フェア予約

【結婚式前撮り撮影】~季節の記憶~

2018.06.13 Category:

皆様こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

自然も多い鎌倉長谷の街での前撮り撮影が人気です。

和装、洋装共に、ご結婚式当日だけでは残しきれないシーンを撮影させていただいております。

本日は、春に撮影させていただいた前撮り撮影の様子をご紹介させていただきます。

ご結婚式本番は黒の引き振袖姿を、親御様に見せたいという思いのある新婦様。

前撮り撮影ではご自身が着たいと思った古典柄の引き振袖に艶やかな色打掛をお選びいただきました。

引き振袖と色打掛を組み合わせた大正ロマン漂うコーディネートでの撮影のあとは、

引き振袖のみのコーディネートにチェンジし、外の撮影にお出かけになりました。

萬屋本店から徒歩数分の所にある地元の氏神様『甘縄神明宮』へ。

ご結婚式当日ではなかなか残すことのできない、

ゆったりとしシーンは前撮り撮影ならではの魅力です。

そしてもう一つの希望であったのが、

この時期だからこそ残せる桜の下でのお写真撮影。

気候によって残せるかが不安だったのですが

ご希望通りのお写真を残すことができ、大満足の撮影となりました。

 

ご結婚式当日には撮影させていただいたお写真をウェルカムボードにして飾ったり

お待ち合いにてゲストの皆様にご覧いただくなど、

お迎えする上でのおもてなしとしても前撮り写真は活躍します。

 

 

今後、ご夫婦としての始まりと場所となる鎌倉の街で

結婚式とはまた違った思い出を残して頂けたらと思います。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●9月9日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店】鎌倉・長谷の町ならではの引菓子

2018.05.12 Category:

こんにちは、コンシェルジュの砂川です。

萬屋本店がオープンして早いもので2年が経ちました。

これまで、沢山のお客様のご結婚式をお手伝いさせて頂き、

そして沢山の方々に萬屋本店に帰ってきて頂いております。

萬屋本店に帰ってきて頂く事は、長谷の町に帰ってきて頂く事でもあります。

そんな長谷の町をより大切に感じて頂ければと思い、

本日は長谷の町ならではの、特別なお菓子をご結婚式でお届けしています事をご紹介します。

 

その1つが和菓子の「手毬~てまり~」。

日本の伝統と美を代表する和菓子。

「手毬」がこだわる和菓子の “ねりきり”は、

生菓子の中でも高級でお茶会に出される“上生菓子”にあたるもの。

その繊細で高度な技術を、ご結婚式のデザートとして華やかに演出しております。

色彩豊かな一品を、五感で楽しんで頂いております。

動物や花柄はお子様に大人気!!

続いて、

ゲストにお渡しする引菓子や、お見送りの際にお渡しするプチギフトには、「七十二」。

「七十二」は、

旧暦の「二十四節季七十二候」から名付けられており、

1年に72回、およそ5日ごとに訪れる七十二候の様な季節感や繊細さが感じられる、

手仕事の逸品をお届けしております。

パッケージもオシャレで可愛く、特に女性に好評です。

おかきやあられも喜ばれますね。

「手毬」も「七十二」も長谷の町に、地域に根ざしたお店作りをされています。

皆さんが、結婚式を思い返して萬屋本店に帰って頂ける時、

長谷の町に息づくお店を思い出され、自然とお店に足を運んで頂ければ嬉しいです。

そんな関係性を、長谷の町の皆さんと沢山築いていきたいと思っております。

 


 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●8月19日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店 ウェディングブーケのご紹介】

2018.05.05 Category:

こんにちは、コンシェルジュの樋口です。

本日は、花嫁姿には欠かせないアイテムの
「ウェディングブーケ」についてご紹介させていただきます。

和装の花嫁様には、ボール状の鞠ブーケが人気です。

こちらは赤の絞りの引き振袖に、濃いオレンジの菊の鞠ブーケ。

お着物の比翼に合わせた濃いオレンジと菊の色味を合わせています。
和装のブーケは、お着物の柄や季節と合わせてコーディネートさせていただきます。

こちらのブーケは様々なお花を束ねたクラッチタイプのブーケです。

お着物のやわらかい色味に合わせ、洋菊をあしらったブーケは、小物でのコーディネートが楽しい
振袖姿にオススメです。
一年を通してお勧めの白×グリーンを基調としたコーディネートです。

続いて、ウェディングドレスにお勧めブーケ

 

