フェア予約

【萬屋本店・結婚式後も繋がるご縁】

2018.12.06 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

先日、弊社の代表宮腰が萬屋本店のすぐ近くにOPENしたカフェ【cha-LaMari】に、

萬屋本店で一番最初に結婚式をお申込下さったのお客様「三戸様」が、

お子様と一緒に遊びに来てくださいました。

 

何かの節目には必ず三戸さんが居て下さる。そんな大切なお客様。

萬屋本店で一番最初のお問合せをいただいたのも三戸様。

オープンしてすぐの結婚式の様子や、昨年秋のお子様の七五三の様子と共に、

三戸様とのご縁について綴らせていただきます。

 

三戸様と初めてお会いしたのは2015年の夏。

萬屋本店の開業準備室がオープンしたばかりの立上げ初期の頃でした。

改装工事が始まる前の館内を会場見学していただいた数少ないお客様。

打合せや衣装合わせもまだお店が出来上がっていなかったので、

姉妹店のサロンや、都内の衣装店まで足をお運び頂いてのご準備でした。

まだ建物が完成していなく、立上げ初期で不安なことも多い中、

私たちを応援し、沢山のご意見やアドバイスをお伝えくださった三戸様。

今後の為に!と伝えてくださった有難いアドバイスのお陰で、今の萬屋本店があります。

そして2016年の5月、お二人の結婚式が執り行われました。

デザイナーでいらっしゃる新婦弘美さんはご自身でデザイン画を掛かれ、

オーセンティックのデザイナーと共にフルオーダーで作成されたドレスをお召しになり、

お二人のお子様のみずきちゃんも、新婦弘美さん手作りのドレスを着て、一緒に楽しんだ結婚式。

みずきちゃんの成長を一緒に見守らせていただき、こうして年に何回かお会いできることをとても嬉しく思います。

当時の結婚式の様子をHPの感動レポートに掲載させていただいております。

是非こちらもご覧くださいませ。

 

そして昨年の11月には、お子様のみずきちゃんの七五三のお祝いも萬屋本店でお手伝いさせていただきました。

結婚式から1年半が経ち、すっかり大きくなったみずきちゃん。

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒の撮影は、

温かいご家族のご縁を改めて感じるお時間でした。

赤ちゃんの頃からお打合せでお会いしていたので、

本当の親戚のような気持ちで、スタッフ一同が幸せを分けていただいた時間でした。

こうして、ご家族の大切な節目にお越しいただけることは本当に有難いご縁だと感じています。

 

そして先週。

宮腰のカフェのオープンに合わせて遊びに来てくださいました。

弘美さんと近況報告をし合う代表の宮腰が居て、

みずきちゃんの成長を一緒に喜んで会いに行こう!と言ってくれるアシスタントメンバーがいて、

4歳になり、すっかりおしゃべりも上手になったみずきちゃんと沢山お話をしました。

お土産に似顔絵入りのミカンをあげたら、それをしばらく大切に取っておいてくれたと後日伺いました。

 

結婚式という人生の節目を通して、大切なお客様と一緒に人生を歩んでいけるご縁を頂けること。

このことが、わたしたちウェディングプランナーにとって何よりのやりがいであり、生きがいです。

 

お互いのインスタグラムやFBで近況を拝見したり、

たまにこのように遊びに来てくださったり。

こんな風にお客様と共に時間を重ねていけることは中々ないことだと感じています。

 

これからも萬屋本店でご結婚式を挙げて下さったお客様とのご縁を、

大切に紡いでいきたいと願っております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

 

 

 

【萬屋本店 結婚式レポート】笑顔溢れる春の宴

2018.12.01 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

12月に入り、いよいよ今年もラスト1か月となりましたね。

ちょうどこの時期から、来年の春のご結婚式のお客様の

お打合せがスタートしてまいります。

4月は入学式や入社式など

新しい始まりを迎えるのにふさわしい季節です。

ご夫婦としての始まりを迎えるのも4月はとってもおすすめです。

 

