彼女。

そんな彼女がお客様を思う気持ちは、彼女の生き方と同じようにまっすぐで、

お客様からの信頼も厚いです。

 

先日、萬屋本店で開かれたインターンでは、自身の夢や目標、

堅実に努力を重ねてきた彼女だからこそ語られる言葉に、学生たちが魅了されていました。

 

野田がこの結婚式の仕事する上で大切にしていること。

それは「結婚式は幸せのピークではなく、その後の人生をさらに豊かにする時間」

ということです。

 

大切なご家族やご友人をお招きする結婚式の1日は、

お二人の人生にとって大きな節目となる1日。

結婚式でしっかりと夫婦としての節目をつくられるお二人だからこそ、

その後の人生はさらに力強く、さらに豊かになるものだと彼女は話します。

ひたむきでお客様想い、そして何よりも結婚式が大好きな野田に、

これからもご期待くださいませ。

またこの様に、萬屋本店のスタッフの紹介をさせていただきますので

楽しみにしていてください。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●10月8日(月祝)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~結婚式準備編~

2018.06.17 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

先日、弊社プランナー阿部の結婚式が萬屋本店で行われました!

Daiyu10周年目の今年、初めてのスタッフの結婚式に、スタッフ全員が浮足立っていたのは言うまでもありません(笑)

本当に多くの方に支えていただき、お気持ちをいただき、沢山の方に愛されていることを感じる幸せな幸せな結婚式に参列させていただきました。

結婚式当日の様子は、写真データが届いたら詳しくブログに書かせていただきます。

 

本日は、結婚式を決めたところから、準備期間中の様子についてご紹介させていただきます。

身内ながら、可愛い後輩の結婚式を担当させてもらったことで、私自身とても幸せな時間を過ごさせていただきました。

結婚式は、挙げる新郎新婦だけでなく、その周りにいる人たちを幸せにしてくれるのだと、改めて感じることが出来ました。

 

■はじまり

昨年の秋、阿部ちゃんから電話をもらい、「結婚式をしたい」と相談を受けました。

二葉楼、鎌倉ウェディング、萬屋本店と、Daiyu歴代の会場のプランナーを歴任してきた阿部ちゃんから、

萬屋本店での結婚式の希望をもらった時は、嬉しくて涙が出ました。

 

萬屋が立ち上がって間もない頃、まだまだスタッフも少なく毎日精一杯の中で仕事をしていた時期に、救世主としてヘルプに来てくれたのが、阿部ちゃんでした。

プロデュースとは勝手が違う自社会場で、苦労しながらも、本当に多くのお客様に愛していただいた人気プランナーでした。

 

■初めての打合せ

花婿はカメラマンのたくちゃん。

萬屋本店の立上げから一緒にやってきた大切な仲間です。

彼なら、阿部ちゃんを幸せにしてくれるだろうなぁと、とっても安心しています。

なぜなら、阿部ちゃんのことが大好きだから。そして、大変な時期を共に乗り越えてきてくれたから。

いい時だけじゃなく、苦しい時も共に乗り越え歩んできた二人は、とっても固いきずなで結ばれ、支え合っているカップルです。

阿部ちゃんファンの皆様、どうかご安心くださいね。

 

打合せ中、阿部ちゃんは、とにかくよく泣きました。

嬉しいこと、幸せなこと、愛情いっぱいのたくちゃんの言葉、

その一つ一つに涙を流す彼女。

打合せの度に、ほぼ毎回、泣いていたんじゃないかな。

大好きなお花屋さんとの打合せでも、2時間半泣きっぱなし。

大好きなコーラルの芍薬ブーケをサプライズでいただいたのも、良き思い出です。

 

結婚式で二人がやりたいことはただ一つ。

「こんな自分たちの結婚を自分のことのように喜んでくれた皆様に感謝の気持ちを精一杯伝えたい」想いは一つでした。

 

ウェディングプランナーの結婚式というと、それはそれは盛大に、今までの仕事人生の集大成としてすごいことをやるんじゃないか?と思われるかもしれませんが、意外とシンプルに身内だけで済ませるプランナーが多いのも実情です。

 