「ブルーファンタジア」という小花を束ねたシンプルなブーケ。

ブルーファンタジアの花言葉は「永遠」
主張せず確かに存在する「永遠」という時間は、決して派手ではないのに目を引く、
ブルーファンタジアの佇まいによく似ています。
そんな所から由来した花言葉。

結婚式という人生の通過儀礼、当たり前に過ごしていきたい毎日の中で
人生を変えるくらいの輝きを静かに放つこのブルーファンタジアはとても人気です。

こちらもこれからの季節に人気の組み合わせ。
紫とグリーンでシンプルにまとめナチュラルな存在感が可愛いブーケです。
大人っぽく洗練されたコーディネートにもシンプルであるからこそお勧めです。

ブーケは季節や、衣装の色、結婚式のテーマや、花言葉等。
ブーケひとつをとっても、様々な要素から検討を重ね、お打合せをして決めていきます。

衣装、会場コーディネート、ヘアメイク、ブーケ、ヘアード。
その全てが調和して、花嫁様は美しく輝きます。

最後に、ブーケ選びのポイントをお伝えします。
ブーケはやっぱり生花が綺麗です!

手作りや造花を検討される方もいらっしゃいますが、
ここは、絶対に!会場専属のフローリストに依頼して、
全体のバランスを加味して最高の提案をしてもらうことをお勧め致します。

特にお持込や手作りのブーケは、
トータルコーディネートと調和せず、そこだけ浮いてしまうことや、
鮮度が落ちてしまっていて、本番前にお花が萎れてしまい、
花弁が散ってしまうということもあります。

ご家族やご友人がご厚意で作ってくださることが多いアイテムでもあるので、
お断りするのが難しいというご相談をされることもありますが、
そういった場合は前撮り撮影で使用したり、ウェルカムグッズとして受付に飾ったり、
披露目の方法はたくさんございますので、一度プランナーにご相談くださいませ。

結婚式で使用するアイテムの一つ一つ。
その全てが調和してこそ、美しい結婚式が生まれます。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●8月19日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店 会場装花フラワーミートのオススメ】

2018.03.30 Category:

こんにちは、萬屋本店コンシェルジュの樋口です。

萬屋本店の周辺には、桜が満開。

御霊神社さんや甘縄神明宮さんなど、長谷の街を散策するなかで

感動的な場所が本当に多く、ぜひ、お立ち寄りいただければと思います。

 

さて、本日は萬屋本店でご披露宴をされる皆様に

「フラワーミート」の時間をご紹介させていただきます。

こちらは2月にお式を挙げて下さったお客様の実際の会場装花です。

 

会場装花は、春夏秋冬、旬を感じられる贅沢な表現の一つだと思います。

お花一つを選ぶにしても色味や、装花の素材、価格、花のボリュームなど、色々な観点があると思います。

 

萬屋本店では、会場装花に関しては2回、『イメージカウンセリング』と『ご提案』のお打合せを行い、

ご披露宴当日を迎えます。

 

ご披露宴当日までどんな会場の装花になるか、皆様へ想い描いた形になっているか、

ドキドキしながら当日を迎えられると思います。

 

まずは出来上がってきたブーケを御確認いただきます。

おふたりの想いが詰まった、深紅のバラや、グリーンが美しいブーケに

おふたりの表情もとてもやわらぎました。

 

その後、準備中の会場をご覧いただき、フラワーミートを行います。

まだ、どなたもお客様をご案内する前の会場に新郎新婦様をご案内し、

会場装花の御確認をいただきます。

 

 

会場装花をご覧になられた瞬間、フローリストと対面した際のおふたりの笑顔。

赤系の色味が好きな新婦様と青系の色味が好きな新郎様。

会場装花のイメージを決めていく事も、なかなかおふたりのご希望が決められず、

どちらも捨てがたい、迷ってしまうと、お話ししてくださっていました。

 

 

完成する前のおふたりのお席におかけいただき、全体感を確認。

おふたりがこだわったのは、「ブルーファンタジア」という紫色の小花をあしらうこと。

「ブルーファンタジア」には「永遠」という意味の花言葉があります。

 

 

「永遠」という花言葉の背景には、出しゃばらないけど確かに存在する「永遠」という時間は、

決して派手ではないのに目を引く、ブルーファンタジアの佇まいによく似ているからだそうです。

 

結婚式当日、皆様と過ごす時間を長くとりたい。

たくさん会話をして皆様に感謝の気持ちを直接お話ししたい。

これからも関係を続けていきたい大切な方しか招いていない。

こうおっしゃっていたおふたりにはとてもぴったりの装花でした。

 

 

新郎新婦様にとって一生に一度の大切な日。

そんな大切な日に飾る装花はどんなお花がいいでしょうか?