本日は今年の4月にご結婚式を迎えられたお二人を

ご紹介させてください。

こちらのお二人は

新郎様が美容師をされていておられます。

オーストラリアで美容師をされていた時期もあり

これまで親御様には何度も心配をかけたと仰られておりました。

また、ご新婦様は進学のために山形県のご実家を出られてからは

慣れない一人暮らしで寂しい時も悩んでいるときも

いつも明るく背中を押してくれた親御様に

普段なかなか伝えられない感謝を伝えたいという思いをお持ちでした。

 

親元を離れ、自分達が今日まで歩んでこられたのも

親に変わって自分の事を気に掛けてくれる仲間との出会いのおかげ。

そんな大切な方々をお互いに紹介をしながら

堅苦しくなく、皆の笑顔が絶えない時間を過ごしたい。

そんな思いでご準備をされてきました。

親子水入らずの時間をお過ごしいただく

挨拶の儀でも、お部屋からは笑い声が聞こえてきました。

お打合せの中で「うちの父はずっとおしゃべりをしている面白い人なんです。」と

そんなお話を伺っておりましたので

これがご新婦様の家族の風景なんだなと

心が温かくなりました。

挙式の中ではお二人が伝えたかった感謝を

三礼の儀にこめていただきました。

「これからは恩返しをしていきます。」

「お父さんお母さんのような夫婦を目指していきたい。」

「これからもどうぞ私たち二人を宜しくお願いします」

そんな思いを込めて、深々と頭を下げて頂く時間は

いつもの笑顔の裏に込められた、深い感謝の思いが溢れていました。

披露宴では余興や演出ではなく

お一人お一人との会話を楽しみたいという思いから

歓談という時間をメインにすることで

皆様の笑顔が最高の演出になりました。

会場の雰囲気に合わせた装花と

白無垢から振袖、そしてドレスへと衣装をチェンジし

その姿を披露することで

会場の幸福感が高まり、最大のおもてなしとなりました。

再入場では

姪っ子ちゃんたちから

お二人に向けたサプライズのお手紙が届けられ

家族が増える喜びを分かち合う時間となったことと思います。

離れて暮らす両家ご家族様。

大切なご友人や職場の方々。

皆が一堂に会す時間が、この先に何度あることでしょうか。

だからこそ、いつもと変わらない笑顔で

皆が自然体でリラックスできる一日にしたい。

自分達の為ではなく

ゲストが主役の時間にしたい。

お打合せの旅にお二人が口にしていたことが

こうして形になったことは

担当させていただいた私も

自分の事のように嬉しく感じたのを

今でも覚えています。

ご結婚式の後も

何度もレストランにお帰りいただいているお二人。

このご縁に感謝し、またこの先もお二人の笑顔溢れる人生を

ずっと応援していきたいと思います。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【ブライダルフォト】カメラマン2名だから叶うこと

2018.11.27 Category:

こんにちは。

萬屋本店の飯田でございます。

 

萬屋本店でご結婚式を挙げられる多くのお客様は

「今までお世話になった方に感謝を伝えるために結婚式をしたい」と仰います。

そんなお客様には「カメラマン2名体制」での撮影が非常におすすめです。

 

一生に一度限りのご結婚式の写真撮影、ブライダルフォト。

カメラマン1名だけでももちろん撮影はできますが、

2名体制だとどんなお写真が残せるのか、当日の進行とともにご紹介させていただきます。

 

【お支度完了】

 

お二人はお支度を終えられて、

お写真撮影や挙式のリハーサルをされています。

実はその間、同時進行でゲストの皆様は

お待合スペースでウェルカムドリンクをお召し上がりになったり、

受付を通られ、今か今かと結婚式を楽しみにしていらっしゃいます。

 

お二人の大切なゲストの皆様がどのようにお過ごしになっていらっしゃるのか、

招待した側の立場としては、とても気になりますよね。

お二人がお選びになったドリンクや席次表など

おもてなしのアイテムを楽しんでくださっているゲストの皆様の姿を

カメラマン2名体制であれば、しっかりと残すことができます。

 

【挨拶の儀】

挙式前に行う挨拶の儀。

親子水入らずで過ごす最後のお時間です。

 