そんな中で、阿部ちゃんとタクちゃんの結婚式は、2部制で行うことが決まりました。

1部はご親族とご友人、職場の上司の皆様と。2部はお仕事関係者で賑やかに。

二人の結婚式準備が始まりました。

 

■衣装合わせ

「衣装は何着たい?」と聞くと、「なんでもいいです。けっちさんにお任せ!」と言葉が返ってきました。

これがリアルな花嫁さんの心境なんだろうなぁと感じました。

だからこそ、花嫁を良く知る人が、一緒に衣装合わせに付いていってあげることが大切なのかもしれません。

衣装の担当は、オーセンティックの店長の佐間野ちゃん。

萬屋本店の立上げから一緒にやってきた仲で、阿部ちゃんのことを良く知る人。

 

そして、白無垢の試着。

相良刺繍の上品な白無垢に決めました。

阿部ちゃんの凛とした強さ、そして純真無垢な彼女そのものを表現したいと思い、掛下も真っ白で統一。

髪型は綿帽子よりも角隠しだね。と、この時話して決めました。

 

2着目は色打掛へのお色直し。

着物が入っている引き出しを開けた瞬間「わぁ~!」と声を上げ、

二人で一目ぼれした色打掛。

全身に相良刺繍が施され、色とりどりに様々な模様が刺繍されています。

沢山の方に愛される彼女のイメージにぴったりで、一目惚れで決めました。

のちのち、この衣装と阿部ちゃんの人柄からイメージして会場装花が決まっていきます。

 

そして3着目のお色直しはウェディングドレス。

芯が強く、しっかりしている一面と、

天真爛漫で無垢な少女のような一面を持つ阿部ちゃんにぴったりで、

試着して一番似合っていたこちらのドレスに決定。

ジャストサイズが入らなかったので、ここから怒涛のダイエット生活がスタートしました(笑)

 

そして2部の披露宴で着たのは、阿部ちゃんをモデルに作製した萬屋本店のオリジナルドレス。

何層にも重ねられたチュールと、足元が見えるデザインが軽やかで、夏の結婚式にもよく合います。

 

■メイクリハーサル

ヘアメイクは立ち上げからお世話になってきたメイクマリエの丸ちゃんと冬さんにお願いしました。

リハーサルには、阿部のバディでもあるウェディングアシスタントのみわさんがお弁当を持って駆けつけてくれました。

リハーサル中も阿部ちゃんを撮り続けるたくちゃん。

 

地毛日本髪もこのくらいの髪の長さでも結えちゃうそうです!

やっぱりメイクマリエさんの日本髪の技術はすごい!

綿帽子もいいけど、やっぱり角隠しが似合う阿部ちゃん。嬉しそう。

結婚式準備の一瞬一瞬も、こうして写真に収めておくと、良き思い出になるのだと思います。

 

そしてメイクリハーサルが終わり、そのまま撮影へ。

いつもは撮る側の二人、中々上手に楽しそうに撮られていましたね。

こうして、沢山の方に支えられ、準備は進んでいきました。

 

結婚式準備は、本当に多くの人が関り、進んでいくものです。

仕事と両立しながらの準備ですと、思うように進まないこともあると思いますが、

そんな時こそ、担当のプランナーに頼っていただきたい、そう思います。

皆様の結婚式準備が、楽しく幸せな時間でありますように、

スタッフ一人一人が『親友の結婚式を担当する』この気持ちを持ってお手伝いしていきたいと思います。

 

そんな想いを更に強く感じさせてくれた阿部ちゃんとたくちゃんの結婚式でした。

結婚式当日の様子は、また後日ご紹介させていただきます。

(挙式編はコチラをご覧ください)

(披露宴編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式実例レポート◆

【萬屋本店 スタッフ紹介 ~コンシェルジュ・飯田~】

2018.06.17 Category:

こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュの野田でございます。

6月も中旬になり、鎌倉長谷の街はあじさいが咲き乱れ、

観光にいらっしゃる方々で毎日賑わっています。

 

本日は、新たに萬屋本店コンシェルジュに就任したスタッフをご紹介させていただきます。

彼女の名前は飯田杏理(いいだあんり)