ただただ飾るという観点ではなく、

そこに想いを込めて思い出にしていただきたい。

 

まずはおふたりに感動していただいた会場へ、皆様をご案内したい。

そんな想いから、萬屋本店では『フラワーミート』の時間を大切にしております。

ぜひ、皆様も人生を彩るお花を一緒に創っていきましょう。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

【萬屋本店 おすすめの洋装スタイリング】

2018.03.21 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

本日、季節外れの大雪に見舞われた鎌倉。

雪の中でも、幸せなご結婚式のお手伝いをさせていただきました。

雪が舞うお庭からの入場シーンは、ため息が出るほど美しい入場シーンでした。

 

季節や結婚式のイメージに合わせて、花嫁様がお召しになる衣装は様々です。

 

本日は、萬屋本店でお勧めしている、

洋装スタイリングについてご紹介させていただきます。

(和装のスタイリングについてはこちらのブログ記事をご覧ください)

 

■挙式にお勧め《王道×上品コーディネート》

グレースケリーをイメージした、繊細なレースが美しいこちらのドレス。

トレーンが長いこちらのドレスには、

切りっぱなしの軽やかさがあるベールがお勧め。

ブーケも白で統一し、王道で上品な装いで。


■披露宴にお勧め《大人の引き算コーディネート》

こちらはヒップラインで切り替えの入った大人っぽいドレス。

アクセサリーはイヤリングのみにして、存在感あるビッグブーケと合わせるコーディテートがお勧め。


■お色直しにお勧め《オリジナルドレス×シューズコサージュ》

こちらは萬屋本店専用に作られた、オリジナルドレス。

軽やかなチュールを何層にも重ねたドレスの足元は、女性の華奢な足首が際立つカッティングが施されています。

そんな足元を彩るシューズには、世界で一つだけのコサージュを。

フローリストが会場装花に合わせてデザインします。


■お色直し&アフターパーティーにお勧め《ミモレ丈ドレス×とっておきの靴》

披露宴の中でゲスト紹介を予定されていたり、アフターパーティーをご検討の方には、

ミモレ丈(ふくらはぎ丈)のドレスがお勧め。

足元を気にせず歩ける機能性と、スタイリッシュな雰囲気で、従来のウェディングドレスのイメージに差を付けます。

足元が見えるので、レンタルシューズではないとっておきの靴をご用意ください。

萬屋本店の先輩花嫁の皆様の中では、

・JIMMY CHOO

・MANOLO BLAHNIK

・PRADA

等が人気です。

結婚式後も使える、大人の足元を彩るとっておきの靴を、是非見つけてみてください。


■季節のコーディネート《夏仕様のハット×花柄ドレス》

初夏~夏のご結婚式や、前撮り用のドレスとしてお勧めなのが、こちらのコーディネート。

ドレス表面のチュールに花柄のプリントが施され、軽やかさと遊び心感じるデザイン。

特に夏の季節に人気のドレスです。

また、白いハットを合わせて、季節感溢れるコーディネートが完成します。


■季節のコーディネート《ウェディングドレス×ファー》

秋~冬の結婚式にお勧めなのは、ファーを使ったコーディネート。

こちらあ提携衣装店のオーセンティック鎌倉にてレンタルアイテムとしてご案内をさせていただいております。

上質なファーを身に纏い、寒くてもスタイリッシュにウェディングドレスを楽しめます。

 

以上、洋装スタイリングのご紹介でした。

ご結婚式の季節や、ご自身のイメージ、なりたい姿に合わせて、

スタイリングのお手伝いを承っております。

オーセンティックのコーディネーター、萬屋本店デザイナーの樋口、水間までご相談くださいませ。

 

ご結婚式を挙げる全ての花嫁様にとって、ワクワクと心躍るコーディネートを、

ご一緒にお手伝いさせていただきます。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店 和婚にお勧めの演出~鏡開きのご紹介~】

2018.03.16 Category:

こんにちは、萬屋本店コンシェルジュの砂川です。
本日は、萬屋本店でご案内しております、「鏡開き」をご紹介させて頂きます。

鏡開きの「鏡」は丸いものを指していることから、「円満」という意味を持っています。
結婚式では、「夫婦円満」の意味が込められています。
「開く」は「未来を切り開く」という意味を持っています。
(行為として割るのですが「割る」は縁起が悪いので、げんをかついで「開く」と呼びます。)
結婚式では、「子孫繁栄」の意味が込められています。