挨拶の儀はご両家それぞれのお部屋でお過ごしいただきます。

カメラマン2名体制でないとご両家のお写真が残せないこのお時間。

お写真を見返したとき、多くの親御様に喜んでいただけるポイントです。

 

【披露宴入場】

 

ご入場のシーンでまず押さえるのは、お二人の正面からのお写真です。

2名体制だと叶うのがゲストの方のショット。

ゲストの皆様の嬉しそうなお顔や、こだわりのお衣裳に感激される姿、

ご入場のときにお二人が見た景色をそのまま残せるのです。

 

【お色直し中座】

お二人がお色直しをされている間、

会場内のゲストの皆様はプロフィールムービーをご覧になっています。

 

2名体制ですと、同時進行で進んでいるお二人のお支度の様子も

カメラに収めることができます。

こうしたお写真を見て一番喜ばれるのは、やはり親御様。

お写真を見せて差し上げるだけでも親御様孝行になるのではないでしょうか。

 

【ご新婦様のお手紙】

 

お手紙のお時間は、ご披露宴の中でも大切な結びのお時間。

会場の雰囲気によりカメラマンが会場内を動き回りにくくなるお時間でもあり、

1名ですとお二人・親御様・ご友人様の表情をすべてお写真に残すのは

難しいことがございます。

2名体制だからこそ撮れるのがこちらのような自然な表情のご友人様のお写真。

大切な方々をお招きしているからこそ、

皆様がどんな気持ちでお過ごしになっていたのかを見ることが出来るのは

大変価値のあることだと思います。

 

カメラマン2名体制のお写真、いかがでしたか?

「お招きする方のために結婚式を挙げたい」とお思いのお客様は

是非ご検討くださいませ。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【結婚式レポート】季節を感じる結婚式

2018.11.25 Category:

皆様、こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュ砂川でございます。

気付けばもう11月下旬、秋も益々深まる今日この頃。
萬屋本店にあります縁側も秋色に色付き始め、季節の移ろいを全身で感じております。

さて、本日は、新緑の4月にお式をされたお2人のご結婚式をご紹介いたします。

緑の多い公園を散歩したり、キャンプに行ったり、自然溢れる場所に旅行に行ったりする事が大好きなお2人は、
自然と新緑の季節を希望されていました。

そんなお2人は、紋付き・袴に、もっとも格式が高く、花嫁の正装とされる白無垢に、
神秘的で清楚な綿帽子を合わせて挙式を迎えられました。挙式会場内の新緑の木々が、厳粛な挙式の中に、
奥ゆかしさを感じさせてくれました。

綿帽子をお取りいただいてのご入場シーンでは、

縁側からの木漏れ日が、お二人の笑顔をより魅きたててくれます。

縁側での親族や、ダンス仲間との集合写真も思い出の1枚と色濃く心に刻まれす。

そして、鶴の絵柄が特徴の黒打掛にお召し替えされ、お父様との再入場。

純白なタキシード姿の新郎様も凛としてますね。

季節を先取りした紫陽花が、紙切師による和芸をより一層華やかな場にしてくれます。

そして、黒打掛から赤紋様の振袖にお色直しし、暖簾前のお花とともに。

白無垢姿とはまた違った印象で、ご結婚式の節目のワンショットとなりました。

お2人だけでなく、ご参列されたゲストの皆さんが、4月になると結婚式を思い返したり、

新緑や紫陽花を見ると、結婚式の想い出が甦る。

そんな季節を感じられる結婚式をこれからもお届けしていきたいです。

たいすけさん、みわこさん

改めまして、ご結婚、誠におめでとうございました。

末永いお幸せを、萬屋本店スタッフ一同でお祈り申し上げております。

 

◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店】花嫁が結婚式で叶えたかったこと

2018.11.07 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

結婚式を挙げる理由を新郎新婦様はそれぞれにお持ちです。

ただ、そこに踏み込むかどうかは

私たち、結婚式をお手伝いさせていただく側によって変わります。

結婚式のスタイルがどんどん多様化し

雰囲気を重視したものが多くございますが

その中で「なぜ結婚式を挙げるのか?」から考えて

お手伝いをしていく事を

萬屋本店では大事にしていきたいと考えます。

 