学生時代から私たち萬屋本店の姉妹会場でアルバイトとして携わり、

その後、姉妹会場のウェディングアシスタントとして活躍していた彼女は、

「結婚式は誰とつくるかでその価値が大きく変わる」ということを自身の仕事経験を通して体験し、

この人たちと結婚式の仕事がしたい。と強く感じたことがキッカケとなり入社しました。

 

学生時代、別会社のお手伝いで結婚式に携わったときの出来事。

一日に何組も結婚式のお手伝いをしていたその会場では、

スタッフがお手伝いしたお客様の顔も名前も覚えていない。

ただ仕事としてひたすらこなしていく。そんなことを体験したそうです。

その経験から、一組一組のお客様を『親友の結婚式をお手伝いするように関わる』

そのことを大切にしている萬屋本店でウェディングプランナーを目指すことを決意。

 

そこから、萬屋本店でのウェディングアシスタントや、レセプション、キッチン、

サービススタッフ、姉妹店でのウェディングプロデュース経験を積み、

この度萬屋本店のコンシェルジュとして配属されました。

こちらは、埼玉県にあった姉妹会場で、飯田がお手伝いさせていただいたお客様が、

萬屋本店まで遊びに来てくださったときの写真です。

こうして、場所が変わっても『人』に会いに来てくれる。

そんなお客様との関係構築ができること。

とことん一組のお客様に心を寄せてお手伝いが出来る事。

それが萬屋本店でのコンシェルジュのやりがいだと、飯田は話してくれました。

 

そんな彼女が結婚式のお手伝いを通して叶えたいこと、

それは、「愛情いっぱいの家庭を増やすこと」。

自分自身の家族が愛情いっぱいに育ててきてくれたことや、

立ち止まったときにいつも力をくれるのは家族だったことから、

結婚式という人生の通過儀礼を通して、家族の絆を深めていくためのお手伝いをしたい。

そんな想いを持っているコンシェルジュです。

『結婚式は家族の歩みがスタートする新たな始めの一歩。

結婚式のお手伝いを通して、ふと立ち止まったときに支えとなるような、

愛情いっぱいの家庭を増やすこと。そんなことを叶えていきたい』と、力強く語る彼女を見ていて、

同僚として、いつか自分の結婚式を彼女に担当してほしい。そう思っています。

 

これから萬屋本店で大切なお客様とのご縁を紡いでいけることを、

私も飯田も楽しみにしております。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

結婚式を創る人~会社の垣根を越えたチーム作り~

2018.06.07 Category:

皆様、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

 

本日は、萬屋本店の結婚式に携わるスタッフに向けた研修についてご紹介をさせていただきます。

この研修は結婚式を創る全てのパートナー企業から、

リーダー層のメンバーと萬屋本店のコンシェルジュが参加し、

会社と会社の垣根を超え、チーム作りやマネージメント、

物事の捉え方や考え方を共に学びを深めていくための研修です。

9か月間に渡り、月に1回の全体研修と、月に1回のグループごとのMTGを重ね、

互いの役割を全うするためにどんなことが出来るか?

企業の垣根を超え、パートナーさん同士が互いの人生に関わり合い、

絆を深める研修期間となりました。

 

私たちが常日頃大事にしている価値観の中に

『お客様本位は主従関係を超える』という言葉があるのですが、

まさにこの言葉の意味を感じる、そんな研修となりました。

 

「元請け」「下請け」という立ち位置によって、力関係が変わることはどの業界でもあることだと思います。

しかし、それが結婚式の現場で起きてしまうと、思い描く結果が作れないことは言うまでもありません。

 

結婚式人生の大切な節目のシーンに於いて、

元請け下請けや、肩書によってお客様に向かう姿勢が変わるのではなく、

携わらせていただくスタッフ全員が「自分が責任者」という考えのもとに関わらせていただいたら、

どれほどの結果が作れるだろう。そんなことを想い、全員が研修に励んできました。

 

そして研修最終日。

6月6日に卒業式が開催され、私も参加をさせていただきました。

会社の垣根を超えて共に学んだ仲間と、更なる感動をお客様へ贈るべく、

全員で切磋琢磨し、叱咤激励し、卒業式を迎えました。

 

