【萬屋本店】フレンチ和会席の魅力 ~その秘密は出汁にあり~

2017.12.04 Category:

 

皆さん、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

 

私たち萬屋本店がございます鎌倉も12月に入り、

日に日に寒さが増し、真冬の到来を感じております。

 

本日は萬屋本店のご結婚式でご提供しております

お料理について少しご紹介が出来たらと思います。

 

萬屋本店の婚礼料理は「フレンチ和会席」という

フランス料理に和のエッセンスを合わせた

オリジナルのお料理をご用意しております。

0016_1MK31724

フレンチ和会席を開発させていただいた背景としては

新郎新婦様にとってご結婚式は大切な方々をお招きする唯一の日。

 

昔日本人は自宅で結婚式をしていました。

その自宅で出来る最大限のおもてなしとして

台所で自慢料理を作っては身内の方、ご近所の方に振舞っていたものです。

それが婚礼料理の原点であり、おもてなしの精神だと私は思います。

8

新郎新婦様にとって大切な方々にお出しするお料理は、

当然美味しいお料理をご提供されたいことだと思います。

4

今も昔もご結婚式にご招待されるお客様の年齢層は

お年寄りからお子様まで幅広く、老若男女問わずお越しになられます。

どの年齢層のお客様でも安心してお召し上がりいただけるお料理を

ご準備するのがご結婚式のご招待において大切なポイントです。

5D3_2543_101

そこで和のエッセンスとして大事にしておりますのが、

日本古来の「お出汁」へのこだわりがございます。

 

萬屋本店独自の製法で毎日ひいておりますこのお出汁。

鰹と昆布の旨味成分たっぷりのお出汁は味わいだけではなく、

香りも芳醇でお料理が登場した瞬間に幸せな気持ちになれます。

0013_1MK31682

日本人であれば出汁は幼い頃から身近にあるものです。

日本ではお母さんやおばあちゃんの手料理には

必ず出汁が使われていることが多いことだと思います。

 

私も幼い頃を思い返すと、自宅の台所では

朝のお味噌汁や夜ご飯の煮物など

日々その香りがしては心躍った日を思い出します。

そのくらい私たち日本人のルーツにあるものが出汁だと思います。

 

萬屋本店では新郎新婦様にとって

大切な皆様を心からおもてなしするため、

日本人にとって馴染みの深い出汁を

全体のコース料理の7割以上に使用しております。

0004_IMG_0036

フランス料理がベースではありますが、

一口食べると心からほっとする心温まるお料理。

そんな心あるお料理をご準備しております。

 

お陰様でご結婚式のお料理をお召し上がりいただいたご招待客の皆様から

多くのお喜びの声をいただくことが出来ております。

 

先日こんな嬉しいことがございました。

ご結婚式にご参列されたある新婦様のご友人が

翌日レストランにお電話があり、「本当に美味しいお料理だったので

次は母を連れてきたいなと思って」とお言葉をいただきました。

ご予約の背景をお伺いすると、そのご友人様のお母様のお誕生日だそうで、

そのお祝いを萬屋本店でしたいということでご利用いただくこととなりました。

 

私たちとしては本当に嬉しく、

レストランとしても喜びに溢れた瞬間でした。

これからも新郎新婦様の大切なゲストの皆様のために

『フレンチ和会席』心を込めてご提供させていただきます。


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

【萬屋本店がある街・鎌倉長谷の魅力】

2017.12.01 Category:

こんにちは。

萬屋本店の水間です。

12月に入り、いよいよ今年も残すところあと僅かとなりました。

鎌倉は丁度紅葉が見ごろを迎え、毎日多くの観光の方がいらっしゃり、街が賑わっています。

 

本日は、萬屋本店が在る「鎌倉・長谷(はせ)の街」について、その魅力をご紹介させていただきます。

 

「長谷(はせ)」は鎌倉駅から徒歩15分程、江ノ電で5分の場所にある長谷寺の門前町です。

観光地として有名な鎌倉の中でも南側に位置し、温暖な気候、海と山に囲まれた自然豊かな土地、

そして数多くの名所旧跡に囲まれた街です。

src_17631071

真冬でも平均気温が6度前後なので、暖かい日は14度~15度近く気温が上がる温暖な土地です。

冬の寒さを凌ぎに文化人たちが集まる理由はこの温暖で過ごし易い気候のおかげなのでしょうか。

 