 

ある新婦様には、学生時代にずっと続けてきたスポーツがありました。

その時に出会った仲間達は、

卒業後数年たった今でも、良く一緒に食事に行ったり

生涯をかけて付き合って行ける心友になった。

 

 

続けてきたおかげで就職の際も評価してもらえたり

1つの事をやり遂げるための努力と精神力

そして、成し遂げたときの達成感を学ぶことが出来て

あの時がなければ、今の自分はないんです。

そんなことを話してくれました。

 

 

ただ一度、本気で辞めようと思ったときがあって

その時に、ずっとそのスポーツを続けることを応援し

厳しくも心からサポートしてくれたお父さんに

絶対に反対されるのを覚悟のうえで、思いを伝えた時に

お父さんから「十分頑張ったから辞めてもいいんじゃないか?」と言われたそうです。

 

 

その言葉で、逆に辞めることを踏みとどまり、ずっと続けてこれた新婦。

お父さんがなぜ、辞めてもいいと言ってくれたのか?

そのことを聞くことが出来ずにここまで来てしまった。

あの時のお父さんの言葉がなければ辞めていた。

それは全く違った人生を意味していて

お父さんには本当に感謝しているけど

これまで素直に伝えることもできていない。

 

 

生れた家を出る前に

その理由をお父さんから聞いて、

そして心から感謝を伝えたい。

 

 

その思いを新婦様が話してくださったからこそ

結婚式を挙げる意味が明確になり

こちらもそれを叶える為のサポートをさせていただくことができました。

 

 

新郎新婦様の数だけ結婚式を挙げる理由があるからこそ

同じ結婚式は絶対にありません。

時々お客様から、これまで結婚式に参列してきて

どれも同じように感じてしまったというお話を伺うことがあります。

お手伝いさせていただく私たちが

新郎新婦様にどう向き合っていくかで

結婚式の価値が大きく変わるという責任の下

これからも一組づつ心を寄せてお手伝いさせていただきます。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店 結婚2年目を迎えたおふたりの想い】

2018.11.03 Category:

こんにちは、萬屋本店の樋口でございます。

先日、2周年を迎えられたおふたりがレストランに帰ってきてくださり、

「どんな結婚式よりも自分たちの結婚式が一番よかった」

と、おっしゃってくださいました。

 

ご出席くださった皆様が、いまだにおふたりの結婚式を褒めてくださり、

あんなに素敵な時間があり、あれだけ温かい人たちが周りにいてくれるふたりだから、

幸せな今があるんだねっと言ってくださるそうです。

今日はそんなおふたりをご紹介させていただきます。

 

2016年10月29日にご披露宴をされたおふたり。

毎年、記念日には萬屋本店に帰ってきてくださっているおふたりです。

おふたりが萬屋本店で結婚式を挙げようと決めてくださったときは、

まだ建物は改装中で、どんな結婚式ができるのか、どんな披露宴なのか

参考になる資料も多くはなく、私たちのホームページなどをご覧いただきながら

打ち合わせを進めていました。

 

レストランにいらしていただいた際、

「樋口さん、実は一つだけ残念だったことがあるんです。」と突然お話しくださった新婦様。

 

何があったんだろうとお伺いしてみると、挙式の前、

「挨拶の儀」の際、頭を下げて親御様がお部屋に入ってくるのを待ち、

何を伝えようか、どんなお話ができるか、考えていたそうです。

親御様がお部屋に入られ、新婦様が顔を挙げた際、お父様が口を一文字に結び、

ぐっとこらえている表情を見て、そこからなにも言えなくなってしまったとのことでした。

ぐっとこらえるようなお父様の表情とお母様の温かい笑顔を見た瞬間

何も言葉にできず、ただ黙っておじぎをし、支度を整えることしかできなかったとのこと。

「お父様の表情や想いは想像できたはずなのに、面と向かうと何も言葉にできなかったです。」

もっとちゃんと伝えられたり、考えられていれば…とのことでした。

 