そして最後に待っていたビッグサプライズ。

それは、各パートナー企業の社長さんや、役員の方、直属の上司の方々から、

研修参加メンバーへのサプライズのお手紙です。

遠くにいても、日頃の頑張りを見てくれているということ、

「いつも頑張ってるね、ありがとう」その一言に救われることは沢山あります。

全員への手紙朗読が終わり、自分の上司から手紙を受け取る瞬間のみんなの嬉しそうな表情。

この卒業式のためだけに、遠く福岡、大阪、東京それぞれの本社から、

上長の方々がスタッフのためだけにお越しくださいました。

日頃の頑張りや努力を承認してもらえる温かい時間。

それを上司本人から読んでもらえ、愛情を一杯感じる時間。

最後に撮影した上司の皆様も含めた全員集合写真。

温かい空間が全員を囲み、未来が発展するのを感じる

強い力を感じる価値ある時間となりました。

 

更に結束を深めたパートナースタッフの皆様と、

これからも心を込めて結婚式のお手伝いをしていきたい。

その想いがさらに強くなる時間でした。

 

これからもチーム一丸となり、大切な人生の節目となる結婚式のお手伝いをさせていただきます。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店】結婚式写真に込める思い

2018.03.19 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

少しずつ気温も上がり

春がもうすぐそこまで来ているのを感じます。

暖かくなるとお出かけの機会も増え

その先々でお写真を撮影することも多いのではないでしょうか。

 

お写真には不思議な力があります。

そのお写真を見るたびに、思わずほほが緩み、ささやかな幸せを感じる瞬間。

その時の記憶を想い返すことのできるお写真は

結婚式でももちろん欠かすことのできない大切なアイテムです。

 

 

結婚式のお写真は、ただ綺麗なだけではなく

その時に聞こえていた音や匂い、

心の移ろいまでもが甦るようなものであってほしいと願っております。

その為には新郎新婦様の事はもちろん、ゲストの皆様の事、

お二人がどんなことを大切にご準備をされてきたのかが

カメラマン自身が理解していないと叶えられません。

 

 

事前にお客様の想いをプランナーから共有させていただき

そして、撮影担当者が直接お客様とお打合せをさせていただくことで

カメラマンの感性でただシャッターをきるのではなく

 

 

お二人とゲスト様の関係性を理解した上で

2秒先、3秒先の未来を予測しながら

最高の瞬間をカメラに収めていきます。

 

 

萬屋本店の写真は全て、ラヴィファクトリーさんにお任せしております。

「ハートのある写真」というコンセプトをもち

撮影された方の心が現れるようなお写真。

 

 

そのお写真をアルバムに残す工程も

アルバム作成会社に依頼するのではなく

校正から製本まで全てを、ラヴィファクトリーさん自身で行って頂けます。

 

 

一組一組、大切にしたい想いが違うからこそ

アルバムになった際の写真の校正も、定型の枠に当て込むのではなく

新郎新婦様にあったものでご用意したい。

そんな想いを持つのがラヴィファクトリーさんです。

 

 

同じ志の仲間と結婚式をお手伝いしたい。

これからも、お客様の想いを第一に考え

一生の記憶に残る一日を、パートナーさんと共にお届けできるよう

チームワークを磨いてまいります。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

【萬屋本店専属衣裳店】『オーセンティック』のご紹介

2018.03.07 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

 

最近お客様からご相談をいただくことが増えた、

衣装のスタイリングについてご紹介させていただきます。

 

私たち萬屋本店では、専属衣装店であります「オーセンティック鎌倉」を、

お客様にご紹介させていただいております。

萬屋本店のグランドオープンに合わせて鎌倉に衣装店を出店してくれた、

私たちにとってかけがえのないパートナー。

萬屋本店のオープン前から、衣装の買い付けに同行させていただいたり、

スタイリングを考えたり、一緒にお店を作らせていたただきました。

 

結婚式場の予約をしたら、まず初めに準備をするのが衣装の打合せです。

結婚式当日ずっと身に纏う衣装は、心からときめく一着であってほしい。そう願ってご用意をしました。

 