萬屋本店でご結婚式を挙げてくださる新郎新婦様の多くは、

たがいが地方の出身でいらっしゃり、遠方からこの鎌倉の地に大切な方をお招きしたいとお考えになられます。

そんな時、私たちがお伝えさせていただいている長谷の見所について、ご紹介させていただきます。

 

●長谷寺(長谷観音)

0044_IMG_4322375

言わずと知れた、あじさいで有名な長谷観音のある、長谷寺です。

萬屋本店からは徒歩3分の距離にある、鎌倉一の観光名所です。

こちらはお花の寺としても有名で、一年を通じて四季折々の美しい花が楽しめます。

また、長谷観音の展望台からは由比ガ浜と鎌倉の街が一望でき、絶景スポットとしても人気の場所です。

 

●鎌倉の大仏(高徳院) 202f014c

国宝にも指定されている、有名な鎌倉の大仏様。

一年を通して多くの観光客の方が訪れます。

 

●甘縄神明宮

10048990_PH

こちらは鎌倉最古の神社と言われる神社。

萬屋本店の氏神様でもあります。

古くは、源頼義が子宝祈願した神社ともいわれています。

こちらは私たち萬屋本店のスタッフも、毎年初詣に伺ったり、前撮り撮影で場所をお借りしたりしている神社様です。

 

●御霊神社

01_MG_26643119

こちらは萬屋本店から徒歩10分のところにある御霊神社。

神前結婚式をこじんまりと行いたいという方にオススメの神社です。

社地の目の前を江ノ電が走っている、なんとも鎌倉らしい場所。

地域の方に愛される、温かな雰囲気の神社様です。

3月末から4月頭に掛けては桜、6月下旬にはアジサイが咲き乱れる美しい神社です。

 

●由比ガ浜 MYY01700178

萬屋本店から徒歩10分程の場所に、由比ガ浜があります。

夏場は海水浴場として賑わう、一年を通して海を楽しめる海岸です。

ロケーション撮影も楽しめる穏やかな海は、一年を通して多くの方が訪れる場所です。

 

まだまだ書ききれないほど、萬屋本店の周辺には魅力的な場所、名所が多くございます。

是非、これからお打合せにいらっしゃる際に巡っていただいたり、

ご招待される大切な方々にも、長谷の楽しみ方をお伝えいただければ嬉しく思います。

 

ご結婚式当日までだけではなく、何度も足を運びたくなる街。

そんな魅力が詰まった長谷のご紹介をさせていただきました。

大切な方とご一緒に、是非お越しください。

 

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

萬屋本店 結婚式での司会の役割

2017.11.28 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

萬屋本店の結婚式では「この人じゃないとダメ」という

心から信頼でき、同じ志でお客様に寄り添える仲間だけと

一緒に結婚式をお手伝いさせて頂いております。

 

たくさんのアイテムの中から

新郎新婦様のお好みで自由にお選びいただくというスタイルではなく

新郎新婦様に安心してご準備を進めて頂くために、

萬屋本店が自信を持っておすすめができるもの、人だけを

厳選してご紹介させて頂いております。

 

その中で、私が特に「この人じゃないとダメ」と思う方の一人が

萬屋本店の専属の司会者である長谷部 文愛(ハセベ フミエ)さんです。

 

0358_IMG_338746

 

そもそも結婚式の司会とは

場を盛り上げたり、心を打つエピソードをお伝えしたり

その場の雰囲気に合わせて進行を進めて行くという役割になります。

 

しかし、萬屋本店の結婚式ではそれ以上の司会者の力が必要になってきます。

それは、司会者が「その場を創っていく事」が必要になってくるからです。

 

AYY04840625

 