そんな中、新郎様はというと、涙ながらにとても感動的で和やかな挨拶の時間を過ごしておりました。

こんなやり取りを経て、挙式、披露宴と時間が進みご自分の想いを伝えることができないまま過ごしていった新婦様。

 

そして、お母様から、代々続くウェディングドレスを身にまといご披露宴再入場を迎えるとき。

披露宴の再入場は、お父様とともに歩むことを決めていました。

新婦様を待つお父様の表情はなんとも言えない表情。

お母様から譲り受けたドレスを身に纏った新婦様の手を、しっかりと握ってくださったお父様。

「何年も前に、こうしてお母さんと歩いたんだよ。」

嬉しそうにおっしゃっていただいていたお父様の言葉は今でも忘れられません。

やっとの思いで新郎様に託していただき、ご披露宴は和やかに過ぎていきました。

 

最後の最後、「挨拶の儀」もあるからとお手紙の朗読をしなかった新婦様。

記念品の贈呈をし、その後、ご両家親御様からと、改めて新郎新婦様から皆様へ向けたご挨拶の時間。

ここでやっと、自分の気持ちを伝えることができた新婦様。

今まで育んでくださった親御様へ心からのありがとうをお伝えすることができた新婦様。

この時間があったことで、いまだに親御様ともご披露宴当日のことを振り返り、

いい結婚式があったからこそ、今があると思ってくださっているそうです。

自分の言葉で感謝を伝えることがこんなにも気恥ずかしく、

でも、こんなにも喜んでもらえるとは思っていなかったそうです。

 

おふたりのご披露宴から2年が経ち、

結婚式の後も、笑い合いながら、あんなことがあった、

こんな写真が素敵だった、今日もこの後、披露宴当日の動画を見返すんだと

嬉しそうにお話ししてくださったおふたり。

 

あの時は結婚式の情報もあまりなく、萬屋本店でどんな結婚式ができるのか、

皆様の笑顔を想像しながら打ち合わせをしていました。

考えぬき、後悔なく、結婚式のお打合せの時間すら楽しかったとおっしゃってくださったおふたり。

 

これからも「人生の通過儀礼」として、人生に節目を創るお手伝いをさせていただきたいと思います。

そして、帰ってきてくださったおふたりと、昨日のことのようにご披露宴当日のお話ができるような

関係性で在り続けたいと思っております。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店 結婚式レポート】大切な人の幸せを願える事の幸せ

2018.10.14 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

今年の7月に弊社のスタッフ角谷が萬屋本店にて結婚式を挙げ、

以前、ブログでもご紹介させていただきました。

その時のお写真が出来上がったので

改めてこちらでご紹介させていただきます。

創業当時から会社の中心として

お客様の幸せだけを心から願い

日頃、周りのメンバーへの気遣いと声掛けを欠かさない

母親のような存在である角谷の結婚式を

私たちは心の底から楽しみにしておりました。

本当に大切な人の幸せを願うこと以上に

幸せな気持ちになれることはなく

角谷との思い出を振り返ると胸が熱くなるばかりです。

その姿を目にするだけで涙がこぼれそうになる。

それほど大切な人がいることが

人生のかけがえのない宝物だと感じます。

 

 

当初、角谷は自分の結婚について

結婚式は挙げなくてもいいという考えもありました。

ただ、弊社の代表であり、小学生のころからずっと一緒だった

幼馴染の宮腰から、自分の為ではなく周り人達の為に挙げた方がいいという話から、

ご準備がスタートしたという背景がございました。

 

日頃から、自分よりも周りの人の為にと

裏方としてサポート役に徹することが多い角谷ですので

自分が主役になったり、自分がやりたい事を見つけることがとっても苦手でした。

お打合せでも、やりたい事よりもやりたくない事ばかりで

担当者としても、何をご提案したらよいかが見えなくなった時期もありました。

なぜ結婚式を挙げるのか?