本日は、萬屋本店でお薦めさせていただいている和装のスタイリングについてご紹介させていただきます。

(ドレスについては後日ごしょうかいさせていただきます)

 

萬屋本店では、結婚式を挙げられる新郎新婦様のほとんどが「祝言」という

日本の伝統的な結婚式のスタイルをお選びになります。

(「祝言」についてはコチラをご覧ください)

ですので、挙式はお着物が定番。

着物と言っても種類は沢山あります。

どんなスタイルが自分に相応しいか、是非色々と想像してみてください。

 

【挙式スタイリング】

■白無垢+日本髪+綿帽子

真っ白な白無垢は純粋無垢、嫁ぐ覚悟、嫁ぎ先の色に染まります。

という覚悟を表していると言われています。

新郎様は黒の紋付きを選ばれる方が圧倒的に多いです。

色紋付きもご用意はございますが、結婚式という人生の門出に相応しい、

黒の紋付きをお薦めしております。

 

 

■引き振袖+日本髪+角隠し

もし、日本髪を結える髪の長さでしたら、

是非お勧めしたいのが地毛日本髪スタイル。

凛とした強さ、嫁ぐ覚悟を感じる日本髪。

一生に一度の節目に相応しい、花嫁にのみ許されたヘアスタイルです。

 

また、引き振袖は武家の花嫁の正装とされていた衣装。

掛下と呼ばれる真っ白な振袖の上に羽織る白無垢や色打掛と違い、

細身のシルエットになるので、身長の高い方や、凛とした雰囲気がご希望の花嫁様にお薦めです。

 

また、この写真の引き振袖は、総絞りと呼ばれるもの。

日本で3人しか作り手がいないと言われる伝統技法を継承した職人が、

一つ一つの絞りを手仕事で染め上げた一点物。

この着物を作るのに、1年以上の月日がかかると言います。

 

こちらは萬屋本店で一番人気のお着物で、

お色違いで紫と赤も作っていただきました。

是非試着だけでもしていただきたい衣装になります。

 

【披露宴時のスタイリング】

■色打掛+洋髪

祝言の後の披露宴では、

挙式で夫婦となった証に白無垢から色打掛に掛け替えるのが、

日本古来の風習だったと言われています。

先ほどの白無垢の説明にあった、「嫁ぎ先の色に染まります」という言葉の通り、

艶やかな刺繍や、染めに彩られた色打掛に掛け替えます。

 

写真の色打掛は、萬屋本店で人気の色打掛。

総絵羽(そうえば)と呼ばれる作りで、反物である生地を4枚繋げて縫い合わせるお着物ですが、

着物を広げたときにその反物のつなぎ目の絵柄が全て繋がるように作られるのが総絵羽。

広げて見たときには、まるで一枚の絵画のように、豪華絢爛な世界が広がります。

着物の刺繍にはひとつひとつ意味があり、そんなお話を聞いて頂く事も、

着物の背景や意味合いを知れておもしろいのでお勧めです。

 

■タキシード×引き振袖と色打掛の重ね着

こちらは、大正ロマン漂うスタイリングで人気の組み合わせ。

挙式でお召しになった引き振袖の上に、色打掛を重ね着するスタイリングに、

新郎様のみ先にお召し替えをされ、タキシードと合わせます。

大正14年に建てられた萬屋本店の大正ロマンな雰囲気との相性が抜群で、

人気の組み合わせです。

 

引き振袖と色打掛の組み合わせ次第で、印象ががらりと変わるので、

このスタイリングをしたいけれど、何を合わせたらいいかわからない!

という萬屋本店の花嫁様がいらっしゃいましたら、

萬屋本店デザイナーの樋口か、水間にご相談ください。

スタイリングのご提案もさせていただきます。

 

また、毎月のブライダルフェアでは人気衣装の展示もご用意しておりますので、

式場をご検討中のカップル様で、衣装のスタイリングを重視される花嫁様は、

是非3月25日の月一限定フェアにご参加ください。

先輩カップルのお二人がモデルを務めてくださいますので、

スタイリングも間近でご覧いただける他、会場のトータルコーディネートや、

婚礼料理の無料試食もご用意しております。

皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