華やかな入場シーンや賑やかな余興などがある結婚式場では

その場に合わせていく司会進行で十分なのですが、

美味しい食事をゆっくりとお召し上がりいただく時間を大事にしたいという新郎新婦様の思いや

新郎新婦様とゲストの皆様との会話こそ、価値のある時間だと考える私達としての思いから

萬屋本店では、誰でも作れる歓談という時間に

あえて意味を持たせていきます。

 

AYY04441401

 

そこには新郎新婦様の思いを、時に新郎新婦様以上に考え

新郎新婦様が結婚式で何を叶えたいのか

どんな思いをゲストの皆様にお届けしたいのかを

お二人に代わって伝えていく事が必要になります。

 

新郎新婦様の思いに同調しすぎてしまい

時に、目には涙を浮かべながら

それでも決して声が震えるようなことなく

感情を一言一言に入れていく長谷部さん。

 

AYY04130526

 

ゲスト様がいかに自然体でお過ごしいただけるか。

マイクを向けられても緊張を与えない、柔らかな口調と声のトーン。

お客様の笑顔までも創り出していく長谷部さんは

結婚式の知識はもちろんですが

何よりも新郎新婦様の背景を深くまでくみ取り

その思いを新郎新婦様に代わって代弁する姿には、いつも心を打たれます。

 

AYY04070886

 

 

そんな長谷部さんと一緒に結婚式のお手伝いさせて頂ける事は

私たちにとっても多くの学びの場でもあります。

 

同じ志の仲間と共に感動を追求できることの喜び。

そこに感謝を持ち、甘えることなく

チームウェディングをより磨いていきたいと思います。

 

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

 

 

 

萬屋本店 お客様が帰ってこれる場所 ~七五三のお祝い~

2017.11.24 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間でございます。

先日、萬屋本店で結婚式を行われたご家族様が、

お子様の七五三のお祝いでレストランに帰ってきてくださいました。

 

「いつでも帰ってこれる思い出の場所」として

レストランと結婚式を行わせていただいておりますので、

私たちにとっても、こうして再会できることはとても有難く、嬉しい出来事でした。

SYY03620045347

七五三と、ご結婚式当日のご様子をご紹介させていただきます。

ご結婚式当日のご様子はコチラをご覧ください。

 

今回、七五三のお祝いで帰ってきてくださったのは、三戸様ご家族。

0013_DSC_4725340

萬屋本店オープン前の開業準備期間に一番最初にお問合せをくださり、

沢山のアドバイスや、お気持ちを寄せて下さり、

私たちにとってかけがえのない応援団で居てくださるご家族様です。

 

この日は、萬屋本店での記念写真撮影→八幡宮へお参り→萬屋本店でランチ。というご予定でした。

朝7時から、みづきちゃんとお母様、おばあちゃまのお着付けから始まり、

みづききちゃんはお化粧とヘアセットも行いました。

SYY03620002346

久しぶりに会うスタッフたちは、大きくなったみづきちゃんを見て、

親戚のような気持ちで大盛り上がり!

ヘアメイクは結婚式当日と同じスタッフがさせていただきました。

 

そして、撮影スタート。

SYY03620005342

まずは結婚式当日に挙式を行った、結乃日(ゆいのひ)での撮影から。

 

結婚式当日は、まだこんなに小さかったみづきちゃん。

0011_DSC_4669345

あれから1年半が経ち、立派に成長されました。

しっかり自分の足で立ち、お着物を着て、笑顔で頑張ってくれました。

SYY03620022343

結乃日のあとは、披露宴会場での撮影。

SYY03620035341

こうして結婚式当日のお写真と見比べると、

その成長やご家族の絆が強く強くなっていることを感じます。

0015_DSC_0423344

撮影のラストにはおじいちゃま、おばあちゃまもご一緒に。

SYY03620069348

結婚式を通していただいたご縁が、

こうして年月が経っても繋がっていただけること。

帰ってきていただけることの有難さを、

改めて感じさせていただいたみづきちゃんの大切な節目。

 

結婚式という人生の節目を通して、

ご家族の人生をもっと幸せに、もっと豊かに彩ること。

その一助に、私たち萬屋本店はなっていけたらと思っています。

 

これからも、皆様の人生の大切な節目を、

ご一緒にお手伝いさせていただけたら嬉しく思います。

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【結婚式において大切なこと】萬屋本店が思うチームウエディング

2017.11.19 Category:

皆さん、こんにちは。

萬屋本店コンシェルジュ早野でございます。

 

気付けばもう11月も後半に入り、

街はクリスマス一色に変わり、季節を感じる今日この頃ですね。

皆様はこの年末をいかがお過ごしになるご予定ですか?