大切な仲間に自分の大切な人を紹介したい。

この仲間と共に過ごした時間があるからこそ

今の自分があって、そしてこの日を迎えられている…

そのことを大切な人に知って欲しい。

その思いで、参列する仲間たちが心が安らぐような装飾にこだわり

一人ひとりへ向けたメッセージカードも

カメラが趣味の角谷自身が撮影した写真を用いました。

そこにはいつもと変わらない

愛情あふれるメッセージがありました。

挙式が始まり、二人の姿が見えるだけで

私たちも角谷も、共鳴するように心が震えました。

そして夫婦の盃を交わす三献の儀では

宮腰が注ぎ役として立ちました。

たくさんの新郎新婦とご両家の節目をお手伝いする私たちですが

ゲストとして参列し、目の前で自分の大切な人が新たな節目をつくっていく時間は

より深い結婚式の価値を新たに感じさせていただきました。

お開きのシーンでは

ようやくこぼれた角谷の笑顔に

私たちも同じ笑顔が移り、幸せに包まれました。

この仲間と志を共に、日頃から結婚式のお手伝いをさせていただけること。

そして時にこうして自分の仲間の結婚式までも全員でお祝いできること。

その全てに感謝の心を思います。

披露宴の様子もまたご紹介させていただきますので

お楽しみにしていてください。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

 

●1月27日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店・結婚式レポート】鎌倉で温かく幸せな時間

2018.09.26 Category:

こんにちは、コンシェルジュの砂川です。
気付けば来週は10月となり、月日の流れの早さに驚くばかりです。
1日1日を大切にしていきたいと改めて思います。

本日今年5月にご結婚式を挙げられたお2人の、
温かくそして幸せなご結婚式をご紹介させて頂きます。

お二人の出逢いは友人に誘われたバーベキューでした。
祐美さんが伸さんに一目惚れされて急接近。
のんびり屋の伸さんを、祐美さんが引っ張り、
2年の交際を経て、ご結婚式を挙げられる運びとなりました。

挙式は、1,000年以上自宅で行われていた日本でもっとも歴史ある祝言式。
厳粛な場の中でも、お2人、そして親御様の今まで築かれてきた絆の深さ、
見守るゲストの皆様の温かさが溢れていました。


皆さんにご覧頂き、喜んで頂きたい想いで選ばれた色打掛をお召しになり、
会場の雰囲気とともに、愛でて欲しいと装飾したお花に包まれながら、披露宴がスタートしました。


そして、感謝の気持ちをお伝えしながらご紹介していく、ゲスト紹介。
どのテーブルでも、お2人は温かく迎えられていました。

伸さんのお父様がこの日の為に練習を重ねに重ねてくださった、
チェロの生演奏をバックに、お2人はタキシード・ドレス姿で再入場。
披露宴会場が1つになり、心に灯かりがフッと灯された瞬間でもありました。

ケーキ入刀では、ゲスト全員が前のめり。

新郎、伸さんからの締めのご挨拶が非常に晴れやかで、
ゲスト皆様への感謝の気持ちが溢れる、素敵な時間でした。
見守られている親御様の表情が何とも言えませんでした。

そして、大切なゲスト全員が想いを1つにしたアーチの中を、伸さん、祐美さんは、
輝かしい未来へ向けて進まれました。


ご結婚式後、お2人より頂いたメールの抜粋です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ひとりひとりのゲストに対して、気持ち良く接してくれたこと、
全てのスタッフの方の力があってこそのことだと思います。
友人・家族たちが、とっても良い式だった!温かい式だった!スタッフの方がとても親切だった!
と口をそろえて言ってくれています。私が望んでいたそのもです。
本当に楽しく、温かく幸せにつつまれた1日でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


伸さん、祐美さん

この度は、ご結婚誠におめでとうございました。
改めまして、お2人のご両家様のご結婚式を、
萬屋本店でお手伝いさせて頂きました事、誠に光栄に思っております。

 