農耕民族である日本人にとって、米から作られた日本酒は神聖な神様が宿ると考えられていました。
そんな神聖な日本酒を酒樽に入れ、酌み交わす事により、
新郎新婦のお2人の門出と、夫婦円満をみんなで願う!
これが「鏡開き」というわけです。

披露宴はおふたりとゲスト皆様の絆、ご家族への感謝を思う大切な日。
古き佳き文化、日本人らしい鏡開は、祝宴の幕開けにピッタリです。

また、萬屋本店でお召し上がり頂けるお酒の銘柄は「白雪(しらゆき)」です。
フルーティーで口当たりがまろやかな白雪は、女性にも非常に人気が高く、美肌効果もあります。
白雪は元々、兵庫県の灘(なだ)で造られている地酒で、全国に名を轟かせていた、とても有名なお酒でした。

大正時代より食の問屋として商いを続けてきた萬屋本店は、
鎌倉のエリアで専売品として「白雪」を取り扱っておりました。
その専売品の証拠としての「販売許可証」や、白雪を量り売りしていた「徳利(とっくり)」も、
今も大切に飾らせて頂いております。

歴史が織りなす「白雪」で、結婚式の門出を祝って頂ければこの上ない事です。
皆様にも、是非ご賞味頂ければと思います。

 


 

◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店専属衣裳店】『オーセンティック』のご紹介

2018.03.07 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

 

最近お客様からご相談をいただくことが増えた、

衣装のスタイリングについてご紹介させていただきます。

 

私たち萬屋本店では、専属衣装店であります「オーセンティック鎌倉」を、

お客様にご紹介させていただいております。

萬屋本店のグランドオープンに合わせて鎌倉に衣装店を出店してくれた、

私たちにとってかけがえのないパートナー。

萬屋本店のオープン前から、衣装の買い付けに同行させていただいたり、

スタイリングを考えたり、一緒にお店を作らせていたただきました。

 

結婚式場の予約をしたら、まず初めに準備をするのが衣装の打合せです。

結婚式当日ずっと身に纏う衣装は、心からときめく一着であってほしい。そう願ってご用意をしました。

 

本日は、萬屋本店でお薦めさせていただいている和装のスタイリングについてご紹介させていただきます。

(ドレスについては後日ごしょうかいさせていただきます)

 

萬屋本店では、結婚式を挙げられる新郎新婦様のほとんどが「祝言」という

日本の伝統的な結婚式のスタイルをお選びになります。

(「祝言」についてはコチラをご覧ください)

ですので、挙式はお着物が定番。

着物と言っても種類は沢山あります。

どんなスタイルが自分に相応しいか、是非色々と想像してみてください。

 

【挙式スタイリング】

■白無垢+日本髪+綿帽子

真っ白な白無垢は純粋無垢、嫁ぐ覚悟、嫁ぎ先の色に染まります。

という覚悟を表していると言われています。

新郎様は黒の紋付きを選ばれる方が圧倒的に多いです。

色紋付きもご用意はございますが、結婚式という人生の門出に相応しい、

黒の紋付きをお薦めしております。

 

 

■引き振袖+日本髪+角隠し

もし、日本髪を結える髪の長さでしたら、

是非お勧めしたいのが地毛日本髪スタイル。

凛とした強さ、嫁ぐ覚悟を感じる日本髪。

一生に一度の節目に相応しい、花嫁にのみ許されたヘアスタイルです。

 

また、引き振袖は武家の花嫁の正装とされていた衣装。

掛下と呼ばれる真っ白な振袖の上に羽織る白無垢や色打掛と違い、

細身のシルエットになるので、身長の高い方や、凛とした雰囲気がご希望の花嫁様にお薦めです。

 

また、この写真の引き振袖は、総絞りと呼ばれるもの。

日本で3人しか作り手がいないと言われる伝統技法を継承した職人が、

一つ一つの絞りを手仕事で染め上げた一点物。

この着物を作るのに、1年以上の月日がかかると言います。

 

こちらは萬屋本店で一番人気のお着物で、

お色違いで紫と赤も作っていただきました。

是非試着だけでもしていただきたい衣装になります。

 