萬屋本店では『帰れる場所』として

今年もクリスマスディナーを4日間限定で開催します。

 

『帰れる場所』これは私たちが最も大切にしている想いです。

結婚式場は挙げておしまい…ではなくて、そこが原点でもあり、スタートにもなります。

これから家族となる新郎新婦様にとって大切な初心に帰れる場所。

そこに当時お手伝いをしたスタッフが全員いて、また当時のお話をする。

当たり前のようで当たり前ではないのが式場だと私たちは感じます。

 

萬屋本店で挙げてくださったカップルさんがよく仰る言葉で

『チームウエディング』という言葉がございます。

S__5775417

チームウエディングとは何でしょう。

『結婚式は誰と組むかでその価値が最大になる』

萬屋本店では、スタッフ全員がそう信じて

日頃よりご結婚式のお手伝いをさせていただいております。

 

お衣裳をご提案するのも人です。

本当にその新婦様にとって生涯一度の花嫁衣裳として最高のものか、

新婦様が表現したい「想い」は衣裳に表現できているのだろうか…、

そんな真剣な想いから様々なスタイリングをご提案していきます。

0026

ヘアメイクを施すのも人です。

今が旬の流行を追うのでも、最先端を追いかけるのでもなく、

新婦様がこの世に生を授かり、人生を歩いてきた中で、

ご結婚式の日が最高に美しく、その新婦様らしい表情でいれるよう

「自分史上最高に美しく」をテーマにヘアメイクをしていきます。

01_IMG_01153164

カメラのシャッターを押すのも人です。

新郎新婦様にとって「一瞬」しかない記憶を記録することに命をかける。

打合せを通して、お二人がなぜご結婚式をしようと思われたのか、

なぜその方をご結婚式にご招待されるに至られたかの想い…

そんな背景をカメラマン自身も知り、同じ想いを共有できるからこそ、

「この瞬間」という気持ちがリンクし思わずシャッターを押すのです。

644

お花をデザインして生けるのも人です。

新郎新婦様がなぜこの時期を選び、どんなお客様を招待され、

どんな思いで結婚式を作ってこられたのか…。

一生に一度の装花はこれから夫婦にとっても節目の花になられます。

その花言葉の意味からご提案をし、生涯記念花として愛してほしい…。

そう願いながら当日のデザインを活けていきます。

0001_D79P3933

お料理を作るのも人です。

昔結婚式は婚家の自宅で行われていました。

その家庭の最大限できうる自慢料理を出すこと、

それがもてなし料理の原点だと私たち萬屋本店は思い、

料理にお二人の想い乗せて出来立てを創ります。

【セレクト】広告用スタッフ写真アルバム_171123_006347

そのお料理をゲストのお席に運ぶのも人です。

どんなゲストをご招待されているのか…。

日本酒好きなお客様、料理通のお客様、特にお肉がお好きなお客様…。

新郎新婦様の大事な人、お一人お一人へとその気持ちを届けていく。

お二人の想いに共感したスタッフが心を込めて出来立てを運びます。

0069_TI2_692345

その場の空気を創る司会も人です。

アットホーム、フォーマル、カジュアルなど

お二人がどのようにゲストと過ごされたいかをお伺いし、

ご希望の心地良い空間を作り、大切なゲストへ伝えたい想いも伺い、

 

その場の空気を創りだし、お二人の想いを伝えていきます。

0358_IMG_338746

私たち萬屋本店が思うことは、

結婚式は建物以外、全て「人」で出来上がっていくということです。

 

だからこそ、そこで働くスタッフ一人一人がどんな想いで

たった一組様の一生に一度のご結婚式をお手伝いしているか…

その想いこそが結婚式の全てだと私たち萬屋本店は思います。

パートナー一覧写真

 