今思い返してみても、本当に温かく、幸せに満ちた一日でしたね。
これからも、ご家族、ご親族、職場の方、ご友人の皆様とのご縁とつながりを大切にされ、
素敵なご家庭を築いていってください。
節目節目には是非、萬屋本店に帰ってきてください。
スタッフ一同お待ち申し上げております。
本当におめでとうございました。

 


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●12月2日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【結婚式のテーマのプレゼント】~プランナーとして大切にしていること~

2018.08.23 Category:

こんにちは。

萬屋本店 コンシェルジュ 野田でございます。

鎌倉は少しずつ秋の香りがして参りました。

 

さて、本日のブログは私が実際に担当させていただいているお客様の

リアルなご準備の様子をお伝えさせていただきます。

 

今年の秋に結婚式をされるおふたり。

結婚式のお打合せは約4か月前からスタートして参ります。

先日、おふたりとは1回目のお打合せをさせていただきました。

 

1回目のお打合せでは、おふたりの馴れ初めをはじめとし

なぜおふたりが結婚式をするのか、

結婚式を通してゲストの方へどんな想いを伝えたいか

そんなお話をお伺いさせていただきました。

そこで、ご新郎様がおっしゃってくださった言葉があります。

「大切なゲストの方をお招きする1日。

だからこそ、誰1人として欠けてはならない、

1人1人がいてくれるからその1日が成り立つような

そんな1日になったらいいと思っています。」

そして、ご新婦様は

「結婚すると決まり入籍をするとき、少し寂しかったんです。

だからこそ、両親やお世話になった方々にきちんとご報告をする。

そんな時間にしたいです。」

そんな風にお話してくださいました。

お打合せでそんなお話をお伺いさせていただく中で、

ショーのように新郎新婦をゲストの方が見ている結婚式ではなく

ひとりひとりの方と目を合わせ、感謝を直接伝えられ

そしてこれから2人で力を合わせて歩んでゆくのだという決意を

ゲストの皆様にご報告し、姿を見せること。

そんな結婚式をこれから一緒に創っていく為に

結婚式のテーマをプレゼントさせていただきました。

それは、“Red leaves”。英語で紅葉を意味する言葉です。

このテーマには、おふたりが秋に結婚式をされるということから

毎年秋の季節が着て紅葉を見る度、おふたりもゲストの方も

おふたりの結婚式を思い出しあたたかい気持ちになっていただきたい。

また、紅葉の景色は決して1枚の葉では成り立たず、たくさんの葉が集まってできています。

そこに、一人一人のゲストの方がいてくださるから

その1日、その時間があるというおふたりの想いを込めさせていただきました。

そして、秋になり紅葉で葉の色が移り変わっていくように

ご新婦様が嫁ぎ先の色に移り変わり、夫婦として歩み始める節目の1日となるように。

そんな想いを込め、テーマをプレゼントさせていただきました。

 

お打合せがスタートする前は、

衣裳のコーディネートにもずっと迷っていらっしゃいましたが

どんな想いで1日を過ごしていきたいのか

テーマをもとに一緒に考えさせていただくと

ずっと迷っていた衣裳のコーディネートがお決まりになりました。

 

結婚式に向けて、楽しみながらご準備を進めてくださっているおふたり。

「萬屋本店で行われるイベントには全部参加します!」とおっしゃってくださり

夏限定企画のサマーナイトにもお越しくださいました。

 

おふたりが何の為に結婚式をされ、

どんな想いで1日をお過ごしになりたいのか

一緒に考え、ご準備を進めていきたいと思っています。

 

皆様もお困りのことやお悩みのことがございましたら、

お気軽に担当コンシェルジュまでご相談くださいませ。


◆月一限定!豪華特典付 婚礼試食×本番装飾×挙式体験フェア◆

●11月11日(日)1部9:00~・2部12:15~

和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、

本番さながらの会場コーディネート、試食会、

人気衣装の展示など絶対お勧めのフェアです。

【PC版】フェアページはこちらをクリック

【スマホ版】フェアページはこちらをクリック


◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

【コンシェルジュ阿部の結婚式】~一部・披露宴編~

2018.08.09 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

6月に行われました弊社コンシェルジュ阿部の結婚式の様子について、

ご紹介させていただいております。

 