【披露宴時のスタイリング】

■色打掛+洋髪

祝言の後の披露宴では、

挙式で夫婦となった証に白無垢から色打掛に掛け替えるのが、

日本古来の風習だったと言われています。

先ほどの白無垢の説明にあった、「嫁ぎ先の色に染まります」という言葉の通り、

艶やかな刺繍や、染めに彩られた色打掛に掛け替えます。

 

写真の色打掛は、萬屋本店で人気の色打掛。

総絵羽(そうえば)と呼ばれる作りで、反物である生地を4枚繋げて縫い合わせるお着物ですが、

着物を広げたときにその反物のつなぎ目の絵柄が全て繋がるように作られるのが総絵羽。

広げて見たときには、まるで一枚の絵画のように、豪華絢爛な世界が広がります。

着物の刺繍にはひとつひとつ意味があり、そんなお話を聞いて頂く事も、

着物の背景や意味合いを知れておもしろいのでお勧めです。

 

■タキシード×引き振袖と色打掛の重ね着

こちらは、大正ロマン漂うスタイリングで人気の組み合わせ。

挙式でお召しになった引き振袖の上に、色打掛を重ね着するスタイリングに、

新郎様のみ先にお召し替えをされ、タキシードと合わせます。

大正14年に建てられた萬屋本店の大正ロマンな雰囲気との相性が抜群で、

人気の組み合わせです。

 

引き振袖と色打掛の組み合わせ次第で、印象ががらりと変わるので、

このスタイリングをしたいけれど、何を合わせたらいいかわからない!

という萬屋本店の花嫁様がいらっしゃいましたら、

萬屋本店デザイナーの樋口か、水間にご相談ください。

スタイリングのご提案もさせていただきます。

 

また、毎月のブライダルフェアでは人気衣装の展示もご用意しておりますので、

式場をご検討中のカップル様で、衣装のスタイリングを重視される花嫁様は、

是非3月25日の月一限定フェアにご参加ください。

先輩カップルのお二人がモデルを務めてくださいますので、

スタイリングも間近でご覧いただける他、会場のトータルコーディネートや、

婚礼料理の無料試食もご用意しております。

皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店 エンドロール上映で結ぶ結婚式】

2018.03.04 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

少しづつ温かな春の陽気となり

長谷の街も観光客の方で賑わいを見せております。

萬屋本店では毎週、ご結婚式のお手伝いをさせて頂いておりますが

お帰りの際には本当に沢山の感謝のお言葉を頂きます。

 

ゲストの皆様のご満足が

新郎新婦様の一番の喜びに変わる結婚式。

日本には「終わりよければ全て良し」ということわざがありますが

ご披露宴の結びで、皆様と一緒に一日を振り返って頂ける

当日撮影エンドロールは、ゲストの皆様に大変ご満足を頂いております。

 

朝のお支度からお開きまで、たくさんの感情が移ろう結婚式。

 

 

生んでくれて、育ててくれてありがとう。

親御様への感謝をただただお伝えする挨拶の儀。

 

 

大事に育ててきた娘を引き渡すその瞬間の、親御様の想い。

 

 

夫婦としての誓いを立て、結ばれ、家族となった瞬間。

 

 

大切な皆様との語らいの時間。

溢れる笑顔と心からの感謝。

 

 

そして再入場時の歓声と祝福。鳴りやまない拍手。

 

終焉を迎える前に

改めて皆が一日を振り返り

新郎新婦と話した会話を想い返し

皆が幸せな笑顔を浮かべているシーンを目に焼き付け

2人の幸せをもう一度心から願える時間をお届けできることが

エンドロールの価値だと思います。

 

素晴らしい映画を観た後の、感動の余韻に浸って頂けるような

そんな時間を、お二人からのおもてなしとしてお届けして欲しいと願っております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●6月10日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

萬屋本店 パートナー紹介~装花編~

2018.02.23 Category:

皆様、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュの早野と申します。

 

本日は私たちの大切なパートナーの装花担当のハナヒロさんを

是非皆様にご紹介できたらと思います。

装花、それはもてなしの大事な要素。

春夏秋冬、旬を感じられる贅沢な表現の一つだと思います。

新郎新婦様にとって一生に一度の大切な日。

小さい頃から支えてくれた家族、親戚、友人はもちろん、

今お世話になっている職場の皆様など

人と人とが交わり合って助けていただくご縁の元に

生まれた絆がお二人の結婚だと思います。

そんな大切な日に飾る装花はどんなお花がいいでしょうか?