毎回毎回、チーム全員で顔を合わせ、

新郎新婦様のためにと皆の想いを統一し、

感動のご結婚式のために同じ志で働ける仲間がいて

初めて実現できることだと思います。

 

これからも私たち萬屋本店は

『チームウエディング』であることに信念をもち、

新郎新婦様の大切なご結婚式をお手伝いさせていただきます。

 

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店のご提案する衣装ストーリー】

2017.11.13 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉です。

先日のブログで「祝言」についてお伝えさせて頂きました。

これまで自分たちを支えてくれたことへの感謝と

いまここで夫婦となる誓いをたてられる新郎新婦が胸に込めた気持ち。

その気持ちを表すものとして、花嫁衣装がございます。

 

0010_DSC_03055731

 

今でも成人式には、親御様から贈られた振袖を身にまとい

大人になったことを祝う風習がございますが、

花嫁衣装にもこれに通じる意味がございます。

 

これまで大切に育ててきた娘が嫁いでいくその時に、親御様から

「この衣装を着て晴れの日を迎えて欲しい」という、

親から子への精一杯の愛情を込めて贈られたものでした。

 

01_MG_16503101

 

そして、嫁ぎ先である新郎家では

大切な娘様を新たな家族として出迎える為に

「これだけのものを用意してお待ちしています。」という意味を込めて

たくさんの吉祥文様が散りばめられた艶やかな色打掛を井桁にかけて

嫁にもらう準備をしておりました。

 

0426_5D3_737098

 

花嫁はお母様から頂いた振袖の上に

新郎家が用意してくれた色打掛を羽織り

貴方の家の色に染まりましたという思いを抱きながら

新郎家の家族へ挨拶に向かいます。

 

そんなストーリーから

萬屋本店では振袖から色打掛を掛け替えるコーディネートを

ご提案の一つとしてお伝えさせて頂いております。

 

そして、ご結婚式では新婦様のウェディングドレス姿も

ゲストの皆様が楽しみにされている大切なおもてなしです。

美しいドレス姿にたくさんの拍手と歓声がわき

大切な皆様から祝福される時間。

 

1400_1MK31580

 

そのお姿を見守る親御様にとってはきっと

生まれてから今日まで大切に育ててきたことを想い返す

何よりの幸せな時間になると思います。

 

1669_IMG_5224

 

今も昔も変わらない、親が子を想う気持ち。

その気持ちに触れることができるのは

人生の中でも本当に限られた節目の時だけです。

そんなことを、結婚式を通して未来へと伝えていきたいと思います。

 

 

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【祝言(しゅうげん)】日本に昔から伝わる結婚式

2017.11.09 Category:

こんにちは。萬屋本店の水間です。

本日は、萬屋本店で行わせていただいている結婚式、

【祝言(しゅうげん)】について書かせていただきます。

03_MG_20673565

鎌倉を代表する商家、萬屋本店で、どのような挙式を挙げていただきたいか、

萬屋本店と出会ったときから考えていたことでした。

創業200年の歴史。

鎌倉の名家。

歴史的建造物。

鎌倉を代表する屋号。

そう思うと、新しく作られた、流行的なものではなく、

代々日本に引き継がれている、日本人ならではのものが良いなと考えていました。

歴史を経ることで、それは文化となり、時代に合わせて、いいものだけが残る。

そのことを、萬屋本店では挙式に込めて、

一生に一度の結婚式をしていただけたらと考えました。

その場所は、鎌倉の栄華を支えた蔵。

そこで行われるのは、祝言(しゅうげん)。

萬屋本店の祝言とは、

日本にキリスト教式や神前式の挙式が定着する以前、

婚礼の儀は新郎の家で行われるものでした。

「花嫁道具」とは先立って花嫁の荷物を新郎宅に運び入れる道具入れからきた言葉、

嫁入りは花嫁が新郎宅に移ること、そして親戚縁者を招いてお披露目をする祝いの集まりは

「祝言(しゅうげん)」といって現在の披露宴に相当するものでした。

これから身内になる人々を前に、厳かに誓いを立て、悦びをわかちあうひとときです。

 