二部制で行われた結婚式の、一部目の披露宴の様子についてご紹介させていただきます。

(挙式編はコチラをご覧ください)

 

●披露宴開宴

入場はもちろん俥夫の口上で。

阿部ちゃんが入社したばかりの頃から、『結婚式とは』を教えてくれた俥夫の沼さんは、

阿部ちゃんにとって第二のお父さんのような存在。

自身の結婚式という節目を尊敬する方と一緒に創れたこと、二人は本当に幸せ者です。

 

●スタッフ紹介

披露宴入場前には、日頃二人と一緒に仕事をしているチームメンバーであり、

この日の結婚式をお手伝いさせていただいているスタッフ一人一人の紹介をさせていただきました。

 

●入場

披露宴入場は一目惚れで選んだ色打掛にお召し替え。

髪型も洋髪にして、イメージチェンジをしました。

 

●中座

披露宴はアットホームに、和やかに進んでいきました。

そして中座のシーンはそれぞれのご家族と。

普段は中々言えない想いを伝え合い、少し距離を感じていた兄妹の絆が再び固く結ばれた時間。

そして、新郎のたくちゃんは大の仲良しのお母様と妹さんと。

三人で手を繋いでの中座は、お母様も妹さんもとっても嬉しそう。

 

●再入場

再入場はドレスで。

試着させてもらったオーセンティックさんのドレスの中で、一番似合っていたこのドレス。

これを綺麗に着るために、ダイエットも頑張りました!

 

●ゲスト紹介

新郎新婦より、周りが大盛り上がり。

紹介された皆様は、とっても嬉しそうで、楽しそうでした。

 

新郎たくちゃんの職業はプロのカメラマン。自分の結婚式中も沢山撮っていました。

 

●歓談の時間

披露宴はゲスト紹介以外の時間は、全て歓談に充てました。

ゲストの皆様との会話を何よりも大切にしたいと言っていた二人。

実現したかった時間になったかな。たくちゃん、いい笑顔です。

 

●結び

沢山の方に愛され、育てていただき、ここまで来た二人。

その始まりは言うまでもなく、大切に育てて来てくれた親御様です。

感謝の気持ちを伝える時間。

 

●家族がひとつになった時間

感謝の気持ちを込めて、花束贈呈。

渡し方は、二人一緒にそれぞれのご両親へ。

大切な家族が増えた。そんな言葉がピッタリのこの写真。

タクちゃんのお母さんから阿部ちゃんへ。『ゆうかちゃんは私が幸せにする』と愛情いっぱいの言葉をいただきました。

そして、涙が止まらないタクちゃんの涙を拭いてくださった阿部ちゃんのお父さん。

両家が一つの大家族になった瞬間でした。

 

後日、二人とラインのやり取りをしていた時に、

この時のシーンについて、こんなことを話してくれました。

 

『結婚式を終えてから、お互いにお互いのことを今までより

より大切に毎日を過ごせております^^

そして昨日話していたのは、

なんか、花束贈呈シーンをダブルにしてよかったねって。

私がたくちゃんママに渡したときに、

お母さんもゆうかちゃんのこと幸せにするからね、って言ってくれて

たくちゃんが阿部パパに渡したときに、

たくちゃんが泣いててハンカチで涙を拭ってくれたのを見て

その瞬間に、お互いの家族と、家族になれたって感じがしました。

今までももちろん大切に、そして仲良くして頂いていましたが

なんだか、そのときに実感しました。

そして本当に結婚式をしてよかった。って改めて思います。

ありがとうございます!』

 

私はウェディングの仕事をして12年目になりますが、

経験が増えても色褪せない感動や、幸せをもらえるこの仕事が出来ていることを、

本当に幸せに思います。

 

そして、人生を支えてくれる強く豊かな節目となるような結婚式を、

これからも大好きなスタッフと共にお手伝いしていきたいと思います。

(準備編はコチラをご覧ください)

(挙式編はコチラをご覧ください)


◆萬屋本店オフィシャルHP◆

◆萬屋本店結婚式レポート◆