好きな色?好きな花材?好きな花器?好きなデザイン?それともお値段?など

お花一つを選ぶにしても色んな観点があることだと思います。

 

私が萬屋本店でのお打合せの際に感動したことがございます。

それはデザイナーの庄司さんが語ってくれていたことで

『節目のお花』を人生に残すということです。

お二人の人生にとって大きな節目となるこの日。

この節目を彩る上でそこに飾るお花をどうアレンジするのか?

どんなお花をどんな思いがあってチョイスするのか?

 

例えば、実際あったお客様の装花の

お打合せでのエピソードをご紹介させてください。

 

家族を大事に大事にされてきたお二人。

そして家族のような友人や職場の人に恵まれた人生を歩んできたお二人。

そんなお二人に装花デザイナーがご紹介したお花は紫陽花。

紫陽花とは花言葉が『家族団欒』という意味があり、

小さな小花の集合体から大輪の美しいお花になっていることから

家族や団欒という意味があると言われています。

家族のように大事なゲストが一つになれるような

そんな温かい団欒の時間を結婚式を通して提供していきたい。

そして結婚式の最後にはお互いの大切な方が一つになれるような

そんな繋がりの深い結婚式を作っていきたいと

お二人は語ってくださってました。

ゲストを大事に思うお二人のご結婚式には、

大切な家族のような皆様をイメージした紫陽花をいっぱいに飾り、

お越しいただいたゲストの皆様には、

その紫陽花の花言葉も司会やテーブル担当スタッフから

心を込めて伝えさせていただき、思い出の節目の装花となったのです。

きっとこのお二人にとって

この『紫陽花』は毎年夫婦の節目のお花となり、

食卓に飾ったり、街で見るたびにその当時を思い返す

大事なお花になることだと思います。

 

ただただ飾るという観点ではなく、

そこに想いを込めて思い出にしていただきたい。

そんなご提案をしてくれるパートナーさんがいるからこそ、

本当にいい結婚式のご提案ができることだと思います。

これからもハナヒロさんと共に

そんなご結婚式のお手伝いができたらと思います。

 


◆月一限定!模擬挙式×特選黒毛和牛無料食付BIGフェア◆

●5月20日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

 

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆萬屋本店二周年感謝祭レストランイベント情報はこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店】結婚式で人気のお花と花言葉

2018.02.02 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

今年も早いもので1か月が経過しました。

先週の婚礼では今年初めての梅の花が飾られ

本日のご婚礼では桜の枝ものが暖簾の前に飾られました。

 

お花は季節の訪れを感じられる特別なおもてなしで

古くから大切な人を出迎えるの際には季節のお花を飾って出迎えるという風習がございます。

まだまだ気温が低いからこそ、花の香りや色どりで

心がそっと温もるもてなしをお贈りくださいませ。

 

本日は萬屋本店として会場の雰囲気に合い、

新郎新婦様から人気が高いお花をご紹介させて頂きます。

 

新婦様に大人気のブーケ

ブルーファンタジア

こちらには「永遠」という花言葉が込められています。

花嫁としての永遠の記憶、永遠の美しさ、永遠の愛情など

たくさんの意味を込めてお持ちいただけます。

 

 

続いては、黒に近い深い赤色で

ベルベットのような質感を持つ黒蝶(こくちょう)という名のダリア。

「優雅、華麗」という花言葉があり

大正ロマンの雰囲気に欠かせないお花です。

 

 

鎌倉を代表する花、紫陽花(あじさい)。

細かい小花が寄り添うように集まった紫陽花には「家族団欒」の意味があります。

家族、親戚が一堂に会する結婚式に相応しく

ゲストのテーブルに飾る方が多いです。

 

 

花の中心が、赤から白へと変わってくのが

ラララという名のダリアです。

花言葉は「感謝」。

萬屋本店で結婚式を挙げる新郎新婦様の想いがそのまま形となったお花です。

 

この様に、季節のお花にも

特別な想いをのせて頂くことで

お二人の想いをより大切な皆様へとお届けでき

おもてなしの心をより深く感じて頂けること思います。

 

そんな思い出のお花を持っていただき

結婚式の後も、お二人が大切な人に贈るときの

人生を彩るお花に出会って頂けたら素敵ですね。

 

 


◆月一限定!模擬挙式×特選黒毛和牛無料食付BIGフェア◆

●5月20日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

 

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

◆萬屋本店二周年感謝祭レストランイベント情報はこちらをご覧ください◆