 

萬屋本店の祝言は、親御様への感謝を伝える「挨拶の儀」からスタートします。

01_IMG_0487 - コピー

この世のどんな人も、産んでくれた人が居なければこの世に誕生していません。

この世に生を受け、育ててくださったことへの感謝を伝え、人生に節目を創る、けじめの時間です。

 

そして、そのまま親御様とともに挙式会場へと歩を進めます。

01_MG_24123114

親御様と手を取り合い、共に歩くのは何十年ぶりかもしれません。

今までの人生を振り返り、互いに伝えきれてこなかった想いを感じ合う時間になるかもしれません。

 

20171009_HP0020213

挙式の入場シーンでは、お母様から「筥迫(はこせこ)」を新婦様の胸元に贈っていただくシーンから始まります。

「筥迫(はこせこ)」は、花嫁が身に着ける小物の一つ。

元々は化粧ポーチの役割を果たしていて、当時は筥迫の中にはおしろいや、懐紙、紅など、

身支度を整える化粧道具を入れていたと言われ、大人の女性の持ち物を象徴しています。

嫁ぐ娘に母から贈る、嫁入り道具でした。

 

そして、夫婦としての契りを交わす誓いのシーンとして、

「三婚の儀(さんこんのぎ)」を行います。

20171009_HP0018212

これから夫婦として歩む新郎新婦が、同じ酒を体に入れることで、

夫婦になる決意を表しています。

また、三婚の儀は、三つの盃を三回、三回、三回の計九回で飲み干すことから、

「三々九度」とも呼ばれています。

九回行う数字の9は、割り切れない奇数の中でも最大数の9はおめでたいことの頂点と考えられています。

また、「これから散々苦労を共にしても支え合っていきます」という覚悟と誓いが込められています。

 

その祝言を、最後を締めくくるのは、三礼の儀。

日本では何事も礼に始まり礼で結ぶ。

三度の礼、つまりお辞儀を通し、ご列席の皆様に感謝の念を伝えます。

 

新郎新婦様からお伺いした感謝の言葉と共に、礼に想いを込めて。

初めに、新郎ご両親へ。

0424_TI2_8784178

 

続いて、新婦ご両親へ。

0429_DSC_0573180

結びに、ご参列頂いた皆様へ。感謝の言葉と共に一礼をします。

0434_DSC_0584181

 

 

凛とした空気の中、これまで自分たちを支えてくれたことへの感謝、

いまここに夫婦となる宣言という新郎新婦の込められた気持ちが、

そこに居るすべての人々に伝わり、心を熱くします。

 

日本人が大切にしてきたことを大切にする風習。

それをお二人のこれからの歩みをはじめるときに、

挙式として行えたらと思います。

 

 

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【萬屋本店のご紹介する和装のこだわり】

2017.10.29 Category:

こんにちは。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

連日の雨や、台風の影響で

不安定な天候が続いておりますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は萬屋本店でご用意させて頂いている

お着物についてご紹介させて頂きます。

萬屋本店の衣装は全てAuthentique鎌倉店にてご用意させて頂いております。

Authentiqueとは、フランス語で『本物』を意味します。

本物で上質な洗練された物しか取り扱わないという想いが込められていて

萬屋本店の為に、わざわざ鎌倉にサロンをOPENしてくださった

私達が心から信頼するパートナーさんです。

 

01_IMG_01323170

 

お着物の本場はもちろん日本です。

現在では着物の職人さんが京都にしかおらず、衣装の買い付けには京都に足を運びますが

その京都で開催される展示会でも

『本物』のお着物に出会うことは1000着に1着あるかないかと云われております。

 

0010_DSC_03055731

 

Authentiqueさんが、何を以って『本物』と呼ぶのか。

そこには2つのポイントがあると、教えて頂きました。

1つ目のポイントは、正絹であること。

化学繊維では出せない光沢としなやかさが正絹の魅力であり

それを身に纏ったときのシルエットや肌触りも全く違います。

2つ目のポイントは全ての柄が和柄であること。

洋柄を取り入れたお着物は、やはりその時代の流行であり

時代の流れと共に、良し悪しが変わります。

 

20171009_etc0023

 

私達が考える『本物』とは

流行に左右されるのではなく、いつの時代にも変わらず良いとされるもの。

花嫁様が、例えばおばあちゃんになった時にも

お孫さんに自慢できるようなものであってほしい。

 

0426_5D3_737098

 

結婚式が人生の大切な節目だからこそ

本当に良いものをお召し頂きたい。

そしてその姿を大切な人達に見て頂くときには

たくさんの祝福の拍手と歓声がわきます。

その時間は、親御様にとって

これまで大事に育ててきた自分の子供が

これだけたくさんの人たちに祝福されていて、

その姿を見て頂く事は、何よりの親孝行に変わる瞬間です。

 

0066_2G9A0695

 

結婚式のときに何をお召しになられるか?

そこにはたくさんのストーリーがあります。

私達が思う『本物』は、結婚式だけではなく

過去や未来を繋げる、想いを込めたものであってほしいと思います。

 

 

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

【結婚式を支えるプロフェッショナル】

2017.10.25 Category:

こんにちは、コンシェルジュの樋口です。
日に日に肌寒さを感じ、秋が深まってまいりました。

さて、先日、担当させていただいたお客様よりご投稿いただいた口コミの中でこんな一文がありました。

『担当プランナーさん、本当に素敵な1日をありがとうございました。
あなたのおかげで妻とずっと仲良く出来る気がします。』

この口コミのご投稿をいただいたことで、ウェディングプランナーとして、
お客様の人生にそこまで関わる事ができるんだということ、こうやってお声をいただけたことが本当に嬉しかったです。

そして、こんな感謝のお声をいただけたのは、担当者である私だけではなく、
ご披露宴当日まで支えてくれた、たくさんのパートナーさんの関わり、当日のサポートがあったからであることを改めて感じました。

当日のおふたりの様子を見たいと、接客の合間を抜けて、鎌倉から長谷までわざわざ様子を見に来てくれるドレスコーディネーター

0026

その細腕からは想像もできない力強さで仕度を整えてくださる着付け師さん

AYY04440038

笑顔と話術で、新婦様の緊張をほぐしてくれるヘアメイクさん

0064_DSC_2198

おふたりのお仕度中、真剣に会場を創り上げるお花屋さん

0001_D79P3933

披露宴の後、涙が止まらないほど一緒に感動し、支えてくれる司会者さん

AYY04070886

本当にたくさんのパートナーさんに支えられ、新郎新婦様はじめご参列された皆様がその日一日を満喫し、楽しんでくださっているのだと思います。
そして、パートナーさんがプロフェッショナルとして、一人の人間としてお客様に関わってくださることで、こんなに嬉しいお声をいただけるのだと思います。

ご披露宴のご準備が本格的に始まってくるのは、ご披露宴日のおよそ4ヶ月前。
そこから月に1度お打ち合わせにいらしていただき、計4回のお打ち合わせを経て、当日のご準備を進めていきます。

当日サポートいただく、ヘアメイクさんや、お花屋さん、撮影スタッフ、音響スタッフ、司会者さんとお打ち合わせができるのはたった1度です。
面と向かってのお打ち合わせの後は、お電話やメールで当日まで、すり合わせを行っていきます。

結婚式は誰にとっても初めての事だからこそ、当日まで不安や緊張で落ち着かない時間を新郎新婦様は、過ごされると思います。
どんなに準備が順調でも、「なにか準備できていないことはないかな?」と気になってしまったりするものです。

そんなお気持ちの中、当日を迎え、いざご準備を始めていく時には、全力で関わり、お手伝いをしてくれるたくさんのパートナーさんの存在に、自然と笑顔になる新郎新婦様がいらっしゃいます。

萬屋本店で結婚式のお手伝いをさせていただくようになって、私一人で担当していくという気持ちから、
たくさんのプロフェッショナルの方々と一緒に、チームでお客様をサポートしていくことを学びました。

これからも私だけではなく、たくさんのパートナーさん、メンバーと一緒にお客様の幸せをサポートさせていただきます。
これからお打ち合わせが始まる新郎新婦様は、ぜひ、そんなパートナーさんとのお打ち合わせも楽しみにしていてくださいね。

 

 

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆

 

結婚式場によって違う《特典・プラン》の考え方

2017.09.14 Category:

おはようございます。

コンシェルジュの千葉でございます。

 

朝晩の熱さが少しづつ和らいできましたね。

秋になりますとまた沢山の新郎新婦様のご結婚式が

萬屋本店で執り行われます。

ご夫婦のつながり、大切な方々との結びつきが

より深くなるようなご結婚式を

お一組お一組大切にお手伝いさせて頂きたいと思っております。

 

01_MG_21035503

 

また、9月というのはご結婚式場をお探しいただいている方も

大変多くご来店頂く時期でもございます。

そこで本日は、ご来店頂く際や、お成約の際の特典について

お話しさせてください。

 

01_MG_21873109

 

よく、ご結婚式場のご見学を進めると、式場側から

「今日ご決定頂けたら、お見積りから○○万円お値引きさせて頂きます」

という言葉を掛けられることが多いと思います。

中には100万円のお値引きを謳っているところもあるようです。

そんな経験を皆様がお持ちではないでしょうか?

 

私たちは、そのお値引きに対して大きな疑問を感じてしまうのです。

その100万円という金額はどこから出てくる金額なのでしょうか?

もし100万円お値引きできるなら、最初から100万円を引いたお見積りをご提示した方が

お客様にとって健全なのではないかなと思ってしまうのです。

 

また、仮に何かを式場側が削ってお値引きをするとしたら

100万円という大金をどうしているのでしょうか?

 

例えば、萬屋本店で100万円お値引きするとしたら

HPで掲載しているお花のボリュームをグッと減らしたり

お料理やお飲み物を運ばせて頂くサービススタッフの人件費を半分にするなど

そういう事で引いていく事しかできないと思います。

また、そういうことをすれば、100万円のお値引きが出来るという事でもあります。

 

ただし、それは新郎新婦様にとって大変失礼な事ですし

当日、新郎新婦様がお招きする大切なゲスト様にとって

ご満足いただけるおもてなしがお届けできないということになります。

そのご料金でどんなスタイリングが叶うのでしょうか?

 

01_MG_16503101

 

これから式場をお探しになられる新郎新婦様には

その金額でどのようなものが当日、形になるのかを知る権利があると思います。

書面上のお見積りの提示だけで、金額を安くご案内することは簡単ですが

その金額が、ご結婚式という一生に一度の大切な場に相応しい価値のあるものなのか?

そのことに気付かれないまま式場をご決定することは

とても怖い事だと思います。

 

01_MG_02223127

 

萬屋本店では、例えばゲスト様のテーブルにかかる金額に対して

どのような装飾がなされるのかも、その目でご覧いただけます。

お料理のコース内容も、全てご紹介させて頂きます。

 

0016_1MK31724

 

全て、新郎新婦様にとって安心で安全なお見積りのご提示をさせて頂いております。

特典も、単純にお値引きというものではなく

大切なゲスト様にとって、喜んでいただけるアイテムを

プレゼントさせて頂くという考えでございます。

 

20170820来館特典

 

ご結婚式を挙げるという事は大きな金額が必要になって参ります。

ただ、その金額が実際に何にかかっている物なのかが不明確なのが

この結婚式業界の良くない所だと、私は強く思います。

 

新郎新婦様が安心してご準備を進めて頂けるように

最初のご案内から、誠意のあるご案内を

萬屋本店ではこれからもずっと大切にしてまいります。

 

 

 


12月フェアバナー(ブログ用)

月に一度の全館貸切ブライダルフェア
●12月17日(日)1部9:00~・2部12:30~
全館貸切のフェア限定で萬屋本店の全てを大公開!
和装人前式の祝言(しゅうげん)模擬挙式の体験や、
本番さながらの会場コーディネート見学、無料試食会、人気衣装の展示など。
絶対お勧めのフェアです。

◆萬屋本店オフィシャルHPはこちらをご覧ください◆